引っ越し難民にならないための3つの方法

2019年2月8日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「引っ越し難民にならないための3つの方法」についてです。

突然ですが、「引っ越し難民」という言葉を知っていますか?
引っ越し難民とは、引っ越し業界が繁忙期の3月や4月に引っ越しを依頼しても希望の日に引っ越しができない人のことです。
引っ越し難民には、引っ越し業界全体の人手不足が大きく影響しています。
引っ越し業界で働く人(特にドライバー)が不足していることで、引っ越しを請け負える件数に限りがでるため、繁忙期である3月や4月になると引っ越し難民になってしまう人が増えているのです。
そこで今回は、引っ越し難民にならないための3つの方法をご紹介したいと思います。

【3つの方法で引っ越し難民から逃れよう!】

引っ越しは、転勤や進学など様々な理由で行うことも多く、希望の日に引っ越しが出来なければ新生活に支障が出てしまうという方も
いるでしょう。
引っ越し難民にならないようにするには、下記のポイントに注意するといいですよ。

■引っ越しの予約は早めに!


もちろんですが、引っ越しは予約をして行います。
この予約が希望の日に取れないというのが引っ越し難民の現状なのですが、どうしてもこの日!という希望日が決まっているのであれば、できるだけ早く引越し業者の予約を行う方がいいでしょう。
早ければ早いほど、予約は取りやすくなりますので、引っ越しが決まったらすぐに予約することをオススメします。

■平日に引っ越しを行う

どうしても仕事や学校などの関係で、土曜日や日曜日、祝日の予約が多くなります。
逆に、土曜日や日曜日、祝日に比べ、平日は予約が取りやすいということです。
もちろん、これはできる人と出来ない人がいると思いますが、もし都合がつくのであれば、できるだけ平日に引っ越しを行うようにすると予約が取りやすく、引っ越し難民から逃れることができます。
さらに平日の方が料金が安くなることもありますので、お得ですよ。

■不用品を処分して小口運送を利用

引っ越し前に不用品や、大きな家具や家電を処分することで引っ越し業者を利用しなくても小口運送業者に荷物の運搬を依頼することも可能になります。
小口運送業者とは、いわゆる宅配便サービスのことで、大きな家具や家電がなければ小口運送でも十分でしょう。
さらに、事前に不用品の処分を行うことで、単身や近距離の引っ越しであれば自家用車を使って行うことも可能になりますよ。

【まとめ】

今回のテーマは、「引っ越し難民にならないための3つの方法」についてでした。
引っ越し難民になってしまうと、新生活に支障がでてくることもありますので、なるべく早めに引っ越し業者を予約するか平日に引っ越しを行うなどの工夫が必要です。
引っ越し前に、不用品処分を行う場合、不用品回収業者に依頼するというのもオススメですよ。
引っ越しの予定があるという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Copyright © 2016 クリーン本舗 All Rights Reserved.