• ホーム
  • お問い合わせ・お見積り

知っておきたい遺品整理を行う時期やポイント

 2017年12月30日

知っておきたい遺品整理を行う時期やポイント

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「知っておきたい遺品整理を行う時期やポイント」についてです。

家族や親族など、誰かが亡くなると、故人の持ち物を整理しなければなりません。亡くなられた方の持ち物を整理したり処分したりすることを遺品整理と呼び、遺品整理は残された遺族の気持ちを整理するためにも大切な作業です。

今回は知っておくと安心な遺品整理を行う時期やポイントについてご紹介したいと思います。

【遺品整理を行う時期】

実は遺品整理を行う時期に決まりはありません。ですので、特に急ぐ必要はありません。葬儀後、気持ちが落ち着いた後や、四十九日を目安に遺品整理を始められるのもよいと思います。

しかし、亡くなられた方の生前の住まいが賃貸住宅の場合は、部屋を明け渡す必要があるため、早めに遺品整理を行う必要があるでしょう。どうしても時間がない場合は、いったん、家族の家や、トランクルームなどに荷物を移しておき、後からゆっくり遺品整理を行うという方法もあります。

【遺品整理のポイント】

■遺言書を確認する

遺品整理を行う前に必ず、故人が遺言書を残しているか確認しましょう。きちんとした書式や手続きのもと書かれた遺言書があれば、その遺言書の内容は最重要視されますので、故人が遺言書を残している場合は遺言書の内容に遺品整理に関しての記述があるか最初に確認しておきましょう。また、法的に効力のない遺言書の場合も、故人の思いを尊重し、遺言書にしたがって遺品整理を行うのがよいでしょう。遺言書は故人の最後の言葉です。しっかり受け止めてあげましょう。

■迷っている間は処分しないようにしましょう

遺品整理では故人の持ち物を保管しておくものや譲渡するもの、処分するものに分ける必要がありますが、中には処分するるかどうか迷うものもあると思います。家族の亡くなった悲しみにより、正しい判断ができない場合もあると思います。迷った場合は、とりあえず処分はせず、いったん保管しておくといいでしょう。故人の思い出の品は一度処分してしまうと、二度と取り戻すことはできません。慎重に判断し、はっきりと処分すると判断がついてから処分するようにしましょう。

■手紙や手帳は残しておきましょう

手紙や手帳は故人の交友関係の記録になります。今後、故人と親しかった方と連絡をとる必要がでてくることもあるかもしれません。手紙や手帳を保管しておくことで連絡先がわかることもあります。

■携帯電話やパソコンのデータも忘れずに

最近は皆さん携帯電話やスマートフォン、パソコンなどを所持しています。このようなデジタル機器にも親しい人の連絡先や写真などがたくさん保存されている場合が多いです。そのまま保管しておくとデータが消失してしまうこともありますので、早めにデータをSDカードやUSBやハードディスクなどにコピーしておくようにしましょう。

【まとめ】

今回のテーマは、「知っておきたい遺品整理を行う時期やポイント」についてでした。
遺品整理を行う際の参考にしていただければと思います。
クリーン本舗では遺品整理も行っております。大阪・兵庫の遺品整理遺品整理でお困りの方はぜひ一度クリーン本舗にお問い合わせください。

古い布団の処分方法

 2017年12月29日

初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「古い布団の処分方法」についてです。

どんどん寒さも増してきて、朝は布団からなかなか出られないですよね。人間は人生の約3分の1は寝ていると言われています。さらに快適な眠りは心身ともに健康にしてくれます。快適な睡眠をとるためには、布団はとても大切です。寒い冬に古くなり薄くなった布団を使用していると、寒さで目が覚めるなど、快適な睡眠をとることができません。快適な睡眠をえるためにも、布団の買い替えは重要ですが、布団は大きくかさばるものですので、処分方法がわからず、古い布団を使用し続けているという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、古い布団の処分方法について、ご紹介したいと思います。

【布団の打ち直しとは】

布団の打ち直しというのをご存知でしょうか。布団の打ち直しとは、仕立直し(リフォーム)のことです。布団は長期間の使用により、ボリュームがなくなり、固くなったり、薄くなったりしてしまいます。そのような布団を一度解体して、綿をほぐしたり、ゴミや塵を取り除き、新品の布団のように、ふっくらと蘇らして、新しい生地に包みなおします。婚礼布団のように思い入れのある布団などを、綺麗に蘇らせて新品のように使用できるというのは、とてもよいですが、布団の打ち直しができるのは綿でできている和布団のみで、洋布団や羽根布団の場合は布団の打ち直しができません。ですので、和布団を使用していて、その布団を処分せずに蘇らせたいという場合は打ち直しをしてもらうのが良いでしょう。その場合はふとん屋さんや寝具を取り扱っているお店に相談してみると良いでしょう。

【布団の処分方法】

打ち直しのできない布団の場合や、新しいものを購入する場合などは布団の処分が必要になります。次は布団の処分方法についてご紹介したいと思います。

■粗大ゴミや大型ゴミとして処分

自治体に粗大ごみや大型ゴミとして引き取ってもらう方法です。
まずは、お住いの自治体の粗大ごみや大型ゴミの回収受付に電話をかけます。そこで、布団の処分をしたいことを伝え、大きさや枚数などを伝えます。その内容によって、手数料や受付番号を教えてもらえますので控えておきましょう。

受付センターで指定された料金のシール券を近くのスーパーやコンビニで購入し、受付番号を記入後、布団に貼り付けます。
受付時に決定した、日程に自宅前やマンションのゴミ置き場に置いておきましょう。
手数料は自治体によって異なりますが、神戸市の場合は布団3枚までごとに300円、大阪市の場合は布団4枚まで200円の手数料がかかります。比較的安い料金で処分することができますが、申込みから回収まで1〜2週間かかることや、一回に処分できる数が少ないこと、土日は受付をしていないこと、収集場所まで自分で運ばないといけないことなど、いくつかのデメリットがあります。

■不用品回収業者に依頼して処分

不用品回収業者に依頼すれば、布団を処分することができます。自治体と異なる点は、まず自宅内まで引き取りに来てくれることです。布団は大きく、重さもありますので、運ぶのは意外と苦労します。業者に依頼することで、運ぶ手間を省けます。次に、業者によっては即日対応してくれることです。すぐに処分したい場合などは電話一本で取りにきてくれますので、助かります。また、布団1点でも、回収してくれますし、布団以外でも他の不用品も一緒に回収してもらうことが可能です。

【まとめ】

今回のテーマは、「古い布団の処分方法」についてでした。この機会に古い布団を処分し新しい布団で快適な眠りを手に入れてみてはいかがでしょうか。

使わなくなったぬいぐるみを処分するには?

 2017年12月26日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「使わなくなったぬいぐるみを処分するには?」についてです。

子どもが小さいときは、プレゼントで頂いたり、ゲームセンターの景品などで、自宅にぬいぐるみが増えていくことも多いですよね。しかし、子どもが大きくなり、ぬいぐるみで遊ばなくなり、処分に困っていませんか?

そこで今回は、ぬいぐるみの処分方法をご紹介したいと思います。

【寄贈する】

あなたの家では不用品となってしまったぬいぐるみも、場所を変えれば、まだまだ、大活躍してくれる場合もあります。寄贈先は様々ですが、例えば、保育園や幼稚園、小児科など、子どもが多く集まる場所や、発展途上国などに寄贈することもできます。捨てるのはもったいないと思っている場合でも、寄贈することによって、誰かに喜んでもらえるのであればと考える方も多いのではないでしょうか。

【リサイクルショップに持ち込む】

リサイクルショップに持ち込む方法もあります。ただし、リサイクルショップも売れないものは買い取ってくれません。汚れていたり、使用感の強いものは買い取りは難しいでしょう。逆に新しいものや、人気のあるもの、タグが付いたままの綺麗なものなどは、買い取ってもらえる可能性が高くなります。

【オークションやフリマアプリで売る】

最近はスマートフォンなどで簡単にオークションやフリマアプリに参加できるので、売り買いを行う人も多くなっています。リサイクルショップに持ち込む手間がなく、写真をとってアップロードするだけで簡単に売ることができます。ただ、大きなぬいぐるみなどは、送料が高くなる場合があるので注意が必要です。オークションやフリマアプリであっても、物を売るわけですから、汚れていたり、壊れているものは、この方法は避けた方が良いでしょう。あとあとトラブルに繋がる場合もありますので、出品前に、商品の状態をしっかりチェックしましょう。

【自治体で処分】

ぬいぐるみの大きさによっては、自治体で処分してもらうこともできます。その場合は、お住いの自治体のゴミの分別方法をしっかりとチェックし、その方法に従い、処分しましょう。ただ、ゴミ袋にぬいぐるみを入れてゴミのように捨てるのには抵抗がある方も多いかもしれません。

【不用品回収業者に依頼】

ぬいぐるみと一緒に、ぬいぐるみを飾っていた棚や、他の不用品も処分したい場合や、すぐに処分したい場合、とにかく手間をかけたくない場合などは、不用品回収業者に依頼して処分する方法もあります。

電話一本で家まで取りに来てくれますので、手間がかかりませんし、その他の処分方法に比べ、処分までに時間がかかりません。

【ぬいぐるみを供養する】

ぬいぐるみの処分に対して、霊的なものを気にしてしまう場合は、ぬいぐるみを供養してもらうという方法もあります。人形供養をしているお寺や神社に依頼したり、お正月のお焚きあげでぬいぐるみの供養を行っている場合もありますので、近所でぬいぐるみの供養をできるところを探してみるといいでしょう。

【まとめ】

今回のテーマは、「使わなくなったぬいぐるみを処分するには?」についてでした。
ぬいぐるみの処分方法には様々なものがありますが、それぞれのメリット・デメリットをしったうえで、自分自身の状況にあった方法を選ぶといでしょう。

不用品の処分方法【メリット・デメリット】

 2017年12月25日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「不用品の処分方法【メリット・デメリット】」についてです。

年末になると大掃除をするご家庭も多いですよね。大掃除ではたくさんの不用品がでますが、処分方法に悩まれることも少なくないのではないでしょうか。
不用品の処分には様々な方法があります。処分するものの種類によっても異なってきます。今回はそれぞれの処分方法のメリットやデメリットについてご紹介したいと思います。

【自治体の回収サービスを利用】

多くの自治体では普通ゴミとして処分できないものは粗大ゴミや大型ゴミとして、回収依頼を行うことで、処分することができます。自治体により方法は多少異なりますが、多くの自治体では、電話で申し込みを行い、処分するものに応じて手数料分のシール券を近くのコンビニやスーパーなどで購入し、指定された日に自宅前や、マンションのゴミ置き場などに置いておくという流れです。

■自治体に依頼するメリット

自治体に依頼するメリットは比較的安い料金で処分できるという点です。また自治体に依頼するという安心感もあります。

■自治体に依頼するデメリット

自治体に依頼するデメリットは以下のような点です。
・土日の受付をしていない場合が多い
・一回に回収してもらえる数が少ない
・申し込んでから回収まで1〜2週間かかる
・回収日や時間を指定できない
・自分で回収場所(自宅前やゴミ置き場など)まで運ばなければいけない
・シール券の購入など手間がかかる

【リサイクルショップで買い取りを依頼】

不用品の処分方法にはリサイクルショップで買い取ってもらうという方法もあります。

■リサイクルショップに依頼するメリット

リサイクルショップに依頼するメリットはなんといっても、不用品を処分して利益があるという点です。売却するものによって査定額は様々ですが、不用品を処分して利益があるというのは嬉しいですよね。

■リサイクルショップに依頼するデメリット

リサイクルショップに依頼するデメリットは、買い取ってもらえるものに限りがあるということです。壊れていて使用できないものや、汚れていたり使用感が強いものは買い取りが難しいでしょう。また近くに回収を行っているリサイクルショップがない場合は、自分でリサイクルショップまで運ばなければなりませんので処分するものの量が多い場合は大変かもしれません。

【オークションやフリマアプリで販売】

最近はパソコンやスマートフォンを使用して誰でも簡単にオークションやフリマアプリを使用できるようになりました。実際にオークションやフリマアプリではたくさんの商品の売り買いが行われています。

■オークションやフリマアプリのメリット

オークションやフリマアプリのメリットは、手軽にできることです。スマホがあれば写真をとって簡単に販売することができますし、値段も自分で設定することができます。もちろん売れれば、利益にもなります。また、自分にとっては不要になったものでも、また誰かが必要としてくれて、使用してくれるので、処分するのに抵抗があるものなどはオークションやフリマアプリで販売してみても良いのではないでしょうか。

■オークションやフリマアプリのデメリット

オークションやフリマアプリのデメリットは以下のようなものがあります。
・大きなものは送料が高くなる
・いつ売れるかわからないので、処分までに時間がかかる
・購入者とのトラブルなどの可能性がある
・商品に対する質問など他者とのやり取りや発送など自分で行うため、忙しい人には不向き

【不用品回収業者に依頼】

不用品回収はプロに頼むという方法もあります。

■不用品回収業者に依頼するメリット

不用品回収業者に依頼するメリットは以下のような点です。
・電話一本で回収に来てくれ、全て業者が行ってくれるので手間が省ける
・即日対応や日時の指定が可能
・一度にたくさんの処分が可能
・品目に限らず、ほとんどのものを回収してもらえる

■不用品回収業者に依頼するデメリット

不用品回収業者に依頼するデメリットは、自治体などに比べ費用がかかってしまうということです。しかし業者によっては様々なキャンペーンを使用することで費用を少しでも安くできる場合もあります。不用品回収業者に依頼する場合は、見積もりを依頼するのが良いでしょう。

【まとめ】

今回のテーマは、「不用品の処分方法【メリット・デメリット】」についてでした。
不用品の処分方法には様々な方法がありますが、この記事を参考に自分の環境に応じて、適切な方法を選んでいただけたらと思います。

HDDレコーダーの寿命と長持ちさせる方法

 2017年12月22日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「HDDレコーダーの寿命と長持ちさせる方法」についてです。

年末年始は家族でゆっくりDVDや録画した番組を見るという方も多いのではないでしょうか。実際に年末年始は、普段とは違い多くの特番が放送しており、人気番組も多く放送されます。そこで活躍するのがHDDレコーダーです。今は多くの家庭で使用されており、簡単に番組を録画でき、いつでも好きな時に視聴することができます。しかし、HDDレコーダーにも寿命があります。いざ使用しようと思った時に故障して録画ができない!ということのないよう、今回は、HDDレコーダーの寿命や長持ちさせる方法についてご紹介したいと思います。

【HDDレコーダーの寿命とは】

HDDレコーダーの寿命は約5年と言われています。HDDレコーダーの故障の多くの原因は、ハードディスクの故障です。ハードディスクとはデータを保存するための機器です。HDDレコーダーは再生のみのレコーダーと違い、このハードディスクという機械が内蔵されていますので、好きな番組を録画することができます。しかしこのハードディスクの寿命が約5年と言われていることから、HDDレコーダーの寿命も約5年と言えます。

しかし、全てのHDDレコーダーが5年で壊れるというわけではありません。使用頻度や使用環境によって、HDDレコーダーの寿命は短くなることも、長くなることもあるのです。

【HDDレコーダーを長持ちさせるには】

HDDレコーダーは使用頻度や使用環境に気をつけることで、長持ちさせることができます。ここではHDDレコーダーを長持ちさせるポイントをご紹介したいと思います。

■熱がこもりにくい場所に設置する

ハードディスクは熱に弱いため、HDDレコーダーの温度が高くなりすぎると寿命が短くなってしまいます。そのため、HDDレコーダーは直射日光や暖房器具などの熱の当たるところを避けて、放熱しやすいように周囲に隙間をつくって設置するようにしましょう。

■定期的に掃除をしてホコリをためない

ハードディスクはホコリにも弱いです。特に放熱のためのファンの部分にホコリがたまると放熱できなくなり寿命が短くなります。できる限り、ホコリのたまりにくい場所に設置し、定期的に掃除を行うことで長持ちさせることができます。

■湿気を避ける

ハードディスクは精密機器のため、湿気は故障の原因になります。加湿器をHDDレコーダーの近くに設置したりしないようにし、湿気に注意しましょう。

■振動や衝撃を与えない

ハードディスクは非常に衝撃に弱いです。大きな衝撃に限らず、小さな振動でも繰り返し起きることにより故障につながる場合もあります。HDDレコーダーは不安定な場所に設置するのはやめましょう。またHDDレコーダーの上にリモコンなどを置いたりすることも、長持ちさせるためには避けた方が良いでしょう。

【まとめ】

今回のテーマは、「HDDレコーダーの寿命と長持ちさせる方法」についてでした。
HDDレコーダーの使用環境や使用方法に気をつけることで、長持ちさせることができます。しかし、電化製品ですので気をつけていても、いずれ寿命はやってきます。故障してしまうと、録画していたデータなども無くなってしまう可能性がありますので、同じHDDレコーダーを長年使用していて、最近調子が悪いなと思ったら早めの買い替えが安心です。

大阪・神戸で不用品の処分はクリーン本舗にお任せください。無料でお見積もりさせていただきます。ぜひ、一度お問い合わせください。

年末の大掃除と不用品の処分

 2017年12月21日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「年末の大掃除と不用品の処分」についてです。

もう今年も残りわずかとなりましたね。年末と言えば、大掃除をするご家庭も多いのではないでしょうか。一年の汚れを綺麗に掃除し新年を迎えたいものですが、大掃除は、一年に一度の大仕事で、かなりの重労働です。

そこで今回は、大掃除が捗るコツについてご紹介したいと思います。

【大掃除は時間の余裕をもって計画的に!】

大掃除を年末の最後の30日や31日などにまとめてしようと思ってませんか?大掃除は掃除する場所が多いため、一度にやってしまおうとすると、大変ですし、混乱してしまいます。できるだけ、早い時期から、何日かに分けて、少しづつ掃除していく方が良いでしょう。その際には、今日はキッチン、明日はお風呂などときちんと計画をたてて掃除を進めていくと、スムーズに進められるでしょう。

【奥から手前へ、上から下へ】

これは大掃除に限らず、掃除をする時の基本ですが、奥から手前へ、上から下へと掃除を進めていきます。奥というのは、玄関から一番遠いところを指します。部屋の奥から玄関に向かって掃除を進めていくと効率よく掃除を進めることができます。また、ホコリは上から下へ落ちていくので、床を先に綺麗にして、天井を掃除すると、また床が汚れてしまいます。そのため、掃除を行う際は、高いところから順に掃除を進めて行くようにしましょう

【不用品の処分をしよう!】

大掃除をスムーズに効率よく進めるためには不用品の処分も大切です。しかし、掃除と不用品の処分は同時に進めるのではなく、まず、部屋ごとに不用品をまとめる作業を行うと効率よくスムーズに進めることができます。先に不用品の処分を行うことで、部屋にいらないものがなくなり、収納場所も増えるので、その後の掃除がしやすくなります。普通ゴミのように、ゴミ袋に入れて処分ができるものより、家具や家電のような粗大ごみや大型ゴミとなるものから処分を始めるのもスムーズに大掃除を進めるポイントです。大きなものから処分することで、掃除もしやすくなりますし、スペースも確保できます。ただし、年末が近づくと、自治体によっては粗大ごみや大型ゴミの回収をストップする場合があります。そういった場合は不用品回収業者に依頼してみましょう。業者によっては即日対応してもらえる場合もあります。また不用品回収業者に依頼すると、一度にたくさんの不用品を処分できますので、大掃除を比較的、短期間で行うことができます。

【まとめ】

今回のテーマは、「年末の大掃除と不用品の処分」についてでした。
「大掃除をしないと!」と思いながらも、なかなか重い腰が上がらないという方も、この記事を参考に、大掃除に取り組まれてみてはいかがでしょうか。スッキリとした気分で新年を迎えることができると思いますよ。

大阪・兵庫の不用品処分はクリーン本舗にお任せください。無料でお見積もりさせていただきます。是非一度、お問い合わせください。

【危険】古いこたつの使用で火事に!?

 2017年12月20日

【危険】古いこたつの使用で火事に!?

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「【危険】古いこたつの使用で火事に!?」についてです。

毎年、冬は空気が乾燥しているのと暖房器具の使用が多いことで火事が急増します。
最近では大阪の豊中市でアパートが全焼する火事があり、5人の方が亡くなるという痛ましい事故がありました。火元は室内にあった電気こたつ付近だったことから、こたつが原因ではないかと言われています。

今回は古いこたつなどの使用による火災の危険について、ご紹介したいと思います。

【古いこたつ使用に潜む危険とは】

古いこたつを使用することで、火災につながる危険性があります。古いこたつを使用する際に考えられる危険にはどのようなものがあるのでしょうか。

■故障によるヒーターの発火

古いこたつをしようしていると経年劣化などにより、ヒーターなどが故障している可能性があります。故障したまま使用を続けることで、ヒーターが過度に加熱され、発火につながります。故障しているこたつの使用は絶対にやめましょう。

■電源コードの断線による火災

長年使用されているこたつの電源コードは、折り曲げや劣化が原因で、コードが断線している場合があります。断線によりショートし、発火する事故も多発しています。こたつ使用前には断線がないかなど、しかっり確認しましょう。

■ヒーター付近のホコリによる火災

古いこたつは、長年のホコリがヒーター付近に付着していることがあります。こういったホコリがヒーターの熱で燃えだす可能性があります。こたつの掃除を定期的に行い、ヒーター付近にホコリがたまらないようにしましょう。

■リコール商品の可能性

長年使用しているこたつが実際はリコールになっている商品だという場合もあります。特に昔に購入したものだと、メーカーも所有者を把握できていないため、所有者までリコールの情報が届いていないこともよくあります。一度自分の使用している製品がリコールの対象になっていないか確認しておきましょう。

【こたつは正しい使用方法で使用しましょう】

古いこたつの使用によって火災の可能性は大きくなりますが、こたつの使用年数に関わらず、間違った使用方法をしていると、火災につながる場合があります。

・こたつの中で衣類を乾かす

・こたつをつけたまま眠る

・こたつ布団を座椅子と一緒にこたつ内部に押し込む

・こたつを自分で改造したり修理する

・こたつをつけたまま外出

火災につながる可能性がありますので、上記のような使用方法は絶対にやめましょう。

【古いこたつは処分しましょう】

こたつのヒーターの寿命は約10年と言われています。実際に古いこたつの使用を続けたことによる火災もおきています。火災は自分や家族だけでなく近隣住民も巻き込むことになります。絶対に火災はおこしてはいけないのです。
現在ではこたつも高価なものではありません。古いこたつを使用していて火災になる可能性を考えれば、新しいものに買い換えるという選択もあると思います。

【まとめ】

今回のテーマは、「【危険】古いこたつの使用で火事に!?
」についてでした。これから寒さは増していき、こたつの使用も増えると思いますが、一度ご家庭のこたつの試用期間や使用方法を見直し、古いこたつを使用している場合は、買い替えを検討されてみてはいかがでしょうか。古くなったこたつの処分は不用品回収業者に依頼することで、簡単に手間なく処分することができます。是非一度、クリーン本舗へお問い合わせください。

不用品回収で回収できるもの

 2017年12月19日

不用品回収で回収できるもの

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「不用品回収で回収できるもの」についてです。

不用品回収業者というのがあるのは知っているけど、実際には利用したことがなかったり、どんなものを回収してもらえるのかわからないという方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は不用品回収業者が回収できるものについてご紹介したいと思います。

【不用品回収業者が回収できないもの】

不用品回収業者が回収できなものを紹介する前に、回収できないものを紹介したいと思います。なぜ、回収できなものを先に紹介するかというと、不用品回収業者は一般家庭にあるものはほとんど回収することができるからです。回収できなものの方が少ないため、先に回収できないものをご紹介したいと思います。

・薬品

・分別されていないゴミ

・ガスが入っている缶

・生き物

・食品類

上記のものや、その他の危険物は不用品回収業者では回収できません。

【不用品回収業者が回収を行うもの】

不用品回収業者は上記の回収できないもの以外は、ほとんどのものを回収できますが、実際に依頼するとなると、「こんなもの回収してもらえるのかな?」などと不安になることも多いと思います。ここでは具体的にどんなものが回収できるのかをご紹介したいと思います。

■パソコンや洗濯機などの家電製品

まず思いつきやすいのが、電化製品だと思います。一般家庭にある電化製品は全て不用品回収業者で回収することができます。特に家電は寿命もあり処分する機会も多いので、覚えておくと役立つでしょう。

■家具

こちらも比較的、思いつきやすいものではないでしょうか。カラーボックスのような小さな家具からベッドやタンス、ダイニングテーブルのような大型家具でも不用品回収業者は回収することができます。自宅内まで引き取りに来てくれますので、一人では運べない大きな家具でも安心です。

■トレーニング機器

こちらはなかなか処分方法がわからない方も多いのではないでしょうか。夜中の通販番組などを見て、勢いで購入したものの、ほとんど使用されなくなったトレーニング機器やダイエット器具なども不用品回収業者は回収することができます。

■ベビー用品

一時期しか使用しないベビー用品も子どもが大きくなると全く使わなくなり、一度にたくさんの不用品となってしまいます。ベビーベッドやベビーカー、チャイルドシートやベビーチェアなどのベビー用品も不用品回収業者は回収することができます。

■趣味用品

例えば、スキーやスノーボードの板や、サーフボード、釣り竿や水槽、キャンプ用品なども不用品回収業者は回収することができます。買い替えや、趣味がが変わって不要になったときは不用品回収業者に依頼すると一度に処分することができます。

【まとめ】

今回のテーマは、「不用品回収で回収できるもの」についてでした。ここで紹介できなかったものでも、初めに記述した回収できないもの以外の一般家庭にあるものであれば、ほとんど回収することができます。回収できるかどうかわからないという場合は一度、業者に問い合わせてみると良いでしょう。不用品回収業者を有効に利用することで様々なメリットがあります。不用品の処分の際は、不用品回収業者を検討されてみてはいかがでしょうか。

どんどん溜まる本の収納や処分方法

 2017年12月18日

どんどん溜まる本の収納や処分方法

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「どんどん溜まる本の収納や処分方法」についてです。

最近はタブレットやスマートフォンの電子書籍を使用して読書をする人も増えましたが、まだまだ紙の本がいい!という方も多いのも事実です。
しかし、昔ながらの紙の本は、場所をとることが多く、どんどんと部屋に本が溜まっていき、収納方法や処分方法に困っている方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、本の上手な収納方法や処分方法についてご紹介したいと思います。

【様々な本の収納方法】

■本棚を使った収納

一般的な収納方法で、多くの方が本棚を使用して本を収納していると思います。しかし、少し工夫をすることで、本棚の本をスッキリとと収納することができます。

・本の高さに合わせて棚の高さを調整する
・よく読む本は下から真ん中あたりまでの取りやすい位置に配置する
・上の方にはあまり読まない本を収納する

■ファイルボックスを使った収納

雑誌や週刊誌など、空き時間によく読むものは、本棚には収納せず、A4ファイルボックスを使用し、テーブルやカウンターなどに置いておくと、スッキリ片付いて見えます。さらに取りやすい場所に置いておくことで、読み終わったあとも元の場所に収納しやすくなり、部屋が散らかりません。

■はしご式ラックを使った収納

はしご式ラックは収納できる本の数は少なくなりますが、本棚のように場所を取らないので、狭い部屋でも邪魔になりません。お気に入りの表紙デザインのものを選んで収納することで、インテリアとしても飾ることができます。軽いものが多いので、簡単に動かすことができ、掃除も楽です。

■子どもの絵本は専用の絵本棚を使用して収納

子どものいる家庭では年齢に合わせて読む絵本が異なりますので、どんどんと絵本が増えると思います。子どもの絵本の収納には専用の絵本棚がオススメです。専用の絵本棚は子どもが自分で絵本を取り出したり収納したりしやすい高さで作られていますので、子どもが自分で絵本を片付けることができ、部屋が散らかりにくく、片付けの習慣もつきます。また表紙が見えるような収納になっているものが多いので、小さい子どもでも自分の好きな本を自分で選んで読めるというメリットもあります。

【本の処分方法は?】

上記では様々な本の収納方法をご紹介しましたが、やはり収納にも限界があり、上手に収納していくためには不要な本を処分していくことも大切になってきます。次は、本の処分方法をご紹介したいと思います。

■オークションやフリマアプリを利用する

最近でがスマホアプリやパソコンで簡単にオークションや、フリーマーケットを行うことができます。手数料や送料を負担しなければならないことや一度にたくさん売れるわけではないので、処分に時間がかかりますが、人気の本などは高く売れることもあるようです。

■図書館へ寄付

図書館へ自分で持ち込んで寄付することもできます。処分もでき、誰かの役にたつこともできるので、良いのではないでしょうか。一度、お近くの図書館に相談されてみるのも良いと思います。

■古本屋に買い取り依頼

古本屋であれば処分したい本を買い取ってもらえます。しかし、人気の本など以外はほとんど値段がつかない場合もあります。逆に人気の本であれば高く買い取ってもらえる場合もあるので、一度問い合わせてみてはいかがでしょうか。

■不用品回収業者に依頼

不用品回収業者に依頼して引き取ってもらう方法もあります。電話一本で自宅まで取りに来てくれますので、処分したい本が多い場合や、重いものを持つのが難しい高齢者の方にはおすすめです。また本と一緒に他の不用品も引き取ってもらえますので、年末の大掃除の時などに利用すると良いでしょう。

【まとめ】

今回のテーマは、「どんどん溜まる本の収納や処分方法
」についてでした。かさばる本の収納や処分を行うことで気分もスッキリしますよ!この機会に一度、本の収納方法を見直し、不要な本は処分してみてはいかがでしょうか?

タイヤの寿命と処分方法(処分編)

 2017年12月15日

タイヤの寿命と処分方法(処分編)

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「タイヤの寿命と処分方法(処分編)」についてです。

前回の記事でタイヤの寿命はわかっていただけたかと思いますが、安全のために寿命のきたタイヤを交換したものの、古いタイヤの処分はどうしたらいいかわからないという方も多いと思います。

そこで今回は古いタイヤの処分方法についてご紹介したいと思います。

【古いタイヤはゴミの日に出せない】

ご存知の方も多いかと思いますが、古いタイヤは燃えるゴミや燃えないゴミのように、ゴミ置き場に出していても回収してもらうことはできません。自治体によっては粗大ゴミのように、依頼すれば回収してくれるところもあるようですが、依頼しても回収してくれない自治体も多くあります。一度お住いの自治体に問い合わせてみるのが良いでしょう。では、自治体で回収してくれない場合、古いタイヤの処分方法はどのようなものがあるのでしょうか。

【古いタイヤの処分方法】

■車の購入店に処分を依頼する

車を購入したお店が近所である場合は、一度問い合わせてみるのもいいでしょう。ディーラーよりも中古車販売店の方が引き取ってくれる可能性が高いです、しかし、これはお店のサービス内容や、車屋さんとのお付き合いの長さなどにも関係するようで、確実に引き取ってもらえるというわけではなさそうですし、引取り料金も様々でしょう。

■タイヤ交換と同時に依頼する

タイヤ交換を自分で行わず、ディーラーなど車屋さんに頼む場合は、同時にタイヤの処分をお願いしてみるのもよいでしょう。
こちらもディーラーや車屋さんによって対応可能かどうかや、引取り料金も異なりますが、タイヤ交換と処分を同時に済ませられるので便利です。

■カー用品店やガソリンスタンドに依頼する

カー用品を多く取り扱う、オートバックスやイエローハットなどに問い合わせてみるのもいいでしょう。
このようなお店でも、タイヤ交換なども行っていますし、店舗によってはタイヤの保管サービスなどを実施しています。
引取り料金等、問い合わせると教えてもらえます。また同様のサービスをガソリンスタンドでも行っているようです。こちらも店舗により異なりますので、近くの店舗に問い合わせてみるのが良いでしょう。

■不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者も古いタイヤの処分を行っています。不用品回収業者の他の方法との違いは、自分で持っていかなくてもいいということです。業者が自宅まで取りにきてくれますので手間がかかりません。また、古いタイヤだけでなく、他の不用品も同時に回収してもらうことができますので、たくさん処分したいものがある場合におすすめです。

【まとめ】

今回のテーマは、「タイヤの寿命と処分方法(処分編)」についてでした。
自分や大切な家族を守るためにも、定期的なタイヤの安全点検は大切です。寿命がきたタイヤは早めに交換するのが良いでしょう。交換した古いタイヤの処分には様々な方法があります。この記事を参考に、自分の環境に合った方法を選んでみてはいかがでしょうか。

1 2

Copyright © 2016 クリーン本舗 All Rights Reserved.