大阪市で扇風機を処分する方法

2018年12月28日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「大阪市で扇風機を処分する方法」についてです。

すっかり寒くなり、夏に活躍したけれど故障してしまった扇風機を処分しようという方もいるのではないでしょうか。
通常の扇風機は、それなりに場所を取りますので、早めに処分することで新しい収納スペースを確保することができますよ。
扇風機を処分しようと思っても、いまいち処分方法がわからない!粗大ゴミ?普通ごみ?と悩んでしまう方も少なくなうでしょう。
そこで今回は、大阪市で扇風機を処分する方法について、ご紹介したいと思います。

【大阪市では扇風機は基本的に粗大ごみです!】


基本的に、一般的な大きさの扇風機であれば大阪市では粗大ごみ扱いになります。
30cm以内の小型扇風機(卓上扇風機やハンディタイプのもの等)については、燃えないゴミとして処分することができます。

大阪市では、四方が30cm未満のものは普通ごみとして処分できます。
そのため、通常の大きさの扇風機を分解すれば普通ごみとして捨てれるのでは?と考える方もいるでしょう。
結論から言うと、確かに扇風機を分解し、全てのパーツを30cm以内にしてゴミ袋に入れれば普通ごみとして処分することも可能です。
しかし、オススメはできません!
まず、扇風機の羽はプラスチック製であることが多く、細かく裁断する際に怪我をしてしまう可能性があります。
また、裁断した部品がゴミ袋を破いてしまうこともあり、危険です。
そのため、できる限り分解はせずに処分するのがいいでしょう。

【大阪市の粗大ごみとして扇風機を処分する流れ】


大阪市で扇風機を粗大ごみとして処分する場合は、下記の手順が必要です。

1,電話で申し込み
2,シール券を購入して予約番号を記入
3,指定日にシール券を貼った扇風機を、自宅敷地前や指定のクリーンステーションに出しておく

大阪市の扇風機処分の費用は200円/1台です。
申込みから回収までに1〜2週間の期間が必要になります。

【早く手間をかけずに扇風機を処分するなら不用品回収業者に依頼しよう】


ご紹介したように、大阪市の粗大ごみ回収で扇風機の処分を行うことができますが、時間と手間がかかってしまうというデメリットもあります。
急な引っ越し等で、すぐに処分したい!という方や、仕事が忙しいので、とにかく手間はかけたくない!という人もいるでしょう。
そんな人にオススメなのが、不用品回収業者への依頼です。
不用品回収業者に依頼すれば、電話1本ですぐに回収に来てもらうことができます。
業者によっては即日対応も可能です。
また扇風機を何台も処分したい場合や、扇風機以外にも処分したいものがある場合も、一度に処分できる不用品回収業者がオススメです。

【まとめ】

今回のテーマは、「大阪市で扇風機を処分する方法」についてでした。
不要になった扇風機の処分を、ご検討中の方はぜひ参考にされてみてはいかがでしょうか。

Copyright © 2016 クリーン本舗 All Rights Reserved.