知らなかったでは済まされない!不法投棄は犯罪ですよ!

2019年4月12日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「知らなかったでは済まされない!不法投棄は犯罪ですよ!」についてです。

「不法投棄」という言葉を聞いたことが無いという方は少ないでしょう。
しかし、不法投棄について詳しく知らないという方は多いかもしれません。
不法投棄は犯罪で、実際に逮捕されたケースも多くあります。
軽い気持ちで行った行為が、不法投棄となる場合もありますので注意が必要です。
「知らなかった」では済まされませんので、この機会に不法投棄について知っていただきたいと思います。

【そもそも不法投棄とは?】

まず、不法投棄とは、どういったことを指すのかについて、ご紹介します。

不法投棄・・・廃棄物の処理及び清掃に関する法律に反して、決められた場所以外に、廃棄物を投棄すること

「不法投棄は業者などに関係することで、自分たちには関係ない」
このように思っている方も、多いのではないでしょうか。
しかし、不法投棄は業者だけの問題ではありません。
一般の方でも、不法投棄によって罰則を受けている例もあるのです。
例えば、下記のような行為は不法投棄となります。

・家庭で出たゴミを、スーパーやコンビニに備え付けてあるゴミ箱に捨てる
・自分の住んでいるところではないマンションのゴミ置き場などにゴミを捨てる
・他人の私有地にゴミを捨てる
・バーベキューやキャンプで、施設がゴミを持ち帰るように指示しているのに放置して帰る

上記のような行為は、不法投棄となる可能性が高いですので、絶対にやめましょう。
基本的に、家庭で出たゴミは、決められた方法で、決められた日に処分する必要があるのです。

【不法投棄には、どんな罰則があるの?】


では、実際に不法投棄と判断された場合、どのような罰則があるのでしょうか。
個人が不法投棄を行った場合は、5年以下の懲役/一千万円以下の罰金または併科という罰則があります。
さらに、不法投棄の場所によっては、営業妨害などの罪も科せられる可能性があるのです。
「知らなかった」では済まされません。
「バレないだろう」という気持ちも、持たないようにしましょうね。

【不用品は正しく処分しよう!】


今回ご紹介したように、不法投棄は犯罪で、重い罰則があるのです。
そのため、不用品は正しく処分する必要があります。
しかし、遺品整理や生前整理、断捨離や引っ越しなどでたくさんの不用品が出た時、分別が難しかったり、不用品の種類によっては処分方法がわからなかったりすることもあるでしょう。
そこでオススメなのが、不用品回収業者です。
不用品の処分を、プロである不用品回収業者に依頼することで、手間をかけず早く処分することができますよ。

【まとめ】

今回のテーマは、「知らなかったでは済まされない!不法投棄は犯罪ですよ!」についてでした。
不用品の処分でお困りの方は、決して不法投棄せず、不用品回収業者に依頼するようにしてくださいね。

Copyright © 2016 クリーン本舗 All Rights Reserved.