知っておきたい遺品整理のコツ

2018年11月29日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「知っておきたい遺品整理のコツ」についてです。

画像や親族が亡くなった際に行う遺品整理ですが、既に遺品整理を経験した方の多くは想像以上に大変だと感じているようです。

遺品整理を人生で何回も行うということは、あまりありませんが、いざという時のために遺品整理のコツを知っていると役立ちます。

そこで今回は、知っておきたい遺品整理のコツについて、ご紹介したいと思います。

【遺品整理とは】

遺品整理とは、家族や親族が亡くなった場合に、故人の遺品を整理することをいいます。
遺品を必要な物と不要なものに分けたり、親族や友人などに形見分けしたりするのです。
遺品整理は決して難しい作業では、ないのですが体力や時間が必要になりますし、故人を亡くした悲しみから、なかなか遺品整理を進めることができない人も多いようです。

【遺品整理のコツ】

遺品整理を少しでもスムーズに行うために、いくつかのコツがあります。
ここでは3つのコツを、ご紹介したいと思います。

■家族や親族と一緒に行う

まず1つ目は、1人で進めようとするのではなく、家族や親族などと一緒に行うことです。
前途したように、遺品整理というのは体力的にも精神的にも時間的にも大変な作業です。
さらに1人で行うとなると、かなりの負担になってしまいます。
できるだけ、家族や親族などに声をかけ一緒に遺品整理を進めるようにしましょう。
1人だと、処分するかどうか悩んでしまう物でも、家族や親族と進めることで意見を聞くこともできますよ。

■故人の意向を大切にする


遺品の中には、故人が生前大切にしていたものもあるでしょう。
故人が生前、エンディングノートを書いていた場合は、その内容を参考にしながら故人の意向に沿った遺品整理を行うのがよいでしょう。
エンディングノートには法的な効力はありませんが、故人の想いを知るためには大切なものです。
遺品整理を始める前に、故人がエンディングノートを書いていなかったか確認してみましょう。

■一旦保留という選択も◎

遺品整理を進めていくと、処分するか、保管しておくか悩むことも多いです。
その決断に時間をとられてしまい、なかなか遺品整理が進まないということもよくあります。
そんな時は、一旦保留という選択もオススメです。
処分するかどうか悩んでしまうものを一旦保留として置いておき、期間を置いて改めて考えるという方法もあります。
遺品整理は、処分か保管かの2択ではないということを覚えておきましょう。

【業者に任せるという選択もオススメ!】


遺品整理のコツを知っていることで、負担を減らすことができます。
しかし、遺品整理は必ず身内だけで行わなければいけないということはありません。
家族や親族が集まることがてきない場合や、故人が生前、賃貸住宅等で一人暮らしをしていて退去の期限が迫っている場合などは業者に任せることで早く手間をかけずに遺品整理を行うことができます。

【まとめ】

今回のテーマは、「知っておきたい遺品整理のコツ」についてでした。
遺品整理のコツを知っていることで、負担を減らすことができます。
遺品整理をする必要がでてきた!という方はぜひ参考にしてみてくださいね。

Copyright © 2016 クリーン本舗 All Rights Reserved.