不用品回収業者が処分できるもの・できないもの

2019年5月15日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「不用品回収業者が処分できるもの・できないもの」についてです。

引っ越しや断捨離、遺品整理や生前整理で不用品回収業者を利用したいと考えている方も多いでしょう。
ほとんどの物を回収してもらえるイメージのある、不用品回収業者ですが、中には回収してもらえない物もあるのです。
そこで今回は、不用品回収業者が処分できるもの・できないものについて、ご紹介したいと思います。

【不用品回収業者が処分できるもの】

基本的に、一般家庭や一般企業から出る不用品やゴミについては、ほとんどの物を回収してもらうことができます。
例えば、自治体では回収していない、冷蔵庫・冷凍庫・テレビ・エアコン・洗濯機などの家電リサイクル法対象品目であっても、不用品回収業者であれば、回収してもらうことが可能です。
また、自分では運び出すことが難しい、大型の家具などについても、不用品回収業者に依頼することで簡単に処分できます。
その他にも、日用品や衣類、おもちゃやぬいぐるみ、ベビー用品、アウトドア用品、古タイヤなど、様々な物を回収してもらうことが可能ですよ。

【不用品回収業者が処分できないもの】


なんでも回収してもらえそうな、不用品回収業者ですが、回収してもらえない可能性が高い物もあります。
例えば、動物の死骸(生きていてもNG)などは、回収してもらえません。
また、窃盗品と予想されるようなものや、何かしら違法性のあるものは回収してもらえない可能性が高いです。
その他にも、病院等で取り扱っているような医療器具や、銃器、ガソリンなど、危険物に含まれるものも回収してもらうことができません。
さらに、大量の土や岩、石なども回収してもらえない可能性が高いですし、食品や飲み物などの生ゴミも回収してもらえない場合があります。

【処分できるものとできないものは業者によっても異なる】

上記では、一般的に不用品回収業者で処分できるものと、できないものをご紹介しましたが、細かい決まりは、それぞれの業者によって異なります。
まずは、自分の処分したいものが、依頼する不用品回収業者で処分可能かどうか確認してみることをオススメします。

【まとめ】

今回のテーマは、「不用品回収業者が処分できるもの・できないもの」についてでした。
今回ご紹介したように、不用品回収業者には回収し処分できるものと、できないものがあります。
一般家庭から出た物であれば、ほとんどの物を回収してもらうことが可能なのですが、一部の物は回収してもらえないことがあります。
また、処分できるものとできないものは、業者によっても異なりますので、事前に確認しておくことが大切です。
大阪・兵庫で、不用品の処分をご検討中の方は、クリーン本舗にお任せください。
お見積りは無料です。まずは、お気軽にお問い合わせください。

Copyright © 2016 クリーン本舗 All Rights Reserved.