• ホーム
  • お問い合わせ・お見積り

【引っ越し豆知識】引っ越しで出た不用品を処分する6つの方法

 2018年5月31日

【引っ越し豆知識】引っ越しで出た不用品を処分する6つの方法

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「【引っ越し豆知識】引っ越しで出た不用品を処分する6つの方法」についてです。引っ越し時は、できるだけ荷物を少なくするためにも不用品の処分を行なうことをオススメしますが、実際に引っ越し時に出た不用品の処分にはどのような方法があるのでしょうか。今回は引越しで出た不用品を処分する6つの方法についてご紹介したいと思います。

■方法その1:自治体に粗大ごみや大型ゴミとして回収を依頼

まず、不用品の処分で思いつくのが、自治体に粗大ごみや大型ゴミとして回収を依頼するという方法ではないでしょうか?自治体に依頼するメリットは比較的安い費用で処分できるということです。自治体に依頼するデメリットは時間や手間がかかるという点と、処分したい不用品の種類によっては依頼できない場合があるということです。

■方法その2:リサイクルショップに買い取りを依頼

比較的新しい家電や未使用の食器・タオル類、人気ブランドの服や鞄であれば、リサイクルショップに買い取りを依頼することもできます。なるべく荷物は減らして引っ越ししたいけれど、捨てることには抵抗があるという方にはオススメです。ただしリサイクルショップによって買い取りできるもの、できないものがありますので注意が必要です。

■方法その3:不用品回収業者に依頼

引っ越しで出た不用品は、不用品回収業者に依頼して処分することもできます。不用品回収業者に依頼する場合は、電話一本で、すぐに自宅内まで引き取りに来てもらえるため、手間がかからず、一人暮らしの方や高齢者の方でも安心して処分することができます。不用品回収業者の中には、買い取りも行っている業者もあり、不用品の種類や状態によっては買い取ってもらえるということもあります。

■方法その4:ネットオークションやフリマアプリで売却

最近は誰でも簡単にパソコンやスマートフフォンを使って、物を売り買いできるようになりました。ネットオークションやフリマアプリは利用者も多く様々な物が取引きされています。ネットオークションやフリマアプリを利用するメリットは、自分で売値を設定できるため、リサイクルショップに比べ比較的高い値段で売ることができます。ただ、出品してもすぐに売れるとは限りませんので、引っ越しまで期間がなく、すぐに処分したい人には不向きかもしれません。

■方法その5:引っ越し業者の不用品回収サービスを利用

引っ越し業者の中には、引越し時に出た不用品を回収してくれるサービスを行ってくれる業者もあります。有料サービスか無料サービスかは、依頼する引っ越し業者によって異なります。処分したい不用品の種類によっては、引き取ってもらえない場合もあるようです。

■方法その6:知人や友人に譲る

自分には不要な品でも、他の人にとっては価値のあるものである場合もあります。また、思い出のものや、なんとなく処分するには気がひけるものでも、知人や友人に使用してもらえるなら・・・という人もいるでしょう。職場の人に声をかけてみたり、SNSなどを使って、知人や友人に呼びかけてみることで、譲ってほしいという人が出てくるかもしれません。自分は不用品の処分ができて、知人や友人には喜んでもらえるなら、嬉しいですよね。

【まとめ】

今回のテーマは、「【引っ越し豆知識】引っ越しで出た不用品を処分する6つの方法」についてでした。ぜひ、引越し時の不用品処分の参考にされてみてはいかがでしょうか。

【引っ越し豆知識】セルフ引っ越しのコツ

 2018年5月30日

【引っ越し豆知識】セルフ引っ越しのコツ

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「【引っ越し豆知識】セルフ引っ越しのコツ」についてです。
引っ越しの予定があるけれど、なるべく費用を抑えて引っ越ししたいという方はセルフ引っ越しを検討されてみてはいかがですが?「セルフ引っ越して何?」「自分で引越しなんてできるの?」という方のために今回は、セルフ引っ越しのコツについてご紹介したいと思います。

【セルフ引っ越しとは】

セルフ引っ越しとは言葉どおり、Self【セルフ】(自分自身で)引っ越しを行なうという意味です。引っ越しをする場合、多くの人は引っ越し業者に依頼すると思いますが、引っ越し業者に依頼した場合、まとまったお金が必要になるため、業者に依頼せず、知人や友人に手伝ってもらったり、家族だけで引っ越しを行なうことも可能なのです。

【セルフ引っ越しのメリット】

セルフ引っ越しの最大のメリットは、引っ越し業者に依頼するよりも安い値段で引っ越しをすることができるという点です。特に3月や4月の引越し業者の繁忙期や土曜日、日曜日などは引越し業者の費用も高くなる場合が多いです。セルフ引っ越しをすることで、時期や曜日に関係なく比較的安い費用で引っ越しをすることができます。

【セルフ引っ越しのコツ】

■段ボールや備品の準備

セルフ引っ越しを行なう場合は、段ボールや引っ越しに必要な備品を自分で準備する必要があります。段ボールはホームセンターなどで購入することもできますが、せっかくセルフ引っ越しで費用を安く済ましているのに、段ボールに費用をかけたくないですよね。そういった場合は近くのスーパーやドラッグストアで段ボールを無料で譲ってもらえないか聞いてみましょう。お店によっては「ご自由にお持ち帰りください」と段ボールを置いてあるお店もあります。段ボールを持ち帰る際は、できるだけ強度の強いものを選ぶことをオススメします。段ボール以外にも台車や軍手、毛布などがあれば引越し作業をスムーズに進めることができます。

■車の準備

セルフ引っ越しの場合車の準備も必要です。荷物の量にもよりますが、できるだけ乗用車ではなく、トラックを準備することをオススメします。単身の引っ越しの場合や引越し先が近く、何度か往復ができる場合は大きなトラックでなくても軽トラでのセルフ引っ越しも可能です。自分や知人がトラックを所有していている場合以外はレンタカーを借りることで準備することができます。

■不用品の処分

セルフ引っ越しを行なう際の最大のコツは、引越し前に不用品を処分し、荷物を減らすことでしょう。荷物を減らすことで用意する段ボールの数も少なくてすみますし、大きなトラックを用意する必要もなくなります。また、運ぶ荷物が少なければ少ないほど引っ越し作業は楽になりますので、セルフ引っ越しの前には必ず不用品の処分を行なうことをオススメします。

【まとめ】

今回のテーマは、「【引っ越し豆知識】セルフ引っ越しのコツ」についてでした。
引っ越しの予定があり、費用を抑えたいという方は今回の記事を参考にされてみてはいかがでしょうか。

乗らないマッサージチェアはただの椅子!処分のメリットや方法とは

 2018年5月29日

乗らないマッサージチェアはただの椅子!処分のメリットや方法とは

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「乗らないマッサージチェアはただの椅子!処分のメリットや方法とは」についてです。
家電量販店などで、いつも人が多いなぁーと感じるのはマッサージチェアのコーナーです。みなさん日頃の、仕事や家事の疲れをマッサージチェアで癒しているんでしょうね。しかし、実際に購入した後は意外と使われず、処分を考える方も多いようです。しかし高額な値段で購入したことや、大きく重い物で処分方法がわからないなどという理由から使用しないけど処分もできずに困っているという方もたくさんいます。そこで今回はマッサージチェア処分のメリットや方法についてご紹介したいと思います。

【憧れのマッサージチェアが数年で物置に】

現代人は肩こりや腰痛の悩みを持つ人が多いと言われています。デスクワークやパソコンでの仕事が増えたことも原因の一つでしょうか。そんな辛い肩こりや腰痛を和らげてくれるマッサージチェアは人気です。最近のマッサージチェアは本格的なものも多く、実際に人にマッサージされているような感覚になるという意見もあります。その魅力からマッサージチェアを購入される方も多いでしょう。しかし、憧れのマッサージチェアが自宅に来てから、数年はよく使用していたけれど、いつのまにか使用しなくなり気づけばマッサージチェアが物置化されていたり、洗濯物がつまれているという話もよく耳にします。

【マッサージチェア処分のメリット】

使用しなくなったマッサージチェアはただの場所を取る椅子でしかありません。しかし高額な値段で購入したマッサージチェアを捨てる勇気が無い方も多いです。しかし、実際は使わなくなったマッサージチェアを処分すると以下のようなメリットもあります。

■部屋を広く使うことができる

マッサージチェアの種類にもよりますが
本格的なものであれば、設置するのに約1畳のスペースを必要とします。マッサージチェアの処分をすることで約1畳分も部屋が広くなるのです。

【マッサージチェアの処分方法】

マッサージチェアの処分にはいくつかの方法があります。
・自治体に粗大ごみや大型ゴミとして回収を依頼
・リサイクルショップやオークション、フリマアプリなどで売却
・不用品回収業者に依頼

この中でもオススメは不用品回収業への依頼です。3つの方法の中で一番手間をかけず、早く処分できるからです。自治体に依頼する場合は、基本的に自分で自宅敷地外まで運ばなければいけません。大きくて重いマッサージチェアを運ぶのはとても大変な作業のため、一人暮らしの方、女性や高齢者の方にはあまり適していないと言えるでしょう。故障などしていない場合は、リサイクルショップやオークションなどで売却することもできますが、手間や時間がかかります。不用品回収業でも買い取りも行っている業者もありますので、買い取りを希望する場合は、そういった不用品回収業者に依頼するという方法もあります。

【まとめ】

今回のテーマは、「乗らないマッサージチェアはただの椅子!処分のメリットや方法とは」についてでした。
自宅に誰にも使用されず、物置化されているマッサージチェアがあるという方は、ぜひ今回の記事を参考に使わなくなったマッサージチェアの処分を検討されてみてはいかがでしょうか。

【注意】遺品整理でよくあるトラブル

 2018年5月28日

【注意】遺品整理でよくあるトラブル

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「【注意】遺品整理でよくあるトラブル」についてです。
家族が亡くなったあと悲しむ時間もないほど、遺された家族はしなければいけないことが、たくさんあります。中でも故人の持ち物を整理する「遺品整理」は大変です。遺族だけで行うのが難しい場合、業者に依頼することで手間を省いたり、他の手続きを行う時間ができるので、遺品整理を業者い依頼するという人も少なくありません。しかし依頼する業者によっては、思いもよらないトラブルに見舞われる場合もありますので注意が必要です。そこで今回は遺品整理でよくあるトラブルやトラブルを防ぐための対策をご紹介したいと思います。

【事前見積のない高額請求や不当な追加請求】

遺品整理を業者に依頼した場合、事前に見積金額を提示せずに作業を開始し、作業後に高額な請求を行ったり、事前見積を行っていても作業後に不当な追加請求を行なうなど金銭面でのトラブルに巻き込まれることがあります。

■金銭トラブルを防ぐための対策

遺品整理を業者に依頼した場合に金銭トラブルを防ぐためには、事前にきちんと見積もりを取ることをオススメします。見積もり時、何の作業にいくらかかるのか明確に提示してくれる業者を選びましょう。また遺品整理費用の相場を理解するためにも一社だけに見積もりを依頼するのではなく数社に見積もりを依頼し比較すると良いでしょう。

【業者による盗難】

遺品整理を行なう業者が、遺族の目を盗んで、貴金属や現金などの金品を盗むという嘘のようなトラブルも実際にあります。遺品の中から見つかった貴金属や現金などを遺族に報告せずに、業者が持ち帰ったりするという悪質なことをする業者も残念ながら存在します。

■業者による盗難トラブルを防ぐ方法

遺品整理を業者に依頼した場合、業者を自宅内に入れないわけにはいきません。そのため、このような遺品整理業者による盗難を防ぐために、自宅に業者を入れる前に、現金や貴金属、貴重品などは金庫など鍵のかかる場所に入れておくことをオススメします。さらに遺品整理の作業中は、できるだけ立会い、業者の近くにいる方が良いでしょう。こうすることで遺品から出てきた貴金属や現金などの盗難を防ぐことにつながります。

【まとめ】

今回のテーマは、「【注意】遺品整理でよくあるトラブル」についてでした。
大切な家族が亡くなった悲しみに加え、遺品整理で悪質な業者とのトラブルがおこってしまっては、ひとたまりもありません。
事前に見積りをとるなど、悪質な業者に依頼してしまわないために、遺品整理業者選びには注意が必要です。遺品整理を業者に依頼する際は、今回の記事を参考にトラブルを防いでいただきたいと思います。

大阪・神戸の遺品整理はクリーン本舗におまかせください!無料でお見積もりさせていただきます。ぜひ、一度お問い合わせください。

ゴミを自分で持ち込むことはできる!?【大阪市の場合】

 2018年5月25日

ゴミを自分で持ち込むことはできる!?【大阪市の場合】

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「ゴミを自分で持ち込むことはできる!?【大阪市の場合】」についてです。家庭から出たゴミは自分で処理施設に持ち込むことも可能です。方法や料金はお住まいの自治体によって異なります。今回は大阪市の場合についてご紹介したいと思います。

【予約方法】

家庭から出たゴミを自分で処理施設に持ち込む場合は事前に電話予約が必要です。予約先はお住まいの区によって異なりますので、まずはお住まいの区の担当する処理施設に電話予約します。

ただし最大辺が1mを超えるものは破砕処理が必要になるため、お住まいの区に関係なく舞洲工場へ予約する必要があります。
予約の状況等により、希望の日に予約できないこともあります。
処理施設の受け入れ基準により持ち込みできないものなどの決まりがありますので、事前に確認しておきましょう。
http://www.city.osaka.lg.jp/kankyo/cmsfiles/contents/0000007/7810/ukeireikjyunn(h29.4.24).pdf

■予約受け付け時間
予約の受付は月曜日から金曜日(祝日・年末年始を除く)9時〜12時/13時〜17時

■家庭ごみを持ち込める曜日や時間
火曜日、水曜日、木曜日、金曜日(祝日・年末年始は除く)9時〜11時/13時〜15時

【お住まいの区による予約先】

予約先はお住まいの区によって異なります。
区ごとの予約先は下記の通りです。
■中央区/東成区/城東区/鶴見区・・・鶴見工場(TEL:06-6912-4700)

■北区/西区/港区/大正区/浪速区/西淀川区/住之江区/西成区・・・西淀工場(TEL:06-6472-3000)

■福島区/此花区・・・舞洲工場(TEL:06-6463-4153)

■天王寺区/生野区/阿倍野区/住吉区/東住吉区/平野区・・・平野工場(TEL:06-6707-3753)

■都島区/淀川区/東淀川区/旭区・・・東淀工場(TEL;06-6327-4541)

【料金】

自分で家庭ごみを処理場に持ち込む場合の処理手数料は10kgごとに90円です。支払いはごみの持ち込みの際に処理施設で支払います。

【持ち込み時の注意点】
・持ち込めるゴミの種類が限られている
・1日に持ち込みは1回でゴミの量は4トン車までの車1台のみ
・ダンプ車以外で持ち込む場合は2人以上での搬入が必要
・車検証を持参する必要がある
・可燃性の粗大ごみと不燃性の粗大ごみは分別して別々の日に持ち込まなければいけない

【手間をかけたくない場合は不用品回収業者へ依頼】

ゴミや不用品を自分で処理施設へ持ち込むメリットは粗大ゴミなども比較的安く処分できるということですが、予約から持ち込みまで自分で行うため手間と時間がかかります。ゴミを運ぶためには車両も必要になってきます。手間をかけたくない場合や、自分で運ぶのが難しい場合、すぐに処分したいものがある場合などは、不用品回収業者に依頼することをオススメします。不用品回収業に依頼するメリットは、電話一本で自宅まで回収に来てもらえるので手間がかからないことや、即日対応など、すぐに処分することができるという点です。また、処理施設には持ち込めない種類のゴミなども、ほとんどのものを回収してもらうことができます。自分で処理場に持ち込むよりは、少し費用がかかってしまうこともありますが、費用分のメリットは充分にあるでしょう。

【まとめ】

今回のテーマは、「ゴミを自分で持ち込むことはできる!?【大阪市の場合】」についてでした。
大阪市で家庭ごみの処分をご検討中の方は、ぜひ参考にされてみてはいかがでしょうか。

ゴミを自分で持ち込むことはできる!?【神戸市の場合】

 2018年5月24日

ゴミを自分で持ち込むことはできる!?【神戸市の場合】

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「ゴミを自分で持ち込むことはできる!?【神戸市の場合】」についてです。家庭から出るゴミは自分で自治体指定の場所へ持ち込むこともできます。持ち込む方法や場所は自治体によって異なりますので今回は神戸市の場合をご紹介したいと思います。神戸市の場合、自分でゴミを持ち込む際は、申請手続きと手数料が必要になります。事前に各施設に問い合わせが必要です。持ち込む場所は持ち込みたいゴミの種類によって異なります。ここではゴミの種類ごとに持ち込める施設をまとめてみたいと思います。

【大型ゴミ・燃えないゴミ】

■持ち込める施設・・・布施畑環境センター
■持ち込めるゴミ・・・大型の家庭用品や小型の家電製品、小型の金属類、ガラスや陶器など
(土砂・ガレキ・神戸市で収集しないものは持ち込めません)
■受付時間・・・月曜日〜金曜日(土曜日・日曜日を除く)
8時30分〜12時/13時〜16時(祝日は15時まで)

【燃えるゴミ】

■持ち込める施設・・・東クリーンセンター/苅藻島クリーンセンター/西クリーンセンター/(新)港島クリーンセンター/落合クリーンセンター
■持ち込めるゴミ・・・燃えるもので一辺が50cm以下のもの(剪定枝葉は概ね長さ50cm以下、直径5cm以下)
■受付時間・・・月曜日〜金曜日(土曜日・日曜日・祝日を除く)
10時〜12時/13時〜15時

【木質系廃棄物】

■持ち込める施設・・・(新)港島クリーンセンター
■持ち込めるゴミ・・・庭木、街路樹などの剪定枝・幹畳・襖・障子・家具類
■受付時間・・・月曜日〜金曜日(土曜日・日曜日・祝日を除く)
9時〜12時/13時〜15時

【缶・ビン・ペットボトルなどの資源ごみ】

■持ち込める施設・・・資源リサイクルセンター
■持ち込めるゴミ・・・飲料や食品の入っていた容器等(中身を使い切りキャップをはずして、水洗いする。ペットボトルはラベルを剥がしてつぶしておく)
■受付時間・・・月曜日〜金曜日(土曜日・日曜日・祝日を除く)
8時30分〜12時/13時〜16時

【不用品回収業者へ依頼する方法も】

自治体指定の施設にゴミを持ち込む場合は、ゴミの種類ごとに分別をし、それぞれのゴミの種類ごとに指定の施設に持ち込む必要があるため、手間と時間がかかります。自分で持ち込むメリットとしては、比較的安く処分できるということですが、運ぶための車などが必要になることもあります。自分で持ち込手段が無い方や、手間をかけたくない方、とにかく早く処分したい方は、不用品回収業者にゴミの回収や処分を依頼することをオススメします。不用品回収業者に依頼すれば、電話一本で自宅まで回収に来てもらえますし、ゴミを分別する必要もありません。また即日対応を行っている業者もありますので、すぐに処分することも可能です。

【まとめ】

今回のテーマは、「ゴミを自分で持ち込むことはできる!?【神戸市の場合】」についてでした。神戸市でゴミを持ち込んで処分することをお考えの方はぜひ、参考にされてみてはいかがでしょうか。

どうするの?DIYで出た廃材やゴミの処分方法

 2018年5月23日

どうするの?DIYで出た廃材やゴミの処分方法

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「どうするの?DIYで出た廃材やゴミの処分方法」についてです。最近、男女問わずDIYは人気ですよね。ホームセンター等でもたくさんのDIY用品が販売されています。DIY教室なども人気があるようです。簡単な棚を作ったり、DIYで自宅のリフォームをする方なども増えています。DIYは既製品を購入するよりも安い値段で作ることができたり、自分の希望の色やサイズにピッタリのものを作ることができるなどのメリットがありますが、DIYを行うことで廃材やゴミがたくさん出ることもあり、処分方法に悩むというデメリットもあります。そこで今回はDIYで出た廃材の処分方法いついてご紹介したいと思います。

【DIYで出るゴミの種類】

DIYで出るゴミの種類ですが、行うDIYの規模や内容によっても異なります。ここでは代表的なものをご紹介したいと思います。

■燃えるゴミ

DIYで出る燃えるゴミには、壁紙や布類があります。またDIYで一番多く出る木材のゴミは処分方法が自治体によって異なります。木材を切断した際に出る木くずは燃えるゴミとして処分できますが、木片は大きさによって処分方法が異なる場合が多いです。お住いの自治体のHP等で事前に確認しておくと良いでしょう。余ったペンキなどは、薬剤で固めり、新聞紙などに染み込ませて乾かすなどすると、燃えるゴミとして処分できます。

■燃えないゴミ

DIYで出る燃えないゴミには、ネジや釘などの金属製品があります。また、ガラスやスプレー缶、ペンキ缶なども燃えないゴミになります。金属製品やガラスは大きさによって産業廃棄物として扱われる場合もあります。また工具は自治体によって扱いが異なります。ドライバーなどの小型工具は燃えないゴミとして処分できる場合が多いですが、電動工具は粗大ゴミとなる場合もあります。

【DIYで出た廃材の処分方法】

■燃えるゴミとして処分

木材を燃えるゴミとして処分する場合は、自治体のルールに従う必要があります。木材を細かく切ってゴミ袋に入れることで、燃えるゴミとして回収してもらえる場合もありますし、自治体によっては資源ごみや粗大ごみ扱いになる場合もありますので、お住いの自治体に確認してみましょう。燃えるゴミとして処分する場合は木材から釘やネジを抜くなど、きちんと分別が必要です。

■不用品回収業者に回収依頼

DIYででた廃材やゴミを手間をかけずスピーディーに処分したい場合は、不用品回収業者へ依頼することをオススメします。不用品回収業者に依頼する場合は、木材を細かくする必要もありませんし、細かい分別も必要ありません。電話一本ですぐに回収に来てくれますので、ゴミや廃材を家に置いておく必要がなく便利です。

【まとめ】

今回のテーマは、「どうするの?DIYで出た廃材やゴミの処分方法」についてでした。DIYでは様々種類の廃材やゴミが出ます。釘や刃物など危険なものもありますので、処分方法には充分に注意が必要です。自分で分別や処分が難しい場合は、不用品回収業者などのプロに依頼すると安心です。

あなたの片付けできない度は?片付けできない度チェックシート

 2018年5月22日

あなたの片付けできない度は?片付けできない度チェックシート

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「あなたの片付けできない度は?片付けできない度チェックシート」についてです。なんだかいつも自分の部屋が散らかっている、片付けたくても上手く片付けられないということはありませんか?そんなあなたの片付けできない度をチェックシートを使ってチェックすることができるんです!一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

【片付けできない度チェック】

・小学生の時ランドセルや机の中がぐちゃぐちゃだった
・「マイペースだね」と言われることがよくある
・旅行の荷造りや準備が苦手
・取扱説明書は読まない
・無料であれば必要ない物でも受け取る
・「いつか使うかもしれない」と捨てずにとっておくことが多い
・子どもの頃、人とぶつかったり、よく転んだりしていた
・感受性が強い
・言おうとしたことや、しようとしたことを忘れることがよくある
・集団行動や大勢での会話が苦手
・周りの音に気を取られ集中が切れると、目の前のことができなくなる

上記のうち、あなたはいくつ当てはまりましたか?当てはまった数が1〜2個の場合、あなたは片付けがきちんとできる人でしょう。安心してください。
当てはまった数が3〜4個の場合は、片付けをやる気になればできる人です。なにかきっかけがあれば、きちんと片付けることができます。
当てはまった数が5〜8個の場合は注意が必要です。片付けができず、ゴミ屋敷になる可能性もあります。
当てはまった数が9〜10個の場合は重症です。早めの対処が必要です。

【3コ以上当てはまったら業者に依頼する方法も】

上記のチェックシートで3個以上当てはまる場合はプロの業者に依頼することを検討しても良いでしょう。当てはまった数が3〜4個の場合は、きっかけがあれば自分で片付けることができますが、きっかけが無いと部屋が散らかったままの場合もあります。一度、業者に依頼することがきっかけとなり、今後は自分で片付けていくこともできるでしょう。5個以上当てはまった人の中には自分で片付けることが困難な方も多いのではないでしょうか。無理に自分だけで片付けようとせず、プロの力を借りることを検討されてみてはいかがでしょうか。片付けを依頼できる業者は、片付け専門業者や、家事代行業者、不用品回収業者など様々な業者があります。ご自身の状況や、どこまでの作業を業者に任せたいかなどによって。依頼する業者を選ぶと良いでしょう。

【まとめ】

今回のテーマは、「あなたの片付けできない度は?片付けできない度チェックシート」についてでした。
あなたの片付けできない度はどれくらいでしたか?たくさん当てはまったからといって落ち込む必要はありません。自分は片付けが不得意なんだと理解することで、今まで片付けたくても片付けられなかった自分を受け入れてあげましょう。そして、業者などもうまく活用しながら、少しづつ部屋の片付けに取り組んでみてはいかがでしょうか。

使用しなくなったトレーニング機器の処分方法

 2018年5月21日

使用しなくなったトレーニング機器の処分方法

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「使用しなくなったトレーニング機器の処分方法」についてです。
痩せたい!鍛えたい!健康のために運動したい!などという気持ちは多くの人にありますよね。でもなかなか時間がなくジムなどには通えない・・・。
そんな時、自宅でいつでも運動したり、トレーニングすることのできるトレーニング機器は魅力的ですよね。ついつい深夜の通販番組などで購入した経験のある方も少なくないと思います。しかし、トレーニング機器を購入しても運動やトレーニングが続かず、物置きになってしまっていたり、部屋の中で邪魔物扱いされているというケースも多いのではないでしょうか。トレーニング機器と一言で言っても様々な種類がありますが、多くのトレーニング機器は大きく重量もありますので、処分方法がわからず、処分することもできないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回はトレーニング機器の処分方法についてご紹介したいと思います。

【トレーニング機器の5つの処分方法】

■粗大ごみや大型ゴミとして自治体に回収を依頼
トレーニング機器の多くは粗大ゴミや大型ゴミとして自治体に回収を依頼することができます。回収方法や費用などは住んでいる地域によって異なります。大阪や神戸の場合、粗大ごみや大型ゴミの回収は家の前やマンションのゴミ置き場など、自宅敷地外まで自分で運び出す必要がありますので、ランニングマシンやエアロバイクなどの大型のトレーニング機器の処分の場合、一人では運び出すことが難しく、この方法は不向きかもしれません。

■リサイクルショップに買い取り依頼

トレーニング機器の種類や状態によっては、リサイクルショップで買い取ってもらえる可能性があります。この場合も大型のトレーニング機器は自分でリサイクルショップまで持ち込むことは難しいため、近くで出張買い取りを行っているリサイクルショップを探して、トレーニング機器の買い取りが可能か問い合わせてみると良いでしょう。住んでいる地域によっては近くに出張買い取りを行っているリサイクルショップがなかったり、トレーニング機器を買い取っているリサイクルショップが無い場合もあるかもしれません。

■ネットオークションやフリマアプリで売却

近くに出張買い取りを行っていたり、トレーニング機器を買い取っているリサイクルショップが無い場合でも、ネットオークションやフリマアプリを利用してトレーニング機器を売却することができます。ネットオークションやフリマアプリの場合は自分で売却したい値段を設定できますので、リサイクルショップに比べ、高く売れる場合が多いです。大型のトレーニング機器の場合は送料が高くなってしまいますが、宅配業者が自宅まで引き取りに来てくれるサービスもありますので安心です。しかし、ネットオークションの場合、出品してもすぐに売れるとは限りませんので、すぐに処分したい方には不向きかもしれません。

■知人や友人に譲る

痩せたい!鍛えたい!と思っているのは、あなただけではありません。実はあなたのまわりの人も心の中では、同じことを思っていたりするものです。あなたにとっては不要になったトレーニング機器でも、知人や友人に譲ってあげることで喜んでもらえる場合もあります。会社の同僚に声をかえてみたり。SNSなどを利用して、知人に欲しい人がいないか聞いてみるのもよいでしょう。

■不用品回収業者に引き取りを依頼

不用品回収業者に依頼してトレーニング機器の処分をすることもできます。不用品回収業者の場合は、電話一本で自宅まで引き取りに来てもらえますので、手間もかからず、大型のトレーニング機器でも安心して処分することができます。また即日対応を行っている業者もありますので、すぐに処分したい人にはオススメです。

【まとめ】

今回のテーマは、「使用しなくなったトレーニング機器の処分方法」についてでした。自宅に使用しなくなったトレーニング機器が眠っているという方は、ぜひ処分の参考にされてみてはいかがでしょうか。

すぐに処分したい!不用品の即日回収って可能?

 2018年5月18日

すぐに処分したい!不用品の即日回収って可能?

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「すぐに処分したい!不用品の即日回収って可能?」についてです。
部屋の模様替えや家具の買い替え、断捨離などをしている時や、急な引っ越しなど、すぐに不用品を処分したいと思ったことはありませんか?実際に家具や家電などの大型の不用品でもすぐに処分することは可能なのでしょうか?今回は不用品の即日回収についてご紹介したいと思います。

【即日回収は不用品回収業者へ】

そもそも不用品の即日処分などできるものなのでしょうか?結論から言うと、できるんです!ただし即日処分には不用品回収の依頼先が重要になります。家具や家電の回収を検討する場合、自治体の大型ゴミや粗大ごみの回収を検討される方も多いと思いますが、自治体の不用品回収の場合は申込みから回収まで一週間から二週間必要になりますので、即日回収は不可能です。即日回収を希望をする場合は、不用品回収業者への依頼をオススメします。ここで重要なのが、不用品回収ならどこでも良いというわけではありません。不用品回収業者の中でも即日対応している業者に依頼する必要があります。即日対応を行っている業者を探すにはインターネットなどを利用して「不用品回収」や「即日」などのキーワードで検索すると良いでしょう。その中でも、きちんと許可を得て営業している業者、事前の見積もりをしっかり行ってくれる業者を選ぶと安心です。

【依頼から回収までの流れ】

一般的な回収までの流れは、まずは電話などで問い合わせを行い、即日対応希望の旨を伝えます。業者が対応可能であれば、自宅までその日のうちに来てくれます。希望の時間帯などがある場合は電話で伝えておきましょう。業者が自宅まで来て、不用品の種類や量、大きさなどから見積もりを行います。その料金で納得できれば、契約を行い、不用品回収作業が始まります。作業終了後、料金を支払うという流れになります。できるだけ午前中に連絡する方が、即日対応してもらえる可能性が高くなりますが、依頼する業者や、引取場所によっては、午後からの依頼でも即日対応してもらえる場合がありますので、まずは電話で問い合わせてみることをオススメします。業者いよっては、夜間の引取りを行っている業者もいますので、仕事で家に帰れるのが夜になるというような方でも安心です。

【まとめ】

今回のテーマは、「すぐに処分したい!不用品の即日回収って可能?」についてでした。自治体の大型ゴミや粗大ごみ回収では即日回収はできませんが、即日対応可能な不用品回収業者に依頼することで、即日回収が可能になります。急な引っ越しや、急な来客など、すぐに不用品の処分を行いたい場合は、即日対応可能な不用品回収業者に依頼すると良いでしょう。即日対応できるという点だけに注目して業者選びを行うと、悪質な業者とのトラブルに巻き込まれる可能性もありますので、事前の見積もりや、許可証の有無などもチェックを行うことをオススメします。

1 2 3

Copyright © 2016 クリーン本舗 All Rights Reserved.