引っ越しで不要になったタンスの処分方法

2019年6月18日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「引っ越しで不要になったタンスの処分方法」についてです。

引っ越しでは、様々な不用品が出てきますよね。
中でも、不要になったタンスは、大きくて重いですし、処分に困るという方も多いでしょう。
そこで今回は、引っ越しで不要になったタンスの処分方法について、ご紹介したいと思います。

【タンスは普通ごみで捨てられる?】

そもそも、不要になったタンスは、普通ごみ(燃えるゴミ)として処分することができるのでしょうか。
もちろん、そのままの大きさでは、ゴミ袋に入りませんし、普通ゴミとして処分することはできません。
ただし、木製のタンスであれば、分解して、ゴミ袋に入るサイズまで細かく裁断することで、普通ごみとして処分することも可能です。
しかし、タンスを分解して細かく裁断するのは、かなりの重労働です。
もちろん、裁断するためのノコギリ等も必要になります。
細かい木くずも出ますので、自宅内ではできないため、外で作業を行うスペースなども必要になり、現実的な方法とは言えません。

【引っ越しで不要になったタンスを処分する4つの方法】

では、引っ越しで不要になったタンスは、どのように処分するのが良いのでしょうか。
ここでは、4つの方法をご紹介したいと思います。

■自治体の粗大ごみ回収を利用

まずは、自治体の粗大ごみ回収を利用する方法です。
自治体の粗大ごみ回収は、比較的安い料金で、タンスを処分することができます。
ただし、申込みから回収までに約1週間〜2週間の期間が必要になりますので、急な引っ越しの場合は不向きです。
さらに、自治体の粗大ごみ回収の場合は、タンスを自宅敷地前や指定のクリーンステーションまで運び出しておく必要がありますので、一人暮らしの方や高齢の方には難しい方法かもしれません。

■引っ越し業者の不用品回収サービスを利用


最近では、不用品回収サービスを行っている引っ越し業者も増えています。
引っ越し業者によって、不用品回収サービスを行っているかどうかは異なりますし、回収してもらえる不用品の種類も違います。
そのため、引っ越し業者に、不要になったタンスの処分を依頼するのであれば、事前にタンスの回収が可能かを確認しておくのが良いでしょう。

■不用品回収業者に依頼

不用品回収業者に依頼して、不要になったタンスを処分することも可能です。
不用品回収業者の場合、早くて手間がかからないというメリットがあります。
即日回収を行っている業者もありますので、急な引っ越しであっても、その日のうちに処分することが可能です。
また、回収作業は全て業者が行ってくれますので、手間がかからず、引越し作業に集中することができますよ。

■リサイクルショップなどで売却


まだ新しいタンスや、状態の良いタンスであれば、リサイクルショップやフリマアプリ、ネットオークションなどで売却するという方法もあります。
「捨てるのは勿体無い」と感じる場合は、売却を検討されてみても良いでしょう。
ただし、フリマアプリやネットオークションなどを利用する場合、いつ売れるか、必ず売れるかというのはわかりません。
そのため、引っ越しの日が近づいても売れずに自宅に残っているという可能性もあるのです。
そうなると、不要なタンスまで新居に運ぶことになりますので、引越し費用にも影響が出るかもしれません。

【まとめ】

今回のテーマは、「引っ越しで不要になったタンスの処分方法」についてでした。
今回ご紹介したように、引っ越しで不要になったタンスの処分には、様々な方法があります。
引っ越しで不要になったタンスの処分を、ご検討中の方は、ぜひ本記事を参考にしてみてくださいね。

Copyright © 2016 クリーン本舗 All Rights Reserved.