• ホーム
  • お問い合わせ・お見積り

不用品回収業者ができること

 2018年5月9日

不用品回収業者ができること

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「不用品回収業者ができること」についてです。
不用品回収業者ってよく耳にするけれど、実際に依頼したことはないし、どういったことで依頼すればいいのかわからないということはありませんか?不用品回収業者には上手に利用すれば、とても便利なサービスがたくさんあります。そこで今回は、不用品回収業者ができることについてご紹介したいと思います。

【不用品回収業者ができること】

不用品回収業者と一言で言ってもたくさんの業者が存在しており、業者によってできることも異なります。ここでは不用品回収業者が行っているサービスの一部をご紹介したいと思います。ただし、全ての不用品回収業者で下記のサービスを行っているわけではありませんので、依頼する場合は事前に業者に確認が必要です。

■不用品の回収

不用品回収業者のメインサービスは不用品の回収です。不用品と言っても何を回収してもらえるのかわからないという方も多いかもしれませんが、家庭からでる不用品で危険物以外であれば、大抵は回収してもらうことができます。また、回収は一点から依頼できますし、逆に部屋の中のほとんどのものといった大量処分の場合も依頼することができます。

■遺品整理

家族が亡くなった場合の遺品整理を依頼することもできます。遺品整理の中でも不用品の処分は大変な作業ですので、不用品回収業者に依頼することで、手間が省けますし、スピーディーに遺品整理を進めることができます。遺品の分別から依頼できる業者もあれば、分別は自分たちで行い、不用品の処分のみを業者が請け負うという場合もあります。

■ゴミ屋敷の片付け

最近メディアでも取り上げれることが多く、増加していると言われているゴミ屋敷ですが、不用品回収業者にゴミ屋敷の片付けを依頼することもできます。例えば忙しすぎて、気づけば自分の部屋がゴミ屋敷化してしまった場合や、高齢の親が住んでいる実家がゴミ屋敷化している場合など、自分ではどうしようもなくなってしまったゴミ屋敷を、不用品回収業者に依頼することで綺麗にすることができます。

■引っ越し

引っ越しサービスを行っている不用品回収業者もあります。引越し時にはたくさんの不用品がでますので、引っ越しと同時に不用品処分も行える、不用品回収業者の引っ越しはとても便利です。中には、引越し時の電球の取り外し、取り付けや、分解して運んだ家具の組み立てなども柔軟に対応してくれる場合もあります。

■買い取り

不用品回収業者によっては、不用品の状態によって買い取りを行って貰える場合もあります。ただし、不用品回収業者の中でも、買い取りを行えるのは古物商許可を取得している業者のみになります。古物商許可を取得していないのに買い取りを行っている不用品回収業者は違法ですので注意が必要です。

■即日対応

即日対応を行っている不用品回収業者もあります。即日対応を行っている業者の場合は、電話をかけたその日に回収に来てもらえますので、突然の引っ越しや、すぐに処分したい場合などにオススメです。

【まとめ】

今回のテーマは、「不用品回収業者ができること」についてでした。不用品回収業者は不用品の処分以外にもたくさんのサービスを行っている場合があります。「こんなこと依頼できるのかな?」など不安に思うことがあれば、気軽に不用品回収業者に問い合わせてみてください。

【比較】どちらに依頼する?自治体 or 不用品回収業者〜不用品回収業者の場合〜

 2018年5月8日

【比較】どちらに依頼する?自治体 or 不用品回収業者〜不用品回収業者の場合〜

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「【【比較】どちらに依頼する?自治体 or
不用品回収業者〜不用品回収業者の場合〜」についてです。前回は「【【比較】どちらに依頼する?自治体 or
不用品回収業者〜自治体の場合〜」として、自治体に不用品回収を依頼する方法や、流れ、メリット・デメリットについて、ご紹介しましたが、今回は不用品回収のプロである、不用品回収業者に依頼する場合の方法や流れ、メリット・デメリットについてご紹介したいと思います。

【不用品回収業者に依頼する場合の流れ】

不用品回収業者の依頼方法や回収の流れも、業者によって多少異なることがありますが、一般的な依頼方法や回収の流れをご紹介したいと思います。

1.問い合わせ

まずは電話やフォームなどで問い合わせをします。ここで希望の日時を伝え、見積もり依頼をします。業者によっては即日対応を行っている業者もあります。

2.見積もり

希望した日時に不用品回収業者のスタッフが、自宅に見積もりにきてくれます。見積り価格に合意できたら、回収作業を行います。不用品の量によっては回収が後日になる場合もあります。もちろん見積もり価格が納得できない場合は、そこで依頼をキャンセルすることもできます。買い取りも行っている業者に依頼した場合は、処分するものの種類や状態によっては買い取ってもらえる場合もあります。買い取りできるものがある場合、現金買取や、その他の不用品の回収費用から値引きしてもらえます。

3.回収作業

回収作業は全て不用品回収業者のスタッフが行います。重たいものや大きいものでも、全てプロが運んでくれますので、安心です。また分別しておく必要も整理しておく必要もありません。全て業者にお任せでOKです。

4.支払い

回収作業が終了後、支払いを行います。業者によってはクレジットカードでの支払いが可能な場合もあります。クレジットカードでの支払いを希望する場合は問い合わせの際に伝えておくようにすると良いでしょう。

【不用品回収業者に依頼する場合のメリット・デメリット】

■メリット

不用品回収業者に依頼するメリットは、依頼から回収までに時間がかからないことや、希望の日時に回収してもらえることです。また、電話一本で全ての作業を業者が行ってくれますので、女性やお年寄りでも安心して依頼できます。さらに不用品の種類や量に関わらず、ほとんどのものを一度に処分することができます。

■デメリット

不用品回収業者に依頼するデメリットは、自治体の回収に比べると費用が高い場合が多いです。また、依頼する業者によっては悪質な場合もあり、トラブル等に巻き込まれるという可能性もあります。不用品回収業者に依頼する場合は業者選びが重要です。

【まとめ】

今回のテーマは、「【比較】どちらに依頼する?自治体 or
不用品回収業者〜不用品回収業者の場合〜」についてでした。前回の記事と合わせ、不用品の処分をする場合、自治体に依頼しても不用品回収業者に依頼しても、メリットとデメリットがあります。処分するものの種類や量、ご自身の状況に合わせて、選択されることをオススメします。

引っ越し片付け作業の落とし穴!新居で不要品回収の必要なケース

 2018年4月27日

引っ越し片付け作業の落とし穴!新居で不要品回収の必要なケース

大変な梱包・積み込み作業を経て、ようやく新居に引っ越し完了。ほっと一息つきたい所ですが、やはり荷解きを全て終えるまでは、油断はできないのが引っ越し作業です。

準備に比べると、どんどん梱包をほどいて新居に配置していけばいいだけの引っ越し片付け作業は、だいぶ気楽な作業に思われがちですが、意外な落とし穴もあるので気を付けたいものです。

例えば、まだまだ現役で新居でもばっちり使うつもり!と思って持ち込んだものが、実は使えずに処分するより仕方がない…と言うケースも出てきます。

以前は東日本の家電が西日本で使えない、ということもよくありました。このケースは近年ではほとんどなくなりましたが、例えば独身寮に引っ越して来てみたら、備え付けのベッドがあったので既存のベッドは要らなくなった…ということが時々あります。

引き取りはプロにお任せ

賃貸物件で、直前まで暮らしていた前の居住者が、新品同様の家具や家電を置いていくケースもあるでしょう。まずは大家さんや責任者に、引き取ってもらえないかどうか相談し、持参したものよりも既存のものの方が使い良いのであれば、使わないほうを潔く不要品として処分してしまいましょう。

状態がよく、手軽に持てるのであれば、リサイクルに持って行く・知人に譲るという手もあります。大きなものでどうも無料では引き取り手がない、という場合は有料の回収業者に相談してみましょう。

長年使っていたものや、いまだ何とか使えそうなものを捨てるのは忍びないとも思えますが、この不要品にスペースをふさがれている状態では新居の運気は狭まるばかりです。また、回収業者さんもゴミとして一直線に扱うわけではなく、様子をみてリサイクルに回す場合もありますので、必ずしも「不要品回収業者に依頼=ゴミ廃棄」というわけではありません。

新生活をより充実させるためにも、一刻も早く不要品回収業者に来てもらいましょう。

引っ越しを困難にする不要品対策、パソコン回収のすすめ

普段の生活では何気なく接していても、いざ引っ越しとなると大きな障害物となって立ちはだかるのが不要品です。

不要品には様々な種類がありますが、大きく分けて「ゴミとして比較的容易に捨てられるもの」「捨てること自体がとても大変で労力をともなうもの」このふたつに分けられます。

単に可燃ごみの袋に入れて、市町村の指定回収日に出せばいい…というものでも、感情・思い入れがあってどうしても捨てられないというケースもありますので、この判別は個人によっても大きく異なってきます。

パソコン回収はセキュリティ上大事です

いずれにせよ、そうして捨てられずに手元に残し続けていれば、不要品は引っ越しや移動をさらに困難なものにしてしまいます。不要品として認識をした時点で処分の手段を検討し、速やかに実行するのが一番です。

捨てにくいものの中にはオフィス用品やパソコン周辺機器がよくあげられますが、これは「故障して使えないけれど、中にはいくつも大切なデータが入っているので容易に破棄できない」と言う、ジレンマに苦しんでいる人も多いのではないでしょうか。

これについては、お近くの専門店で有料引き取りの相談をしてみる、不要品回収の専門業者でパソコンを扱っている所に見積もりを頼む…などの解決手段があげられます。

特に不要になったパソコン回収は、年々需要が増えてきているため、取り扱いをしている回収業者が多くなってきています。

不正転用やデータの流出を防ぐため、回収後の廃棄段取りを細かく明示しているところもありますので、そういった信用のおける業者を選んで引き取りにきてもらいましょう。

引っ越し難民と言う言葉について

 2018年4月25日

引っ越し難民と言う言葉について

昨今の働き方改革、そして人材不足、さらに引っ越しのシーズンが重なり、引っ越し難民なる方々が増えています。

都内から地方まで三年前は約五万円で引っ越せたものが、今年今住んでいる地域から隣の市へ引っ越しが決まったので見積もりを出してもらったところ、なんと、24万円という驚異の見積もり額を提示された、という話を聞きました。

一度検討させてくださいとなりましたが、どう考えてもそんな大金を引っ越しに出せるわけないとの結論に至り、自ら引っ越し作業をしたそうです。

自らトラックを運転し、何度も荷物をつんでおろして引っ越し先のマンションと住んでいたマンションを往復することで引っ越しを終えたそうですが、その時思ったこと、それはなんと使わない品が多いことか気付いたそうで、自分で引っ越し作業をした為いらないものが多いことにようやく気づいたそうで。何故今まで気づかなかったのでしょうか。物置に放り投げて置いたからだと。

ほんとうに大変でしたね。。。

 いらないものを不用品回収

結局、今度の引っ越し先には物置がない。とくりゃ不要品を回収していただくしかない。ということで、不要品をクリーン本舗に依頼いただき全て回収しました。

ソファーにベッド、タンスと大きなものから鉢植え、放棄に塵取りと細かなものまでこの機会にいらないものは全部回収。

おかげさまで部屋もスッキリ、気分もスッキリ。

皆様もいらないものなど沢山あるとおもいますが、それをとっておくだけでなく、捨てる行為、いわゆる断捨離もありだとおもいます。おらないものは回収してもらい、気分もお部屋もスッキリ爽快と行きましょう。

 引っ越し準備、不要品回収業者にお願いをする際の注意点

新生活に向けて引っ越しをすることになったら、まず第一に取り掛かりたいのが自治体への行政手続き、そして電話や電気・ガスと言った、いわゆるライフラインの引っ越し手続きです。

少なくとも1か月前、3週間前ほどには取り掛かっておかないと、あとで時間切れになりさらに面倒な手続きを踏むことにもなりかねないので、早めに着手しましょう。

もし引っ越しまでにまだ十分時間がある、というのなら、持ち物の整理を優先させて始めても構いません。荷物は減らせば減らすほど、引越し作業と引っ越し片付けは楽になります。引っ越し業者に見積もりに来てもらうまでに十分減らしておけば、大幅に引っ越し料金もコストダウンが見込めます。

「これはどう見ても使えない」という不要品があれば、すぐに処分方法を探しましょう。

自分の住んでいる地域で無料の回収がないようなものであれば、有料ではありますが不要品回収業者に来てもらうのが非常に便利です。

リサイクルショップにも持ち込めないような家電など

大きな家具や、古くなってリサイクルショップにも持ち込めないような家電など、「女性の一人住まいなので、物理的に移動させることができない!」という場合にも頼もしい存在です。もちろん、不要品回収業者には女性スタッフも多いので、見積もりの時点などで事前に相談しておけば、女性スタッフのチームを派遣してもらうことも可能です。

ひとつ注意したいのは、自分の都合で不要品回収業者のアポイントを土壇場キャンセルするような場合は、大きなキャンセル料金が発生しうることです。遠方から来てもらうような場合には交通費・高速料金などを追加請求される場合もありますので、しっかりと時間に余裕をもった状態で不要品の引き渡しにのぞむようにしてください。

不用品処分の方法について

 2018年4月24日

 不用品処分の方法について

不用品といっても普通のゴミでは出せないものもたくさんあります。今回はそんな不用品処分の方法について説明したいと思います。不用品処分方法にはその処分品の状態により違ってきます。

 フリーマーケットが便利な場合も

まずその不用品がまだ使えるものだった場合は、誰か知り合いに譲ったり、その不用品を使ってくれそうな団体に寄付したり、フリーマーケットなどに出して譲ったりする方法があります。不用品の種類によっては業者に依頼すると逆に処分料を請求されることもあります。ですから使える不用品は誰かに貰ってもらうというのが一番いい方法だと思います。

ほかにも方法がいろいろ

次にその不用品が使えないものだった場合です。その場合はゴミとして処分するしかありません。一番安い方法としてはやはりお住まいの自治体に粗大ゴミとして持っていってもらう方法です。地域にもよりますが、ほとんどの自治体では無料で回収してくれることと思います。

自分が捨てようとしている不用品がどういう状態なのかを把握して、それにより処分方法を選択することが一番賢い処分の仕方です。不用品を処分するのが面倒だからと言っていつまでも家に置いておくという方法もあります。

しかしそれではいつまでたっても家が片付かないし、どんどん不用品は増えてしまうと思います。やる気のあるときに家の中を整理してもう何年も使用していないものを見つけたら、処分を検討して家の中をスッキリさせると気分も自然とスッキリしてくると思います。

前にお客様から聞いた話

大きな持ち物を「不要品」と断定した時点で、できるだけ素早く地域の回収業者に相談してみるのがベストです。常日頃から身軽に生活できるように心掛けて置けば、急に転属で引っ越しする事態に直面しても、楽々と負担なく切り抜けられるはずです。

昔、お客様ですが、引っ越しをした時利用した不用品回収の会社さんは、引っ越し会社と提携している会社の人で、その人がエアコンを外しに来た時、他の不用品も持って行ってもらえないかと掛け合ってみた、という方もいました。

もちろんクリーン本舗のサービス範囲なんですけどね・・。

その頃住んでいた市の粗大ゴミ収集上は土日はやっていなかったそうで。

そして、車は旦那さんが毎日仕事で乗って行ってしまうので、とのこと。引っ越し会社と別に不用品回収業者を使うことは頭になかったのですが、この人にお願いしてみようかなと、咄嗟に口から言葉が出てしまったそうです。

 引っ越し会社と提携している会社は安心

引っ越し会社と提携している会社の人なので、まぁ安心だろうと思ったことも大きかったです。

旦那さんに相談すると、「その人に頼めたらお願いしてくれ」とのこと。平日は休めないそうです。

電話番号を聞いておいたので、その人に連絡を取り、不用品を持って行ってもらうことにしました。

最初にお金を払い、うちの分は予定外なので、仕事の帰り、遅い時は夜中に勝手に持って行きます、ということで、3回位に分けて持って行ってくれたそうです。

また、金属製の衣装ケースの中には「何でも入れていいですよ」と言われました。その人は不用品の回収が仕事なので、仕分けは別の社員がするので構わないということでした。

その人が3回位に分けて来てくれたので、その間どんどん出る不用品を総て持って行ってもらえたのは、本当に助かったそうです。引っ越しは「捨て時」でもありますから、早目早目に準備をして、断捨離を決行する良い機会だと思います。

ちなみにクリーン本舗ではないですよ・・・。うちかと思いましたけど。

次回引っ越しに向けて、常日頃から不要品処分を

 2018年4月23日

 次回引っ越しに向けて、常日頃から不要品処分を

学生や独身社会人として単身の引っ越しを経験すると、その大変さが非常に身にしみます。一人住まいではあっても、人ひとりが所有しているものの総量は非常に多く、普段は気にならなくても、引越し作業でそれを嫌と言うほど知らされるからです。

一度引っ越しをする人は、二度目三度目があると考えてよいでしょう。いつかははっきりとわからなくても、来たるべきその次回引っ越しに備え、不要な所持品はできるだけ早く処理をしてしまうのが一番です。

不要品処分をするには無料・有料とふたつの手段がありますが、もちろん優先して無料の処分方法を利用したいものです。これは自治体によって大きく異なり、普通の無料ゴミ回収でどれだけの不要品を処分できるかは、自分で調べ上げるより他にありません。

 今日もっていって欲しいという希望にお答え

また、不定期であったり回数はごく限られているものの、特定のごみや不要品を回収・処理できる機会を設けている地域もあります。単身住まいだとどうしても地域とのつながりが薄れがちですが、できるだけ地域広報や回覧板などには目を通しておくことをおすすめします。

そして家電や家具など、ものを買い替える機会には、その購入先で下取りサービスを利用するようにします。大型量販店では、小型家電のリサイクルを常時受け付けている場合もあります。

どうしても無料で処分できないものについては、有料の不要品回収業者にお願いすることになりますが、これは「もっとたくさん不要品がたまってからでいいや」と思っていると、いつまでも機会は巡ってこず、次の引っ越し直前に大変な事になってしまいます。

身軽に移動するためには

大きな持ち物を「不要品」と断定した時点で、できるだけ素早く地域の回収業者に相談してみるのがベストです。常日頃から身軽に生活できるように心掛けて置けば、急に転属で引っ越しする事態に直面しても、楽々と負担なく切り抜けられるはずです。

私が引っ越しをした時利用した不用品回収業者は、引っ越し会社と提携している会社の人でした。その人がエアコンを外しに来た時、他の不用品も持って行ってもらえないかと掛け合ってみたのです。

その頃住んでいた市の粗大ゴミ収集上は土日はやっていませんでした。そして、うちの車は毎日夫が仕事で乗って行ってしまいます。引っ越し会社と別に不用品回収業者を使うことは頭になかったのですが、この人にお願いしてみようかなと、咄嗟に口から言葉が出てしまいました。

引っ越し会社と提携している会社の人なので、まぁ安心だろうと思ったことも大きかったです。

夫に相談すると、「その人に頼めたらお願いしてくれ」とのこと。平日は休めないそうです。

電話番号を聞いておいたので、その人に連絡を取り、不用品を持って行ってもらうことにしました。

最初にお金を払い、うちの分は予定外なので、仕事の帰り、遅い時は夜中に勝手に持って行きます、ということで、3回位に分けて持って行ってくれました。

また、金属製の衣装ケースの中には「何でも入れていいですよ」と言われました。その人は不用品の回収が仕事なので、仕分けは別の社員がするので構わないということでした。

その人が3回位に分けて来てくれたので、その間どんどん出る不用品を総て持って行ってもらえたのは、本当に助かりました。引っ越しは「捨て時」でもありますから、早目早目に準備をして、断捨離を決行する良い機会だと思います。

また、ネットで評判を調べて、不用品回収業者に直接依頼しても良いと思います。

様々な不用品回収方法

 2018年4月20日

 様々な不用品回収方法

引越しや模様替えをした際などに困るのが不用品ではないかと思います。壊れて使えなくなってしまったものは勿論、ライフステージの変化や新品への買い替えなどによって使わなくなってしまった家具などの処分に悩むことも少なくないでしょう。

 引越し業者に回収を依頼

そのようなとき、まず引越しをするのであれば引越し業者に回収を依頼するという方法があります。業者によっても異なりますが、中には引越し時に不用品回収を依頼できる業者も少なくないのです。方法も簡単で、見積もりの際など事前に回収して欲しい不用品を伝えておき、引越し当日にそのまま回収してもらうだけです。不用品によっては引き取り料金が発生する場合もあるためその点には注意が必要ですが、引っ越しで忙しい時期に処分方法を考えたり新居に古い家具を持っていかなくてよいというのはかなりのメリットとなるでしょう。

引っ越しの予定がない場合には自治体に回収を依頼するのが良いでしょう。自治体によっても異なりますが、一般的なのは自治体に連絡をし、回収代金分のシールを貼って事前に申し込んだ日時に指定箇所に置いておくという方法です。自治体によっては自身で持ち込むことができる収集所を設けている場合もあり、比較的安価で不用品を処分することが可能です。

自治体よりも便利

今すぐにでも処分したいという場合には、自治体よりも早く対応してもらえることがある不用品回収業者に連絡してみましょう。業者にお願いする際には信頼の置ける業者を探すことが重要となるため、インターネットなどを活用してリサーチしておくことが大切です。

自分に合った方法で不用品を処分し、部屋をすっきりさせたいものですね。

不用品回収はプロにおまかせ

自宅で不要となってしまった物、そして自宅を片付けたいという場合、なんとか自分たちでゴミを出す必要があります。

しかし、自分たちでこれらを片付ける場合、とても大変です。たとえば、粗大ゴミの場合、自治体などに持って行って貰う必要がありますし、決められた日に、粗大ゴミを玄関の外へとだしておく必要があります。

表まで回収品を出すのも大変

そのため、大きな不用品がある場合や、なかなか外に出しづらいものが大量にある場合、処分に困ってしまうといえるでしょう。実際に、お年寄りが住んでいる方の場合、こういった事情で、粗大ゴミを捨てるに捨てることが出来ないというケースが多いようです。

しかし、不用品回収のプロを利用することによって、これらの不用品を一括で、回収して貰うことが出来ます。もちろん有料のサービスになりますが、玄関先まで自分たちでゴミを出しに行く必要はなく、自宅の中まで、回収業者が不用品を回収してくれるのです。従って、荷物を運ぶ労力を割くことが出来ますし、一気に不用品を片付けることが出来るのです。

また、引っ越しの前に、不用品を全て捨ててしまいたいという場合にも、とても便利になります。不用品を全て回収して貰い、一気に片付けることが出来ますし、要らない物を処分することが出来るので、時間を削減することが出来るといえるでしょう。

回収業者に依頼すれば、多くの人員を割く必要もありませんし、また時間を大幅に節約することが出来ます。不用品がたくさんある場合、ぜひ利用してみると良いでしょう。

乗らなくなった自転車の正しい処分方法とは

 2018年4月19日

乗らなくなった自転車の正しい処分方法とは

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「乗らなくなった自転車の正しい処分方法とは」についてです。乗らなくなった自転車って処分に困ることありませんか?もちろんゴミ袋には入らないので普通ゴミとしては回収してもらえないし・・・どうやって処分するの?そこで今回は自転車の処分でお困りの方必見!自転車の正しい処分方法をご紹介したいと思います。

【自転車の処分を検討するタイミングとは】

そもそも自転車の処分を検討するタイミングって、どういった時なのでしょうか?
・自転車が壊れた
・新しい自転車に買い換える
・自転車のサイズが合わなくなった
・自転車に乗る機会がなくなった

上記のようなタイミングで自転車の処分を検討される方は多いのではないでしょうか。

【自転車の処分方法】

自転車の処分方法はいくつかありますが、ここでは一般的な5つの方法をご紹介したいと思います。

■買い換えるお店で引取りを依頼

自転車を買い換える場合は新しい自転車を購入するお店に古い自転車の引取りを依頼して処分してもらえる場合もあります。引き取ってもらえるかどうかや料金などはお店によって異なりますので事前に問い合わせてみることをオススメします。

■友人や知人に譲る

まだ使用できる自転車の場合は友人や知人で譲って欲しい人がいるかもしれません。SNSなどで呼びかけてみてもいいでしょう。友人や知人に欲しい人がいれば、譲ってあげることで、喜んでもらえるうえに、自分も処分費用がかからず、一石二鳥です。

■リサイクルショップに買取依頼

故障していなかったり、比較的綺麗な自転車の場合はリサイクルショップで買い取ってもらえる場合があります。近くに自転車の買取りを行っているリサイクルショップがあれば、一度見積もりをとってもらうのもいいでしょう。

■大型ゴミ・粗大ごみとして自治体に回収を依頼

自転車の回収を自治体に依頼する場合は大型ごみや粗大ゴミとして有料で回収をしてもらいます。料金は自治体によって異なりますが大阪の場合は一般的な二輪自転車は400円、大人用の三輪自転車は700円で処分できます。神戸市の場合は14インチ以下の自転車は300円、14インチ以上の自転車は600円で処分できます。

■不用品回収に依頼

不用品回収業者に依頼しても自転車の処分ができます。不用品回収業者は自治体の処分に比べると費用が高くなる場合もありますが、自治体に比べ早く処分することができますり即日対応を行っている不用品回収業者であれば、その日のうちに処分できますので、すぐに処分したい人にはおすすめです。

【防犯登録の抹消を忘れずに!】

ほとんどの自転車は防犯登録がされています。自転車の処分を行う場合は必ず防犯登録の抹消手続きを行うようにしましょう。防犯登録の抹消手続きをしないまま、他人に譲ったり、処分してしまうと、譲った人にも迷惑がかかりますし、自分も被害を被ることがありますので、注意が必要です。

【まとめ】

今回のテーマは、「乗らなくなった自転車の正しい処分方法とは」についてでした。乗らなくなった自転車の処分には様々な方法があります。ご自身の状況に合わせて、処分しやすい方法を選んでいただけたらと思います。処分が面倒だからといって、駅や空き地に放置すると、不法投棄として罰せられますので、必ず正しい方法で処分するようにしましょう。また防犯登録の抹消も忘れないようにしましょう!

使わなくなったベビー用品をお得に処分する方法

 2018年4月18日

使わなくなったベビー用品をお得に処分する方法

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「使わなくなったベビー用品をお得に処分する方法」についてです。
子どもが小さい頃は様々なベビー用品を購入し、使用しますが、子どもの成長はあっという間で、ベビー用品もすぐに使わなくなる時期がきます。ベビー用品は試用期間の短いことが多く、使用しなくなる時も綺麗な状態である場合が多いです。まだまだ使えるベビー用品を捨てるのは抵抗があり、なかなか処分できず困っているという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、使わなくなったベビー用品をお得に処分する方法をご紹介したいと思います。

【子どもが大きくなって使わなくなるベビー用品とは】

子どもが小さい頃は大活躍していたけれど、子どもの成長とともに使用しなくなったベビー用品とはどのような物があるのでしょうか。
・ベビー服
・ベビーカー
・チャイルドシート
・抱っこひも
・哺乳瓶/離乳食用品
・ベビーダンス
・ベビーチェア
・ベビーベッド
・ベビー玩具
・ベビーサークル/プレイヤード
・ベビーゲート/ベビーフェンス

上記のようなものは子どもの成長とともに使用しなくなります。思い出が詰まっていたり、まだまだ使える状態である場合も多く、処分しづらいという気持ちもわかりますが、いつまでも置いておくと場所もとりますので、早めに処分することをオススメします。

【使わなくなったベビー用品をお得に処分する方法】

使わなくなったベビー用品は早めの処分をオススメしますが、ただ捨てるというのは勿体無いと感じる場合も多いと思いますので、少しでもお得に処分できる方法をご紹介します。

■リサイクルショップに売却

ベビー用品は需要も多いため、買い取ってくれるリサイクルショップも多いです。故障していたり、汚れが酷い場合は買い取ってもらえない場合もありますので注意が必要です。また、自分でリサイクルショップに持ち込みできない場合は、出張買い取りを行っているリサイクルショップに依頼するのがよいでしょう。

■ネットオークションやフリマアプリで売却

ネットオークションやフリマアプリでも様々なベビー用品が出品されています。ネットオークションやフリマアプリは、インターネットに接続できるパソコンやスマートフォンやタブレットがあれば誰でも簡単に利用できます。自分で値段を設定することができますので、リサイクルショップで売却するより、比較的高い値段で売却することができます。ただし、出品から発送まで全て自分で行うため、少し手間がかかりますし、売れるまでに時間のかかる場合も多いですので、忙しい方や、すぐに処分したい方には不向きかもしれません。

■知人や友人に譲る

知人や友人に、小さい子どものいる人がいる場合や、これから子どもが生まれる予定の人がいる場合は、譲ってあげるという方法もあります。SNSなどを使用することで、たくさんの知人や友人に問いかけることができます。欲しい人がいる場合は譲ってあげると、喜んでもらえるうえに、処分費用もかかりませんので一石二鳥です。

■買い取りのできる不用品回収業者に依頼

不用品回収業者に依頼する方法もあります。ただし、お得に処分したい場合は、ただの不用品回収業者に依頼するよりも、買い取りも行っている不用品回収業者に依頼する方が良いでしょう。買い取りも行っている不用品回収業者であれば、ベビー用品の種類や状態によっては買い取ってもらえる可能性があります。買い取れないものは処分も依頼できますので便利です。買い取りができるのは古物商許可を取得している不用品回収業者のみです。

【まとめ】

今回のテーマは、「使わなくなったベビー用品をお得に処分する方法」についてでした。
使わなくなったベビー用品が自宅に眠っているという方は、ぜひ、この機会にお得に処分されてみてはいかがでしょうか。
大阪・神戸で買い取りも行っている不用品回収業者をお探しなら、クリーン本舗にお任せください!無料でお見積もりさせていただきます。ぜひ、一度お問い合わせください。

家電リサイクル法対象製品の正しい処分方法

 2018年4月12日

家電リサイクル法対象製品の正しい処分方法

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「【家電リサイクル法対象製品の正しい処分方法」についてです。家電リサイクル法という言葉は知っているけど、詳しいことはわからない、家電リサイクル法対象製品の正しい処分方法がわからないという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は家電リサイクル法や対象製品、対象製品の正しい処分方法についてご紹介したいと思います。

【家電リサイクル法とは】

家電リサイクル法とは一般家庭や事務所から出た家電製品から、有用な部品や材料をリサイクルし、廃棄物を減らしながら、資源の有効利用を推進するための法律で、平成13年4月から施行されました。家電リサイクル法では違反した小売業者や製造業者に10万円〜50万円の罰金が課せられます。また家電を処分する時に家電リサイクル法を守って正しい処分をせず、不法投棄などを行った場合も罰則が課せられますので、家電リサイクル法の対象製品を処分する場合は正しい方法で処分するようにしなければいけません。

【家電リサイクル法対象製品】

家電リサイクル法は一般家庭や事務所から出た家電製品全てが対象というわけではありません。現在、家電リサイクル法の対象となる家電は以下のとおりです。

・エアコン
・テレビ(ブラウン管・液晶・プラズマ)
・冷蔵庫
・冷凍庫
・ワインセラー
・洗濯機
・衣類乾燥機

上記のものは家電リサイクル法の対象となりますので、処分する場合は注意が必要です。

【家電リサイクル法対象製品の正しい処分方法】

家電リサイクル法対象製品の処分にはいくつかの方法があります。

■買い替えを行う店舗に依頼

家電リサイクル法の対象製品を買い替える場合は、新しい製品を購入するお店に古い製品の回収を依頼することができます。販売店には家電リサイクル法対象製品の引取を依頼された場合、受けなければならないと家電リサイクル法で決められていますので、必ず引き取ってもらえます。この場合は回収費用とリサイクル料が必要になります。

■購入した小売店に依頼

買い替えでなく、家電リサイクル法対象の家電を処分する場合は、処分したい家電を購入したお店に依頼することもできます。この場合も回収費用とリサイクル料が必要になります。購入したお店が引っ越しなどで遠くなってしまっている場合は、回収費用が高くなることもあります。

■家電リサイクル券を購入し指定の引取場所まで運ぶ

なるべく費用を抑えたい場合は、自分で家電リサイクル券を購入し、指定の引取場所まで運ぶという方法もあります。この場合は事前に処分したい家電のメーカー名やサイズを確認しておきます。確認した後、郵便局で家電リサイクル券に必要事項を記入し、窓口で処分したい家電に応じて、リサイクル料金を支払います。そして支払い済みの家電リサイクル券と処分したい家電をもって、指定の引取場所まで運びます。この方法であれば、リサイクル料金のみで処分することができますので、とにかく費用を抑えたい方にはおすすめですが、冷蔵庫や洗濯機など大きな家電の場合は運ぶだけでも大変な作業ですので、どこかに依頼する方が安心です。

■不用品回収業者に依頼

不用品回収業者に依頼して処分することもできます。この場合も回収費用とリサイクル料がかかることが一般的ですが、買い取りも行っている業者に依頼した場合、処分したい家電の状態によっては、買い取ってもらえる場合もあります。また、即日対応を行っている業者もありますので、すぐに処分したい場合にはおすすめです。

【まとめ】

今回のテーマは、「【家電リサイクル法対象製品の正しい処分方法」についてでした。
家電リサイクル法の対象である家電の処分は粗大ゴミや大型ゴミとして。自治体に回収を依頼することはできませんので注意が必要です。家電リサイクル法対象の家電の処分を行う場合は、今回の記事を参考に正しく処分するようにしましょう。

1 2 3 4 5

Copyright © 2016 クリーン本舗 All Rights Reserved.