• ホーム
  • お問い合わせ・お見積り

自宅まで不用品を取りに来てほしい!どこに頼めばいいの?

 2019年6月17日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「自宅まで不用品を取りに来てほしい!どこに頼めばいいの?」についてです。

不用品の中でも、大きな家具や重たい家電など、運ぶのが難しいものは処分に困りますよね。
「自宅まで、不用品を取りに来てほしい」
そんな時は、どこに頼めばよいのでしょうか。
今回は、自宅まで不用品を回収に来てもらう方法について、ご紹介したいと思います。

【自治体の粗大ごみ回収は自宅まで取りに来てくれない?】


まず、不用品の処分を行う時に思いつくのが、自治体の粗大ごみ回収だという方も多いでしょう。
自治体の粗大ごみ回収は、比較的低料金で不用品を処分することができますし、自治体が運営しているという安心感もありますよね。
しかし、自治体の粗大ごみ回収の場合、自宅まで不用品を取りにきてもらうことができません。
厳密に言うと、自宅内まで回収に来てもらうことができないのです。
自治体の粗大ごみ回収では、回収スタッフが自宅敷地内に入ることができません。
そのため、自宅敷地前や指定のクリーンステーションまで、不用品を運び出しておく必要があるのです。
一人暮らしの方や高齢の方にとっては、大きな家具や重たい家電などを運び出すのは大変な作業です。
無理をして、怪我をしてしまう危険性もありますので、運び出しが難しい不用品は、自治体の粗大ごみ回収以外の方法を選ぶ方がいいでしょう。

【自宅まで回収に来てもらうなら不用品回収業者がオススメ】


自宅内まで、不用品の回収に来てもらうのであれば、不用品回収業者への依頼がオススメです。
不用品回収業者の場合、電話一本だけで、自宅内まで不用品を回収に来てもらうことができます。
大きな家具や、重たい家電、大量の本など、ほとんどの不用品を回収してもらうことが可能です。
回収作業は全て、業者が行ってくれますので、手間がかかりませんし、高齢者や一人暮らしの方でも安心して依頼することができます。
また、不用品回収業者の中には、即日回収を行っている業者もありますので、その日のうちに不用品を処分することも可能ですよ。

【自宅まで買い取りに来てくれるリサイクルショップもある!】

処分したい不用品が、まだ新しい場合や、状態が良いものであれば、売却するという方法もあります。
基本的には、リサイクルショップなどで売却する場合、不用品をお店まで持っていく必要がありますが、最近では、出張買取を行っているリサイクルショップもあります。
そのような、出張買取を利用することで、自宅まで不用品を買い取りにきてもらうことができますよ。
ただし、不用品の種類や状態によっては買い取ってもらえない場合もありますし、近くに出張買取を行っているリサイクルショップが無いということもありますので、誰でも利用できるというわけではありません。

【まとめ】

今回のテーマは、「自宅まで不用品を取りに来てほしい!どこに頼めばいいの?」についてでした。
不用品の処分は、面倒だと感じている方も多いでしょう。
特に、大きな家具や、重たい家電であればなおさらです。
しかし、今回ご紹介したように、不用品を自宅まで取りに来てもらうという方法もあります。
自宅まで回収に来てもらうことで、手間をかけずに不用品の処分を行うことが可能ですよ。
不用品の処分を、ご検討中の方は、今回の記事を参考にしてみてくださいね。

不要になったスーツケースの処分方法とは

 2019年6月14日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「不要になったスーツケースの処分方法とは」についてです。

旅行や出張などで荷物が多い時に便利なスーツケースですが、使用しなくなると収納に場所もとりますし邪魔だと感じることもあるでしょう。
このように、スーツケースが不要になった場合や、壊れてしまった場合など、スーツケースの処分をしたいけれど、処分方法がわからず困っているということも多いようです。
そこで今回は、不要になったスーツケースの処分方法について、ご紹介したいと思います。

【自治体の粗大ごみ回収を利用する】

まず、自治体の粗大ごみ回収を利用して、不要になったスーツケースを処分するという方法があります。
自治体の粗大ごみ回収を利用するメリットは、費用が安いということです。
処分にかかる費用は、お住まいの自治体によっても異なりますが、比較的安い料金で処分することができます。
また、自治体が回収してくれるためトラブルなどに巻き込まれる可能性が低く、安心して利用できるというのメリットと言えるでしょう。
一方で、自治体の粗大ごみ回収を利用するデメリットは、手間と時間がかかるということです。
自治体の粗大ごみ回収を利用する場合、申込みから回収までに約1〜2週間の期間が必要になります。
さらに、シール券の購入や、集荷場所までの運び出しなど、手間がかかるため、忙しい方やすぐに処分したい方には不向きかもしれません。

【不用品回収業者に依頼する】


不要になったスーツケースは、不用品回収業者に依頼して処分することも可能です。
不用品回収業者を利用するメリットは、とにかく早く手間をかけずに処分できることです。
不用品回収業者の中には、即日回収を行っている業者もあり、早ければその日のうちに処分することもできます。
また、電話一本で自宅まで回収に来てくれますので、全く手間がかかりません。
さらに、スーツケース以外にも処分したい不用品がある時は、一緒に回収してもらうこともできるというメリットもあります。
不用品回収業者に依頼するデメリットは、自治体に比べると費用が高くなる可能性があるということや、場合によってはトラブルに巻き込まれる可能性があるということです。
しかし、悪質な業者に依頼しなければトラブルに巻き込まれることはありませんので、安心してくださいね。

【リサイクルショップやフリマアプリで売却する】


スーツケースが故障しておらず、まだ状態が良いものであれば、リサイクルショップやフリマアプリ、ネットオークション等で売却するという方法もあります。
「使わなくなったけれど捨てるには勿体無い」と思っているのであれば、売却することで少しの収入にもなりますので、良いのではないでしょうか。
リサイクルショップやフリマアプリで売却するメリットは、不用品を現金に変えることができるという点です。
一方で、リサイクルショップやフリマアプリで売却する際は、いつ処分できるか、必ず処分できるかがわからないというデメリットもあります。

【まとめ】

今回のテーマは、「不要になったスーツケースの処分方法とは」についてでした。
今回ご紹介したように、不要になったスーツケースの処分には、様々な方法があります。
それぞれに、メリットやデメリットがありますので、本記事を参考にしながら、あなたに合った方法で処分してくださいね。

パソコン処分に潜む危険とは

 2019年6月13日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「パソコン処分に潜む危険とは」についてです。

「古いパソコンの処分がしたいけれど、処分方法が分からない」
「パソコンの処分時に、中のデータが流出しないか心配」
本記事を読んでいる方の中には、上記のような方も多いのではないでしょうか。
パソコンの処分には、危険も潜んでいるため、適切な処分方法で処分する必要があります。
そこで今回は、パソコンの安全な処分方法について、ご紹介したいと思います。

【パソコンの処分前にはデータの削除を】


パソコンの処分に潜む危険で、代表的なものが、個人情報の流出です。
パソコンには様々なデータ(情報)が保存されていますよね。
メールの送受信や、クレジットカードの情報など、他人に知られると困る情報も多く含まれています。
パソコンを安易に処分してしまうと、それらの大切な情報を流出させてしまう可能性があります。
データ漏洩を防ぐためには、パソコンの処分前にデータの削除を行わなければいけません。
ただし、ただデータを削除するだけでは、ハードディスク内にデータが残っており、復元させることができます。
そのため、パソコンの処分前には専用のデータ消去ソフト等を使って、完全にデータを消去してください。
またはハードディスクを物理的に壊してしまうことで、データを消去するという方法もありますが、危険ですし知識と体力、道具も必要になりますので、あまりオススメはできません。

【パソコンは自治体の粗大ごみでは処分できない】

完全にデータを消去したパソコンであっても、自治体の粗大ごみ回収で処分することはできません。
平成15年10月1日に制定された、資源有効利用促進法により、パソコンを粗大ごみとして処分することができなくなったのです。
粗大ごみとして処分できないパソコンは、家電量販店やパソコンメーカー、パソコン買い取り業者などに依頼することで、処分することができます。

【パソコンの処分には不用品回収業者がオススメ】


前述の通り、自治体で処分できないパソコンの処分には、いくつかの方法がありますが、中でもオススメなのが、不用品回収業者です。
不用品回収業者の場合は、故障しているパソコンでも回収してもらうことができますし、何より手間がかかりません。
電話一本で、自宅まで処分したいパソコンを回収しにきてもらえます。
さらに、即日回収を行っている業者もありますので、すぐに処分することも可能です。
メリットの多い、不用品回収業者ですが、中には悪質な業者も存在しています。
そのため、パソコンの処分を不用品回収業者に依頼する場合は、信頼できる業者を選ぶようにしてくださいね。

【まとめ】

今回のテーマは、「パソコン処分に潜む危険とは」についてでした。
パソコンを安易に処分してしまったことで、大切なデータが流出するという危険があります。
今回ご紹介したように、パソコンを処分する前には必ずデータを完全に消去するようにしてください。

不用品を売りたい!どんな方法があるの?

 2019年6月12日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「不用品を売りたい!どんな方法があるの?」についてです。

断捨離や引っ越し、遺品整理や生前整理では、多くの不用品が出ますよね。
そんな不用品の中には、まだ使えるもの、捨てるには勿体無いものが含まれていることも少くありません。
それらの不用品を処分するのではなく、売って現金にしたいと思ったことがある方も多いでしょう。
そこで今回は、不用品を売って現金にする方法について、ご紹介したいと思います。

【不用品を売る方法3選】

ここでは、不用品を売るための3つの方法を、ご紹介したいと思います。

■リサイクルショップ

まず、不用品を売る時に、多くの方が思いつく方法が「リサイクルショップで買取り」ではないでしょうか。
リサイクルショップは全国にあり、家電や家具、洋服やおもちゃなど、様々な物を買い取って販売しています。
店舗によって、買い取っている物の種類は異なりますし、買い取り基準も異なります。
そのため、なんでも買い取ってもらえるわけではありませんが、人気のあるものや新しいものは、買い取ってもらいやすい傾向があります。

■不用品回収業者


不用品回収業者は、不用品の処分を行うだけではありません。
不用品回収業者の中には、買い取りを行っている業者もあるのです。
不用品回収業者が買い取りを行うには「古物商の許可」を得ている必要があります。
古物商許可を得ずに買い取りを行っている不用品回収業者は、違法業者となりますので注意が必要です。
不用品回収業者の場合でも、なんでも買い取ってもらえるというわけではなく、価値のあるものや、まだ使用できるものであれば買い取ってもらえる可能性が高くなります。
不用品回収業者の場合、買い取ってもらえなくても処分してもらうことができますので、一度見積もりをとってみるというのもオススメです。

■フリマアプリやネットオークション


最近では、スマートフォンやパソコンを使用して、不用品を売却することもできるようになりました。
その方法として、フリマアプリやネットオークションなどが、あります。
これらの方法の特徴は、故障しているようなものや古いものであっても、場合によっては売れるということです。
もちろん、フリマアプリやネットオークションで、故障しているものや部品の足りないものなどを出品する際は、その状態をきちんと明記する必要がありますが、そのことに納得した上で誰かが購入するというケースもあるのです。

【まとめ】

今回のテーマは、「不用品を売りたい!どんな方法があるの?」についてでした。
今回ご紹介したように、不用品は処分するだけでなく、売却するという方法もあります。
不用品を売りたい!とお考えの方は、今回の記事をぜひ参考にしてみてくださいね。

自治体の粗大ごみ回収と不用品回収業者を比較してみた

 2019年6月11日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「自治体の粗大ごみ回収と不用品回収業者を比較してみた」についてです。

自宅の不用品を処分するには、様々な方法があります。
中でも多くの方が身近に感じている方法が、自治体の粗大ゴミ回収や、不用品回収業者を利用した処分ではないでしょうか。
実は、この2つの不用品処分方法には、様々な違いがあります。
そこで今回は、自治体の粗大ゴミ回収と不用品回収業者を比較してみたいと思います。

【申し込みから回収までの流れや期間】


まず、申し込みから回収までの流れや、必要な期間について比較してみます。

■自治体の粗大ゴミ回収の場合

基本的に、自治体の粗大ゴミ回収は、電話で申し込みを行います。
電話で申し込み後、コンビニやスーパーなどで、シール券を購入し、受付番号を記入します。
そのシール券を、処分したい不用品に貼り付けて、指定の日の朝に自宅の敷地前や、クリーンステーションまで運び出しておきます。
自治体の粗大ゴミ回収は、申し込みから回収までに、約1〜2週間の期間が必要です。

■不用品回収業者の場合

不用品回収業者の申し込みは、電話やホームページから行います。
申し込み後、見積もりを行い、見積もり価格に納得できれば、回収作業となります。
基本的には、申し込みと支払い以外の作業は全て業者が行ってくれますので、申し込み者がすることは、特にありません。
不用品回収業者の場合、即日回収を行なっている業者もありますので、早ければその日のうちに不用品を処分することも可能です。

【一度に処分できる不用品の量】

次に、一回の申し込みで処分できる不用品の量を比較してみます。

■自治体の粗大ゴミ回収の場合

自治体の粗大ゴミ回収では、一度に5点程度までしか処分することができません。
お住いの自治体によって、一度に処分できる粗大ゴミの量は異なりますが、基本的には一度にたくさんの不用品を処分することはできません。

■不用品回収業者の場合

不用品回収業者の場合は、一度に処分できる不用品の量に制限がありません。
そのため、ゴミ屋敷の不用品を丸ごと処分することも可能です。
引越しや、断捨離、遺品整理など、一度にたくさんの不用品が出る時にも利用できます。

【処分できる不用品の種類】


最後に、処分が可能な不用品の種類を比較します。

■自治体の粗大ゴミ回収の場合

自治体の粗大ゴミ回収では、処分できるものとできないものがあります。
代表的なものでは、冷蔵庫や洗濯機、テレビやエアコンなどは回収してもらうことができません。
なぜなら、これらの電化製品は家電リサイクル法の対象となっているため、自治体では回収していないのです。

■不用品回収業者の場合

不用品回収業者の場合は、自治体の粗大ゴミ回収で処分できない、家電リサイクル法対象の家電であっても、回収してもらうことができます。
不用品回収業者では、一部の危険ゴミや生き物の死骸などを除き、ほとんどの不用品を処分することができるのです。

【まとめ】

今回のテーマは、「自治体の粗大ごみ回収と不用品回収業者を比較してみた」についてでした。
今回ご紹介したように、自治体の粗大ゴミ回収と不用品回収業者では、様々な違いがあります。
不用品の処分を検討中の方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。

不用品回収業者は危険?トラブルに巻き込まれない方法とは

 2019年6月10日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「不用品回収業者は危険?トラブルに巻き込まれない方法とは」についてです。

不用品回収業者は、自宅の不用品を電話一本で回収してくれるため、とても便利で、最近では多くの方が不用品回収業者を利用しています。
特に、引っ越しや断捨離、遺品整理や生前整理など、一度にたくさんの不用品を処分したい時には、不用品回収業者が大活躍です。
しかし一方で、不用品回収業者を利用したことでトラブルに巻き込まれてしまったというケースもあります。
不用品回収業者に依頼したことで、トラブルに巻き込まれるのは、誰でも嫌ですよね。
そこで今回は、不用品回収業者とのトラブルに巻き込まれない方法について、ご紹介したいと思います。

【そもそも不用品回収業者は危険なのか】

まず初めに、不用品回収業者は危険なのかということについて、お話したいと思います。
結論から述べると、不用品回収業者は危険ではありません!
ただし、中には悪質な業者が存在していることも事実です。
そのような悪質な業者に依頼してしまうと、様々なトラブルに巻き込まれてしまう可能性があるのです。
つまり、悪質な業者を見極めて、信頼できる業者に依頼すれば、決して危険ではないということです。

【悪質な不用品回収業者とのトラブルを防ぐには】

では、どのようにして、悪質な業者を見極めればよいのでしょうか。
次に、悪質な不用品回収業者の特徴について、ご紹介したいと思います。

■「何でも無料回収」には注意

悪質な不用品回収業者とのトラブルの中でも、最も多いのが「料金」に関するトラブルです。
相場よりも明らかに高い不当な額を請求する業者も存在しています。
特に「何でも無料回収します」と謳っている業者には注意が必要です。
基本的に、不用品を回収したり処分するには費用がかかります。
そのため見積もりもせずに、「何でも無料回収」と謳っているのは怪しいと思ってよいでしょう。
実際に「何でも無料回収」と言っていた業者に依頼したところ、トラックに不用品を積み込んだあとに、高額な料金を請求されるというトラブルが多発しています。
キャンセルしようとすると、今度は高額なキャンセル料を請求され、泣く泣く支払ってしまったというケースも多いのです。
事前に見積もりを行わない業者や、「何でも無料回収」と謳っている業者には注意してください。

■許可を得て営業しているか確認しよう


一般家庭から、不用品を回収して処分するには「一般廃棄物収集運搬許可」を取得する必要があります。
しかし中には、許可を得ずに運営している業者が存在します。
許可を得ずに運営している業者は、違法業者となりますので注意が必要です。
また、買取りも行う場合は「古物商許可」が必要になります。
これらの許可を得て営業している業者を選ぶというのも、悪質な業者とのトラブルを防ぐための大切なポイントです。

■所在地が不明な業者には依頼しない


これは、不用品回収業者に限った話ではないかもしれませんが、業者の所在地が不明確な場合は安心して依頼することができません。
悪質な不用品回収業者の場合、軽トラック一台と携帯電話のみで運営しているような業者もあります。
そのような業者の場合、なにかトラブルになっても連絡がつかなくなる可能性もあるのです。
ホームページなどを確認して、会社の所在地が明確になっている業者を選ぶと安心ですよ。

【まとめ】

今回のテーマは、「不用品回収業者は危険?トラブルに巻き込まれない方法とは」についてでした。
今回ご紹介したように、不用品回収業者は決して危険な業者ではありません。
ただし、中には悪質な業者が存在しているのも事実です。
不用品回収でトラブルに巻き込まれないためには、今回の記事を参考に、安心して依頼できる業者を選ぶようにしてください。

不要になった自転車を処分する方

 2019年6月7日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「不要になった自転車を処分する方法」についてです。

「最近、足腰が弱くなってきたので自転車に乗らなくなった」
「子供の成長で、自転車が小さくなった」
「古くなったので新しい自転車を購入した」

上記のようなタイミングで、自転車の処分を検討しているという方も多いでしょう。
しかし、自転車は、普通ごみとして処分することはできません。
そのため、処分の方法に悩んでいる方も少くないはずです。
そこで、今回は不要になった自転車を処分する方法について、ご紹介したいと思います。

【自転車を処分する前に】


まず、自転車を処分する前に、必ずやっておくべきことがあります。
それは、防犯登録の抹消です。
自転車を使用する際には、防犯登録が義務付けられています。
防犯登録とは、その自転車の持ち主を明らかにするためのものです。
この防犯登録を抹消せずに、処分してしまうと、思わぬトラブルに巻き込まれてしまう可能性があるのです。
自転車の処分で、トラブルに巻き込まれないようにするためにも、処分前には必ず、防犯登録の抹消を行ないましょう。

【防犯登録の抹消手続き】

防犯登録の抹消手続きは、お住まいの都道府県の「自転車防犯協会HP」で確認できます。
お住まいの都道府県によって、防犯登録の抹消手続きの方法が異なります。
基本的には、自転車本体・身分証明書・防犯登録カードがあれば、防犯登録の抹消手続きが可能です。

【自転車の処分方法】

防犯登録の抹消手続きを行った後は、正しい方法で自転車の処分を行います。
ここでは、自転車の処分方法を3つ、ご紹介したいと思います。

■自治体の粗大ごみ回収を利用する

まず1つ目は、自治体の粗大ごみ回収を利用して処分するという方法です。
自治体の粗大ごみ回収を利用する場合の費用は、お住まいの自治体によって異なりますが、比較的安い料金で処分することができます。
ただし、申込みから処分までに1〜2週間の期間が必要です。

■不用品回収業者に依頼する


不用品回収業者に依頼して、自転車を回収してもらうという方法もあります。
不用品回収業者を利用するメリットは、とにかく早く手間をかけずに処分できるということです。
不用品回収業者の場合、電話一本ですぐに自宅まで自転車の回収に来てもらうことができます。
さらに、自転車以外にも処分したいものがある場合は、一緒に回収してもらうこともできますよ。

■リサイクルショップやフリマアプリで売却する

まだ自転車が綺麗で状態が良い場合は、リサイクルショップやフリマアプリを利用して、売却するという方法もあります。
クロスバイクや、電動自転車などは、人気があるため、状態が良ければ、高値で売却できる可能性もありますよ。

【まとめ】

今回のテーマは、「不要になった自転車を処分する方法」についてでした。
今回ご紹介したように、自転車を処分する前には必ず、防犯登録の抹消手続きを行うようにしてください。
また、自転車は普通ごみとして処分することはできませんので、正しい方法で処分するようにしましょう。
決して、不法投棄をすることのないようにしてくださいね。

大量の本を一度に処分する方法ってあるの?

 2019年6月6日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「大量の本を一度に処分する方法ってあるの?」についてです。

既に読み終わった本が、何冊も自宅の本棚に置いてあるという方も少くないでしょう。
引っ越しや断捨離、遺品整理や生前整理などで、大量の本を一度に処分したい場合は、どのようにすればよいのでしょうか。
1冊や2冊の本であれば「燃えるゴミ」として、処分することもできますが、大量にある場合、「燃えるゴミ」として一度に処分するのは難しいでしょう。
また、まだ読めるし「燃えるゴミ」にはしたくないという方もいらっしゃるかもしれません。
そこで今回は、大量の本を一度に処分する方法について、ご紹介したいと思います。

【リサイクルショップや古本屋に買い取ってもらう】


まだ綺麗だし、捨てるのは気が引けるという方は、リサイクルショップや古本屋さんで買い取ってもらうという方法があります。
1冊10円程度で買い取っている場合が多く、高額な収入にはなりにくいですが、捨てるのが嫌だという方にはオススメです。
人気の本や話題の本の場合は、もう少し高額で買い取ってもらえることもあるようです。
特に人気の漫画本が全巻揃っていて綺麗な状態であれば、高額買い取りが期待できます。
リサイクルショップや古本屋さんで、不要になった本を買い取ってもらう場合には、自分で店頭に持ち込む「店頭買取」や、自宅まで査定に来てもらえる「出張買取」、ダンボールに本を詰めて郵送する「宅配買取」などがあります。
お店によって、対応している買取方法は異なりますので、事前に確認しておくといいですよ。

【不用品回収業者に依頼する】


不用品回収業者に依頼して、不要になった本を処分することもできます。
不用品回収業者に依頼するメリットは、なんと言っても、手間がかからず早く処分できるということです。
リサイクルショップや古本屋に持ち込むには時間がかかりますし、宅配買取もダンボールに入れて郵送する手間がかかります。
不用品回収業者の場合は、電話一本で自宅まですぐに、不要になった本を回収に来てもらえます。
電話での申し込みと支払い以外の作業は、全て業者が行ってくれますので、楽に本の処分ができます。
また、不用品回収業者の場合、本以外の不用品も一緒に回収してもらうことができますので、引っ越しや断捨離、遺品整理や生前整理などでは、とても助かります。

【悪質な不用品回収業者には注意!】

大量の本を一度に処分したい時には、手間がかからず早く処分できる不用品回収業者がオススメですが、1つ注意点もあります。
それは、不用品回収業者の中には、悪質な業者も存在するということです。
悪質な業者に依頼してしまうと、トラブルに巻き込まれる可能性もあるため、業者選びには注意しましょう。

【まとめ】

今回のテーマは、「大量の本を一度に処分する方法ってあるの?」についてでした。
大量の本を一度に処分したい場合は、リサイクルショップや古本屋、不用品回収業者などを利用するといいですよ。
大量の本の処分でお困りの方は、ぜひ本記事を参考にしてみてくださいね。

ゴミ屋敷を片付けたい!オススメの方法とは

 2019年6月5日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「ゴミ屋敷を片付けたい!オススメの方法とは」についてです。

近年、日本ではゴミ屋敷が増加傾向にあります。
実際に、テレビなどのメデイアでも、ゴミ屋敷問題が取り上げられていることも多く、社会問題になっているのです。
一度、ゴミ屋敷になってしまうと、なかなか片付けるのは大変です。
実家がゴミ屋敷で困っているという方も、少なくないでしょう。
今回は、ゴミ屋敷がもたらす危険や、ゴミ屋敷を片付けるためのオススメの方法について、ご紹介したいと思います。

【ゴミ屋敷がもたらす危険とは?】

ゴミ屋敷を放置していると、様々な危険があることをご存知でしょうか?
例えば、ゴミ屋敷には、食べ残しなどの生ゴミも多くあります。
それらは、ゴキブリやネズミなどの害虫や、カラスや鳩、野良猫などを集めたり、繁殖させる原因となります。
そして、このような害虫や鳥、猫などが集まることで、糞などが堆積し、近隣を含め、不衛生な環境になってしまうのです。
また、糞や大量のゴミが悪臭の原因にもなります。
さらに、ゴミ屋敷の中には、たくさんのダンボールや新聞紙などの紙類もあり、もし火事が発生すれば、あっという間に燃え広がってしまうのです。
劣化した家電製品や、ガスボンベから出火する可能性もあるため、ゴミ屋敷は、とても危険な状態だと言えます。

【ゴミ屋敷になる原因は?】


では、どうして自宅が危険なゴミ屋敷になってしまうのでしょうか。
ゴミ屋敷になる原因は、人によっても異なりますが、実はゴミ屋敷になりやすい人には、下記のような特徴があるのです。

・もったいない精神が強い
・忙しくて片付ける時間がない
・社会や人とのコミュニケーションに疲れている
・買い物依存症である
・ADHDなどの発達障害がある
・認知症の傾向がある

上記のような方は、ゴミ屋敷になりやすい傾向があります。
性格的なものから、病気や発達障害まで、その理由は様々です。
しかし、このような方でも、家族や周りの人が協力してあげることで、ゴミ屋敷を改善することも可能なのです。

【ゴミ屋敷の片付けは業者に依頼するのがオススメ!】


すでに、ゴミ屋敷になってしまった家や部屋を片付けるというのは、とても大変な作業です。
ゴミ屋敷で暮らす本人や、周りの家族に、片付ける意思があったとしても、なかなかうまく片付けが進まないことも多いです。
そこで、オススメなのが、片付けを業者に依頼するということです。
「餅は餅屋」という言葉があるように、何事もプロに任せるのが安心ですよね。
ゴミ屋敷の片付けも、業者に任せることで、早く無駄なく進めることができます。
ゴミ屋敷の片付けは、不用品回収業者や片付け業者などに依頼することができますよ。

【まとめ】

今回のテーマは、「ゴミ屋敷を片付けたい!オススメの方法とは」についてでした。
ゴミ屋敷を放置しておくことで、その家の住人だけでなく、近隣の方にも迷惑や危険が及びます。
そのため、できるだけ早くゴミ屋敷の片付けを行いましょう。
今回ご紹介したように、ゴミ屋敷の片付けは、業者に依頼するのがオススメですよ。
ぜひ、参考にしてみてくださいね。

家族に負担をかけないためにやっておきたい終活

 2019年6月4日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「家族に負担をかけないためにやっておきたい終活」についてです。

突然ですが、あなたは終活を始めていますか?
「まだまだ元気だし、終活なんて必要ない」
このように思っている人も、少くないでしょう。
しかし、残念ながら、誰にも自分の最期の時を知ることはできません。
年齢に関わらず、突然最期の時を迎えることもあるのです。
そのため、終活に「早すぎる」ということはありません。
そこで今回は、終活について、ご紹介したいと思います。

【終活とは?】


そもそも、終活とは、どういったものを指すのでしょうか。
終活とは自分の死と向き合い、自分の最期の時に向けて、様々な準備を行うことです。
就職活動を「就活」と呼ぶように終わりに向けた活動という意味から「終活」と言われています。
終わりに向けた活動というと、暗いイメージを持つ方も多いですが、終活は決して暗いイメージのものではありません。
終活は、残りの人生を思い残すことなく楽しく過ごすための活動ですので、明るい気持ちで取り組んでいただきたいと思います。

【終活を行うメリット】

終活を行うことは、様々なメリットがあります。
ここでは、終活の代表的なメリットを4つご紹介したいと思います・

■自分の意思を家族に伝えるきっかけになる
終活を行うことで、普段は、なかなか伝えることができない、自分の老後や死後についての思いや希望を、家族に伝えるきっかけになります。
家族の方も、なかなか聞きづらいと思っている場合も多く、終活をきっかけに家族で話し合うことができるのは、大きなメリットだと言えます。

■相続トラブルを防ぐ
相続に関するトラブルは、どの家庭でも起こる可能性があります。
自分の死後に、家族が相談問題で揉めるのは嫌ですよね。
生きている間に、相続について家族と話し合い、きちんと法的に効力のある遺言書に残しておくと、トラブルを防ぐことができますよ。

■遺された家族の負担を減らすことができる
あなたの死後、遺された家族は、精神的にも肉体的にも大きな負担を抱えることになります。
特に、遺品整理は、遺された家族にとって大きな負担となることが多いのです。
元気なうちに、終活で生前整理を行っておくことで、遺された家族の負担を減らすことができます。

■残りの人生を有意義に過ごすことができる
終活で、自分の死後や老後を見つめ直すことで、残りの人生を有意義に過ごすきっかけになります。
普段は、「いつかやろう」と後回しにしてしまっていることも、終活をきっかけに取り組まれる方も多いようです。
つまり、終活を行うことで、悔いのない人生を過ごそうという気持ちが強くなるのです。

【まとめ】

今回のテーマは、「家族に負担をかけないためにやっておきたい終活」についてでした。
今回ご紹介したように、終活には様々なメリットがありますので、ぜひ取り組んでいただきたいと思います。
何から始めたら良いかわからないという方は、まず生前整理から始められることをオススメします。
ぜひ、参考にしてみてくださいね。

1 2 3 4 5 40

Copyright © 2016 クリーン本舗 All Rights Reserved.