• ホーム
  • お問い合わせ・お見積り

家電リサイクル法って何?どの家電が対象なの?

 2019年1月16日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「家電リサイクル法って何?どの家電が対象なの?」についてです。

ゴミや不用品を処分する際には、分別などのルールに従って処分する必要がありますよね。
そのルールの1つに、「家電リサイクル法」というものがあります。
家電リサイクル法とは、家電の処分方法に関する法律で、対象品目の家電を処分する際には、家電リサイクル法のルールに従って処分しなければいけません。
しかし、「家電リサイクル法についてよくわからない」という方も少なくないでしょう。
そこで今回は、家電リサイクル法について詳しくご紹介したいと思います。

【家電リサイクル法とは】


まず、家電リサイクル法とは、家庭から排出される一部の家電から、有用な資源を取り出しリサイクルを行うことで、廃棄物の減量や資源の有効利用を促進するために2001年から施行された法律です。
家電リサイクル法が制定されたことにより、対象の家電は自治体の粗大ごみ回収などで処分することができなくなりました。
対象の家電を処分する際は、家電リサイクル法のルールを守って処分する必要があるのです。

【家電リサイクル法の対象となる家電】

前述しているように、家電リサイクル法には対象となる家電が定められており、全ての家電が対象というわけではありません。
ここでは、家電リサイクル法の対象となる家電について、ご紹介したいと思います。
・エアコン
・冷蔵庫
・冷凍庫
・洗濯機
・衣類乾燥機
・テレビ

上記の品目が家電リサイクル法の対象となります。
テレビには、ブラウン管・液晶・プラズマが含まれますが、携帯用液晶テレビや車載用液晶テレビ、電池等を電源とするテレビや浴室等に組み込むタイプのテレビは対象外となっています。
また、家庭用のワインセラーも冷蔵庫に分類されるため、家電リサイクル法の対象となるのです。

【家電リサイクル法対象品目の処分方法】

では、家電リサイクル法対象の家電はどのような方法で処分すればよいのでしょうか。
次は、家電リサイクル法対象品目の処分方法について、ご紹介したいと思います。

■不用品回収業者に依頼


不用品回収業者に依頼することで、家電リサイクル法対象品目であっても回収してもらうことができます。
不用品回収業者に依頼するメリットは、「手間がかからないこと」と「早いこと」でしょう。
ただし、中には無許可で悪質な営業をしている不用品回収業者もいるため、そのような業者に依頼してしまうとトラブルに巻き込まれたり、不法投棄されたりする場合がありますので業者選びには注意が必要です。

■家電量販店に依頼

新しく家電を買い換える場合は、買い替える家電量販店に処分したい家電を回収してもらうことができます。
買い換えでない場合でも、処分したい家電を購入した家電量販店に依頼することで回収してもらうことも可能です。
この場合は、リサイクル料金と運搬回収費用が必要になります。
運搬回収費用は、依頼する家電量販店によって異なりますので事前に確認しておくと良いでしょう。

■指定引取場所に直接持ち込む


郵便局でリサイクル料金を支払、自分で指定引取場所に直接持ち込むという方法もあります。
この場合は、リサイクル料金のみで処分できますので費用を抑えることができます。
ただし、指定引取場所に運ぶための車や労力が必要になりますよ。

【まとめ】

今回のテーマは、「家電リサイクル法って何?どの家電が対象なの?」についてでした。
家電リサイクル法について、よくわからないという方は今回の記事をぜひ参考にしてみてくださいね。

テレビが壊れた!粗大ごみで処分できる?

 2019年1月15日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「テレビが壊れた!粗大ごみで処分できる?」についてです。

年末年始は、1日中テレビを見て、のんびりと家で過ごしていたという方も少なくないでしょう。
私たちの生活に欠かせない家電となっているテレビですが、テレビが故障してしまった場合は、どのように処分したら良いのでしょうか。
自治体の粗大ごみ回収でテレビを処分することは、できるのでしょうか。
今回は故障したテレビの処分方法について、ご紹介したいと思います。

【テレビは粗大ごみとして処分できない!】


まず、結論から述べると、テレビは自治体の粗大ごみ回収で処分することはできません。
それはテレビが「家電リサイクル法」の対象品目だからです。
家電リサイクル法とは、一部の家電から有用な資源を回収しリサイクルするための法律です。
テレビ以外にも、エアコン・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機が家電リサイクル法の対象品目となっています。
テレビは、ブラウン管・液晶・プラズマが対象ですが、携帯用液晶テレビや車載用液晶テレビ、電池等を電源とするテレビや浴室等に組み込むタイプのテレビは家電リサイクル法の対象外となっています。

【故障したテレビの処分方法】

では、自治体の粗大ごみ回収で処分できないテレビは、どのように処分すれば良いのでしょうか。
次に、故障したテレビの処分方法について、ご紹介したいと思います。

■不用品回収業者に依頼


故障したテレビの処分方法で1番のオススメは不用品回収業者への依頼です。
不用品回収業者へ依頼する場合は、電話一本で自宅内までテレビの回収に来てもらうことができますので全く手間がかかりません。
さらに即日回収を行っている業者もあり、早ければ依頼したその日に処分することも可能です。
また、テレビ以外に不用品がある場合は一緒に回収を依頼することもできますので便利ですね。

■家電量販店に依頼

新しいテレビを家電量販店で購入する場合は、買い換えるお店に古いテレビの回収を依頼することができます。
家電量販店には、家電リサイクル法対象品目の家電を買い換える際に古いものを引き取る義務があるため、依頼されたら断ることはできません。
この場合は、リサイクル料金+運搬費用が必要になります。
買い替えでない場合は、処分したいテレビを購入した家電量販店に依頼することも可能です。
しかし、このような処分だけの依頼の場合は買い替え時に比べ費用が高くなることもあるようです。
費用は、家電量販店によって異なりますので事前に確認しておくと安心ですね。

■指定引取場所に自分で持っていく

手間をかけてでも、とにかく費用を抑えたい!という場合は、指定引取場所に自分で故障したテレビを運搬するという方法もあります。
この場合は、郵便局でリサイクル料を支払っておく必要があります。
指定引取場所までの運搬は自分で行いますので、リサイクル料金のみで処分することが可能です。
ただし、テレビを運搬するための車や時間、テレビの大きさによっては人手が必要になります。

【まとめ】

今回のテーマは、「テレビが壊れた!粗大ごみで処分できる?」についてでした。
テレビが自治体の粗大ごみ回収で処分できないと知っても慌てなくて大丈夫です。
他にもテレビを処分する方法がいくつかありますので、今回の記事を参考にしてみてくださいね。

使わなくなった楽器の処分方法とは

 2019年1月11日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「使わなくなった楽器の処分方法とは」についてです。

「昔趣味でバンドをやっていた」、「子供が小さい頃ピアノを習っていた」など自宅に使わなくなった楽器が保管されているということはありませんか?
今回は、不要になった楽器の処分方法について、ご紹介したいと思います。

【不用品回収業者に依頼】


まず、いくつかある不要になった楽器を処分する方法の中でもオススメなのが、不用品回収業者への依頼です。
不用品回収業者をオススメする理由は「早い」「手間がかからない」「楽器の種類は関係ない」ということです。
まず、不用品回収業者は即日回収を行っている業者もいますので、依頼してから回収までに時間がかかりません。
状況によっては、その日のうちに処分することも可能です。
さらに、不用品回収業者の場合は電話で申し込む作業と支払い以外は全て業者が行ってくれますので、全く手間がかかりません。
大型の楽器であっても問題なく処分することが可能です。
また、楽器の種類に関係なく処分することができます。自治体の粗大ごみ回収などの場合はピアノなどは処分できないことがありますので、なんでも処分できる不用品回収業者はオススメですね。

【リサイクルショップやフリマアプリで売却】

まだまだ使用できる楽器の場合は、リサイクルショップやフリマアプリ、ネットオークション等で売却できる可能性があります。
楽器の種類や状態、売却方法によって、売れるかどうかというのは異なりますが、状態の良いものや人気の高いものなどは比較的売れやすいでしょう。
フリマアプリやネットオークション等で売却する場合は手数料や、送料も考えた値段設定をすることがポイントです。

【友人や知人に譲る】


あなたにとっては不要な楽器でも、友人や知人に欲しいと思っている人がいるかもしれません。
あなたは不要な楽器を処分できるうえに、友人や知人に喜んでもらえるのであれば一石二鳥ですよね。
友人や知人に直接声をかけるだけでなく、処分したい楽器の写真をSNS等にのせて、欲しい人を募るという方法もありますよ。

【自治体の粗大ごみ回収を依頼】

楽器の種類によっては自治体の粗大ごみ回収で処分することが可能です。
自治体に依頼するメリットは費用が安いということでしょう。
費用は処分する楽器の種類やお住いの自治体によっても異なりますが、例えば大阪市の場合は、オルガン1台1000円、キーボード1台200円、ギター1本200円で処分することができます。

【まとめ】

今回のテーマは、「使わなくなった楽器の処分方法とは」についてでした。
今回ご紹介したように、不要になった楽器の処分には様々な方法があります。
処分したい楽器の種類や、状態、ご自身の環境に合った処分方法を選ばれるのがいいでしょう。
不要になった楽器の処分をご検討中の方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

知ってますか?コタツの処分方法

 2019年1月10日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「知ってますか?コタツの処分方法」についてです。

冬の寒い時期には大活躍するコタツですが、最近は様々な暖房器具が販売されており、部屋全体を暖めることができないコタツは使用しなくなってきたというご家庭もあるのではないでしょうか。
使わなくなったコタツを保管しておくのは、収納スペースや居住スペースの無駄遣いになりますので早めに処分されることをオススメします。
しかし、コタツの処分方法がよくわからないという方も少なくないでしょう。
そこで今回は、コタツの処分方法についてご紹介したいと思います。

【不用品回収業者に依頼する】


コタツの処分には様々な方法がありますが、とにかく手間をかけず早く処分したいという方には不用品回収業者への依頼をオススメします。
不用品回収業者は電話一本で自宅までコタツの回収に来てくれますし、業者によっては即日回収も行っていますので電話をかけたその日に処分することも可能です。
また、電話で申し込むことと支払いをすること以外の作業はm,全て業者が行ってくれますので、とにかく手間がかかりません。
支払い方法も、クレジットカードが使える業者もありますので便利ですよ。

【自治体の粗大ごみ回収に依頼する】

なるべく費用を抑えてコタツを処分したい場合は、自治体の粗大ごみ回収に依頼するのもいいでしょう。
自治体の粗大ごみ回収の場合は、依頼する自治体によって費用は異なりますが比較的安い料金でコタツを回収してもらうことができます。
ただし、申込みから回収までに約1〜2週間の期間が必要になることや、シール券の購入や回収場所までの運び出しが必要なことなどの手間がかかるという注意点もあります。

【リサイクルショップやフリマアプリで売却】


コタツが故障しておらず、比較的状態が良い場合は、売却するという方法もあります。
売却する方法には、リサイクルショップやメルカリなどのフリマアプリ、ヤフオクなどのインターネットオークションなどがあります。
ご自身の状況に合わせて利用しやすい方法を選ぶといいでしょう。

【知人や友人に譲る】

コタツはまだ使える状態だけど、売却しようとは思わないという方は、知人や友人でコタツを欲しいと思っている人に譲るという方法もあります。
あなたにとっては不要なモノでも、他の人にとっては必要なものだということはよくあるのです。
あなたは不要なコタツを処分でき、友人には喜んでもらえるのですから一石二鳥ですよね。
最近はSNSなどをしようして簡単にたくさんの人に呼びかけることができますので、コタツの写真をアップして欲しい人がいないか問いかけてみるのもいいですよ。

【まとめ】

今回のテーマは、「知ってますか?コタツの処分方法」についてでした。
不要になったコタツの処分でお悩みの方は、今回の記事をぜひ参考にしてみてくださいね。

今年こそは取り組みたい!生前整理にはメリットがたくさん!

 2019年1月7日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「今年こそは取り組みたい!生前整理にはメリットがたくさん!」についてです。

2019年を迎え、気持ち新たに頑張ろうと思っている方も多いのではないでしょうか。
今年こそは○○に取り組もう!と年の初めに目標を立てるというのもいいですよね。
まだ、今年の目標が決まっていないという方や、毎年目標を立ててもなかなか実行されないという方は生前整理を今年の目標にされてみてはいかがでしょうか。
今回は生前整理のメリットについて、ご紹介したいと思います。

【生前整理とは】


「そもそも生前整理ってなに?遺品整理とどう違うの?」という疑問をお持ちの方にむけて、まずは生前整理とはどういったものなのかということを、ご説明したいと思います。
まず、遺品整理と生前整理は違います。
大きな違いは、遺品整理は自分の死後に家族や親族が行うもので、生前整理は自分が生きているうちに行うということです。
つまり、生前整理とは自身が元気なうちに、自分の身の回りのものを整理することです。
生前整理では、財産等の整理をしたり、身の回りの不要なものを処分したりするのが一般的です。

【生前整理を行うメリット】


生前整理を行うメリットはたくさんありますが、中でも一番大きいメリットは自分の死後、家族の負担を減らすことができるという点ではないでしょうか。
前述したように、自分の死後、遺された家族は遺品整理を行うことになります。
遺品整理を経験したことのある方ならご存知だと思いますが、遺品整理は想像以上に大変です。
精神的にも体力的にも負担がかかります。
そこで生前整理を行っておくことで、遺品整理を行う家族の負担をかなり減らすことができます。
遺品の中に不要なものが少ないことだけでも、遺品整理は楽になりますし、財産目録等があれば、さらに手間が省けますよ。

【生前整理で出た不用品は不用品回収業者への依頼がオススメ!】


生前整理の基本は、不要なものと必要なものを分け、不要なものを処分するということです。
必要なものと不要なものを仕分けする時は、1年以内に使用したかどうかを1つの基準にしてみるといいでしょう。
1年以上使用していないものは、今後も使用しないことが多いです。(冠婚葬祭用品等は別ですが)
どうしても悩んでしまうものは、保留BOXを用意しておき、一旦保留とし、期間をあけて再度検討するといいですよ。
そして、生前整理で意外と大変なのが、不用品の処分です。
不用品の中には、普通ごみとして処分できるものだけでなく、粗大ごみの対象になるものや、家電リサイクル法の対象になるものなど様々なものがあるでしょう。
それらを分別し、それぞれの品に合わせた処分方法で処分するのは手間も時間もかかります。
そこでオススメなのが、不用品回収業者への依頼です。
不用品回収業者であれば、ほとんどの不用品を一度に処分することができますし、細かい分別を行う必要もありません。
家電リサイクル法の対象品目でも、回収してもらうことができます。
さらに、回収作業は全て業者が行ってくれますので、大きな家具や家電の処分も安心です。
不用品回収業者の中には即日回収を行っている業者もありますので、すぐに処分することも可能ですよ。

【まとめ】

今回のテーマは、「今年こそは取り組みたい!生前整理にはメリットがたくさん!」についてでした。
今回の記事を参考に、今年は生前整理に取り組んでみられてはいかがでしょうか。

処分したい家電や家具が階段を通らない場合の対処法とは

 2019年1月4日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「処分したい家電や家具が階段を通らない場合の対処法とは」についてです。

2階建てや3階建ての戸建て住宅で、上の階で使用している大型の家電や家具が階段を通らず、運び出すことができないということがあります。
不要になった家電や家具を処分しようとしても、階段が通らず処分できないと困ってしまうこともあるでしょう。
そこで、今回は階段を通らない家具や家電の処分方法について、ご紹介したいと思います。

【自治体の粗大ごみ回収は自分で運び出しが必要】


まず、不要になった家電や家具を処分する際に多くの方が検討する方法が、自治体の粗大ごみ回収ではないでしょうか。
自治体の粗大ごみ回収は比較的安い費用で、不用品を処分することができますので利用しやすいですよね。
しかし、自治体の粗大ごみ回収を利用する場合は、自分で処分したい不用品を自宅前や指定のクリーンステーションまで運び出しておく必要があります。
そのため。戸建て住宅の上階で使用している家具や家電を処分したくても階段を通らないとなると、自治体の粗大ごみ回収を利用するのは難しいでしょう。

【ユニック車の利用ができる不用品回収業者に依頼】


自分たちで、処分したい家具や家電が運び出せないとなると、業者に依頼するしかありません。
そこでオススメなのが、ユニック車を使用できる不用品回収業者への依頼です。
ユニック車とはクレーン付きのトラックのことです。
ユニック車のクレーンを使用すれば、階段を通らない大きな家具や家電でも窓やベランダから外に運び出すことが可能になります。
階段を通らないということは、基本的に搬入時もユニック車を使ってクレーンで窓やベランダから搬入されたはずです。
不用品回収業者の中でも、ユニック車が手配できる業者とできない業者があります。
事前に、処分したい家具や家電が階段を通らないサイズであることを業者に伝えておくようにしましょう。
一般的な不用品回収料金に加え、約15000円〜20000円程度の費用が追加で必要になることが多いです。

【まとめ】

今回のテーマは、「処分したい家電や家具が階段を通らない場合の対処法とは」についてでした。
戸建てで階段を通らない大きな家具や家電の処分を検討されている方は、ぜひ参考にされてみてはいかがでしょうか。
特に、洗濯機や冷蔵庫、マッサージチェアが階段を通らないということが多いです。
家具の場合は、解体することで、階段からの運び出しが可能になる場合もありますので、まずは不用品回収業者に見積もりを依頼してみるのがいいでしょう。
私たち、大阪・兵庫の不用品回収業者クリーン本舗では、階段を通らない不用品もユニック車を使用しての運び出しが可能です。
お見積りは無料です。まずは、お気軽にお問い合わせください。

故障した冷蔵庫はどうやって処分するの?

 2019年1月3日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「故障した冷蔵庫はどうやって処分するの?」についてです。

冷蔵庫は、私たちの生活に欠かせない家電製品ですよね。
しかし、冷蔵庫にも寿命があり、突然故障してしまうということもあるでしょう。
では、故障してしまった冷蔵庫はどのように処分すればよいのでしょうか。
「普通ごみ?粗大ごみ?」
実は冷蔵庫は、このどちらの方法でも処分することができません。
今回は、故障した冷蔵庫の処分方法について、ご紹介したいと思います。

【冷蔵庫の寿命は約9年】


冷蔵庫の寿命は約9年〜20年と言われています。
かなり幅がありますが、これは使用状況等によっても異なってくるからです。
しかし、冷蔵庫の補修用性能部品の保有期間は9年ですので、9年を超えると修理ができなくなる場合もあり、9年が寿命と言われることも多いです。
購入から9年以上経過している冷蔵庫が故障した場合は、処分を検討してもよいでしょう。

【冷蔵庫は家電リサイクル法対象品目】

冷蔵庫は、粗大ごみとして処分することができないということは前述しましたが、その理由は冷蔵庫が家電リサイクル法の対象品目だからです。
一般家庭や事務所から排出された特定の家電製品から有用な部品などをリサイクルすることで、廃棄物を減らしたり資源の有効活用をしたりするための法律で平成13年4月から施行されました。
家電リサイクル法では、冷蔵庫以外にも、洗濯機・衣類乾燥機・冷凍庫・エアコン・テレビなども対象品目となっており、粗大ごみなどで処分することはできません。

【故障した冷蔵庫の処分方法】

では、家電リサイクル法の対象品目である冷蔵庫が故障した場合、どのように処分すればよいのでしょうか。
ここでは3つの方法をご紹介したいと思います。

■不用品回収業者に依頼


まず、手間をかけず早く洗濯機を処分したい場合は、不用品回収業者がオススメです。
不用品回収業者に依頼する場合は、電話一本で自宅まで冷蔵庫を回収に来てもらえますし、業者によっては即日回収が可能な場合もあり、すぐに処分することができます。

■家電量販店に依頼

新しい冷蔵庫を購入する場合は、新しい冷蔵庫を購入する家電量販店に故障した冷蔵庫の引き取りを依頼することができます。
買い換えない場合は、処分したい冷蔵庫を購入した家電量販店に回収を依頼することもできます。
基本的には、どちらの方法を選ぶ場合でも「リサイクル料+運搬費用」が必要になります。

■自分で指定引取場所まで運搬して処分


とにかく費用を安く抑えたいという方は、自分で指定引取場所まで運搬するという方法もあります。
その場合は、郵便局でリサイクル料を支払い、リサイクル券を受け取ります。
そのリサイクル券と、処分したい冷凍庫を持って、指定引取場所に行きましょう。
この方法の場合は、リサイクル料のみで処分できますが、人手と運搬するための車が必要になります。

【まとめ】

今回のテーマは、「故障した冷蔵庫はどうやって処分するの?」についてでした。
冷蔵庫の処分をご検討中の方は、今回の記事を参考に、ご自身の環境にあった方法を選んでみてくださいね。

不要になった子供用自転車の処分方法とは

 2019年1月2日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「不要になった子供用自転車の処分方法とは」についてです。

子供の成長は本当に早く、あっという間に大きくなりますよね。
たくさん練習して初めて乗れるようになった思い出の自転車も、たった数年で小さくなってしまうということも決して珍しくありません。
そこで今回は、子供が成長し、不要になった子供用自転車の処分方法についてご紹介したいと思います。

【処分前にまずは防犯登録の抹消手続きを!】


不要になった子供用自転車の処分を検討する際は、どのような方法で処分するかに関わらず、まずは防犯登録の抹消手続きを行うようにしましょう。
子供用自転車であっても、防犯登録は義務付けられていますので、購入時に必ず防犯登録を行っているはずです。
防犯登録の抹消手続きをせずに、自転車の処分を行うと思わぬトラブルに巻き込まれてしまう可能性もありますので、自転車の処分前には、必ず防犯登録の抹消手続きを行うようにしてください。

【不要になった子供用自転車の処分方法3選】

防犯登録の抹消手続きをしても、子供用自転車を普通ごみとして処分することはできませんよね。
では、防犯登録の抹消手続きをした子供用自転車はどのように処分すればよいのでしょうか。
次に、子供用自転車の処分方法を3つ、ご紹介したいと思います。

■不用品回収業者に依頼

まず、とにかく手間をかけずにすぐに子供用自転車を処分したいという場合は、不用品回収業者への依頼がオススメです。
不用品回収業者は、電話1本ですぐに自宅まで自転車を回収にきてくれますので、全く手間をかけずに不要になった子供用自転車を処分することができます。
不用品回収業者の中には、即日回収を行っている業者もありますので、すぐに処分したいという方にも便利ですよ。

■粗大ごみとして処分

子供用自転車は、自治体の粗大ごみ回収で処分することも可能です。
処分にかかる費用は、自治体によって異なります。
自治体に子供用自転車の回収を依頼する場合は、電話等で申し込み後、必要な金額分のシール券を購入し、処分したい自転車に貼り付け回収日の朝に自宅前などに出しておくという流れが一般的です。
自治体に依頼する場合は、申込みから回収までに1〜2週間の期間が必要になりますので、すぐに処分したい方には不向きかもしれません。

■リサイクルショップやフリマアプリで売却


冒頭でもお話したように、子供の成長はとても早く、ほとんど使用しない間に自転車が小さくなってしまったということもよくあります。
そのため、子供用自転車は綺麗な状態であることも多いでしょう。
まだ綺麗で捨てるのは勿体無いという場合は、リサイクルショップやフリマアプリで売却するという方法もあります。
売却する場合は特に、防犯登録の抹消手続きを忘れないようにしてくださいね。

【まとめ】

今回のテーマは、「不要になった子供用自転車の処分方法とは」についてでした。
不要になった子供用自転車の処分にお困りの方は、ぜひ参考にされてみてはいかがでしょうか。

大阪市で扇風機を処分する方法

 2018年12月28日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「大阪市で扇風機を処分する方法」についてです。

すっかり寒くなり、夏に活躍したけれど故障してしまった扇風機を処分しようという方もいるのではないでしょうか。
通常の扇風機は、それなりに場所を取りますので、早めに処分することで新しい収納スペースを確保することができますよ。
扇風機を処分しようと思っても、いまいち処分方法がわからない!粗大ゴミ?普通ごみ?と悩んでしまう方も少なくなうでしょう。
そこで今回は、大阪市で扇風機を処分する方法について、ご紹介したいと思います。

【大阪市では扇風機は基本的に粗大ごみです!】


基本的に、一般的な大きさの扇風機であれば大阪市では粗大ごみ扱いになります。
30cm以内の小型扇風機(卓上扇風機やハンディタイプのもの等)については、燃えないゴミとして処分することができます。

大阪市では、四方が30cm未満のものは普通ごみとして処分できます。
そのため、通常の大きさの扇風機を分解すれば普通ごみとして捨てれるのでは?と考える方もいるでしょう。
結論から言うと、確かに扇風機を分解し、全てのパーツを30cm以内にしてゴミ袋に入れれば普通ごみとして処分することも可能です。
しかし、オススメはできません!
まず、扇風機の羽はプラスチック製であることが多く、細かく裁断する際に怪我をしてしまう可能性があります。
また、裁断した部品がゴミ袋を破いてしまうこともあり、危険です。
そのため、できる限り分解はせずに処分するのがいいでしょう。

【大阪市の粗大ごみとして扇風機を処分する流れ】


大阪市で扇風機を粗大ごみとして処分する場合は、下記の手順が必要です。

1,電話で申し込み
2,シール券を購入して予約番号を記入
3,指定日にシール券を貼った扇風機を、自宅敷地前や指定のクリーンステーションに出しておく

大阪市の扇風機処分の費用は200円/1台です。
申込みから回収までに1〜2週間の期間が必要になります。

【早く手間をかけずに扇風機を処分するなら不用品回収業者に依頼しよう】


ご紹介したように、大阪市の粗大ごみ回収で扇風機の処分を行うことができますが、時間と手間がかかってしまうというデメリットもあります。
急な引っ越し等で、すぐに処分したい!という方や、仕事が忙しいので、とにかく手間はかけたくない!という人もいるでしょう。
そんな人にオススメなのが、不用品回収業者への依頼です。
不用品回収業者に依頼すれば、電話1本ですぐに回収に来てもらうことができます。
業者によっては即日対応も可能です。
また扇風機を何台も処分したい場合や、扇風機以外にも処分したいものがある場合も、一度に処分できる不用品回収業者がオススメです。

【まとめ】

今回のテーマは、「大阪市で扇風機を処分する方法」についてでした。
不要になった扇風機の処分を、ご検討中の方はぜひ参考にされてみてはいかがでしょうか。

【大阪市】粗大ごみ回収の流れや注意点について

 2018年12月14日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「【大阪市】粗大ごみ回収の流れや注意点について」についてです。

引っ越しや断捨離、遺品整理や生前整理で家具や家電などの粗大ごみを処分する必要がある場合、自治体の粗大ごみ回収を利用されるという方も多いでしょう。
自治体の粗大ごみ回収は、住んでいる自治体によって利用方法や料金が異なります。
そこで今回は、大阪市の粗大ごみ回収の流れや利用の際の注意点について、ご紹介したいと思います。

【大阪市の粗大ごみ回収の流れ】

■電話で申し込み


ます、「粗大ごみ収集受付センター」に電話をかけて申し込みを行います。
聴覚や音声機能、言語機能障がい等がある方は、FAXやはがきで申し込むこともできるようです。
申し込みの受付は、月曜日から土曜日の午前9時から午後5時までです。
祝日の受付も行っていますが、12月29日から1月3日の年末年始は受付していません。

■粗大ごみ処理手数料券を購入

申し込みの際に、処分したい粗大ごみの種類を伝えると、それに応じた手数料を教えてもらえます。
その手数料分の「粗大ごみ処理手数料券(シール券)」を購入する必要があります。
「粗大ごみ処理手数料券(シール券)」は大阪市内のコンビニやスーパー、郵便局で購入することができます。

■指定日の午前9時までに自宅前(または指定された場所)まで出しておく

申込時に決定した回収日の午前9時までに、自宅前(敷地外)もしくは指定された場所(クリーンステーション等)に粗大ごみを出しておきましょう。
その時、「粗大ごみ処理手数料券(シール券)」に受付番号を記入して、粗大ごみに貼っておくのを忘れないようにしましょう。

【粗大ごみ回収利用の際の注意点】

■家電リサイクル法対象品目は回収してもらえません


エアコン・テレビ・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機は、家電リサイクル法の対象品目となり、自治体の粗大ごみでは回収することができませんので注意が必要です。

■危険物や処理が困難なものも回収対象外です

有害な薬品やミニバイク、消化器や自動車のタイヤなど、危険物や処理が困難なものも大阪市では回収してもらえません。
ここで紹介したもの以外にも回収してもらえないものがありますので、自分の処分したいものが回収可能かどうかについては大阪市のホームページを御覧ください。

■回収作業員は自宅敷地内に入れません

基本的に、粗大ごみ回収を行う作業員は、自宅敷地内に入ることができませんので、敷地に入らなくても回収できる位置に粗大ごみを出しておく必要があります。
また、自宅前の道路に車が入れない場合は、車が入れる道まで粗大ごみを出しておく必要があるようです。

■申込みから回収までに1〜2週間の期間が必要です


大阪市の粗大ごみ回収では、申込みから回収までに1〜2週間の期間が必要になります。
即日回収などはやっていませんので、すぐに処分したいという方は別の方法を選びましょう。

【まとめ】

今回のテーマは、「【大阪市】粗大ごみ回収の流れや注意点について」についてでした。
大阪市で粗大ごみの処分をご検討中の方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。
自治体で回収できないものや、すぐに処分したい場合は、不用品回収業者を利用するのもオススメですよ。

1 2 3 4

Copyright © 2016 クリーン本舗 All Rights Reserved.