【初めての方必見】プロが教える遺品整理を進めるコツとは

2019年11月1日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「【初めての方必見】プロが教える遺品整理を進めるコツとは」についてです。

遺品整理は、人生のうちで、そう何度も行なうものではありません。
そのため、「遺品整理をしたことがない」「初めて遺品整理を行う」という方も多いはずです。
どんなことでもそうですが、初めてのことをするのは、時間がかかりますし大変ですよね。
そこで今回は、遺品整理を初めて行なうという方に向けて、遺品整理を進めるコツについて、ご紹介したいと思います。

【そもそも遺品整理とは?】


遺品整理のコツを紹介する前に、まずは遺品整理について、基本的なことを紹介します。
遺品整理とは、家族や親族が亡くなった後に、遺された遺族が、故人の身の回りのもの(遺品)を整理することを言います。
遺品整理の基本的な流れは、遺品を必要なものと不要なものに分けて、不要なものは処分したり、必要なものは形見分けしたりしていきます。
遺品整理は想像以上に大変な作業で、遺族にとっては精神的にも体力的にも負担が大きくなることが多いです。

【初めてでもスムーズに遺品整理を進める3つのコツ】

次に、スムーズに遺品整理を進めるコツについて3つ、ご紹介したいと思います。

■1人で遺品整理をしない

まず、大切なのは、1人で遺品整理をしようとしないことです。
前述の通り、遺品整理は想像以上に大変な作業ですし、精神的にも体力的にも負担が大きいです。
1人で遺品整理を行なうということは、その負担を全て1人で背負うということになります。
「子どもたちに迷惑をかけたくない」
「子どもは自分1人だけだから」
上記のように、様々な理由があると思いますが、できるだけ1人で遺品整理を行わず、家族や親戚、知人などに手伝ってもらうようにしましょう。
どうしても頼れる人がいないという場合や、迷惑をかけたくないと思うのであれば、業者に依頼するというのもオススメです。

■故人の意向を大切にしながら遺品整理を進める


遺品整理を行なうにあたって、故人の気持ちを大切にするということは、とても大切です。
故人が生前に、エンディングノートなどを記入していた場合は、そこに書かれている意向にそって、遺品整理を進めましょう。
また、エンディングノートなどを書いていなくても、故人が生前とても大切にしていたものなどは、処分せずに保管したり、仲の良かった友人に形見分けしたりするというのもいいですね。

■迷った時は、一旦保留にするのもOK

遺品整理がスムーズに進まない理由の1つが「必要か不要かの判断に悩んでしまう」ということです。
1つ1つの判断に時間をかけていると、なかなか作業が進まなくなってしまいます。
そのため、必要か不要かの判断に悩んだ場合は、一旦保留にしておくというのも遺品整理のコツです。
保留BOXのようなものを作っておき、悩んだ場合は、そこに入れるようにします。
そして数ヶ月、時間をあけて再度、保留BOXの中身を整理するようにするといいでしょう。

【まとめ】

今回のテーマは、「【初めての方必見】プロが教える遺品整理を進めるコツとは」についてでした。
今回ご紹介したように、遺品整理は想像以上に手間と時間がかかります。
少しコツを知っているだけで、スムーズに遺品整理を進めることができますので、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。
また、遺品整理は業者に依頼することもできます。
業者に依頼することで、早く手間をかけずに遺品整理を行なうこともできますので、遺品整理でお困りの方は、ぜひ利用されてみてはいかがでしょうか。

Copyright © 2016 クリーン本舗 All Rights Reserved.