• ホーム
  • お問い合わせ・お見積り

【自転車処分】防犯登録の抹消は必須?処分方法についても紹介します

 2019年11月5日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「【自転車処分】防犯登録の抹消は必須?処分方法についても紹介します」についてです。

突然ですが、あなたは自転車が不要になった場合、どのような方法で処分を行いますか?
実は、自転車の処分方法がわからず困っているという方も多いのです。
さらに、自転車には防犯登録というものがありますが、処分の際、この防犯登録はそのままでも大丈夫なのでしょうか。
そこで今回は、自転車処分の際の防犯登録抹消についてや、処分方法についても、ご紹介したいと思います。

【自転車の処分前には防犯登録の抹消手続きが必須!】

現在、自転車の防犯登録は義務となっていますので、どの自転車も基本的には購入時に、防犯登録されているはずです。
この防犯登録は、自転車を処分する前に、抹消手続きを行なう必要があります。
防犯登録の抹消手続きを行わないまま、自転車を処分してしまうと、トラブルに巻き込まれてしまう可能性もあるのです。
例えば、防犯登録を抹消せずに処分した自転車が、犯罪に使用された場合、あなたが疑われてしまう可能性もあります。
自転車の防犯登録を抹消するということは「もうこの自転車は私(僕)のものではありません」と証明することと同じなのです。
そのため、自転車の処分前には、必ず防犯登録の抹消手続きを行いましょう。
抹消手続きの方法は、登録している都道府県によっても多少異なりますが、基本的には簡単に行なえますので、自転車の処分を決めた場合には、防犯登録の抹消手続きを早めに行っておくことをオススメします。

【不要になった自転車の処分方法】

次に、不要になった自転車の処分方法を3つ、ご紹介したいと思います。

■自治体の粗大ごみ回収を利用する

まず1つ目は、自治体の粗大ごみ回収を利用するという方法です。
自治体の粗大ごみを利用するメリットは、料金の安さや安心感でしょう。
自転車の処分に必要な費用は、お住いの自治体によっても異なります。
ちなみに神戸市の場合は、14インチ以下の自転車は1台につき300円、14インチを超える自転車は1台につき600円で処分することができます。

■リサイクルショップやフリマアプリで売却する


2つ目は、リサイクルショップやフリマアプリで売却するという方法です。
この場合は、自転車がまだ使える状態であること(できるだけ綺麗な状態)が条件となります。
特に、比較的新しい電動自転車などであれば、高額で買い取ってもらいやすいでしょう。
ただし、フリマアプリ等で自転車を売却する場合、送料が高額になってしまうため、その点も考慮した上で料金設定を行なう必要があります。

■不用品回収業者に依頼する


3つ目は、不用品回収業者に依頼して、不要になった自転車を処分してもらうという方法です。
今回ご紹介した3つの方法の中で、最も早く手間をかけずに処分できる方法が不用品回収業者です。
不用品回収業者に依頼する場合は、電話1本で、自宅まで自転車の回収に来てもらうことができますし、自転車以外の不要品がある場合にも、一緒に処分してもらうことができます。

【まとめ】

今回のテーマは、「【自転車処分】防犯登録の抹消は必須?処分方法についても紹介します」についてでした。
今回ご紹介したように、自転車の処分を行なう前には、必ず防犯登録の抹消手続きを行なう必要があります。
また、自転車の処分には、いくつかの方法がありますので、あなたに合った方法で適切に処分するようにしましょう。

【初めての方必見】プロが教える遺品整理を進めるコツとは

 2019年11月1日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「【初めての方必見】プロが教える遺品整理を進めるコツとは」についてです。

遺品整理は、人生のうちで、そう何度も行なうものではありません。
そのため、「遺品整理をしたことがない」「初めて遺品整理を行う」という方も多いはずです。
どんなことでもそうですが、初めてのことをするのは、時間がかかりますし大変ですよね。
そこで今回は、遺品整理を初めて行なうという方に向けて、遺品整理を進めるコツについて、ご紹介したいと思います。

【そもそも遺品整理とは?】


遺品整理のコツを紹介する前に、まずは遺品整理について、基本的なことを紹介します。
遺品整理とは、家族や親族が亡くなった後に、遺された遺族が、故人の身の回りのもの(遺品)を整理することを言います。
遺品整理の基本的な流れは、遺品を必要なものと不要なものに分けて、不要なものは処分したり、必要なものは形見分けしたりしていきます。
遺品整理は想像以上に大変な作業で、遺族にとっては精神的にも体力的にも負担が大きくなることが多いです。

【初めてでもスムーズに遺品整理を進める3つのコツ】

次に、スムーズに遺品整理を進めるコツについて3つ、ご紹介したいと思います。

■1人で遺品整理をしない

まず、大切なのは、1人で遺品整理をしようとしないことです。
前述の通り、遺品整理は想像以上に大変な作業ですし、精神的にも体力的にも負担が大きいです。
1人で遺品整理を行なうということは、その負担を全て1人で背負うということになります。
「子どもたちに迷惑をかけたくない」
「子どもは自分1人だけだから」
上記のように、様々な理由があると思いますが、できるだけ1人で遺品整理を行わず、家族や親戚、知人などに手伝ってもらうようにしましょう。
どうしても頼れる人がいないという場合や、迷惑をかけたくないと思うのであれば、業者に依頼するというのもオススメです。

■故人の意向を大切にしながら遺品整理を進める


遺品整理を行なうにあたって、故人の気持ちを大切にするということは、とても大切です。
故人が生前に、エンディングノートなどを記入していた場合は、そこに書かれている意向にそって、遺品整理を進めましょう。
また、エンディングノートなどを書いていなくても、故人が生前とても大切にしていたものなどは、処分せずに保管したり、仲の良かった友人に形見分けしたりするというのもいいですね。

■迷った時は、一旦保留にするのもOK

遺品整理がスムーズに進まない理由の1つが「必要か不要かの判断に悩んでしまう」ということです。
1つ1つの判断に時間をかけていると、なかなか作業が進まなくなってしまいます。
そのため、必要か不要かの判断に悩んだ場合は、一旦保留にしておくというのも遺品整理のコツです。
保留BOXのようなものを作っておき、悩んだ場合は、そこに入れるようにします。
そして数ヶ月、時間をあけて再度、保留BOXの中身を整理するようにするといいでしょう。

【まとめ】

今回のテーマは、「【初めての方必見】プロが教える遺品整理を進めるコツとは」についてでした。
今回ご紹介したように、遺品整理は想像以上に手間と時間がかかります。
少しコツを知っているだけで、スムーズに遺品整理を進めることができますので、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。
また、遺品整理は業者に依頼することもできます。
業者に依頼することで、早く手間をかけずに遺品整理を行なうこともできますので、遺品整理でお困りの方は、ぜひ利用されてみてはいかがでしょうか。

不要になったダイニングテーブルの処分方法

 2019年10月31日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「不要になったダイニングテーブルの処分方法」についてです。

食事をする際に利用することの多い、ダイニングテーブルですが、引っ越しや劣化などで処分することもあるでしょう。
しかし、大きくて重いダイニングテーブルを、どのようにして処分すればいいかわからないという人も多いはずです。
そこで今回は、不要になったダイニングテーブルの処分方法について、ご紹介したいと思います。

【不要になったダイニングテーブルの5つの処分方法】

不要になったダイニングテーブルを処分する方法は、いくつかあります。
ここでは、代表的な5つの方法について、ご紹介したいと思います。

■不用品回収業者に依頼する


まず、今回ご紹介する方法の中で、最も簡単で利用しやすい方法が「不用品回収業者」への依頼です。
不用品回収業者に依頼することで、手間をかけずに早く、ダイニングテーブルの処分をすることができます。
不用品回収業者の中には、即日回収を行っている業者もあるため、急な引っ越しや買い替えなど、すぐにダイニングテーブルを処分したい時にも利用することができ、便利です。
また、不用品回収業者に依頼することで、大きくて重いダイニングテーブルでも、運び出しから処分まで、全ての作業を業者が行ってくれますので、誰でも簡単に、ダイニングテーブルの処分ができます。

■自治体の粗大ごみ回収を利用する

自治体の粗大ごみ回収を利用して、ダイニングテーブルを処分するという方法もあります。
自治体の粗大ごみ回収を利用する場合は、自治体によって費用は異なりますが、基本的に安価で処分することができます。
ただし、自治体の粗大ごみ回収では、自分で自宅前や指定のクリーンステーションまで、処分するダイニングテーブルを運び出しておく必要があるのです。
一人暮らしの方や、高齢者にとっては、大きくて重いダイニングテーブルを運び出すというのは、大変な作業でしょう。
ダイニングテーブルの運び出しが難しいと感じる場合は、自治体の粗大ごみ回収以外の方法を選ぶのがいいですよ。

■リサイクルショップで買い取りを依頼する


ダイニングテーブルが綺麗で、まだ比較的新しい場合には、リサイクルショップで売却することもできます。
リサイクルショップは、基本的に持ち込んで買い取ってもらうケースが多いですが、最近では出張買い取りを行っているお店もありますので、持ち込むのが難しい場合は、近くに出張買い取りを行っているお店が無いか、探してみるといいでしょう。

■フリマアプリやネットオークションで売却する

最近は、スマートフォンを使って簡単に、モノを売却することができるようになりました。
フリマアプリやネットオークションなどの、利用者も増えています。
そんな、フリマアプリやネットオークションを使って、不要になったダイニングテーブルを売却することもできます。
その場合の注意点は、ダイニングテーブルは送料が高くなりやすいため、その点も考慮した価格設定をすることが大切です。
送料別で出品することもできますが、送料込みの商品の方が売れやすいという特徴がありますよ。

■知人や友人に譲る

あなたにとっては不要なダイニングテーブルでも、まだ状態が良ければ、誰か欲しい人がいるかもしれません。
そこで、知人や友人に声をかけてみて、欲しい人がいれば、譲ってあげるという方法もあります。
SNSなどに、ダイニングテーブルの写真を投稿して、欲しい人がいないか、問いかけてみることで、一度にたくさんの人に見てもらうことができますよ。

【まとめ】

今回のテーマは、「不要になったダイニングテーブルの処分方法」についてでした。
今回ご紹介したように、不要になったダイニングテーブルの処分には、たくさんの方法があります。
ダイニングテーブルの状態や、ご自身の希望に合わせて、処分方法を選ぶのがよいでしょう。
ダイニングテーブルの処分を、ご検討中の方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

手間をかけずに不用品の処分をするなら、不用品回収業者がオススメです

 2019年10月30日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「手間をかけずに不用品の処分をするなら、不用品回収業者がオススメです」についてです。

家にある不用品を処分しようとなると、何かと手間がかかり面倒くさいと感じる人も多いでしょう。
特に、引っ越しや断捨離、生前整理や遺品整理などで、大量の不用品を処分するとなると、時間もかかりますし、大変です。
しかし、方法によっては、手間をかけずに早く不用品の処分をすることができるのです。
その方法こそが、不用品回収業者を利用するということです。
そこで今回は、不用品回収業者を利用することで、なぜ手間をかけずに不用品を処分することができるのかについて、ご紹介したいと思います。

【不用品回収業者なら、申込方法が簡単】


不用品回収業者を利用することで、不用品処分の手間がかからなくなる理由の1つが、申込方法が簡単なことです。
不用品回収業者は、基本的に電話1本で申し込むことが出来ます。
電話で申し込めば、その後は支払いまで、特に自分たちでやらなければいけないことはありません。
つまり、電話一本だけで、簡単に不用品の処分をすることができるのです。
自治体の粗大ごみ回収の場合は、申込後にシール券の購入や、運び出し作業などが必要になるため、手間をかけたくないのであれば、不用品回収業者の利用がオススメです。

【不用品回収業者なら、処分できないものがほとんどない】

次に、不用品回収業者は、家電や家具など、ほとんどのものを処分してもらうことができます。
(危険物や動物の死骸など、一部処分できないものもあります)
自治体の粗大ごみ回収では、家電リサイクル法対象となっている、冷蔵庫や洗濯機、エアコンやテレビなどを回収してもらうことができませんが、不用品回収業者であれば、それらの家電も回収してもらうことができるのです。
また、一度に回収してもらえる数にも限りがありませんので、大量の不用品を一度に処分したい時にも利用することができます。

【不用品回収業者なら、不用品の運び出しもしてもらえる】

前述の通り、自治体の粗大ごみ回収では、処分する不用品を自宅前や指定のクリーンステーションまで運び出しておかなければいけません。
回収作業員は、自宅敷地内に入ることができませんので、自分たちで運び出す必要があるのです。
一方、不用品回収業者の場合は、運び出し作業も全て業者が行ってくれます。
そのため大きく重い不用品でも、安心して依頼することができるのです。
高齢者や一人暮らしの方にとっても、運び出しの必要が無いというのは、大きなメリットだと言えますね。

【不用品回収業者なら、即日対応も可能】


自治体の粗大ごみ回収では、申込から回収までに約1〜2週間の期間が必要になります。
そのため、すぐに不用品を処分することはできません。
しかし、不用品回収業者であれば、即日対応を行っている業者もありますので、早ければ、申し込んだその日に回収してもらうこともできるのです。

【まとめ】

今回のテーマは、「手間をかけずに不用品の処分をするなら、不用品回収業者がオススメです」についてでした。
今回ご紹介したように、不用品回収業者に依頼することで、手間をかけずに早く不用品の処分を行なうことができます。
ご自宅の不用品の処分を、ご検討中の方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。

不用品の無料回収はお得?いいえ!危険です!

 2019年10月29日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「不用品の無料回収はお得?いいえ!危険です!」についてです。

普通ゴミとして処分することのできない、家電や家具などの粗大ごみを処分する場合、自治体に依頼したり、不用品回収業者に依頼したりする方法があります。
どちらの場合にも、基本的には費用が必要になります。
しかし、中には「なんでも無料回収いたします」と謳っている不用品回収業者もあるのです。
一見、「なんでも無料回収なんてお得!」と思ってしまいますよね。
しかし、実は、不用品の無料回収には、危険が潜んでいるのです。
そこで今回は、不用品の無料回収に潜む危険性について、ご紹介したいと思います。

【不用品の処分には費用がかかる】


前述の通り、粗大ごみ等の不用品を適切な方法で処分するには基本的に、費用がかかります。
そのため、見積もりもなしに「なんでも無料回収します」と言っているような業者は怪しいと思っていただいていいでしょう。
中には、時期や不用品の種類によって、キャンペーンなどで一部の物を無料で回収しているといったケースもありますが、なんでも無料というわけではありません。
不用品の処分に、なるべくお金をかけたくない気持ちもわかりますが「なんでも無料」という言葉には騙されないようにしましょう。

【不用品の無料回収に潜む危険】

では、実際に「なんでも無料で回収します」と謳っている不用品回収業者に依頼した場合、どのようなトラブルに巻き込まれる可能性があるのでしょうか。
今回は、不用品の無料回収に潜む危険を2つ、ご紹介したいと思います。

■回収作業後に高額な料金を請求される

まず、無料回収で最も多いトラブルが「料金」に関するトラブルです。
「え、無料回収なのに料金に関するトラブル?」
このように思った方も少なくないでしょう。
しかし、実際に無料回収と言っておきながら、作業終了後に、高額な料金を請求されるトラブルが多く発生しています。
また、キャンセルを申し出ると、今度は高額なキャンセル料を請求され、泣く泣く支払ってしまったということも多いです。
「無料で回収ではないの?」と問うと「回収は無料ですが処分費用がかかります」と、呆れた理由を述べる業者もいるそうなので注意が必要です。

■適切な処分がされず不法投棄される


不用品回収業者は、回収した不用品を適切な方法で処分する義務があります。
しかし、その処分には費用がかかるのです。
無料で回収したものを、お金をかけて処分していては回収業者は赤字になってしまいますよね。
そのため、無料回収を行っている業者の中には、回収した不用品を適切に処分せず、空き地や山奥に不法投棄している業者もいるのです。
不法投棄は犯罪です。
もちろん罰せられるのは、不法投棄を行った業者ですが、あなたの依頼した不用品が不法投棄という犯罪に巻き込まれているとなると嫌ですよね。

【まとめ】

今回のテーマは、「不用品の無料回収はお得?いいえ!危険です!」についてでした。
今回ご紹介したように、不用品の無料回収は、一見お得に感じますが、実は危険な可能性が高いです。
トラブルに巻き込まれないためにも「なんでも無料回収」を謳っている業者には注意しましょう。
不用品回収業者を選ぶ際は、信頼できる業者を選ぶことがポイントです。
ぜひ、参考にしてみてくださいね。

大阪・兵庫・神戸で、不用品の処分を検討中の方は、クリーン本舗にお任せください。
お見積りは無料です。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

断捨離で処分するべきものとは

 2019年10月28日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「断捨離で処分するべきものとは」についてです。

近年、何かと「断捨離」が話題ですね。
断捨離を行なうことで、メリットもたくさんあるため、オススメです。
しかし、実際に断捨離を始めようとすると、何を処分すればよいかわからず、なかなか断捨離が進まないという方も多いようです。
そこで、今回は、断捨離で処分するべきものについて、ご紹介したいと思います。

【そもそも断捨離とは?進め方についても解説】

まずは、断捨離について簡単に紹介します。
断捨離は、ヨガの考え方から出来た片付け術の1種で、2010年に流行語大賞にノミネートされるなど、話題となりました。
断捨離には、自分にとって不要なものを処分することで、物への執着がなくなり、部屋も心もスッキリするというメリットがあります。

断捨離進め方は、決して難しいものではありません。
基本的には、自分の持ち物を「必要なもの」と「不要なもの」に分けて、不要なものは処分するといった流れで断捨離を進めていきます。
とても単純な作業ですが、実際に始めてみると、思った以上に時間がかかることも多いです。
それは、自分が思っている以上に物が多いことや、処分するかどうか(必要か不要か)の判断に時間がかかってしまうことなどが原因でしょう。

【断捨離で処分するべきもの】

では、断捨離では、どのようなものを処分するべきなのでしょうか。
ここでは、断捨離で処分したいものについて3つ紹介したいと思います。

■衣服・靴・カバン


衣服や靴、カバンなどを必要以上に持っている人は多いと思います。
中には、もう何年も使っていない、着ていないものもあるでしょう。
「高かったから」
「貰い物だから」
「いつか着るかもしれないから」
こういった理由から、いつまでも捨てられないという方も少なくないはずです。
しかし、実際には、こういったものの多くは、いつまでも使われないままとなることが多いです。
使っていない衣服や靴、カバンなどは、断捨離で思い切って処分することをオススメします。

■食器


生活をしていると、だんだんと増えてくる食器類。
雑貨屋さんで可愛い食器やマグカップを見つけて、つい買ってしまうこともありますよね。
また、プレゼントや結婚式の引き出物で、食器類を貰うこともあるでしょう。
気づけば、食器棚にパンパンに食器が詰め込まれているというご家庭も多いはずです。
しかし、実際に使う食器は数種類で、ほとんどの食器が使われないまま、しまってあるということはないですか?
断捨離で不要な食器を処分することで、キッチンをスッキリと片付けることができますよ。

■本や書類


雑誌や、漫画、仕事や学校の書類など、なにかと溜まっている紙類はありませんか?
一つ一つは、大きなものではありませんが、溜まっていくと、かなり場所を取りますよね。
最近は、雑誌や漫画、書籍なども電子化されていて、スマホやタブレットなどで読むこともできますし、書類も電子化して管理することができます。
そのため、かさばる紙類は、断捨離で処分するのも良いでしょう。

【まとめ】

今回のテーマは、「断捨離で処分するべきものとは」についてでした。
今回ご紹介したように、断捨離にはメリットがありますので、ぜひ取り組んでいただきたいと思います。
その際には、今回ご紹介した記事を参考に、不要なものを判断していただければと思います。
最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

不用品回収業者を利用するメリット知っていますか?

 2019年10月25日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「不用品回収業者を利用するメリット知っていますか?」についてです。

引っ越しや断捨離、遺品整理や生前整理など、たくさんの不用品が出た時、あなたはどのような方法で処分していますか?
自治体の粗大ごみ回収を利用するという方も多いでしょう。
自治体の粗大ごみ回収は、比較的安い費用で処分できるというメリットがある一方で、自分で運び出しをする必要があったり、処分できないものがあったりとデメリットもあります。
そのため、最近では、不用品回収業者を利用するという人も増えているのです。
そこで今回は、不用品回収業者を利用するメリットについて、ご紹介したいと思います。

【不用品回収業者を利用する4つのメリット】


不用品回収業者を利用するメリットは、いくつかありますが、今回は4つのメリットについて、紹介したいと思います。

■すぐに不用品を処分することができる

まず、不用品回収業者を利用するメリットとして「早い」ことが挙げられます。
自治体の粗大ごみ回収の場合、申込みから回収までに、約1〜2週間の期間が必要です。
しかし、不用品回収業者の場合は、早ければ申し込んだその日に回収に来てもらうこともできます。
そのため、急な引っ越しなどでも利用できるのです。
また、早朝や夜間、土日の回収にも対応している業者が多いため、無理なく利用できますね。

■処分出来ないものが少ない

自治体の粗大ごみ回収では、家電リサイクル法対象製品など、回収してもらえないものがあります。
しかし、不用品回収業者の場合は、家電リサイクル法対象製品であっても、回収を行っていますし、処分できないものがほとんどありません。
そのため、ゴミ屋敷の清掃や遺品整理など、一度にいろいろなモノを処分したい場合にも、利用しやすいですね。
ただし、動物の死骸や危険物など、不用品回収業者でも処分できないものもありますので、不安な場合は事前に問い合わせることをオススメします。

■手間をかけずに不用品を処分することができる

不用品回収業者は、電話一本で自宅まで不用品の回収に来てくれます。
回収作業も全て業者が行ってくれますので、依頼主は手間をかけずに不用品を処分することができます。
自治体の粗大ごみ回収の場合は、シール券の購入や、不用品の運び出しなどを自分でしなければいけません。
そのため、大きいものや重いものの処分には手間がかかります。
1人暮らしの方や、高齢者の方にとっては、大変なことも多いでしょう。
そういった場合には、全ての作業を任せることができて、手間がかからない不用品回収業者への依頼がオススメです。

■買い取ってもらえる可能性もある


不用品回収業者の中には、買い取りも行っている業者があります。
そういった業者に依頼することで、不用品の種類や状態によっては、買い取ってもらえる可能性があるのです。
不用品回収業者が買い取りも行なう場合は「古物商許可」が必要になりますので、買い取りを希望する場合は、許可を得ている業者に依頼するようにしましょう。

【まとめ】

今回のテーマは、「不用品回収業者を利用するメリット知っていますか?」についてでした。
今回ご紹介したように、不用品回収業者の利用には、様々なメリットがあります。
まだ不用品回収業者を利用したことが無いという方は、今回の記事を参考に、ぜひ不用品回収業者を利用されてみてはいかがでしょうか。

引っ越し前に不用品処分をするメリットとは

 2019年10月24日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「引っ越し前に不用品処分をするメリットとは」についてです。

引越し前は、何かとすることが多く、忙しいですが、絶対にしておいてほしいことがあります。
それは「不用品の処分」です。
引っ越し前に不用品の処分をすることで、多くのメリットがあります。
そこで今回は、引越し前に不用品処分を行なうメリットについて、ご紹介したいと思います。
引っ越しを予定されている方は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

【引っ越し前に不用品を処分するメリット3選】

引越し前に不用品の処分を行なうメリットは、いくつかありますが、ここでは3つのメリットについて、ご紹介したいと思います。

■引っ越しの費用を抑えることができる


引っ越しは、何かとお金がかかりますよね。
実は、引越し前に不用品の処分をすることで、引越し費用を抑えることができるのです。
引越し費用は、運搬する荷物の量によっても大きく異なります。
運搬する荷物の量が多ければ、その分大きなトラックや、たくさんの人員が必要になりますよね。
そうなると、引越し費用は高くなります。
つまり、引越し前に不用品の処分を行い、運搬する荷物の量を減らすことで、引越し費用を安くすることができるのです。
引越し費用を節約することができるのは、大きなメリットと言えますね。

■荷造り・荷解きの手間が省ける


引っ越し作業の中でも、荷造りや荷解きは、とても大変で時間もかかりますよね。
引っ越し業者に、荷造りや荷解きを依頼できるサービスもありますが、基本的にはオプションで有料となっているため、引越し費用が高くなってしまいます。
引越し前に不用品の処分を行なうことで、荷物が減り、荷造りや荷解きが楽になります。
荷造りや荷解きが楽になれば、お金を払って業者に依頼する必要はなくなりますので、結果的に節約にも繋がるのです。
お金の節約だけでなく、時間も節約になるのは、嬉しいメリットですね。

■無駄な買い物をしなくなる

引っ越しのタイミングで、新しい家具や家電、インテリア用品や日用品などの買い物をする人も多いでしょう。
しかし、実際にはまだあるものや、持っているのに似たようなものを買ってしまうこともあります。
その理由は、自分の持ち物をきちんと把握できていないことが原因です。
引越し前に不用品の処分をすることで、自分が何をどのくらい持っていて、新居では何が必要かということを把握することができます。
そうすることで、無駄な買い物をしなくなりますし、結果的に新居に無駄なものがなくなり、スッキリと片付いた部屋で過ごすことができるのです。

【まとめ】

今回のテーマは、「引っ越し前に不用品処分をするメリットとは」についてでした。
今回ご紹介したように、引越し前に不用品の処分をすることは、様々なメリットがあります。
引っ越し日が近づいてくると、何かと忙しくなってきますので、引っ越しが決まったら、早めに不用品の処分を行なうことをオススメします。

チャイルドシートが必要なのは何歳まで?処分の方法は?

 2019年10月23日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「チャイルドシートが必要なのは何歳まで?処分の方法は?」についてです。

乗車時、子どもの命を守るためにはチャイルドシートの着用が欠かせません。
大人のシートベルトと同様に、子どものチャイルドシート着用は義務付けられているのです。
では、何歳までの子どもにチャイルドシート着用の義務があるのでしょうか。
また、子どもの成長と共に、不要になったチャイルドシートは、どのようにして処分すればよいのでしょうか。
今回は、チャイルドシートが必要な年齢や、処分の方法について、ご紹介したいと思います。

【チャイルドシートが必要なのは6歳まで!ただし身長も関係している】

まずは、チャイルドシートが必要な年齢について、ご紹介します。
現在、新生児から6歳未満の子どもが車に乗車する場合は、チャイルドシートの着用が義務付けられています。
そのため、基本的には6歳を超えると、チャイルドシートを卒業し、大人と同じシートベルトを使用します。
しかし、通常、車のシートベルトは身長が140cmに達していなければいけません。
年齢が同じでも、身長はそれぞれ異なりますよね。
6歳を越えても、まだ身長が140cmに達していない子どもも少なくありません。
チャイルドシート着用の義務は、6歳までですが、身長が140cmに達していない場合には、ジュニアシートなどの大きな子ども用のチャイルドシートを着用することが推奨されています。

【不要になったチャイルドシートの処分方法】

「子どもが6歳になった」
「子ども身長が140cmを越えた」
このように、子どもの成長と共に、チャイルドシートが不要になることがありますよね。
その場合は、どのようにしてチャイルドシートを処分すればよいのでしょうか。
ここでは、チャイルドシートの処分方法を3つご紹介したいと思います。

■自治体の粗大ごみ回収を利用する


チャイルドシートは、普通ゴミとして処分することは、できません。
自治体に依頼する場合は、粗大ごみ扱いとなり有料で処分することができます。
チャイルドシートを粗大ごみとして処分するためにかかる費用は、お住いの自治体によって異なりますが、比較的安い料金で処分することが可能です。
ちなみに、神戸市は300円、大阪市は200円でチャイルドシートを粗大ごみとして処分することができますよ。

■リサイクルショップ等で売却する

チャイルドシートの状態によっては、リサイクルショップや、フリマアプリなどを使って売却することもできます。
ただし、チャイルドシートが古すぎたり、汚れている場合などは、売れない可能性もあるので注意が必要です。
また、チャイルドシートをフリマアプリで売却する場合、送料が高くなる可能性もあるので、その点も考慮した値段設定が大切になってきます。

■不用品回収業者に依頼する


今回ご紹介する中で、最も早く簡単に、不要になったチャイルドシートを処分できる方法が、不用品回収業者への依頼です。
不用品回収業者は、不用品1つだけでも依頼することができます。
また、チャイルドシート以外の不用品がある場合も一緒に処分することができますので、引っ越しや断捨離の時などにもオススメです。

【まとめ】

今回のテーマは、「チャイルドシートが必要なのは何歳まで?処分の方法は?」についてでした。
今回ご紹介したように、チャイルドシートは6歳まで着用の義務があります。
ただし、身長140cm以下のお子様は、6歳を過ぎていても安全のために、チャイルドシートを使用する方がいいでしょう。
不要になったチャイルドシートは、自治体や不用品回収業者を利用して処分することができます。
状態によっては、売却することもできますので、チャイルドシートの処分をご検討中の方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ゴミ屋敷の片付けを不用品回収業者に依頼するメリット

 2019年10月21日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「ゴミ屋敷の片付けを不用品回収業者に依頼するメリット」についてです。

近年、テレビなどで目にすることも多い「ゴミ屋敷」は、社会問題になっています。
ゴミ屋敷には、様々な危険が潜んでいるため、放置せず、できるだけ早く片付けを行うべきです。
ゴミ屋敷の片付けは、不用品回収業者に依頼して行うこともできます。
そこで今回は、ゴミ屋敷の片付けを不用品回収業者に依頼するメリットについて、ご紹介したいと思います。

【ゴミ屋敷を早く片付けることができる】


ゴミ屋敷の片付けを、家族だけで行うとなると、かなりの時間がかかります。
しかし、不用品回収業者に依頼することで1日で片付けることも可能です。
これまでの経験から、不用品回収業者は効率よく作業を進めることができます。
そのため、通常よりも早く、あっという間に片付けが終わるのです。
早く片付けられるということには、様々なメリットがあります。
例えば、賃貸住宅の場合は、早く片付けることで、無駄な家賃が発生することを防ぐことができるのです。

【ゴミ屋敷の清掃まで依頼できる】

ゴミ屋敷の片付けを不用品回収業者に依頼した場合、ゴミや不用品の処分だけでなく、清掃まで依頼することができます。
長年、ゴミが放置されていたわけですから、ゴミや不用品を処分しても、様々な汚れが残っていますよね。
それらを綺麗にするのは、とても大変な作業です。
全て、業者に任せられるというのは安心ですね。

【ゴミ屋敷の住人が亡くなった場合は遺品整理も可能】


ゴミ屋敷を片付けるタイミングとしては、家主が亡くなったあとということも多いです。
そのようなケースでは、ゴミ屋敷に残されたものは遺品ということになります。
その遺品を、必要なものとそうでないものに整理する必要があります。
不用品回収業者に依頼した場合、ゴミ屋敷の片付けと同時に、遺品整理を依頼することも可能です。
遺品整理だけでも大変で、さらにゴミ屋敷の清掃となると、家族だけでは難しい場合も多いでしょう。
そういった場合は、不用品回収業者への依頼がオススメです。

【まとめ】

今回のテーマは、「ゴミ屋敷の片付けを不用品回収業者に依頼するメリット」についてでした。
今回ご紹介したように、ゴミ屋敷は社会問題ともなっているほど、増加しています。
ゴミ屋敷の片付けは、家族だけで行うのは、とても大変ですので、不用品回収業者等に依頼するのがオススメです。
ゴミ屋敷の片付けを不用品回収業者に依頼することは、たくさんのメリットがありますよ。
ゴミ屋敷の片付けでお悩みの方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。
大阪・神戸・兵庫でゴミ屋敷の片付けをご検討中の方は、クリーン本舗にお任せください。
お見積りは無料です。まずは、お気軽にお問い合わせください。

1 2 3 4 5 50

Copyright © 2016 クリーン本舗 All Rights Reserved.