終活の新しい考え方!新終活とは?

2018年1月16日

終活の新しい考え方!新終活とは?

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「終活の新しい考え方!新終活とは?」についてです。

終活という言葉は数年前からテレビや雑誌などでも、よく取り上げられていて、耳にする機会が増えました。終活という言葉を聞くと70歳以上の方をイメージしたり、40代や50代の方は、まだまだ自分には関係ないと感じる方のほうが多いでしょう。しかし最近では

「新終活」という言葉も生まれています。
そこで今回は「新終活」とはどういったものなのか、終活とは違うのかなど、「新終活」についてご紹介したいと思います。

【新終活とは?】

まずは、新終活という言葉についてご紹介したいと思います。新終活とは「やりたいことを自分の最期から逆算することで今を豊かに生きることができるもの」とされています。また、終活の言葉の意味は「人生の終末を迎えるにあたり、延命治療や介護、相続についての希望をまとめ、準備を整えること」となっています。このように言葉の意味からみると、「終活」と「新終活」は自分の最後の時と向き合うといったところは同じですが、「新終活」は死への準備ではなく、今を豊かに生きるためのものであるということが、わかっていただけるのではないでしょうか。

【新終活は何歳から?】

終活は一般的に60歳や70歳から始める方が多いですが、「新終活」は今を豊かに生きるためのものですので、年をとってからでは遅く、手遅れな場合もあります。40代になると身近な人が死を迎えたりすることで、死を身近に感じることも増えてきます。そのようなことから死を意識するきっかけになりますので、新終活は40代から始めるといいでしょう。しかし、新終活を始める年齢に決まりはありませんし、今を豊かに生きるためのものですので、早くから始めるのもいいでしょう。30代で新終活を始めても全く問題はないでしょう。

【新終活は何から始める?】

いざ、新終活を始めようと思っても何から始めればいいかわからないという方も多いのではないでしょうか。ここでは、新終活で取り組みやすいことをご紹介したいと思います。

■自分の遺影選び

自分の遺影を想像したことはありますか?どんな写真を遺影として残したいですか?まずは、どのような遺影を残したいかを想像し、それに近い写真選びをしてみましょう。しかし、いざ写真を探してみると家族の写真ばかりで自分の写真がない!という方も多いと思います。そういった場合は自分のイメージする写真を家族や写真館で撮ってもらいましょう。

■エンディングノートの記入

エンディングノートは死に備えて、自分の希望などを家族に伝えるために記入しておくノートのことです。最近は終活ブームの影響で、様々なメーカーから発売されています。書店などで購入できますので、簡単に始められます。

■保険の見直し

長いあいだ、支払いはしているけれど、内容をしっかり把握していないような生命保険はありませんか?保険内容も若い時のままになっていませんか?一度、きちんと保険を見直してみると良いでしょう。

■身の回りの物を整理

身の回りの物を整理し、不要な物を処分することで、心がスッキリし、今を豊かに生きることができます。また、自分にもしものことがあった時に、遺された家族の負担を減らすことにもつながります。

【まとめ】

今回のテーマは、「終活の新しい考え方!新終活とは?」についてでした。終活なんてまだまだ先だと思っている方も、新終活に取り組むことで、今を豊かに生きることにつながりますので、ぜひこの機会に新終活に取り組んでみられてはいかがでしょうか。

兵庫・大阪の生前整理、不用品の処分はクリーン本舗にお任せください。無料でお見積もりさせていただきます。ぜひ一度お問い合わせください。

Copyright © 2016 クリーン本舗 All Rights Reserved.