古くなった扇風機の処分方法

2019年9月20日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「古くなった扇風機の処分方法」についてです。

夏に活躍した扇風機、なんだか今年は調子がよくなかったな・・・

こんなことはありませんか?扇風機は家電製品ですので、古くなってくると、正常に動かなくなることもあります。
でも、古くなった扇風機ってどうやって処分すればいいかわからないという方も多いでしょう。
そこで今回は、古くなった扇風機の処分方法について、ご紹介したいと思います。

【扇風機は家電リサイクル法の対象?】


家電の処分には、家電リサイクル法という法律があります。
家電リサイクル法対象品目の場合、自治体の粗大ごみ回収では処分することができません。
では、扇風機は家電リサイクル法の対象となるのでしょうか。
結論から言うと、扇風機は家電リサイクル法の対象ではありません。
家電リサイクル法の対象となる家電は、エアコン、冷蔵庫、冷凍庫、テレビ、洗濯機、衣類乾燥機です。
ただし、自治体によっては、洗濯機が小型家電の対象となる可能性もあります。
小型家電の対象となる場合、自治体によっては無料で回収していることもありますので、一度、自体のルールを確認されることをオススメします。

【古くなった扇風機の処分方法】

扇風機は、家電リサイクル法の対象ではありませんが、普通ゴミとして処分することもできません。
ここでは、古くなった扇風機の処分方法を2つご紹介したいと思います。

■自治体の粗大ごみ回収を利用する

まずは、自治体の粗大ごみ回収を利用するという方法です。
先程も述べた通り、自治体によっては小型家電の対象となる可能性もありますが、そうでなければ、粗大ごみとして回収してもらうことができます。
自治体の粗大ごみ回収のメリットは、比較的安い費用で処分できるということです。
ただし、申込みから回収までに1〜2週間の期間が必要なため、急な引っ越しや、すぐに処分したい人には不向きです。

■不用品回収業者に依頼する


次は、不用品回収業者に依頼して扇風機を処分してもらうという方法です。
不用品回収業者に依頼するメリットは、とにかく手間がかからないこと、すぐに処分ができることなどがあります。
不用品回収業者は、電話一本で自宅まで扇風機をすぐに取りにきてくれますので、全く手間がかかりません。
また、扇風機以外に処分したい不用品があれば、一緒に回収してもらうこともできるため、遺品整理や生前整理などの際にも便利です。
ただし、不用品回収業者の中には、悪質な業者も存在しています。
万が一、悪質な業界に依頼してしまうとトラブルに巻き込まれてしまう可能性もあるのです。
そのため、不用品回収業者を利用する場合は、業者選びが大切になってきます。

【まとめ】

今回のテーマは、「古くなった扇風機の処分方法」についてでした。
今回ご紹介したように、古くなった扇風機の処分は、自治体か不用品回収業者に依頼することで処分することができます。
自治体によってルールや料金は異なりますので、自治体を利用する際は、事前にルールを確認しておきましょう。
また、手間をかけずに扇風機を処分したい場合は、不用品回収業者がオススメです。
ただし、不用品回収業者を利用する際は、信頼できる業者を選ぶようにしてください。

大阪・兵庫・神戸で扇風機の処分でお困りの方は、クリーン本舗にお任せ下さい。
お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。

Copyright © 2016 クリーン本舗 All Rights Reserved.