• ホーム
  • お問い合わせ・お見積り

エアコンの処分は自分でできる?

 2019年6月28日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「エアコンの処分は自分でできる?」についてです。

最近は、だんだんと暑い日も多くなってきましたので、エアコンを使用しているというご家庭も多いのではないでしょうか。
エアコンの使用時に気になるのが、電気代ですよね。
一日中クーラーをつけていると、電気代がとても高くなったという経験もあると思います。
特に古いエアコンを使用していると、電気代が高くなってしまいます。
今年の夏はエアコンを買い替えたい!と考えている方は、同時にエアコンの処分方法についても悩まれているではないでしょうか。
そこで今回は、エアコンの処分方法について、ご紹介したいと思います。

【エアコンは自治体では回収してもらえない?】


エアコンの処分を検討していると、自治体の粗大ごみ回収を思い浮かべるという方もいらっしゃるでしょう。
しかし、実は不要になったエアコンを自治体に回収してもらうことはできません。
なぜなら、エアコンは「家電リサイクル法」の対象品目だからです。
家電リサイクル法とは、一般家庭や事務所から出た家電製品から、有用な部品や材料をリサイクルし、廃棄物を減らしながら、資源の有効利用を推進するための法律です。
平成13年4月から施行され、違反した小売業者や製造業者に10万円〜50万円の罰金が課せられます。
また家電を処分する時に家電リサイクル法を守って正しい処分をせず、不法投棄などを行った場合も罰則が課せられますので、家電リサイクル法の対象製品を処分する場合は正しい方法で処分するようにしなければいけません。

【エアコンの処分は自分でできるのか】

自治体でエアコンの処分ができないとなると、自分でエアコンの処分をしようと考える方もいらっしゃるでしょう。
エアコンの処分が自分で出来るかについて、結論から述べると、「可能だが危険を伴うこともあるためオススメはできない」ということです。
エアコンの処分は、自分で行うことも不可能ではありません。
自分で取り外し、郵便局でリサイクル料を支払い、指定引取場所まで運搬することで処分することは可能です。
しかし、エアコンの取り外し作業は、知識や工具も必要ですし高所での作業となりますので、危険も伴います。
そのため、普段から仕事などで、エアコンの取り付けや取り外しを行っている方でない場合は、自分でエアコンを取り外して処分するというのはオススメできません。

【エアコンの処分方法】

最後に、安全でオススメできるエアコンの処分方法を2つ、ご紹介したいと思います。

■家電量販店に依頼する

まず1つ目は、新しいエアコンに買い換える場合、新しいエアコンを購入する家電量販店に古いエアコンの処分を依頼することができます。
その場合、エアコンを取り外す工事代、運搬費用、リサイクル料が必要になってきます。
新しいエアコンと交換で古いエアコンを取り外してくれますので、エアコンがついていない時間がほとんど無いというメリットがありますね。

■不用品回収業者に依頼する


不用品回収業者に依頼して、古いエアコンを回収してもらうという方法もあります。
引っ越しや、遺品整理など、買い替えではない場合でも依頼することができるというのが大きなメリットです。
また、不用品回収業者の場合は、即日回収を行っている業者もあり、早ければその日のうちに処分することも可能です。

【まとめ】

今回のテーマは、「エアコンの処分は自分でできる?」についてでした。
今回ご紹介したように、エアコンの処分を自分で行うことはオススメできません。
また自治体に、回収してもらうこともできませんので、家電量販店や不用品回収業者を利用されることをオススメします。

実は生前整理にはメリットがたくさんあった!

 2019年6月27日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「実は生前整理にはメリットがたくさんあった!」についてです。

突然ですが、あなたは生前整理について、ご存知でしょうか?
「全く知らない」
「興味はあるけれど詳しいことはわからない」
上記のような方も少くないでしょう。
生前整理にはメリットが多く、近年注目を集めています。
そこで今回は、生前整理のメリットについて、ご紹介したいと思います。

【生前整理とは】


生前整理のメリットをご紹介する前に、まずは生前整理とはどういったものなのかについて、ご紹介したいと思います。
人が亡くなると、遺された家族は遺品整理を行いますよね。
遺品整理と生前整理は、似ているようで異なります。
遺品整理が、死後に家族や親族など周りの人が行うものに対し、生前整理は、元気なうちに自分で身の回りのものを整理することです。
数年前から「終活」という言葉が話題になっていますが、生前整理も終活の中の1つなのです。

【生前整理を行うメリット】

では、生前整理を行うメリットは何なのでしょうか。
ここでは、生前整理を行うメリットを2つ、ご紹介したいと思います。

■遺された家族の負担を減らす

前述の通り、あなたが亡くなった後、遺された家族は遺品整理を行います。
遺品整理を経験したことのある方なら、ご存知だと思いますが、遺品整理は想像以上に大変で、家族の負担になります。
そこで、生前整理を行うことで、自分の死後、遺された家族の負担を減らすことができるのです。
生前整理を行っておくことで、不要な物はほとんど処分済みになりますので、遺品整理がスムーズに進みます。
さらに、その他の大切なものがどこにあるのかなども家族がわかりやすくなっているというのも生前整理の大きなメリットです。

■自分自身の残りの人生を豊かにする


生前整理は、自分の死と向き合う必要があるため、暗いイメージを持つ方も多く、積極的になれないという意見もあります。
しかし、実は生前整理は暗いどころか、残りの人生を豊かにするための明るい活動なのです。
生前整理を行うことで、自分にとって本当に必要なものだけに囲まれて暮らすことができます。
そうなると、心や時間に余裕が生まれるのです。
さらに、これからの人生で自分にとって本当に必要なものは何かを考える機会にもなりますし、家族と自分の死後について話し合うきっかけにもなりますので、とても前向きな活動だと言えますよ。

【まとめ】

今回のテーマは、「実は生前整理にはメリットがたくさんあった!」についてでした。
今回ご紹介したように、生前整理には、たくさんのメリットがあります。
人は、いつ最期の時を迎えるかわかりません。
そのため、生前整理は後回しにせず、早めに行っておくことをオススメします。
兵庫、大阪、神戸で生前整理で出た不用品の処分にお困りの方は、クリーン本舗にお任せください。
お見積りは無料です。まずは、お気軽にお問い合わせください。

不要になった雛人形の処分方法

 2019年6月26日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「不要になった雛人形の処分方法」についてです。

3月3日、日本では桃の節句という行事がありますよね。
桃の節句はお雛祭りとも呼ばれ、女の子の成長と健康を願うために、雛人形を飾ります。
そんな大切な雛人形ですが、子どもが無事に成長した後は、飾ることもなくなり、物置や押し入れの奥で眠ったままになっているというご家庭も多いようです。
さらに、雛人形は処分しづらいという声も、よく聞かれます。
そこで今回は、不要になった雛人形の処分方法について、ご紹介したいと思います。

【雛人形は普通ごみとして処分できる?】

結論から述べると、雛人形は、普通ごみとして回収している自治体も多いようです。
ただし、雛人形を普通ごみとして処分できるかどうかについては、自治体によって異なります。
そのため、雛人形を普通ごみとして処分する場合は、事前にお住まいの自治体に確認しておくことをオススメします。
普通ごみだけではなく、有料の粗大ごみとして回収している自治体などもあるようです。

【人形供養は必要?】


「人形には魂が宿る」と考えている方も少くなく、雛人形をそのまま処分したり捨てたりすることに抵抗があるという方も多いです。
ホラー映画などで、人形がお化けのように扱われていることから、人形=怖いというイメージが浸透してしまっているのも原因の1つです。
しかし、人形供養は必ず必要というわけではありません。
人形供養をしなかったからといって、夜中に人形が枕元に現れるというようなことは現実的ではないでしょう。
もちろん、これは考え方にもよりますので、どうしても気になるという方は、人形供養を行うのが良いでしょう。
人形供養は、神社やお寺などで行っていますので、近くのお寺や神社に問い合わせてみられるといいですよ。

【不用品回収業者に依頼する方法も!】


不要になった雛人形の処分には、様々な方法がありますが、不用品回収業者に依頼するという方法もあります。
不用品回収業者に依頼するメリットは、とにかく手間がかからず、早く処分できるということです。
不用品回収業者であれば、電話一本で不要になった雛人形を自宅まで取りにきてくれます。
また、即日回収を行っている業者もありますので、早ければその日のうちに処分することも可能です。
また、不用品回収業者に依頼する場合は、雛人形以外にも不要なものを一緒に回収してもらうことができます。
実家の生前整理や遺品整理などで出てきた雛人形を処分する場合にも、他の不用品を一緒に処分できると手間が省けますのでオススメです。

【まとめ】

今回のテーマは、「不要になった雛人形の処分方法」についてでした。
今回ご紹介したように、不要になった雛人形の処分に、いくつかの方法があります。
供養も必ず必要というわけではありませんが、気になる人は行うのも良いでしょう。
兵庫・大阪・神戸で不要になった雛人形の処分にお困りの方は、クリーン本舗にお任せください。

使わなくなったベビーベッドの処分方法

 2019年6月25日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「使わなくなったベビーベッドの処分方法」についてです。

子どもの成長は、本当に早いですよね。
成長と共に、今まで使っていたものが不要になることも多いです。
特に、赤ちゃんの時期しか使わないベビーベッドは、不要になった時に処分に困る方も少くないようです。
そこで今回は、使わなくなったベビーベッドの処分方法について、ご紹介したいと思います。

【自治体の粗大ごみ回収を利用して処分】


まず、大型ゴミや粗大ごみの処分を行う時、多くの方が思いつくのが、自治体の粗大ごみ回収ではないでしょうか。
自治体の粗大ごみ回収は、不用品の種類によっては処分できない場合もありますが、一般的なベビーベッドであれば、回収してもらうことが可能です。
料金は、お住まいの自治体によって異なりますが、比較的安い料金で処分することができます。
ただし、自治体の粗大ごみ回収を利用して、ベビーベッドを処分する場合は、申込みから処分までに約1〜2週間の期間が必要です。
また、シール券の購入や、処分したいベビーベッドを自宅敷地前や指定のクリーンステーションまで、運び出しておく必要があるため、少し手間がかかるということは知っておいたほうが良いでしょう。

【不用品回収業者なら手間がかからず便利】


不用品回収業者に依頼して、ベビーベッドを処分することも可能です。
不用品回収業者の場合は、とにかく早く手間をかけずに、ベビーベッドを処分することができます。
即日回収を行っている業者もありますので、早ければその日のうちに処分できますし、自宅内まで引き取りにきてくれますので、手間がかかりません。
さらに、ベビーベッド以外の不用品がある場合、一緒に回収してもらうこともできます。
子どもの成長と共に不要になるのは、ベビーベッドだけではないでしょう。
例えば、チャイルドシートや子供用玩具、サイズが小さくなった子供服やベビータンスなど、様々なものを一緒に回収してもらえるというのも、不用品回収業者に依頼するメリットですね。

【リサイクルショップなどで売却する方法も!】

ベビーベッドは、試用期間も短く、比較的綺麗で状態が良い場合が多いですよね。
そのように、まだまだ綺麗で使用できそうなベビーベッドであれば、売却するという方法もあるのです。
ベビーベッドを売却する方法は様々ですが、例えば、リサイクルショップや、フリマアプリ、ネットオークションなどを利用する方が多いです。
また、買い取りも行っている不用品回収業者に依頼することで、不要になったベビーベッドを買い取ってもらえることもありますよ。

【まとめ】

今回のテーマは、「使わなくなったベビーベッドの処分方法」についてでした。
ベビーベッドは、子どもが小さかった頃の思い出が詰まっていて、なかなか処分できないという方もいらっしゃるようです。
しかし、ベビーベッドは保管しておくにも場所をとりますので、早めに処分されるのがオススメです。
写真などで、思い出を残しておくという方法もありますよ。
ベビーベッドの処分をご検討中の方は、今回の記事をぜひ、参考にしてみてくださいね。

引っ越しで出た大量のダンボールの処分方法とは

 2019年6月24日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「引っ越しで出た大量のダンボールの処分方法とは」についてです。

引っ越しで、荷物を運ぶために欠かせないダンボールですが、引っ越しの荷解きが終わると一転、大量のダンボールが邪魔だと感じてしまいますよね。
「大量のダンボールってどうやって処分するの?」と悩んでしまう方も多いでしょう。

そこで今回は、引っ越しででた大量のダンボールの処分方法について、ご紹介したいと思います。

【引っ越しでは大量のダンボールが必要!】

引っ越しでは、一人あたり20箱程度のダンボールが必要になると言われています。
そのため、4人家族であれば単純に計算しても、80箱程のダンボールが必要になってくるのです。
それだけたくさんのダンボールを、家に保管しておくわけにもいきませんし、処分する必要がでてきますよね。
では、それだけたくさんのダンボールをどのようにして処分すればよいのでしょうか。

【引っ越しででた大量のダンボールの処分方法】


ここでは、引っ越しで出た大量のダンボールの処分方法を3つ、ご紹介したいと思います。

■引っ越し業者に依頼して回収してもらう

まず1つ目は、引っ越し業者に依頼して回収してもらうという方法です。
荷解き完了後、ダンボールが空になったところで、引っ越し業者に連絡をすると、翌日以降に自宅までダンボールを引き取りにきてくれるサービスで、無料で利用できることもあります。
自宅までダンボールを引き取りにきてくれて、さらに無料で利用できるのであれば嬉しいですよね。
ただし、ダンボール引き取りサービスは、全ての引っ越し業者が行っているわけではありません。
自分の利用した引っ越し業者が、ダンボール回収サービスを行っているかどうかは事前に確認しておきましょう。

■自治体の資源ごみ回収の日に出しておく

2つ目は、自治体の資源ごみ回収を利用するといった方法です。
多くの自治体では、ダンボールは「資源ごみ」として扱われます。
そのため、燃えるゴミの日にダンボールを出しておいても回収されません。
お住まいの自治体の、資源ごみ回収ルールを確認した上で、ダンボールを出すようにしましょう。
自治体の資源ごみ回収を利用する場合も、料金は無料の場合が多いです。
ただし、一度にたくさんのダンボールは処分できないこともあります。
その場合は、何週かに分けてダンボールを出さなくてはいけません。

■不用品回収業者に依頼する


3つ目は、不用品回収業者に依頼して、ダンボールを回収してもらう方法です。
不用品回収業者を利用する場合は、費用がかかります。
ただ、即日回収を行っている業者に依頼することで、その日のうちに処分することもできます。
また、電話一本で利用できますので手間がかかりませんよ。
土日や夜間に対応しているというのも、嬉しいポイントです。

【まとめ】

今回のテーマは、「引っ越しで出た大量のダンボールの処分方法とは」についてでした。
引っ越しで出た大量のダンボールの処分にお困りの方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。

フリマアプリって?どんな不用品でも売れるの?

 2019年6月21日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「フリマアプリって?どんな不用品でも売れるの?」についてです。

突然ですが、近年人気を集めている「フリマアプリ」をご存知でしょうか。
スマートフォン利用者の増加によって、フリマアプリを利用する方も増えているのです。
今回は、フリマアプリについて、ご紹介したいと思います。

【フリマアプリとは】


フリマアプリとは、フリーマッケットスタイルのアプリのことです。
今までは、インターネットで物を売却するのは、オークションが一般的でした。
しかし、最近はフリマアプリの利用者が急増しています。
その理由には、使いやすさや即決で取引が可能なことなどが挙げられます。
ネットオークションとは異なり、フリマアプリは基本的に、出品者が料金を設定してその価格に納得した人が購入するというスタイルです。
そのため、オークションのように、どんどん値段が上がっていくということはありません。
フリマアプリには様々な種類がありますが、「メルカリ」や「ラクマ」などが代表的と言えるでしょう。

【フリマアプリで不用品を売る方法】

フリマアプリで不用品を売るには、まず利用したいフリマアプリをダウンロードする必要があります。
無料でダウンロードすることができますよ。
ダウンロード完了後、会員登録を行います。
こちらも、無料で登録が可能です。
登録が完了したら、出品したい商品の写真や状態、配送方法や料金を設定するだけで、出品することができます。
出品した商品に対して、購入希望者から質問等があった場合は、コメント欄を使って対応を行います。
商品が売れた時には、通知が来ますので、できるだけ早めに配送しましょう。
基本的に、出品は無料ですが、商品が売れた場合に手数料が発生します。
手数料については、利用するフリマアプリによって異なります。

【フリマアプリに出品できないものも!】


フリマアプリでは、どんな不用品でも出品できるというわけではありません。
出品に関する条件は厳しく、出品禁止商品も数多くあるのです。
出品禁止商品を出品してしまうと、そのページを削除され、場合によっては、アカウント停止や出品禁止などの罰則が与えられます。
出品禁止商品は数多くあるため、ここで全ての商品を紹介することはできませんが、フリマアプリを利用して不用品を処分しようとお考えの方は、まず利用したいフリマアプリの出品規則を確認するようにしてください。

【まとめ】

今回のテーマは、「フリマアプリって?どんな不用品でも売れるの?」についてでした。
フリマアプリは、近年人気を集めていて、不用品の処分で利用している方も多いです。
しかし、今回ご紹介したように、何でも出品できるというわけではありません。
フリマアプリで出品できない不用品は、不用品回収業者に依頼するというのもオススメです。
ぜひ、参考にしてみてくださいね。

ワインセラーの正しい捨て方

 2019年6月20日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「ワインセラーの正しい捨て方」についてです。

近年は、日本でもワインの人気が高いですよね。
ワインを美味しく飲むには、保管温度が重要だと言われています。
最近では、家庭用のワインセラーも、たくさん販売されていてますよね。
自宅で美味しいワインを楽しみたいというワイン好きの方であれば、家庭用ワインセラーを保有しているという方も少くないのではないでしょうか。
ただ、ワインセラーは電化製品ですので、故障することもありますし、引っ越しなどで不要になることもあるでしょう。
ワインセラーが不要になったけれど、処分方法がわからず困っているという方も多いようです。
そこで今回は、ワインセラーの正しい捨て方について、ご紹介したいと思います。

【ワインセラーは自治体の粗大ごみ回収では処分できない】


ワインセラーは普通ごみとして処分することができないのは、ご存知の方も多いでしょう。
普通ごみとして処分できないものは、粗大ごみとして処分しようと考える方も少くありません。
しかし、ワインセラーは普通ごみとして処分することができないのはもちろん、自治体の粗大ごみ回収でも処分することができないのです。
その理由は、ワインセラーが家電リサイクル法の対象品目だからです。
家電リサイクル法とは、資源の有効活用や廃棄物の減量を目的としている家電の処分に関する法律で、家電リサイクル法の対象品目は、自治体の粗大ごみ回収で処分することができません。
家電リサイクル法の対象品目となる家電は、テレビ・エアコン・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機です。
「あれ?ワインセラーは対象になってないよ」と思った方も多いでしょう。
実は、ワインセラーは冷蔵庫に分類されるため、家電リサイクル法の対象となるのです。

【ワインセラーの処分方法】

家電リサイクル法によって、自治体の粗大ごみ回収では処分することができないワインセラーは、どのようにして処分すればよいのでしょうか。
ここでは、ワインセラーの正しい処分方法を3つ、ご紹介したいと思います。

■不用品回収業者に依頼


できるだけ早く、手間をかけずにワインセラーを処分したいのであれば、不用品回収業者への依頼がオススメです。
不用品回収業者は、自治体では回収することができない家電リサイクル法対象の家電であっても、回収してもらうことができます。
もちろん、故障していても問題なく回収してもらえます。

■自分で指定引取場所まで運搬

家電リサイクル法対象の家電は、郵便局でリサイクル料を支払い、自分で指定引取場所まで運搬することで処分するという方法もあります。
この場合、リサイクル料のみで、不要になったワインセラーを処分することができますので、比較的、費用を抑えられるというメリットがあります。
ただし、ワインセラーを運搬するための車や、人手が必要になりますので、手間と時間がかかってしまうというデメリットもあるのです。

■リサイクルショップなどで売却

ワインセラーが故障しておらず、まだ状態が良いのであれば、売却するという方法もあります。
例えば、リサイクルショップやフリマアプリ、ネットオークションを利用して、不要になったワインセラーを売却することで、不用品を処分できて収入にもなるといったメリットがありますね。
ただし、ワインセラーが故障している場合や、古すぎる場合は、売却できない可能性が高いです。

【まとめ】

今回のテーマは、「ワインセラーの正しい捨て方」についてでした。
ワインセラーの処分を検討中の方は、今回の記事をぜひ参考にしてみてくださいね。

神戸市で粗大ごみを処分するには

 2019年6月19日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「神戸市で粗大ごみを処分するには」についてです。

自治体の粗大ごみ回収の利用方法や料金は、お住まいの自治体によって異なります。
そこで今回は、兵庫県神戸市で、粗大ごみを処分するための方法について、ご紹介したいと思います。

【神戸市で大型ゴミの対象となるもの】


神戸市では、粗大ごみ回収を大型ごみと表記しています。
しかし、本記事では分かりやすく、粗大ごみと表記させていただきます。
神戸市で大型ゴミの対象となるものは、下記の通りです。

・45リットルの指定袋に入れて、口をしっかり結ぶことができない大きさのもの
・45リットルの指定袋に入っても、単品で5kgを超える重さのもの

一方で、単品で70kgを超える重量のものや、2.5m以上の長さのもの、容積が2.5立方メートルを超えるものは回収してもらうことができません。
また、家電リサイクル法の対象品目である、テレビ・冷蔵庫・冷凍庫・エアコン・洗濯機・衣類乾燥機なども対象外です。
さらに神戸市では、パソコンの回収も行っていません。

【神戸市の粗大ごみ回収を利用する方法】

■1.申し込み

まず、電話かFAX、インターネットのいずれかの方法で、神戸市大型ごみ受付センターに、粗大ごみ回収の申し込みを行います。
電話の場合は、申し込み時間が、月曜から金曜の午前9時から午後4時ですが、インターネットであれば24時間365日申し込むことができます。

■2.シール券の購入

粗大ごみの処分に必要な費用分のシール券を購入します。
必要なシール券の額は、申込み時に受付センターから案内してもらえますので、その金額のシール券を、コンビニやスーパー等で購入してください。
購入したシール券には、申込み時に受付センターから伝えられた、受付番号を記入して、処分したい粗大ごみに貼っておきましょう。

■3.指定の日時に運び出し

回収日に決定した日の、午前5時から午前8時までに、自宅敷地前や指定のクリーンステーションに、シール券を貼った粗大ごみを出しておきます。
その日中に、収集してもらえますよ。

【不用品回収業者を利用する方法も!】


今回は、兵庫県神戸市で粗大ごみの処分をする方法について、ご紹介してきました。
ただし、神戸市で粗大ごみを処分する方法は、自治体だけではありません。
不用品回収業者を利用して処分するという方法もあるのです。
自治体では回収してもらえない、家電リサイクル法対象品目(テレビ・冷蔵庫・冷凍庫・エアコン・洗濯機・衣類乾燥機)やパソコンでも、不用品回収業者であれば、回収してもらうことができます。
また、申込みと支払い以外は何もすることがありませので、手間がかかりません。
さらに、自治体の場合は、申込みから回収までに1〜2週間の期間が必要になりますが、不用品回収業者であれば即日回収を行っている業者もありますよ。

【まとめ】

今回のテーマは、「神戸市で粗大ごみを処分するには」についてでした。
神戸市にお住まいで、粗大ごみの処分を検討中の方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。

引っ越しで不要になったタンスの処分方法

 2019年6月18日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「引っ越しで不要になったタンスの処分方法」についてです。

引っ越しでは、様々な不用品が出てきますよね。
中でも、不要になったタンスは、大きくて重いですし、処分に困るという方も多いでしょう。
そこで今回は、引っ越しで不要になったタンスの処分方法について、ご紹介したいと思います。

【タンスは普通ごみで捨てられる?】

そもそも、不要になったタンスは、普通ごみ(燃えるゴミ)として処分することができるのでしょうか。
もちろん、そのままの大きさでは、ゴミ袋に入りませんし、普通ゴミとして処分することはできません。
ただし、木製のタンスであれば、分解して、ゴミ袋に入るサイズまで細かく裁断することで、普通ごみとして処分することも可能です。
しかし、タンスを分解して細かく裁断するのは、かなりの重労働です。
もちろん、裁断するためのノコギリ等も必要になります。
細かい木くずも出ますので、自宅内ではできないため、外で作業を行うスペースなども必要になり、現実的な方法とは言えません。

【引っ越しで不要になったタンスを処分する4つの方法】

では、引っ越しで不要になったタンスは、どのように処分するのが良いのでしょうか。
ここでは、4つの方法をご紹介したいと思います。

■自治体の粗大ごみ回収を利用

まずは、自治体の粗大ごみ回収を利用する方法です。
自治体の粗大ごみ回収は、比較的安い料金で、タンスを処分することができます。
ただし、申込みから回収までに約1週間〜2週間の期間が必要になりますので、急な引っ越しの場合は不向きです。
さらに、自治体の粗大ごみ回収の場合は、タンスを自宅敷地前や指定のクリーンステーションまで運び出しておく必要がありますので、一人暮らしの方や高齢の方には難しい方法かもしれません。

■引っ越し業者の不用品回収サービスを利用


最近では、不用品回収サービスを行っている引っ越し業者も増えています。
引っ越し業者によって、不用品回収サービスを行っているかどうかは異なりますし、回収してもらえる不用品の種類も違います。
そのため、引っ越し業者に、不要になったタンスの処分を依頼するのであれば、事前にタンスの回収が可能かを確認しておくのが良いでしょう。

■不用品回収業者に依頼

不用品回収業者に依頼して、不要になったタンスを処分することも可能です。
不用品回収業者の場合、早くて手間がかからないというメリットがあります。
即日回収を行っている業者もありますので、急な引っ越しであっても、その日のうちに処分することが可能です。
また、回収作業は全て業者が行ってくれますので、手間がかからず、引越し作業に集中することができますよ。

■リサイクルショップなどで売却


まだ新しいタンスや、状態の良いタンスであれば、リサイクルショップやフリマアプリ、ネットオークションなどで売却するという方法もあります。
「捨てるのは勿体無い」と感じる場合は、売却を検討されてみても良いでしょう。
ただし、フリマアプリやネットオークションなどを利用する場合、いつ売れるか、必ず売れるかというのはわかりません。
そのため、引っ越しの日が近づいても売れずに自宅に残っているという可能性もあるのです。
そうなると、不要なタンスまで新居に運ぶことになりますので、引越し費用にも影響が出るかもしれません。

【まとめ】

今回のテーマは、「引っ越しで不要になったタンスの処分方法」についてでした。
今回ご紹介したように、引っ越しで不要になったタンスの処分には、様々な方法があります。
引っ越しで不要になったタンスの処分を、ご検討中の方は、ぜひ本記事を参考にしてみてくださいね。

自宅まで不用品を取りに来てほしい!どこに頼めばいいの?

 2019年6月17日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「自宅まで不用品を取りに来てほしい!どこに頼めばいいの?」についてです。

不用品の中でも、大きな家具や重たい家電など、運ぶのが難しいものは処分に困りますよね。
「自宅まで、不用品を取りに来てほしい」
そんな時は、どこに頼めばよいのでしょうか。
今回は、自宅まで不用品を回収に来てもらう方法について、ご紹介したいと思います。

【自治体の粗大ごみ回収は自宅まで取りに来てくれない?】


まず、不用品の処分を行う時に思いつくのが、自治体の粗大ごみ回収だという方も多いでしょう。
自治体の粗大ごみ回収は、比較的低料金で不用品を処分することができますし、自治体が運営しているという安心感もありますよね。
しかし、自治体の粗大ごみ回収の場合、自宅まで不用品を取りにきてもらうことができません。
厳密に言うと、自宅内まで回収に来てもらうことができないのです。
自治体の粗大ごみ回収では、回収スタッフが自宅敷地内に入ることができません。
そのため、自宅敷地前や指定のクリーンステーションまで、不用品を運び出しておく必要があるのです。
一人暮らしの方や高齢の方にとっては、大きな家具や重たい家電などを運び出すのは大変な作業です。
無理をして、怪我をしてしまう危険性もありますので、運び出しが難しい不用品は、自治体の粗大ごみ回収以外の方法を選ぶ方がいいでしょう。

【自宅まで回収に来てもらうなら不用品回収業者がオススメ】


自宅内まで、不用品の回収に来てもらうのであれば、不用品回収業者への依頼がオススメです。
不用品回収業者の場合、電話一本だけで、自宅内まで不用品を回収に来てもらうことができます。
大きな家具や、重たい家電、大量の本など、ほとんどの不用品を回収してもらうことが可能です。
回収作業は全て、業者が行ってくれますので、手間がかかりませんし、高齢者や一人暮らしの方でも安心して依頼することができます。
また、不用品回収業者の中には、即日回収を行っている業者もありますので、その日のうちに不用品を処分することも可能ですよ。

【自宅まで買い取りに来てくれるリサイクルショップもある!】

処分したい不用品が、まだ新しい場合や、状態が良いものであれば、売却するという方法もあります。
基本的には、リサイクルショップなどで売却する場合、不用品をお店まで持っていく必要がありますが、最近では、出張買取を行っているリサイクルショップもあります。
そのような、出張買取を利用することで、自宅まで不用品を買い取りにきてもらうことができますよ。
ただし、不用品の種類や状態によっては買い取ってもらえない場合もありますし、近くに出張買取を行っているリサイクルショップが無いということもありますので、誰でも利用できるというわけではありません。

【まとめ】

今回のテーマは、「自宅まで不用品を取りに来てほしい!どこに頼めばいいの?」についてでした。
不用品の処分は、面倒だと感じている方も多いでしょう。
特に、大きな家具や、重たい家電であればなおさらです。
しかし、今回ご紹介したように、不用品を自宅まで取りに来てもらうという方法もあります。
自宅まで回収に来てもらうことで、手間をかけずに不用品の処分を行うことが可能ですよ。
不用品の処分を、ご検討中の方は、今回の記事を参考にしてみてくださいね。

1 2

Copyright © 2016 クリーン本舗 All Rights Reserved.