何歳から終活を始めればいいの?生前生理のススメ

2018年11月6日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「何歳から終活を始めればいいの?生前生理のススメ」についてです。

ここ数年で「終活」という言葉をよく耳にするようになりましたよね。
「終活」に興味や関心はあるけれど、いつから、何から始めればいいかわからないという方も少なくないでしょう。

そこで今回は、終活を始める年齢や、終活でやっておきたい生前整理について、ご紹介したいと思います。

【そもそも終活とは】

「終活」という言葉は知っているけど、具体的なことはよくわからないという方も多いでしょう。
そこでまずは、終活とはどういったものなのかについて、ご紹介していきます。

終活とは「自分の死に向きあい、自分らしい最期を迎えるための活動」です。
終活を行うことで、自分の死後に遺された家族が抱える負担を減らしたり、残りの人生を豊かに悔いなく過ごすことができたりするといわれています。

終活は「終えるための活動」といった間違った認識をされていることもあり、あまりいいイメージを持たれていない場合もあります。
しかし先述したように、終活は決して「死ぬための準備」ではなく「豊かに生きるための活動」ですので、前向きな気持ちで取り組まれれるといいでしょう。

【終活は何歳から始める?】

「終活は何歳から始めたら良いの?」
「私はまだまだ元気だから大丈夫」

上記のような気持ちの方も多いでしょう。
ます、終活に「何歳から」という決まりはありません。

そのため、あなたが「やろう!」と決めた日が終活をスタートするタイミングと言えます。

人の死というのは、いつやってくるのか誰にもわかりません。
若いから「死」と無縁ということではないのです。
実際に、20代や30代でも終活を行っている人もいます。

しかし、20代や30代の終活を行っている割合は少なく、60歳や70歳以上で終活を始められている方が多いです。

もちろんルールがあるわけではありませんので、何歳から終活を始めてもいいのですが、年齢を重ねると体力や思考力が低下しやすくなりますので、元気で体力も十分にあるうちに終活を始められることをオススメします。

何度も言いますが、終活に「早すぎる」ということはないのです。

【まずは生前整理から始めよう!】


終活と一言でいっても、お墓や葬儀の準備、遺言書の作成、エンディングノートの記入など様々なことが含まれますが、その中でもまずは「生前整理」から取り組まれることをオススメします。

生前整理とは、生きている間に、自分の身の回りのものを整理することです。
生前整理を行うことで、遺された家族が遺品整理をする際の負担を軽減することができます。
さらに生前整理を行い、自分の所有物を再確認することで、遺言書やエンディングノートの作成もしやすくなります。

不要なものを処分し、本当に必要なものだけで生活をすることで身も心もスッキリし、残りの人生を本当の意味で豊かに過ごすことができます。

【まとめ】

今回のテーマは、「何歳から終活を始めればいいの?生前生理のススメ」についてでした。
終活を始める年齢に決まりはありませんが、なるべく体力のある元気なうちに始められるのがいいでしょう。
まずは生前整理から始められると、自分が終活で何を行っておくべきかというのも、わかってくると思います。

生前整理ででた不用品は、不用品回収業者に依頼することで、早く手間をかけずに処分することができますよ。

Copyright © 2016 クリーン本舗 All Rights Reserved.