• ホーム
  • お問い合わせ・お見積り

引っ越しと不用品処分を同時に行うには?

 2020年1月15日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「引っ越しと不用品処分を同時に行うには?」についてです。

引っ越しは、たくさんの不用品が出ますよね。
引っ越しを機に、家具や家電を新しい物に買い換えるという方も多いはずです。
また、着なくなった衣服などを処分するタイミングとも言えます。
では、引っ越しと不用品処分を同時に行うことは、できるのでしょうか?
今回は、引っ越しと不用品処分を同時に行う方法について、ご紹介したいと思います。

【引っ越しと不用品処分を同時に行うことは可能】


結論から述べると、引っ越しと不用品処分を同時に行うことは可能です。
急な引っ越しの場合や、仕事などで忙しく、まとまった時間が取れないという方にとっては、引っ越しと不用品処分を同時に行えると便利ですよね。
ただし、引っ越しと不用品処分を同時(同日)に行う場合は、不用品処分の方法を選ばなければいけません。
例えば、自治体の粗大ごみ回収を利用する場合、引っ越しと不用品処分を同時に行うことは難しい可能性が高いです。
その理由は、自治体の粗大ごみ回収では、希望の日に回収してもらえない可能性があることや、一度に処分できる不用品の数に限りがあるからです。
必ず、引っ越しと不用品処分を同日に行い、すべての不用品を処分したいという場合には、自治体の粗大ごみ回収は不向きだと言えます。

【引っ越しと不用品処分を同時に行う方法】


次は、引っ越しと不用品処分を同時に行う方法を2つ、ご紹介します。

■引越し業者に依頼する

まず1つ目は、引越し業者に依頼するという方法です。
引越し業者の中には、引っ越しで出る不用品の回収も行っている業者があります。
もちろん、引っ越し料金+不用品回収の費用がかかりますが、引っ越しと同時に、不用品の回収を行ってもらうことができます。
ただし、全ての引っ越し業者が行っているわけではありませんので、不用品回収を希望する場合は、不用品回収も行っている引っ越し業者を選ばなければいけません。
また、不用品回収も行っている引っ越し業者の中でも、回収できるものに制限をかけている業者も多いです。
そのため、希望する不用品をすべて処分してもらえるかについても、事前に確認しておきましょう。

■不用品回収業者に依頼する

2つ目は、不用品回収業者に依頼するという方法です。
不用品回収業者は、不用品回収の専門業者です。
ほとんど、どのようなものでも回収してもらうことができますし、一度にたくさんの不用品でもOKです。
また、多くの不用品回収業者では、希望の回収日時を指定することができますので、引っ越し日を指定することで、引っ越しと不用品回収を同時に行うことができるのです。

【まとめ】

今回のテーマは、「引っ越しと不用品処分を同時に行うには?」についてでした。
今回ご紹介したように、引っ越しと不用品処分を同時に行うことは可能です。
ただし、引っ越しと不用品処分を同時に行う場合には、自治体の粗大ごみ回収の利用は不向きですので、不用品回収も行っている引っ越し業者を利用するか、不用品回収業者を利用するのがオススメです。
引っ越しをご検討中の方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。
最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

不用品回収の”本当は怖い話”

 2020年1月14日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「不用品回収の”本当は怖い話”」についてです。

引っ越しや断捨離、遺品整理や生前整理など、たくさんの不用品を処分したい時には、不用品回収業者の利用が便利です。
不用品回収業者は、様々なものを回収してもらうことができるだけでく、手間をかけずにすぐに処分できるというメリットもあります。
しかし、そんな不用品回収業者ですが、中には悪質な業者も存在していて、トラブルも多く発生しています。
そこで今回は、不用品回収の”本当は怖い話”について、ご紹介したいと思います。
不用品回収業者の利用を、ご検討中の方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

【不用品回収の本当は怖い話1:「無料で回収」は嘘!?】


まず1つ目の、怖い話は「無料で回収」という言葉が嘘だったという話です。
「なんでも無料で回収します」と謳っていた業者に依頼したところ、全て作業が終わったあとに、高額な料金を請求されたというケースがあるのです。
「無料では?」と確認したところ、「回収は無料ですが、処分費用がかかります」と言われたそうです。
しかし、明らかに相場よりも高い金額だったため、キャンセルを申し出ると、今度は高額なキャンセル料を請求されてしまったのです。
依頼主は、どうすることも出来ず、泣く泣く高額な費用を支払ってしまったそうです。
このように「何でも無料で回収します」と言っておきながら、後から高額な費用を請求する悪質な業者が存在しているため、「無料」という言葉には注意が必要です。
基本的に、不用品の処分には料金がかかるものです。
無料という甘い言葉につられず、適正な価格かどうかを判断するようにしましょう。

【不用品回収の本当は怖い話2:処分されず不法投棄されていた】

2つ目の怖い話は、処分を依頼した不用品が適切に処分されず、不法投棄されていたという話です。
基本的に、不用品回収業者は回収した不用品を、適切な方法で処分しています。
もちろん適切に処分するためには、費用がかかります。
しかし、悪質な業者の中には回収した不用品を適切に処分せず、山奥や空き地に不法投棄している場合があるのです。
不法投棄は犯罪です。
もちろん罰せられるのは、不法投棄を行った業者ですが、自分の依頼した不用品が不法投棄されていたとなると嫌ですよね。
実際に、不法投棄で検挙されている業者もたくさんありますので、注意が必要です。

【不用品回収の本当は怖い話3:必要な許可を得ていない業者だった】


3つ目の怖い話は、必要な許可を得ずに営業している業者がいるということです。
一般家庭から不用品を回収する場合「一般廃棄物収集運搬業許可」、買い取りを行う場合には「古物商許可」が必要になります。
しかし、中には、これらの許可を得ずに営業している業者が存在しているのです。
もちろん、許可を得ずに営業している業者は違法業者です。
そのため、不用品回収業者に依頼する場合は、これらの許可を得ている業者であるかを、きちんと確認するようにしましょう。

【まとめ】

今回のテーマは、「不用品回収の”本当は怖い話”」についてでした。
今回ご紹介したように、不用品回収業者の利用は、メリットも多く、とても便利ですが、中には悪質な業者も存在し怖い話もたくさんあります。
そのため、不用品回収業者を利用する際には、業者選びがとても重要です。
不用品回収業者の利用を、ご検討中の方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。
最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

【終活】生前整理やエンディングノートのメリット

 2020年1月10日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「【終活】生前整理やエンディングノートのメリット」についてです。

いざという時のために、終活に取り組んでいる、もしくは、これから取り組もうとしているという方も多いでしょう。
終活では、生前整理を行ったり、エンディングノートを書くことをオススメしています。
そこで今回は、生前整理やエンディングノートのメリットについて、ご紹介したいと思います。

【生前整理を行うメリット】


まず初めに、終活で生前整理を行うメリットについて、ご紹介したいと思います。
生前整理とは、元気なうちに身の回りのものを整理しておくことです。
生前整理を行う最大のメリットは、万が一の際に、遺された家族に遺品整理の負担を減らすことができるという点です。
あなたに、万が一のことがあったとき、遺された家族は遺品整理を行わなければいけません。
遺品整理は想像以上に大変で、体力と時希望を間が必要です。
生前整理が行われていないと、より、家族の負担は大きくなります。
自分の死後、家族に迷惑や負担をかけたくないと思う人は多いでしょう。
そのためには、終活で生前整理を行っておくことが大切です。

【エンディングノートを書くメリット】

次に、終活でエンディングンノートを書くメリットについて、ご紹介したいと思います。
エンディングノートとは、これまでの自分の人生を振り返ったり、死後や財産についての想い(希望)を記入するためのノートです。
エンディングノートを書くメリットは、自分の死を見つめ、これまでの人生を振り返ったり、頭の中を整理することで、残りの人生を有意義に過ごすことができるという点です。
また、万が一の際に、家族に想いを伝えることができるというのも大きなメリットだと言えます。
遺された家族にとっても、エンディングノートがあることで、あなたの希望を知ることができ、様々な決断をしやすくなるというようなメリットもあるのです。

【終活で出た不用品の処分は不用品回収業者の利用がオススメ】


終活で生前整理を行うと、たくさんの不用品が出ます。
それらの不用品の処分には、不用品回収業者の利用がオススメです。
自治体の粗大ごみ回収では、一度に処分できる数に限りがありますし、回収してもらえないものもあります。
一方で、不用品回収業者の場合は、一度にたくさんの不用品であっても回収してもらうことができますし、ほとんどのものを回収してもらうことが可能です。
また、電話一本で自宅まで回収に来てもらうことができ、手間をかけずに早く、不用品の処分ができますよ。

【まとめ】

今回のテーマは、「【終活】生前整理やエンディングノートのメリット」についてでした。
今回ご紹介したように、終活を行うのであれば、生前整理やエンディングノートの記入がオススメです。
生前整理やエンディングノートには、様々なメリットがあります。
終活を始めようか検討されている方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。

ここがポイント!兵庫県神戸市で不用品回収業者を選ぶなら

 2020年1月9日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「ここがポイント!兵庫県神戸市で不用品回収業者を選ぶなら」についてです。

不用品や粗大ごみは、不用品回収業者に依頼することで手間をかけずに簡単に処分することができます。
不用品回収業者は全国に、たくさん存在しています。
もちろん、兵庫県神戸市も例外ではなく、たくさんの不用品回収業者があります。
残念ながら、不用品回収業者の中には、悪質な業者も存在していてトラブルに巻き込まれる可能性もあるため、不用品回収業者を利用する際には、業者選びが重要になってきます。
そこで今回は、兵庫県神戸市で不用品回収業者を選ぶ際のポイントについて、ご紹介したいと思います。

【ポイント1:自分の希望に合っているかどうか】


まず1つ目のポイントは、自分の希望に合っているかどうかということです。
例えば、自分が処分したい不用品を回収してくれる業者かどうかということも大切ですよね。
基本的に、不用品回収業者は自治体の粗大ごみ回収に比べて、様々なものを回収してくれます。
しかし、危険物や生き物の死骸などは回収できない業者が多いため、注意が必要です。
また、回収してもらいたい日や時間に、回収してもらえるかどうかということも確認しておく必要があります。
すぐに処分したい場合は、即日回収を行っている業者に依頼するのが良いですし、日中に時間が取れない場合は、夜間や早朝に回収してもらえる業者や、立ち会い不要の業者に依頼するのが良いでしょう。
その他にも、不用品の買い取りを希望する場合は、買い取りも行っている業者に依頼する必要があります。

【ポイント2:料金が適切で明確かどうか】


2つ目のポイントは、料金が適切で明確かどうかという点です。
不用品回収業者の中には、明らかに高額な料金を請求する業者もあります。
実際に、不用品回収業者とのトラブルで、最も多いのは、料金に関するトラブルなのです。
また、料金明細が不明確で、何にどのくらいの費用がかかっているのかわからないというケースも少なくありません。
そのため、必ず事前に見積もりを出してもらい、料金が適正で明確かどうかを確認しておくことが大切です。

【ポイント3:安心して任せられるかどうか】

3つ目のポイントは、安心して作業を任せられるかどうかということです。
悪質な不用品回収業者の中には、必要な許可を得ずに営業している業者もあります。
そのような業者に依頼してしまうと、トラブルに巻き込まれてしまう可能性が高いです。
そのため、業者の許可証の有無を確認したり、電話や見積もり時のスタッフの対応なども確認し、安心して依頼できるかどうかを確認することも大切なポイントです。

【まとめ】

今回のテーマは、「ここがポイント!兵庫県神戸市で不用品回収業者を選ぶなら」についてでした。
今回ご紹介したように、兵庫県神戸市だけでも、たくさんの不用品業者が存在しています。
その中には、少なからず悪質な業者も存在しているため、業者選びには注意が必要です。
兵庫県神戸市で不用品回収業者の利用を、ご検討中の方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

こんな人は不用品回収業者の利用が便利!

 2020年1月8日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「こんな人は不用品回収業者の利用が便利!」についてです。

不用品回収業者は、一般家庭から出た不用品や粗大ごみなどを回収する業者のことです。
とても便利な業者ですが、まだ利用したことがないという人も少なくないようです。
そこで今回は、不用品回収業者の利用をオススメしたい人とは、どのような人なのかについて、ご紹介したいと思います。

【不用品回収業者の利用がオススメな人】

不用品回収業者は、誰でも利用することができますが、特に利用をオススメしたい人をご紹介します。

■高齢者の方


まずは、高齢者の方です。
高齢者の方の場合、重いものや大きなものを持つのは大変ですし、危険が生じる可能性もあります。
自治体の粗大ごみ回収では、粗大ごみを自宅前や指定のクリーンステーションまで、自分で運び出す必要がありますので、処分する物によっては、とても大変です。
一方で、不用品回収業者の場合は、電話一本で全て業者が行ってくれますので、とにかく手間がかかりませんし、重いものを持つ必要もありません。
こういった理由から、遺品整理や生前整理など、高齢者の方が不用品の処分を行う際には、不用品回収業者の利用がオススメです。

■仕事が忙しく時間がない人

毎日仕事が忙しく、平日や日中には、なかなか時間が取れないという方にも、不用品回収業者の利用がオススメです。
自治体の粗大ごみ回収の場合は、申込みが平日の夕方までといったケースが多いです。
しかし、不用品回収業者の場合は、土日も受付を行っている業者も多いですし、夜間や早朝の回収を行っている業者もあります。
また、即日回収に対応している業者もありますので、忙しい人でも、すぐに不用品の処分をすることができて便利ですよ。

■一度にたくさんの不用品を処分したい人


例えば、引っ越しや断捨離、遺品整理や生前整理、ゴミ屋敷の片付けなど、一度にたくさんの不用品を処分したい場合にも、不用品回収業者の利用がオススメです。
自治体の場合は、一度に回収してもらえる粗大ごみの数制限があります。
自治体によっても異なりますが、5点までというケースも多いです。
しかし、不用品回収業者の場合は、回収する不用品の数に限りがありませんので、一度にたくさんの不用品を処分することができます。
もちろん、1点でも回収してもらうことができますので、たくさん処分したい人でなくても利用することができますよ。

■テレビ・エアコン・洗濯機・冷蔵庫を処分したい人

テレビ・エアコン・洗濯機・冷蔵庫のいずれかを処分したい人にも、不用品回収業者の利用がオススメです。
これらの電化製品は、自治体の粗大ごみ回収で処分することはできません。
なぜなら、これらは「家電リサイクル法」の対象品目だからなのです。
しかし、不用品回収業者であれば、家電リサイクル法対象品目である、テレビ・エアコン・洗濯機・冷蔵庫でも、回収し処分してもらうことが可能ですよ。

【まとめ】

今回のテーマは、「こんな人は不用品回収業者の利用が便利!」についてでした。
今回ご紹介したように、不用品回収業者を利用することで、気軽に不用品の処分を行うことができます。
特に、今回ご紹介したような人には、不用品回収業者の利用がオススメですので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

2020年、新しいテレビでオリンピックを!古くなったテレビの処分方法

 2020年1月7日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「2020年、新しいテレビでオリンピックを!古くなったテレビの処分方法」についてです。

今年2020年は、東京オリンピックが開催されます。
観戦チケットの購入は抽選式ですが、とても倍率が高く、たくさん申し込みをしても何も当選しなかったという人も多いようです。
現地で見ることができなくても、少しでも臨場感を味わいながらオリンピックを観戦したいという人も多いはず・・・。
最近のテレビは、とても進化していて「4K」や「8K」など、とても高画質なものが増えています。
高画質で大画面のテレビであれば、オリンピックを、より楽しむことができるのではないでしょうか。
そこで今回は、テレビの買い替えをご検討中の方に向けて、古くなったテレビの処分方法について、ご紹介したいと思います。

【テレビは粗大ごみでは捨てられない!その理由とは?】


テレビを新しく買い換える際に、気になるのが古いテレビの処分方法ではないでしょうか。
テレビは、普通ゴミとして処分することができないということは知っている人も多いはずです。
しかし、テレビは粗大ゴミとしても自治体で処分することができないということについては、知らない人も多いようです。
前述の通り、テレビは粗大ゴミとして処分することができません。
その理由は、テレビは家電リサイクル法の対象だからなのです。
家電リサイクル法とは2001年4月に施行された、廃棄物の減少や資源の有効活用のための法律です。
家電リサイクル法は、テレビ以外にも、エアコン・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・乾燥機も対象となっています。
テレビは、ブラウン管・液晶・プラズマが対象となります。

【古くなったテレビの正しい処分方法】


では、古くなったテレビは、どのように処分すればよいのでしょうか。
ここでは、3つの正しい処分方法を、ご紹介したいと思います。

■家電量販店に引き取りを依頼する

まず1つ目は、新しいテレビを購入する家電量販店や、処分したいテレビを購入した家電量販店に引き取りを依頼するという方法です。
基本的には「リサイクル料+運搬料」が必要になります。
リサイクル料は、テレビの種類や大きさなどによって決まっていますが、運搬料は各お店が定めていますので、依頼するお店によって異なります。
買い替えの場合は、新しいテレビを運んでくるタイミングで入れ替えに、古いテレビを引き取ってもらえるためスムーズに処分することができます。

■指定引取場所へ自分で持ち込む

古くなったテレビを、できるだけ安く処分したい場合には、自分で指定引取場所まで運搬するという方法があります。
この場合は、郵便局でリサイクル料を支払い、指定引取場所まで運搬すれば、テレビを処分することが可能です。
運搬料が必要ないため、リサイクル料のみで古くなったテレビを処分することができます。

■不用品回収業者に依頼する

古くなったテレビは、不用品回収業者に依頼して処分することもできます。
この場合も基本的には、リサイクル料と回収費が必要になります。
不用品回収業者のメリットは、テレビ以外にも不用品がある場合、一緒に回収してもらうことができるということです。
そのため、遺品整理や引っ越しなど、たくさんの不用品がある場合にオススメの方法です。

【まとめ】

今回のテーマは、「2020年、新しいテレビでオリンピックを!古くなったテレビの処分方法」についてでした。
今回ご紹介したように、テレビの処分方法には注意が必要です。
テレビの買い替えや、古くなったテレビの処分をご検討中の方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。

【不用品処分】自治体と不用品回収業者はどちらが便利?

 2020年1月6日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「【不用品処分】自治体と不用品回収業者はどちらが便利?」についてです。

引っ越しや断捨離、遺品整理や生前整理などで出た不用品を処分したい時、どこに頼むか悩む方も多いでしょう。
不用品の処分には、いくつかの方法がありますが、代表的なものが「自治体の粗大ごみ回収」と「不用品回収業者」です。
そこで今回は、自治体の粗大ごみ回収と、不用品回収業者はどちらが便利なのかについて、比較してみたいと思います。

【比較1:費用について】


まずは、不用品処分にかかる費用について、自治体と不用品回収業者を比較してみたいと思います。

■自治体

自治体の粗大ごみ回収にかかる費用は、依頼する自治体や処分する不用品によっても異なりますが、比較的低料金で処分することができます。
安いものであれば200円や300円〜処分することも可能です。

■不用品回収業者

不用品回収業者の場合も、依頼する業者や処分する不用品によっても異なりますが、自治体に比べると高くなる場合が多いです。
しかし、不用品回収業者の中には、買い取りも行っている業者がありますので、そのような業者に依頼することで、費用を抑えられる場合もありますよ。

【比較2:時間について】


次に、時間について、自治体と不用品回収業者を比較してみたいと思います。

■自治体

自治体の粗大ごみ回収は、申し込みから処分までに約1〜2週間の期間が必要になります。
また、申し込みは平日の決まった時間のみという自治体も多いです。

■不用品回収業者

不用品回収業者の中には、即日回収を行っている業者もあります。
そのため、早ければ申し込んだ日に、不用品を処分することも可能です。
また、早朝や夜間の回収を行っている業者も多く、都合に合わせて処分しやすいという特徴があります。

【比較3:手間について】

最後に、不用品を処分する時の手間について、自治体と不用品回収業者を比較してみたいと思います。

■自治体

自体の粗大ごみ回収では、申し込み後、自分で手数料分のシール券を購入する必要があります。
シール券は、コンビニやスーパーなどで販売されています。
そして、購入したシール券を処分したい不用品に貼り付けて、回収日当日の朝に自分で自宅前や指定のクリーンステーションまで運び出しておかなければいけません。
また、一度に処分できるのは5点までなど、数に制限もあります。

■不用品回収業者

不用品回収業者の場合は、電話一本で自宅まで不用品を回収しにきてもらうことができます。
不用品1点からでも依頼することができますし、ゴミ屋敷の清掃のようなたくさんの不用品がある場合にも一度で処分してもらう事が可能です。
運び出し作業は、全て業者が行ってくれますので、自治体の粗大ごみ回収に比べて、手間がかかりません。

【まとめ】

今回のテーマは、「【不用品処分】自治体と不用品回収業者はどちらが便利?」についてでした。
今回ご紹介したように、不用品の処分には、自治体や不用品回収業者など様々な方法があります。
どちらが便利かは、利用する人によっても異なりますが、とにかく手間をかけずに早く不用品を処分したいという場合には、不用品回収業者がオススメです。
ぜひ、参考にしてみてくださいね。

ゴミ屋敷は”心の病”が原因となることも。ゴミ屋敷になる原因や解決策とは

 2020年1月3日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「ゴミ屋敷は”心の病”が原因となることも。ゴミ屋敷になる原因や解決策とは」についてです。

ゴミや不要なものが溢れ、寝るスペースや食事をするスペースすら確保できないような家を、ゴミ屋敷と呼びます。
近年は、日本でのゴミ屋敷増加が問題視されています。
テレビなどでも、ゴミ屋敷を片付ける企画を放送してたり、ニュース番組等で、ゴミ屋敷の住人にインタビューしている様子などが放送されていることも多いですよね。
では、どうしてゴミを捨てられず、ゴミ屋敷になってしまうのでしょうか。
今回は、ゴミ屋敷になる原因や、解決策について、ご紹介したいと思います。

【ゴミ屋敷になる原因は心の病の可能性も】

ゴミ屋敷になる理由には、様々な原因が考えられますが、中には心の病の可能性もあります。
ここでは、ゴミ屋敷になる原因について、紹介していきます。

■うつ病などが原因


うつ病の人の特徴として、生活意欲がなくなるということが挙げられます。
全てのことにやる気がおきないため「部屋を片付けよう」という意欲すら無くなってしまうのです。
そうなると、どんどん部屋が散らかっていってしまい、気づけばゴミ屋敷になってしまっている可能性もあります。
また、うつ病以外にも統合失調症や強迫性貯蔵症といった精神疾患の場合も、ゴミ屋敷になる可能性があります。
統合失調症の人は、モノを溜め込んだり集めたりするといった症状があり、強迫性貯蔵症の人は、モノを捨てることに不安を感じるという症状があるのです。
そのため、部屋に物が溢れ、ゴミ屋敷になってしまう可能性が高いのです。

■発達障害が原因

発達障害が原因で、ゴミ屋敷になる可能性もあります。
発達障害の中でも、ADHD(注意欠陥多動性障害)の方は、注意力がかけていたり、落ち着がないといった特徴があります。
もちろん人によって、症状は異なりますし、軽度な方もいれば重度の方もいらっしゃいますので、一概には言えませんが、ADHDの人の中には、片付けが苦手という人も多いのです。
軽度な発達障害の場合、幼少期に発達障害ということに気づいてもらえず大人になったという方もいらっしゃいます。
ADHDの方は。感情のコントロールが苦手であったり、約束を守るのが苦手であったりするといった特徴もあります。

■買い物依存症が原因


買い物依存症が原因で、家に物が溢れ、ゴミ屋敷になってしまう可能性もあります。
買い物依存症は、男性よりも女性に多いと言われている疾患で、買い物をすることでストレス発散になったり、モノをたくさん買いだめておかないと不安になってしまうといった症状があります。
買い物したものが、どんどんと増えていき、気づけばゴミ屋敷になっているといった場合もあります。

【ゴミ屋敷の解決策とは?】

ゴミ屋敷を解決するためには、まずは片付けを行うことが大切です。
しかし、心の病や発達障害が原因でゴミ屋敷になってしまっている場合、ご自身で片付けを行うのは難しいでしょう。
ご家族などに協力してくれる方がいればいいですが、そうでなければ、業者に依頼するという方法もオススメです。
不用品回収業者などに依頼することで、ゴミ屋敷の片付けや不用品の処分を行ってくれます。
早くて手間もかかりませんので、綺麗な部屋を取り戻すことができますよ。

【まとめ】

今回のテーマは、「ゴミ屋敷は”心の病”が原因となることも。ゴミ屋敷になる原因や解決策とは」についてでした。
今回ご紹介したように、自宅がゴミ屋敷になってしまう理由には、心の病が原因となっている可能性もあります。
自分で片付けを行うことが難しい場合は、不用品回収業者などの業者に片付けを依頼するのもオススメですよ。
ぜひ、参考にしてみてくださいね。

お得情報!引っ越し費用を節約する裏技7選

 2020年1月2日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「お得情報!引っ越し費用を節約する裏技7選」についてです。

引っ越しは、何かと出費が多いですよね。
そのため、できるだけ引っ越しにかかる費用を抑えたいと思う方が多いのではないでしょうか。
そこで今回は、引っ越し費用を節約することができる裏技を7つご紹介したいと思います。

【引越し費用を節約する裏技7選】

■1.不用品を処分する

まず1つ目の裏技は、引越し前に不用品の処分を行い、運搬する荷物を減らすという方法です。
引越し費用は、運搬する荷物の量も大きく関係しています。
運搬する荷物が多ければ、その分、大きなトラックやたくさんの人員が必要です。
そのため、荷物が多ければ多いほど、引越し費用が高くなるのです。
不用品の処分を行い、運搬する荷物を減らすことで、引越し費用の節約に繋がります。

■2.複数の業者に見積もりを依頼する

2つ目は、複数の業者に見積もりを依頼するということです。
引っ越しを業者に依頼する場合、初めから一社だけに決めてしまうのではなく、復数の業者に見積もりを依頼することで、安い業者を見つけることができます。
相場価格を知るためにも、少なくても3社以上の業者に見積もりを依頼することをオススメします。

■3.3月や4月の引っ越しを避ける

3つ目は、引っ越し業者の繁忙期を避けるということです。
3月や4月は、引っ越し業者の繁忙期です。
そのため、他の月よりも引越し費用が高く設定されている場合が多いです。
引越し費用を節約するのであれば、3月や4月の引っ越しは避けるといいですよ。

■4.仏滅を選ぶ


4つ目は、仏滅の日を選んで引っ越しを行うということです。
引っ越しは大安の日に行いたい!仏滅は避けたい!という人も、日本にはたくさんいます。
人生の節目や大きな出来事は、仏滅を避けるという人が多いのです。
そのため、仏滅の日は、費用を下げている引越し業者もあります。
あなたが気にならなければ、仏滅を選ぶという方法もよいでしょう。

■5.フリー便を利用する

5つ目は、フリー便を利用するという方法です。
一般的に、引っ越しでは、引っ越しの日付と、予定の時間を事前に決めます。
ただ、引っ越し業者の中には、フリー便というものを設定している業者もあります。
フリー便とは、引越し日だけを決めて、時間は決まっていないといったものです。
1日のうち、いつ引っ越し業者が来るかわかりませんが、その分費用を抑えることができます。

■6.荷造りや荷解きは自分で行う


6つ目は、荷造りや荷解きを自分で行うということです。
引っ越し業者の中には、荷造りや荷解きのサービスを行っている業社があります。
しかし、基本的には有料のオプションサービスとなります。
費用を節約するためには、これらの作業は自分で行うことをオススメします。
事前に不用品を処分することで、荷造りや荷解きも楽になりますよ。

■7.平日に引っ越しをする

7つ目は、平日に引っ越しをするということです。
平日は、土日祝前日に比べ、引っ越しを希望する人が少ないです。
そのため、平日の方が費用が安くなります。
できるだけ土日祝前日を避けて、平日に引っ越しを行うのがお得ですよ。

【まとめ】

今回のテーマは、「お得情報!引っ越し費用を節約する裏技7選」についてでした。
今回ご紹介したように、引越し費用を節約する裏技は、いくつかあります。
引っ越しで出た不用品の処分は、不用品回収業者に依頼することで、手間をかけずに早く処分することができますよ。
ぜひ、参考にしてみてくださいね。

【大阪市】粗大ごみの申し込み・処分方法

 2019年12月31日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「【大阪市】粗大ごみの申し込み・処分方法」についてです。

粗大ごみや大型ごみの処分は、自治体に依頼して回収してもらうという方法があります。
費用や、申し込み方法などについは、依頼する自治体によって異なります。
そこで今回は、大阪市の場合の粗大ごみ回収の申し込み方法などについて、ご紹介したいと思います。

【大阪市の粗大ごみ回収の対象となるもの】

大阪市では、一般家庭の日常生活から出せれるゴミのうち、最大の辺または径が30cmを超えるものは、粗大ゴミ扱いとなり、普通ゴミとして処分することができません。
また、棒状で1mを超えるものについても、同様に粗大ゴミ扱いとなります。

【大阪市の粗大ごみ回収の対象外となるもの】


大阪市の粗大ごみ回収では、上記の条件に当てはまっていても、回収の対象外となるものがあります。

・蛍光灯管
・資源化可能な古紙
・家電リサイクル法対象品目(エアコン、テレビ、冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機、衣類乾燥機)
・危険物(有害な薬品やガスボンベなど)
・処理が困難なもの(ピアノ、自動車タイヤ、ミニバイク、消化器など)
・事業系のゴミ
・建築廃材やコンクリートなど

【大阪市の粗大ごみ回収の申し込み方法】

大阪市では、4つの方法で、粗大ごみ回収の申し込みを行うことができます。

■インターネットでの申し込み


大阪市では、近年インターネットで、粗大ごみの申し込みができるようになりました。
インターネットを利用する場合は、24時間365日、いつでも申し込むことができます。
インターネットに繋がる、パソコンやスマートフォン、タブレットがあれば、利用することが可能です。

■電話での申し込み

電話を使って、申し込むことも可能です。
電話での申し込みの場合、祝日を含む月曜日から土曜日の午前9時から午後5時の間であれば、申し込むことができます。
ただし、12月29日から1月3日の期間は、申し込みができません。

■FAXでの申し込み

FAXでの申し込みも可能です。
住所、氏名、粗大ごみの品目を書いた紙をFAXすると、FAXで収集日や受付番号、品目ごとの手数料など、FAXで返信がきます。

■はがきでの申し込み

はがきを使って申し込むことも可能です。
はがきに、住所、氏名、粗大ごみの品目を記入し、環境事業センターへ送ります。
後日、収集日や受付番号、品目ごとの手数料が記載されたハガキが届きます。

【まとめ】

今回のテーマは、「【大阪市】粗大ごみの申し込み・処分方法」についてでした。
今回ご紹介したように、粗大ごみの申込方法や処分方法は、自治体によって異なります。
今回は、大阪市の場合について、ご紹介しました。
大阪市にお住まいの方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 13
         

Copyright © 2019 クリーン本舗 All Rights Reserved.