• ホーム
  • お問い合わせ・お見積り

【大阪市にお住まいの方必見】不用品の回収を依頼する方法

 2018年6月29日

【大阪市にお住まいの方必見】不用品の回収を依頼する方法

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「【大阪市にお住まいの方必見】不用品の回収を依頼する方法」についてです。
引っ越しや断捨離、遺品整理などで、粗大ごみの不用品回収を依頼することも多いですよね。
粗大ごみや大型ゴミなどの不用品を自治体に依頼して回収してもらう場合、住んでいる自治体によって回収方法や、料金などが異なります。

今回は大阪市の不用品回収いついてご紹介したいと思います。

【大阪市の粗大ごみの基準】

大阪市では、家庭での日常生活から排出されるゴミで、最大の辺が30cmを超えるもの、あるいは棒状で1mを超えるものを「粗大ごみ」としています。
事業者から排出されるゴミの場合は、粗大ごみとして回収してもらうことはできませんので注意が必要です。
また、大阪市では「まだ使用できるもの」については、リサイクルや譲り合うなど、有効利用を呼びかけています。

【大阪市で粗大ごみの対象外となるもの】

大阪市では以下のものは粗大ごみ回収の対象外としています。

■資源化が可能な古紙

資源化が可能な古紙は粗大ごみとして回収してもらうことができません。古紙・衣類分別収集などを利用して処分する必要があります。

■家電リサイクル法対象品目

家電リサイクル法(特定家庭用機器再商品化法)の対象品目である、エアコン・テレビ・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機は、粗大ごみとして回収してもらうことができません。

■危険物や処理が困難なもの

消化器やガスボンベ、自動車のタイヤ、灯油、有害な薬品、シンナーなどの危険物や処理が困難なものも粗大ゴミ回収の対象外となります。

■事業者から排出されたゴミ

前述した通り、事業者から排出されたゴミは、粗大ごみ回収の対象外です。商店はもちろん、事務所、工場、ホテル、旅館、食堂など、事業活動に伴って排出されるゴミは全て事業系ゴミとなります。

■建築廃材やコンクリートなど

建築や増改築に伴って排出された、建築廃材やコンクリートがらなどのごみも、粗大ごみ回収の対象外です。

【大阪市の粗大ごみ申し込み方法】

■電話で申し込み

大阪市に粗大ごみ回収を依頼する場合は、月曜日から土曜日の午前9時から午後5時までの間に「粗大ごみ収集受付センター」へ電話で申し込む必要があります。

※電話以外にも、はがきやFAXで申し込むこともできます。

■シール券を購入

電話で粗大ごみ回収を申し込んだあとは、シール券(手数料券)をコンビニやスーパー、郵便局などで購入します。処分する粗大ごみの種類によって手数料が購入するシール券が異なりますので、電話で申し込みを行なう際に確認しておきましょう。

■収集日に自宅敷地外に出しておく

申し込みの際に決定した収集日に、シール券を貼った粗大ごみを自宅敷地外まで運び出しておきます。収集日は早くても、申込日から4日後以降になります。

【不用品回収業者に依頼する方法も】

大阪市に粗大ごみなどの不用品回収を依頼する場合は、処分できるものに制限があったり、申込みから収集までに時間がかかったり、自分で運び出す必要があります。
大阪市では回収してもらえないものを処分したい場合や、時間や手間をかけずに不用品を処分したい場合は、不用品回収業者に依頼する方法もオススメですよ。

【まとめ】

今回のテーマは、「【大阪市にお住まいの方必見】不用品の回収を依頼する方法」についてでした。
大阪市にお住まいで、不用品の処分を検討されている方は、ぜひ参考にされてみてはいかがでしょうか。

自転車の処分で注意するべきポイント

 2018年6月28日

自転車の処分で注意するべきポイント

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「自転車の処分で注意するべきポイント」についてです。

乗らなくなったり、壊れてしまった自転車の処分で困ったことはありませんか?

自転車の処分では注意しておきたいポイントがあります。

今回は自転車の処分で注意するべきポイントや処分方法についてご紹介したいと思います。

【自転車の処分で注意するべきポイント】

自転車の処分で注意するべきポイントは『防犯登録の抹消』です。

■防犯登録とは

自転車を購入する際には、防犯登録に加入する人がほとんどです。防犯登録とは、任意で加入するものですが、自転車販売店のすすめや、料金が安いということもあり、今ではほとんどの自転車が防犯登録されています。

防犯登録は都道府県によって多少異なる場合がありますが、基本的には自転車の車体番号と持ち主の情報を登録するものになります。

防犯登録をしておくことで、自転車の盗難予防や、盗難された場合の早期発見につながります。

■防犯登録の抹消とは

防犯登録は便利なシステムですが、自転車を処分する前には『防犯登録の抹消』をしておくことをオススメします。

防犯登録の抹消を行わずに自転車を処分してしまうと、その自転車の所有主はあなたのままだということになってしまします。

なぜなら、その自転車をあなたが誰かに譲ったり、処分したという証拠がないからです。

もしあなたが処分した自転車が犯罪などに使用されてしまった場合、防犯登録の抹消をしていなければ、あなたが疑われる可能性があるのです。

そうならないためにも防犯登録した際の情報を抹消するための手続きが必要です。

■防犯登録の抹消方法

防犯登録の抹消方法は、都道府県によって詳細が異なりますので、ここでは兵庫県の場合をご紹介したいと思います。

兵庫県の場合、自転車の防犯登録の有効期限は7年間です。防犯登録を行ってから7年の間に、自転車を譲渡したり、処分する場合は防犯登録の抹消が必要になります。

基本的には防犯登録を行った「自転車防犯登録所(販売店)」で抹消の手続きを行います。

抹消手続きに必要なものは以下の通りです。
・防犯登録カード(お客様控え)
・自転車本体
・公的身分証明書(運転免許証・健康保険証など)

防犯登録カードを紛失してしまっている場合は、「自転車防犯登録所(販売店)」に無くしたことを伝え、「兵庫県自転車防犯登録会」に所有者確認をしてもらうことで抹消手続きが可能です。

自転車の処分方法に関わらず、自転車の処分を行う前には『防犯登録の抹消』を行なうようにしましょう。

【自転車の処分方法】

『防犯登録の抹消』を済ませた自転車を処分する際は、以下のような方法があります。

■リサイクルショップで売却

■フリマアプリやネットオークションで売却

■知人や友人に譲渡する

■粗大ごみや大型ゴミとして自治体に回収を依頼する

■不用品回収業者に依頼する

ご自身の状況に合わせて、処分の方法を選ぶと良いでしょう。

【まとめ】

今回のテーマは、「自転車の処分で注意するべきポイント」についてでした。
自転車の処分は、難しいことではありませんが、犯罪等に巻き込まれないためにも『防犯登録の抹消』はきちんと行なうようにしましょう。

お得に引っ越しをするための裏ワザとは

 2018年6月27日

お得に引っ越しをするための裏ワザとは

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「お得に引っ越しをするための裏ワザとは」についてです。
引っ越しは何かと面倒なことの多い作業ですよね。面倒なだけでなく、費用もそれなりに必要になります。しかし少しのコツを実践するだけで、引っ越し費用を抑えて、お得に引っ越しをすることができます。そこで今回は、お得に引っ越しをするための裏ワザをご紹介したいと思います。

【お得に引っ越しをするための裏ワザ7選】

引っ越しにかかる費用を抑えて、お得に引っ越しする方法はいくつかありますが、ここでは7つの方法をご紹介したいと思います。

■複数の引越し業者に見積もりを依頼する

引っ越しを業者に依頼する場合は、必ず複数の業者に見積もりを依頼しましょう。できれば、3社以上に見積もりを依頼するのがオススメです。
引越し業者によって、提示金額に差があることが多いですし、見積もりに来た業者に「他の業者に見積もりを依頼している」と伝えることで、値引きを行ってもらえる場合もあります。

■繁忙期の引っ越しを避ける

3月と4月は引越しを行なう人が多く、業者の繁忙期と言われています。そのため、3月と4月は引っ越し料金が高くなる業者が多いです。逆に1月や6月、7月は比較的、引っ越し費用が安くなりやすい時期です。繁忙期である3月や4月の引っ越しを避け、1月や6月、7月に引っ越しを行なうことで費用を抑えられる可能性が高くなります。

■午前中より午後に引っ越しを行なう

引っ越しは午前の時間帯が人気です。午前中に引っ越し作業ができれば、午後に部屋の片付けなどをすることができるからです。人気のある午前中の引っ越しは、午後の引っ越しに比べて費用が高い場合があります。午後に引っ越しをしたり、時間の指定をしないことで料金を安く抑えられる場合があります。

■仏滅を狙う

結婚式場が「仏滅」の日が安くなるということをご存知のかたも多いかもしれませんが、実は引っ越しも「仏滅」に行なうことで安くなる場合があります。人生の節目や大きな出来事は「仏滅」を避けるという人が多いからでしょう。あなたが気にならないのであれば「仏滅」に引っ越しを行なうことをオススメします。

■段ボールを自分で用意する

「段ボールは無料で差し上げます」という引越し業者も増えていますが、実は料金にすでに含まれているという場合もあります。段ボールを自分で用意することで、値引き交渉もしやすくなり、料金を抑えることができる場合があります。
段ボールを自分で用意する場合は、スーパーやドラッグストアでお願いして、段ボールをもらうというのが良いでしょう。

■荷造りや荷解きは自分で行なう

引っ越し業者によっては、荷造りや荷解きを行ってくれるサービスもありますが、基本的に有料です。引越し作業の中でも、荷造りや荷解きは面倒な作業ですが、引っ越し費用を抑えるためには、自分で行なうようにしましょう。

■不用品の処分を行こない荷物を減らす

引っ越しの料金は、運搬する荷物の量にも大きく関係しています。もちろん荷物の量が多いほど、引っ越し費用は高くなります。なので、引っ越し前には不用品の処分を行い荷物を減らしておくことをオススメします。不用品の処分を行なうことで、荷造りや荷解きも楽になりますので一石二鳥です。

【まとめ】

今回のテーマは、「お得に引っ越しをするための裏ワザとは」についてでした。
引っ越しは何かとお金がかかりますが、今回ご紹介した裏ワザを使うだけでお得に引っ越しをすることができますので、ぜひ参考にされてみてくださいね。

【注意】不用品回収でよくある4つのトラブル

 2018年6月26日

【注意】不用品回収でよくある4つのトラブル

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「【注意】不用品回収でよくある4つのトラブル」についてです。
大型ごみや粗大ごみを処分する時、不用品回収業者への依頼は大変便利ですよね。
しかし、不用品回収業者の中には悪質な業者も存在しており、トラブルもおきています。そこで今回は、不用品回収でよくある4つのトラブルや、
トラブルに巻き込まれないためのポイントについてご紹介したいと思います。

【不用品回収4つのトラブル】

■料金に関するトラブル

不用品回収で一番多いのが料金に関するトラブルです。例えば「無料で回収」と言っておきながら、回収作業が終わってから高額な料金を請求されるというようなトラ
ブルがあります。キャンセルを申し出ると高額なキャンセル料を請求されて、泣く泣く不当な料金を支払ったというケースも多いです。

■不法投棄トラブル

不用品回収業者は回収した不用品を適切に処分する義務があります。しかし悪質な業者の場合、回収した不用品を空き地や山奥などに不法投棄することがあります
。不法投棄は犯罪ですので、5年以下の懲役/1千万円以下の罰金または併科が科せられます。最悪の場合、不用品の回収を依頼した依頼主に不法投棄の疑いがかかり、罪に問われる可能性もありますので注意が必要です。

■部屋や家具を傷つけられるトラブル

不用品回収では、大型の家具や家電を部屋から運び出すこともよくあります。そういった場合に、壁や、他の家具などにぶつかり、
傷つけられてしまうというトラブルもあります。不用品回収業者の中には、回収作業中の事故による破損は保険で対応できる場合もありますが、悪質な業者の場合は、補償がなく自分で修理代を負担しなければいけません。

■窃盗トラブル

不用品回収作業中は、業者が自宅内に入る必要があります。数人のスタッフで作業を行なうことが一般的ですが、
中にはスタッフが住人の目を盗んで金品や宝飾品を窃盗するというトラブルもあります。
特に高齢者はターゲットにされることが多いため注意が必要です。

【トラブルに巻き込まれないためには】

トラブルに巻き込まれないための業者選びのポイントをご紹介します。

■事前見積りを行なう

料金トラブルを防ぐためにも、事前に見積もりをとることをオススメします。見積もりの際は、見積書を発行してもらっておき、
追加料金の請求がないことを明記してもらっておくとさらに安心です。初めて依頼する場合は一社だけでなく、2〜3社に見積もりを依頼すると良いでしょう。

■許可証の確認

不用品回収を行なうためには「一般廃棄物収集運搬業許可」、買い取りを行なうには「古物商許可」が必要です。
これらの許可を得ずに運営している業者は違法業者ですので、依頼しないようにしましょう。事前にホームページなどで確認しておくと安心です。

■スタッフの対応を確認

見積もり時の対応や、電話での対応などもしっかりチェックしておきましょう。対応の悪い業者の場合、トラブルがおきても、
誠実に対応してもらえない可能性が高くなります。スタッフの対応がよくないということは会社の社員教育に問題がある場合もありますので、避けた方が無難です。

【まとめ】

今回のテーマは、「【注意】不用品回収でよくある4つのトラブル」についてでした。不用品回収業者と依頼主とのトラブルが絶えないことも事実ですが、実際このような悪質な業者はごく一部です。

多くの不用品回収業者は誠実に対応してくれますので、不用品回収を業者に依頼する場合は業者選びに注意するようにしましょう。

心の病の可能性も!ゴミ屋敷になる原因とは

 2018年6月25日

心の病の可能性も!ゴミ屋敷になる原因とは

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「心の病の可能性も!ゴミ屋敷になる原因とは」についてです。
最近メデイアなどで取り上げられることも多いゴミ屋敷ですが、ゴミ屋敷になる原因とは何なのでしょうか?
場合によっては心の病が原因でゴミ屋敷になっている可能性もあります。今回は自宅がゴミ屋敷になる原因や片付け方についてご紹介したいと思います。

【自宅がゴミ屋敷になる5つの原因】

自宅がゴミ屋敷になる原因はいくつか考えられますが、今回は5つの原因にをご紹介したいと思います。

■精神疾患が原因

統合失調症や脅迫性貯蔵症、うつ病が原因などの精神疾患が原因で自宅がゴミ屋敷になる場合もあります。例えば、統合失調症の人には、物を溜め込んだり、
集めたりするという症状があります。脅迫性貯蔵症の人は物を捨てることに不安を感じたり、物を集めることに喜びを感じたりします。
うつ病の人は自分の生活に意欲をなくすといった症状があります。そのような理由から、これらの精神疾患が原因で自宅がゴミ屋敷になってしまうのです。

■ADHDが原因

ADHDとは注意欠如多動性障害という発達障害の一種です。ADHDの人は注意力に欠けていたり、落ち着きがないという特徴があります。
感情のコントロールができず思ったことをすぐに口に出したり、約束の時間が守れず遅刻が多い、物をよく無くすなどの症状があります。
その中でも物を片付けることが苦手という症状が、ゴミ屋敷の原因となっている場合もあります。

■もったいない精神が強いことが原因

もったいない精神が強いことで、物を捨てることができず、自宅がゴミ屋敷になっている可能性があります。特に年配で、
戦後の物のない時代を経験している方に多い傾向があります。「まだ使える」「いつか使うかもしれない」という気持ちから物を捨てることができず、どんどん部屋に物が増えてしまいます。

■片付ける時間がないことが原因

「掃除をしたい」「ゴミを処分したい」という気持ちはあっても、仕事や介護などが原因で時間がなく、物理的に片付けができないという場合もあります。
ゴミの収集日や収集時間と生活リズムが合わず、ゴミ屋敷の原因となっている場合もあるでしょう。

■買い物依存症が原因

買い物依存症も精神的なものが関係している場合もあります。特に男性に比べ、女性に多いと言われています。買い物依存症の人は、
買い物をすることでストレスの発散になったり、物をたくさんストックしておかないと不安になり、必要以上の買い物をしてしまいます。こうしたことで、物が必要以上に増えて、ゴミ屋敷の原因になるのです。

【ゴミ屋敷を片付けるには】

ゴミ屋敷になってしまった自宅を、自分だけで片付けるというのは難しいです。家族に手伝ってもらいながら片付けたり、不用品回収業者などに依頼して片付けることをオススメします。

【まとめ】

今回のテーマは、「心の病の可能性も!ゴミ屋敷になる原因とは」についてでした。
ゴミ屋敷は、住んでいる人にとっても、近隣住民にとっても深刻な問題です。自宅がゴミ屋敷になってしまっている人や、
実家がゴミ屋敷になってしまっている人などは、早めに対策を取ることをオススメします。

家族のための生前整理とは

 2018年6月22日

家族のための生前整理とは

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「家族のための生前整理とは」についてです。終活という言葉をよく耳にするようになり、
自分も終活に取り組まなければいけないと思いながらも何から初めていいかわからないという方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は終活でぜひ取り組んでいただきたい生前整理についてご紹介したいと思います。

【終活とは】

終活とは、自分の死と向き合うことで自分らしい最期を迎えるための活動の略語です。終活という言葉は「終」という漢字が含まれることもあり、
ネガティブなイメージを抱く方もいらっしゃいます。しかし、終活は決してネガティブなものではなく、自分の死に向き合うことで、
これまでの自分の人生を振り返ったり、今後の生活を豊かに過ごすための前向きな活動なのです。

【家族のための生前整理とは】

終活でやっておきたいことには、エンディングノートや遺言書の記入、葬儀やお墓の準備など様々な事があります。その中でも、
生前整理は特に取り組んでおいてほしいことの1つです。なぜなら生前整理は自分だけでなく遺される家族のためにもなるからです。
生前整理とは、生きている間に、自分の死後を考え、財産を含めた身の回りのものを整理しておくことをいいます。不用な物を処分しておくことも生前整理では大切です。

あなたの死後、遺された家族は遺品整理や財産分与など様々な手続きを進めなければいけません。財産について何も残されていない場合、
遺族は一つづつ調べてまとめていく必要があります。あなたが生前に目録を作っておくことで、相続関係の手続きも進めやすくなります。さらに目録をつくることで、
あなた自身も自分の財産を把握することができ、生前贈与などの相続税対策を行なうこともできます。
また、あなたの自宅や部屋が不用なもので溢れていると、遺品整理にも時間がかかり、遺された家族の負担は大きくなります。
家族の負担を減らすためにも生前整理を行なうことをオススメします。

【生前整理で出た不用品は不用品回収業者へ】

生前整理を行なうと、たくさんの不用品が出てくることになるでしょう。不用品の量が多ければ多いほど処分するのは大変な作業になります
。そこでオススメなのが、不用品回収業者への依頼です。不用品回収業者に依頼すれば、不用品の細かい分別作業を行なう必要がありませんし、
電話一本で回収にきてもらえますので、手間がかかりません。生前整理を行なうだけでも、かなりの体力が必要になります。不用品の処分だけでも業者に任せることで、あなたの負担を減らすことができます。

【まとめ】

今回のテーマは、「家族のための生前整理とは」についてでした。残念ながら人は誰でも必ず最期の時を迎えることになります。
自分の最期の時がいつなのかは誰にもわかりません。だからこそ、生前整理は年齢に関係なく早めに行なうことをオススメします。あなたの死後、
大切な家族の負担を少しでも減らすことができる生前整理を、この機会にぜひ取り組んでみられてはいかがでしょうか。

知らなきゃ損!お得に不用品の処分を行なう方法とは

 2018年6月21日

知らなきゃ損!お得に不用品の処分を行なう方法とは

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「知らなきゃ損!お得に不用品の処分を行なう方法とは」についてです。
燃えるゴミや資源ごみなど、普通ごみとして自治体に回収してもらえるもの以外の不用品を処分する場合は基本的に料金がかかります。
でも不用品の処分びあまりお金をかけたくないというのが多くの方の本音ではないでしょうか。
そこで今回はお得に不用品の処分を行なう方法についてご紹介したいと思います。

【お得に不用品の処分を行なう5つの方法】

不用品をお得に処分する方法はいくつかありますが、ここでは5つの方法を2種類に分けて、ご紹介したいと思います。
【不用品を売却する方法】
お金をかけずに処分する代表的な方法として売却があります。売却することで、処分費用がかからないだけでなく、
収入を得ることもできるのでお得に不用品の処分をすることができます。

■リサイクルショップで売却

不用品の売却を考える際に多くの方が思いつく方法がリサイクルショップで売却することではないでしょうか。
リサイクルショップが近くにあれば持ち込むこともできますし、近くにリサイクルショップがなくても出張買取りを行っているリサイクルショップに依頼することもできます。

リサイクルショップでは需要のないものは買い取ってもらえませんので、故障していたり、古すぎるものは売却できない場合が多いです。さらに店や季節によって、
買い取りできるものに違いがありますので、事前にリサイクルショップに確認してみると良いでしょう。

■フリマアプリやネットオークションで売却

最近はスマートフォンやパソコンを使用して、フリマアプリやネットオークションを利用する人も増えています。
フリマアプリやネットオークションでは自宅にいながら気軽に出品できるというメリットがあります。またリサイクルショップでで売却するよりも比較的高い値段で売却
することができます。ただし、出品、購入希望者とのやり取り、発送作業など全て自分で行なう必要があるため手間がかかるというデメリットもあります。

■買い取りも行っている不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者に依頼すると高いというイメージをお持ちの方も多いかもしれません。不用品回収業者の中には買い取りも行っている業者もあります。
そういった業者に依頼することで、処分した不用品を買い取ってもらいお得に不用品の処分をすることができます。ただし、
なんでも買い取ってもらえるわけではありませんので、事前に電話で相談したり、見積もりに来てもらうとよいでしょう。

【無料で不用品を処分する方法】

売却は難しいものでもお金をかけずに処分できる方法もあります。

■知人に譲る

あなたにとっては不用品でも、他の人にとっては価値のあるものの場合もあります。処分を行なう前に、
それを必要としている知人がいないか確認してみるのもいいでしょう。最近はSNSなどの普及で、多くの人に一度に問いかけることができますので、
処分したい不用品の写真をSNSにアップしてみるというのもオススメです。

■寄付をする

処分したい不用品によっては、寄付できる場合もあります。例えばベビー用品などであれば、保育施設や支援センターなどの子どもが集まる場所に寄付するとい
う方法があります。寄付をする場合の注意点は一方的に送りつけるのではなく、必ず事前に施設に寄付が可能かどうかの確認をすることです。
勝手に送りつけることは、相手にとって迷惑になる場合もありますので気をつけましょう。

【まとめ】

今回のテーマは、「知らなきゃ損!お得に不用品の処分を行なう方法とは」についてでした。お得に不用品の処分を行いたい方は、ぜひ参考にされてみてはいかがでしょうか。

【比較】不用品処分は自治体と業者どっちが便利?それぞれのメリットとデメリットとは

 2018年6月20日

【比較】不用品処分は自治体と業者どっちが便利?それぞれのメリットとデメリットとは

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「【比較】不用品処分は自治体と業者どっちが便利?それぞれのメリットとデメリットとは」についてです。
引っ越しや断捨離、遺品整理などで出た不用品の処分方法に悩むことはありませんか?
そこで今回は、不用品処分を自治体に依頼する場合と業者に依頼する場合のメリット・デメリットについてご紹介したいと思います。

【不用品処分を自治体に依頼するメリット】

まず、不用品処分を自治体に依頼する一番のメリットは不用品処分にかかる費用が安いということです。
また自治体に依頼する場合はトラブルなどの可能性も低く安心して依頼できるというメリットもあります。

【不用品処分を自治体に依頼するデメリット】

不用品処分を自治体に依頼するデメリットは、手間と時間がかかるということです。不用品処分を自治体に依頼する場合は、
不用品に貼るシール券の購入や指定の場所まで不用品を運び出す必要があるため、手間がかかります。さらに申込みから回収まで1週間〜
2週間の期間が必要になるため、処分するまでに時間がかかります。その他には、一回で処分できる不用品の数に限りがあることや、
家電リサイクル法対象品目など自治体では処分できないものがあるということも、場合によってはデメリットとなるでしょう。

【不用品処分を業者に依頼するメリット】

不用品処分を業者に依頼するメリットは、とにかく手間と時間がかからないことでしょう。業者に不用品の処分を依頼する場合は、
基本的に電話一本で自宅内まで回収にきてもらえますので手間がかかりません。業者によっては即日対応を行っている場合もあり、すぐに処分することも可能です。
処分したい不用品が1点でも依頼できますし、遺品整理などで処分するものがたくさんある場合でも依頼することができます。不用品の種類も、危険物等を除けば、ほとんどのものを回収してもらうことができます。

【不用品処分を業者に依頼するデメリット】

不用品処分を業者に依頼するデメリットは、自治体に依頼する場合に比べて、費用が高くなる場合が多いということです。
業者の中には買い取りも行っている業者もあります。そういった業者に依頼することで、場合によっては費用を抑えられる可能性がありますが、手間がかからない分、自治体に比べるとどうしても費用が高くなってしまいます。

また、不用品回収業者の中には悪質な業者も存在するため、トラブルになる可能性があるというのもデメリットと言えるでしょう。不用品処分を業者に依頼する場合は、業者選びにも注意が必要です。

【まとめ】

今回のテーマは、「【比較】不用品処分は自治体と業者どっちが便利?それぞれのメリットとデメリットとは」についてでした。
不用品処分は自治体に依頼する場合も、業者に依頼する場合もそれぞれ、メリット・デメリットがあります。不用品処分を検討される際は、
今回の記事を参考に、ご自身の状況や希望に合わせて、利用しやすい方法を選んでいただければと思います。

神戸市にお住まいの方必見】不用品の回収を依頼する方法

 2018年6月19日

【神戸市にお住まいの方必見】不用品の回収を依頼する方法

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「【神戸市にお住まいの方必見】不用品の回収を依頼する方法」についてです。
断捨離や、引っ越し、大掃除、生前整理、遺品整理など、様々な場面で不用品の処分を行なう機会はありますが、どのように不用品の処分を行えばよいのでしょうか。
お住まいの地域によって自治体への依頼方法も異なる場合があります。そこで今回は神戸市にお住まいの方に向けた不用品の回収を依頼する方法をご紹介したいと思います。

【神戸市で回収できるもの・できないもの】

神戸市に不用品回収を依頼する場合は、回収してもらえるものに決まりがあります。

■神戸市の大型ゴミ回収の対象品目

回収の対象となるのは大型家具や自転車、粗大ごみなどです。条件は2つで、45リットルの指定袋に入れて口をしっかり結ぶことができないもの、単品で5kgを超える重さのものです。

■神戸市では回収してもらえないもの

神戸市では家電リサイクル法対象製品である、テレビ・エアコン・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・乾燥機は回収してもらうことができません。
さらに、パソコンも神戸市では回収してもらうことはできません。

【神戸市に不用品回収を依頼する方法】

次に、神戸市にお住まいの方が自治体に不用品回収を依頼する場合の方法についてご紹介したいと思います。

■1:神戸市大型ゴミ受付センターに電話か

FAXで申し込む
神戸市に不用品回収を依頼する場合は、事前に電話かFAXで申し込む必要があります。申し込みの受付は月曜日〜金曜日の午前9時〜午後4時までです。年末年始は受付をしていませんので注意が必要です。

■2:大型ごみシール券を購入し不用品に貼る

受付センターに申し込みを行った時に案内された手数料分の大型ごみシール券を、コンビニやスーパーなどで購入します。
受付時に案内された4桁の受付番号をシール券に記入して不用品の見える位置に貼っておきます。

■3:決められた日に自宅敷地外に出しておく

受付時に、確認した日の午前5時〜午前8時までに、自宅敷地外の邪魔にならない場所に不用品をだしておきます。
場合によってはクリーンステーションに出しておくように指示される場合もあるようです。

【神戸市に不用品の回収を依頼する場合の注意点】

・1回に出せる大型ごみは原則5点までです。
・申込みから回収まで約1〜2週間の期間が必要です。
・自宅敷地内に入っての回収作業はしてもらえません。

【まとめ】

今回のテーマは、「【神戸市にお住まいの方必見】不用品の回収を依頼する方法」についてでした。神戸市に不用品の回収を依頼する場合は、
今回ご紹介したような方法が必要になります。処分したい不用品の種類によっては、自治体では回収してもらえない物もあります。
そのような場合は不用品回収業者への依頼もオススメです。電話一本ですぐに自宅内まで回収に来てもらえますし、回収できるものにほとんど制限がありません。
ご自身の環境や処分したいものに合わせて、不用品回収を依頼されることをオススメします。

不要になったタンスの処分方法とは

 2018年6月18日

不要になったタンスの処分方法とは

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「不要になったタンスの処分方法とは」についてです。
最近は部屋に備え付けのクローゼットがある部屋が多く、引っ越しなどでタンスが不要になることもありますよね。
また流行りの断捨離で着なくなった洋服をたくさん処分したらタンスが不要になったということもあるでしょう。そこで今回は、
タンスが不要になって処分を検討している方に参考にしていただきたい「タンスの処分方法」についてご紹介したいと思います。

【タンスの処分方法】

タンスの処分方法は、処分したいタンスの状態や材質などによっても異なりますが、ここでは5つの処分方法をご紹介したいと思います。

■細かく裁断して燃えるゴミとして処分

まずはタンスが木製の場合ですが、タンスをゴミ袋に入るサイズまで細かく裁断し、釘や金具などを綺麗に取れば燃えるゴミとして処分することが可能
です。ただし、タンスのサイズにもよりますが、かなり大変な作業になることは間違いありません。裁断するための道具も必要になりますし、
女性や高齢者の方には難しい方法でしょう。怪我などの危険もあるため、どうしても燃えるゴミとして処分したいという方以外にはオススメできません。

■自治体に粗大ごみとして回収を依頼

タンスはほとんどの自治体で、粗大ごみや大型ごみとして有料で回収してもらうことが可能です。回収に必要な手数料はお住まいの自治体によってことなります。ここでは大阪市と神戸市の場合の手数料をご紹介します。

●大阪市の場合

・幅、奥行、高さの合計が2メートル未満のタンス→400円
・幅、奥行、高さの合計が2メートル以上2,5メートル未満のタンス→700円
・幅、奥行、高さの合計が2,5メートル以上のタンス→1000円

●神戸市の場合

・高さが90cm以下のタンス→900円
・高さが90cm以上のタンス→1200円

■リサイクルショップで売却

タンスが壊れていなくて、比較的綺麗な場合は、リサイクルショップで売却するという方法もあります。リサイクルショップによって、
買い取ってもらえる種類や料金も異なりますので、余裕があれば、何店舗かのリサイクルショップい査定依頼を出すというのも良いでしょう。

■ネットオークションやフリマアプリで売却

今はネットオークションやフリマアプリで物を売り買いする人も多く、様々なものが取引きされています。タンスもたくさん出品されています。
リサイクルショップに比べると比較的高い値段で売却することができますが、出品から、購入希望者とのやり取り、
発送まで自分で行なう必要があるため少し手間と時間がかかる方法であると言えます。

■不用品回収業者に依頼

不用品回収業者に依頼してタンスの処分を行なうこともできます。タンスは頑丈で重い場合が多いので、自宅内まで引き取りにきてもらえる不用品回収業者は安心です。
さらに即日回収や買い取りを行っている不用品回収業者もいますので、すぐに処分したい人や買取希望の人にもオススメです。不用品回収業者に依頼する場合は、
悪質な業者に依頼してトラブルに巻き込まれないように注意が必要です。

【まとめ】

今回のテーマは、「不要になったタンスの処分方法とは」についてでした。
不用になったタンスの処分方法にはいくつかの方法がありますが、ぜひ今回の記事を参考に、自分に合った処分方法を見つけてくださいね。

1 2 3

Copyright © 2016 クリーン本舗 All Rights Reserved.