• ホーム
  • お問い合わせ・お見積り

失敗しない不用品回収業者の選び方

 2019年10月7日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「失敗しない不用品回収業者の選び方」についてです。

引っ越しや断捨離、遺品整理や生前整理などで、たくさんの不用品を処分する時は、不用品回収業者の利用が便利です。
不用品回収業者は、全国にたくさん存在していますが、中には悪質な業者も存在しています。
悪質な業者に依頼してしまったことで、トラブルに巻き込まれている事例もたくさんあるのです。
そこで今回は、悪質な業者とのトラブルに巻き込まれないようにするための、不用品回収業者の選び方について、ご紹介したいと思います。

【良い不用品回収業者の特徴】


まずは、良い不用品回収業者の特徴について、ご紹介したいと思います。

・料金が適正
・事前に見積りをしてくれる
・「一般廃棄物収集運搬許可」を得て運営している
・スタッフの対応が丁寧
・会社の所在地や電話番号がすぐにわかる

上記のような不用品回収業者は、良い業者である可能性が高いです。

【悪質な不用品回収業者の特徴】

次に、悪質な不用品回収業者の特徴について、ご紹介したいと思います。

・軽トラックなどで街中を周回している
・なんでも無料で回収などと言っている
・料金が相場よりも高すぎる・または安すぎる
・事前に見積もりをしない
・「一般廃棄物収集運搬許可」を取得していない
・会社の所在地や電話番号が不明
・突然アポもなく訪問してくる
・スタッフの対応が悪い

上記のような不用品回収業者は、悪質な業者である可能性が高いですので、注意が必要です。

【不用品回収業者の選び方】


最後に、失敗しないための不用品回収業者の選び方について、ご紹介します。

■事前に見積りをとってもらう

悪質な業者とのトラブルで最も多いのが、料金に関するトラブルです。
事前に見積りをせずに、作業終了後に、高額な料金を請求されるというケースもあります。
そのため、事前に見積もりをとってもらうようにしましょう。
見積もり書を発行してもらえない業者は、避けた方がいいですよ。

■許可を得ているか確認する

不用品回収業を行うには、「一般廃棄物収集運搬許可」を得ている必要があります。
買い取りを行う場合には「古物商の許可」も必要です。
これらの許可を得ずに、不用品の回収や買い取りを行っている業者は違法業者ですので、許可を得て営業しているかどうかを確認しておきましょう。

■会社の所在地や電話番号を調べておく

会社の所在地が明確でない、電話番号は携帯電話の番号だけ、といった不用品回収業者も存在します。
しかし、こういった業者は、万が一トラブルに巻き込まれた場合にも、連絡がつかなくなってしまう可能性があるのです。
そのため、会社の所在地や電話番号は事前にしっかりと確認しておきましょう。
これらが不明な業者には、依頼しない方がいいですよ。

【まとめ】

今回のテーマは、「失敗しない不用品回収業者の選び方」についてでした。
今回ご紹介したように、不用品回収業者は便利ですが、中には悪質な業者も存在しています。
不用品回収業者とのトラブルに巻き込まれないためにも、今回の記事を参考にしてみてくださいね。

すぐに不用品の処分をしたいなら不用品回収業者を利用しよう!

 2019年10月4日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「すぐに不用品の処分をしたいなら不用品回収業者を利用しよう!」についてです。

急な引っ越しや、時間の限られた遺品整理など、すぐに不用品を処分したいことありますよね?
不用品を処分する方法は、いくつかありますが、すぐに処分したい場合は不用品回収業者がオススメです。
今回は、すぐに不用品を処分したい場合に、なぜ不用品回収業者がオススメなのかについて、ご紹介したいと思います。

【自治体の粗大ごみ回収は時間がかかる】


不用品処分には、いくつかの方法があります。
中でも、自治体の粗大ごみ回収は、費用が安く安心して利用できるというメリットがあるため、利用を検討される方も多いでしょう。
しかし、自治体の粗大ごみ回収の場合、申込みから回収までに、1〜2週間の期間が必要になります。
つまり、すぐに処分することはできないのです。
また、一度に処分できる粗大ごみの数にも決まりがあり、一度にたくさんの不用品を処分することができません。
そのため、不用品の量が多ければ、数回に分けて依頼する必要があるため、さらに時間がかかるのです。

【不用品回収業者なら即日回収も可能】

一方で、不用品回収業者は、申込みから回収までにかかる期間がとても短いという特徴があります。
依頼する業者にもよりますが、中には、即日回収を行っている不用品回収業者もあるのです。
即日回収を行っている業者に依頼すれば、その日のうちに不用品を処分することもできます。
即日回収が難しい場合でも、1〜2日ほどで回収にきてもらうことができるでしょう。

【すぐに不用品の処分ができるメリット】


すぐに不用品の処分ができるというのは、場合によって、大きなメリットとなります。
例えば、急な転勤等で引っ越しをしなければならなくなった時にも、すぐに不用品の処分ができれば、引っ越しをスムーズに行なえます。
さらに、遺品整理で故人が生前、賃貸住宅に住んでいた場合、早く不用品の処分を行い解約手続きを行わなければ、家賃を払い続けなければいけなくなるのです。
このように、すぐに不用品の処分をする必要がある場合には、不用品回収業者の利用が便利ですね。

【まとめ】

今回のテーマは、「すぐに不用品の処分をしたいなら不用品回収業者を利用しよう!」についてでした。
今回ご紹介したように、自治体の粗大ごみ回収は、申込みから回収までに時間がかかってしまいます。
そのため、急な引っ越しや遺品整理など、すぐに不用品の処分をしたい場合には、不用品回収業者への依頼がオススメです。
すぐに不用品の処分をしたい!という方は、ぜひ、今回の記事を参考にしてみてくださいね。
大阪・兵庫・神戸で、不用品回収業者をお探しの方は、クリーン本舗にお任せください。
お見積りは、無料です。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

引越し時に出やすいゴミの種類や処分の方法

 2019年9月30日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「引越し時に出やすいゴミの種類や処分の方法」についてです。

引っ越しは、たくさんの不用品やゴミが出ますよね。
ただでさえ、やることが多く大変な引っ越しの中で、ゴミの分別や不用品の処分などは、負担となることも多いです。
そこで今回は、引越し時に出やすいゴミの種類や処分の方法について、ご紹介したいと思います。
「引っ越しの予定がある」という方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【引っ越しで出るゴミや不用品の種類】

まずは、引っ越しで出るゴミや不用品の種類について、ご紹介したいと思います。

■家具や家電


引っ越しを機に、家具や家電を買い換えるという方も多いですよね。
引っ越しで出る不用品の代表とも言えるのが、家具や家電です。
家具や家電は、大きく重いですし、普通ゴミとして処分することができません。
また、家電の種類によっては、自治体の粗大ごみ回収を利用することもできないのです。

引っ越しでは、衣類や本などの不用品が出ることも多いです。
引っ越しの荷造りのタイミングと同時に、断捨離を行う方も多いからです。
1年以上着ていない服や、溜まってきた本や雑誌などは、引っ越しのタイミングで処分するのがオススメです。

【引っ越しで出たゴミや不用品の処分方法】

次に、引っ越しで出たゴミや不用品の処分方法について、ご紹介したいと思います。

■引越し業者に依頼

引越し業者によっては、引越し時に出た不用品の回収や処分を行っている場合があります。
基本的には、有料のオプションサービスで、回収してもらえる不用品の種類が決まっていることが多いです。
また、全ての引っ越し業者が、不用品回収サービスを行っているわけではありませんので、事前に確認しておくといいですよ。

■不用品回収業者に依頼


不用品の処分と言えば、不用品回収業者がオススメです。
引っ越しで出た大量の不要品であっても、不用品回収業者であれば、全て回収・処分してくれます。
また、電話一本で申し込むことができ、回収作業も全て業者が行ってくれますので手間がかかりません。

■自治体の粗大ごみ回収を利用

自治体の粗大ごみ回収を利用する場合は、一度に処分できる量に決まりがあるため、引っ越しでたくさんの不用品が出た場合は、数回に分けて処分しなければいけません。
また、家電リサイクル法対象の家電製品は、自治体の粗大ごみ回収では処分してもらえないため、注意が必要です。

【まとめ】

今回のテーマは、「引越し時に出やすいゴミの種類や処分の方法」についてでした。
今回ご紹介したように、引っ越しでは様々な種類のゴミや不用品がでることが多いです。
それらの不用品を処分する方法は、いくつかありますが、オススメは不用品回収業者です。
引っ越しで出た不用品の処分にお困りの方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。

セルフ引っ越しを検討中なら、まずは不用品の処分を

 2019年9月26日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「セルフ引っ越しを検討中なら、まずは不用品の処分を」についてです。

引っ越しを、引越し業者に依頼せずに、自分たちだけで行うことを「セルフ引っ越し」と呼びます。
セルフ引っ越しを成功させるためのポイントは「不用品の処分」です。
今回は、セルフ引っ越しを検討中の方にオススメしたい、不用品の処分について、ご紹介したいと思います。

【セルフ引っ越しのメリット】


引っ越しを業界に依頼せずに、自分たちだけで行うセルフ引っ越しには、様々なメリットがあります。
まずは、セルフ引っ越しのメリットについて、ご紹介します。

■費用を抑えて引っ越しができる

一番のメリットは、引っ越し費用を抑えることができるという点でしょう。
引っ越しを業界に依頼するとなると、人件費にトラックの費用など、それなりにまとまった金額が必要になりますよね。
セルフ引っ越しの場合は、人件費がかかりませんし、荷物の量によっては自家用車で引っ越しできることもありますので、ほとんど費用がかかりません。
引っ越し費用を抑えることで、新生活に必要なもの
を揃えるための資金にすることができますね。

■希望の日時に引っ越しができる

引越し業者の繁忙期は3月4月で、この時期の引っ越しは費用が高くなるだけでなく、希望の日時に引っ越しできないこともあります。
早めから引っ越し日時が決まっており、予約している場合は問題ありませんが、急な引っ越しの場合などは、予約を取るのが難しくなるでしょう。
実際に、繁忙期には引越し業者が決まらない「引っ越し難民」もでてくるほどです。
一方で、セルフ引っ越しを行う場合は、自分たちのタイミングで引っ越し日を決めることができます。
つまり、希望の日時で引っ越しをすることができるというメリットがあるのです。

【セルフ引っ越しの前には不用品の処分を】


セルフ引っ越しをスムーズに行うポイントは、事前に不用品の処分をしておくことです。
不用品の処分を行うことで、運搬する荷物が減りますので、引っ越し作業が楽になります。
荷造りも荷解きも、不要なモノが少ないことで、スムーズに行なえますので、作業時間の短縮になるのです。
また、新しい家に不要なものがないことで、気持ちもスッキリとしますよ。

【まとめ】

今回のテーマは、「セルフ引っ越しを検討中なら、まずは不用品の処分を」についてでした。
今回ご紹介したように、セルフ引っ越しにはメリットがたくさんあります。
セルフ引っ越しをスムーズに行うには、不用品の処分がポイントです。
セルフ引っ越しの準備で出た不用品の処分は、不用品回収業者に依頼することで、手間をかけずにすぐに処分することができますので、オススメです。
セルフ引っ越しをご検討中の方は、ぜひ、参考にしてみてくださいね。

神戸市に引っ越してきて不要になった家具の処分方法とは

 2019年9月2日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「神戸市に引っ越してきて不要になった家具の処分方法とは」についてです。

引っ越しでは、何かとたくさんの不用品が出ますよね。
特に、大きな家具の処分に困るという方も多いようです。
そこで今回は、引っ越しで不要になった家具の処分方法について、ご紹介したいと思います。

【神戸市(自治体)に依頼する】

まず1つ目が、自治体の粗大ごみ回収を利用するといった方法です。
神戸市に引っ越してきたのであれば、神戸市に処分を依頼することができます。
神戸市では、タンス(高さ90cm以下のもの)は900円、本棚(高さが90cm以下のもの)は600円と、比較的安い料金で家具の処分を行うことができます。
(家具の種類や大きさによって料金はことなります)
ただし、神戸市に回収を依頼する場合、一度に処分できるのは5点までという決まりがあります。
さらに、自分で自宅敷地前や指定のクリーンステーションまで運び出しておかなければいけません。

【不用品回収業者に依頼する】

不用品回収業者に、引っ越しで不要になった家具の処分を依頼することもできます。
不用品回収業者の場合は、申込みを行えば、あとは全ての作業を業者スタッフが行ってくれますので、手間をかけずに処分を行うことができます。
また、家具以外にも不要なものを一緒に処分できたり、即日回収を行ってもらえたりしますので、とても便利ですよ。

【引っ越し業者に依頼する】


引越し業者の中には、不用品の引き取りを行っている業者もあります。
そういった業者に依頼することで、引っ越しだけでなく不用品の回収も行ってもらえるのです。
ただし、全ての業者が不用品の回収を行っているわけではありませんので、事前に確認しておく必要があります。

【結局、どこに依頼するのがオススメ?】

引っ越しで不要になった家具の処分は、結局どこに依頼するのがよいのかわからないという方は、下記を参考にしてみてくださいね。

■とにかく手間をかけずに楽に家具を処分したい場合

とにかく手間をかけずに楽に家具の処分を行いたいのであれば、断然、不用品回収業者への依頼がオススメです。
何も手間がかかりませんので、一人暮らしの方や高齢者、仕事が忙しく時間がない方でも利用しやすいでしょう。

■できるだけ費用を抑えて処分したい場合


費用を抑えるなら、神戸市(自治体)に依頼するのがオススメです。
ただし、1つ1つの処分については低料金ですが、不用品の数が多くなると、その分費用がかさみますので、他の方法の方が安くなる可能性もあります。

■引っ越しも不用品処分もまとめて行いたい場合

引っ越しと不用品処分をまとめて行いたいのであれば、不用品回収も行っている引越し業者に依頼するのがオススメです。
まとめて行うことで手間を省くことに繋がるでしょう。

【まとめ】

今回のテーマは、「神戸市に引っ越してきて不要になった家具の処分方法とは」についてでした。
今回ご紹介したように、神戸市に引っ越してきて不要になった家具の処分方法には、いくつかの種類があります。
今回の記事を参考に、あなたにあった処分方法を選んでみてくださいね。

大阪市の粗大ごみ回収を利用する場合の注意点とは

 2019年8月14日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「大阪市の粗大ごみ回収を利用する場合の注意点とは」についてです。

引っ越しや断捨離、遺品整理や生前整理などで、大きな家具や家電などの粗大ごみを処分する際、自治体の粗大ごみ回収を利用されるという方も多いでしょう。
粗大ごみ回収は、自治体によって、利用方法や細かなルールが異なります。
そこで今回は、大阪市の粗大ごみ回収を利用する場合の注意点について、ご紹介したいと思います。

【大阪市の粗大ごみ回収で処分できないもの】


自治体の粗大ごみ回収では、何でも処分できるというわけではありません。
意外と、回収してもらえない種類の粗大ごみも多いのです。
ここでは大阪市の粗大ごみ回収で処分できないものについて、いくつかご紹介したいと思います。

■家電リサイクル法対象品目

家電リサイクル法の対象品目である、冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機・テレビ・エアコンは、リサイクルが義務付けられていますので、自治体の粗大ごみ回収で処分することができません。
ちなみに、家庭用のワインセラーは、冷蔵庫扱いになるため、家電リサイクル法の対象です。

■危険物や処理が困難なもの


自治体の粗大ごみ回収では、有害な薬品や危険物、処理が困難なものは処分することができません。
例えば下記のようなものは、回収対象外となります。

・消化器
・車のタイヤ
・ピアノ
・ミニバイク
・建築廃材やコンクリート  など

【処分する粗大ごみは自分で運びだす必要がある】

自治体の粗大ごみ回収の場合、回収作業員が自宅敷地内に入るということができません。
そのため、処分したい粗大ごみを、回収日当日に、自宅敷地前か指定のクリーンステーションまで運び出しておく必要があります。
大きな家具や重たいものなどの場合、一人で運び出すのは大変な作業になります。
無理に運び出してしまうと、怪我をしたり、壁や他の家具を傷つけてしまう可能性もあるため注意が必要です。

【すぐに処分することはできない】

大阪市の粗大ごみ回収では、申込みから回収までに約1週間〜2週間の期間が必要です。
そのため、すぐに処分するということはできません。
処分の日に期限がある場合は、早めに申し込んでおくか、他の方法を検討する必要があります。

【まとめ】

今回のテーマは、「大阪市の粗大ごみ回収を利用する場合の注意点とは」についてでした。
大阪市を始め、自治体の粗大ごみ回収を利用する場合は注意しなければいけないポイントがあります。
自治体の粗大ごみ回収を利用しようと思っている方は、今回の記事をぜひ参考にしてみてくださいね。
また、自治体の粗大ごみ回収では処分できない不用品に関しては、不用品回収業者に依頼するのもオススメですよ。
大阪・兵庫・神戸で不用品回収業者をお探しの方は、クリーン本舗にお任せください。
お見積りは無料です。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

引っ越し費用を抑えるコツは不用品の処分!

 2019年8月13日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「引っ越し費用を抑えるコツは不用品の処分!」についてです。

引っ越しには、なにかとお金がかかりますよね。
できるだけ、費用を抑えて引っ越ししたいというのが多くの方の本音ではないでしょうか。
引っ越し費用を節約するには、いくつかのポイントがあります。
そこで今回は、引っ越し費用を節約するポイントについて、ご紹介したいと思います。

【引っ越し費用と、引っ越し時期の関係】


実は、引っ越し時期と引っ越し費用は大きく関係しています。
引っ越し業者の繁忙期は、3月や4月で、この時期は引越し費用も高くなる傾向があります。
逆に、引っ越し費用が安くなりやすいのが7月だと言われています。
また、月だけでなく、土日祝日を避けて平日に引っ越しを行うのも、費用を節約するためには効果的です。
その他にも、早朝便や夜間便、時間フリー便などを使うという方法もありますよ。

【不用品の処分で荷物を減らす】


引っ越し時期や曜日以外にも、引越し費用に大きく関係しているのが、運搬する荷物の量です。
運搬する荷物の量が多ければ多いほど、引っ越し費用は高額になります。
運搬する荷物の量が多いと、その分たくさんのダンボールや人員、大きなトラックが必要になりますので、料金が高くなってしまうのです。
そのため、引越し前に不用品を処分して、運搬する荷物の量を減らすことで引越し費用を抑えることができます。

【不用品の処分は料金以外のメリットも】

引っ越し前に不用品の処分を行うことで、料金を節約できるという大きなメリットもありますが、実は料金以外のメリットもあるのです。
引越し前に不用品を処分することで、荷造りや荷解きが楽になるのです。
引っ越し作業の中で最も大変だと言っても過言でないのが、荷造りや荷解きですよね。
引っ越し業者に依頼して、荷造りや荷解きをやってもらうというサービスもありますが、基本的にはオプションサービスとなりますので、引っ越し費用以外に更に料金がかかります。
しかし、先に不用品の処分を行っておくことで、荷造りや荷解きが楽になり、オプションサービスを使う必要もなくなりますので、結果的に費用の節約に繋がりますよ。

【まとめ】

今回のテーマは、「引っ越し費用を抑えるコツは不用品の処分!」についてでした。
今回ご紹介したように、引越し費用を抑えるには、いくつかのポイントがあります。
引っ越し料金が高くなりやすい時期や曜日を避けることができる場合はよいですが、仕事や学校の都合など、引っ越し時期をずらせないということも多いでしょう。
その場合は、不用品の処分を行い、運搬する荷物を減らして、引っ越し費用を節約しましょう。
大阪・兵庫・神戸で、不用品の処分をご検討中の方は、クリーン本舗にお任せください。
お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。

引っ越し時の不用品処分!引っ越し業者と不用品回収業者それぞれのメリット・デメリッ

 2019年8月9日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「引っ越し時の不用品処分!引っ越し業者と不用品回収業者それぞれのメリット・デメリット」についてです。

引っ越しを行うと、たくさんの不用品が出ますよね。
最近では、引っ越し業者が不用品の回収サービスを行っていることもあります。
では、引っ越しで出た不用品の処分は、引っ越し業者と不用品回収業者、どちらに依頼するのが良いのでしょうか。
今回は、引っ越しで出た不用品にの処分に関して、引っ越し業者と不用品回収業者を比べ、それぞれのメリット・デメリットについて、ご紹介したいと思います。

【引っ越し業者の不用品回収サービスを利用するメリット・デメリット】


まず初めに、引っ越し業者の不用品回収サービスを利用するメリットとデメリットをご紹介します。

■メリット

引っ越し業者の不用品回収サービスを利用するメリットは、引っ越し作業の依頼と不用品回収の依頼を一度に行うことができるという点です。
さらに、業者によっては、引っ越しと不用品回収をセットで依頼することで、料金が安くなる場合もあります。
その他にも、処分する不用品でも、引っ越しの当日まで使用することができるというメリットもありますよ。

■デメリット

一方で、デメリットとして挙げられるのは、全ての引っ越し業者が不用品回収サービスを行っているわけではないという点です。
また、買い取りなどのサービスが無い場合は、料金が高くなってしまう可能性があるということもデメリットだと言えます。
さらに、引っ越し当日まで、不用品の処分を行うことができませんので、荷造りに時間がかかったり、やりにくかったりする場合もあります。

【不用品回収業者を利用するメリット・デメリット】


次に、不用品回収業者を利用して不用品の処分を行う場合の、メリットとデメリットについて、ご紹介します。

■メリット

不用品回収業者に依頼する場合は、引越し日よりも前に不用品の処分をすることも可能ですので、荷造りが捗りやすいというメリットがあります。
また、引っ越し業者を使わずに自分たちで引っ越しをするセルフ引っ越しの場合でも不用品の処分が依頼できます。
さらに、急な引っ越しでも対応できますし、引っ越し業者にこだわる必要もありません。
その他にも、買い取りも行っている不用品回収業者に依頼することで、処分費用が安くなる可能性もあります。

■デメリット

一方で、不用品回収業者に依頼するデメリットは、引っ越し業者とは別に不用品回収業者を依頼しなければいけないため、少し手間がかかるということや、悪質な業者に依頼してしまわないように、業者を検討したり、見積もりをとったりする必要があるということです。
ただし、引っ越し業者に依頼する際にも、業者の検討や見積もり作業は行うはずですので、大きなデメリットとは言えないでしょう。

【まとめ】

今回のテーマは、「引っ越し時の不用品処分!引っ越し業者と不用品回収業者それぞれのメリット・デメリット」についてでした。
今回ご紹介したように、引っ越しで出た大きな家具や家電などの粗大ごみを処分する際には、引っ越し業者や不用品回収業者に依頼するといった方法があります。
それぞれの方法には、メリット・デメリットがありますので、今回の記事を参考にしてみてくださいね。
大阪・兵庫・神戸で、不用品の処分をご検討中の方は、クリーン本舗にお任せください。
お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。

押入れを占領している不要になった布団の処分方法

 2019年8月5日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「押入れを占領している不要になった布団の処分方法」についてです。

押入れの中に、不要になった布団が入ったままになっているということはありませんか?
布団は、かさばりますので、押し入れが不要になった布団で占領されて、他のモノが収納できなくなっているという方も少なくないでしょう。
そこで今回は、布団の処分方法について、ご紹介したいと思います。
押入れの布団が邪魔だけど、処分方法がわからず困っているという方は、今回の記事を、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

【布団には打ち直しという方法がある】


人間が健康に生活するために大切だと言われている1つが「睡眠」です。
また良質な睡眠をとるためには、布団も重要なポイントになってきます。
誰でも、ボロボロの布団やカビの生えたような布団で眠っていると、不健康だということは想像できるでしょう。
布団は、常に清潔でふっくらとした状態を保っておきたいですよ。
しかし、使用期間と共に、ボリュームがなくなり、固くなったり薄くなったりします。
そのような布団を復活させるための方法として、打ち直しというものがあります。
打ち直しとは、布団を仕立て直す(リフォームする)というものです。
ただし、打ち直しができる布団は、和布団だけで、洋布団や羽根布団の場合はできません。

【布団の処分方法】

では、打ち直しをする必要のない布団や、打ち直しできない布団は、どのように処分すればよいのでしょうか。
ここでは、代表的な方法を2つ、ご紹介したいと思います。

■自治体の粗大ごみ回収を利用する

まず、1つ目は、自治体の粗大ごみ回収を利用する方法です。
ほとんどの自治体では、布団は粗大ごみとして有料で回収してもらうことができます。
自治体によって、費用は異なりますが、神戸市の場合は布団3枚までごとに300円です。
大阪市の場合は、布団4枚まで200円となっています。
低価格で処分できることが、自治体の魅力ですが、一方で、申込みから回収までに1〜2週間の期間が必要になることや、自分で自宅敷地外や指定のクリーンステーションまで運び出さないといけないなどの、デメリットもあります。

■不用品回収業者に依頼する


不用品回収業者でも、布団の回収や処分を行っています。
自治体とは異なり、不用品回収業者は自宅内まで、布団の回収に来てくれます。
また、即日対応を行っている業者もありますので、早ければその日のうちに処分することも可能です。
もちろん、布団1枚だけでも回収してもらうことができますし、大量の布団であっても回収してもらえます。
さらに、布団以外の不用品がある場合は、一緒に処分することができますので、断捨離や引っ越し、遺品整理や生前整理の場合でも利用しやすいですね。

【まとめ】

今回のテーマは、「押入れを占領している不要になった布団の処分方法」についてでした。
今回ご紹介したように、不要になった布団の処分方法は、大きく分けて2つです。
押し入れを占領している布団を処分することで、他のものを収納するスペースができますので、部屋が片付きますよ。
不要になった布団の処分でお困りの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

悪質な不用品回収業者に注意!不用品回収で起こるトラブルとは

 2019年8月2日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「悪質な不用品回収業者に注意!不用品回収で起こるトラブルとは」についてです。

不用品回収業者は、引っ越しや断捨離、遺品整理や生前整理など、たくさんの粗大ごみや不用品が出る時に利用すると、とても便利ですし、手間をかけずに早く処分することができます。
しかし、不用品回収業者は、全国にたくさんあります。
​そのため、中には、悪質な不用品回収業者も存在しており、依頼した人と悪質な不用品回収業者でトラブルになっているケースも少なくないのです。
そこで、今回は、不用品回収で起こりやすいトラブルについて、ご紹介したいと思います。

【料金に関するトラブル】


まず、悪質な不用品回収業者とのトラブルで最も多いのが、料金に関するトラブルです。
相場より、異常に高い料金を請求されるケースもあります。
また、無料で回収しますと言っておきながら、実際に依頼すると、作業完了後に高額な料金を請求されることもあります。
無料と聞いていたと言っても、「回収費用は無料ですが、処分費用や運搬費用は有料です」などと言われてしまうこともあるようです。
そして、キャンセルしようとすると、次はキャンセル料が必要だと言って、結局、高額な代金を支払ってしまったというトラブルも起きています。

【不法投棄に巻き込まれる】


不用品回収業者は、一般家庭から回収した不用品を適切な方法で処分する必要があります。
しかし、悪質な不用品回収業者の中には、回収した不用品を適切に処分せず、空き地や山奥に不法投棄している場合もあるのです。
もちろん、不法投棄は犯罪です。
基本的には、適切に処分せず不法投棄を行った、不用品回収業者が罰せられるのですが、例えば、あなたが不用品回収業者に依頼したことを照明できない場合、あなたに疑いがかかる可能性も0とは言えません。
また、罰せられないにしても、自分がお金を出して処分を依頼したものが、不法投棄されていたなんて、気分がよくないものです。

【床や建具、その他の家具などを傷つけられる】

悪質な不用品回収業者の場合、スタッフの教育が行き届いていないことがあります。
そのため、処分するものだからといって、回収する不用品を雑に扱ったり、不用品を運び出す際に、床や建具、処分予定でないその他の家具などを傷つけてしまうというケースもあります。
きちんとした不用品回収業者であれば、処分するものであっても、回収する不用品をあからさまに雑に扱うことはしませんし、大きな不用品を運び出す際は、他のものを傷つけてしまわないように、養生を行います。
スタッフの対応が悪かったり、仕事が雑だったりする業者は避けた方が安心です。

【まとめ】

今回のテーマは、「悪質な不用品回収業者に注意!不用品回収で起こるトラブルとは」についてでした。
今回ご紹介したように、悪質な不用品回収業者に依頼してしまったことにより、思わぬトラブルに巻き込まれることがありますので注意が必要です。
ただし、ほとんどの不用品回収業者はきちんと丁寧に運営しており、悪質な不用品回収業者は、ほんの一部ですので、過度に不用品回収業者を怖がる必要はありませんよ。

1 2 3 4 5 8

Copyright © 2016 クリーン本舗 All Rights Reserved.