• ホーム
  • お問い合わせ・お見積り

大きな不用品や粗大ごみの処分方法

 2019年8月15日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「大きな不用品や粗大ごみの処分方法」についてです。

家具や家電などの、重たいものや大きいものの処分って、なかなか大変ですよね。
特に女性や、高齢者の方にとっては、辛いことも多いでしょう。
処分したいけれど、処分方法がわからなかったり、一人では運び出すことができずに困っているという方も少なくないはずです。
そこで今回は、大きなものや重たい不用品、粗大ごみの処分方法について、ご紹介したいと思います。

【自治体の粗大ごみの対象となる不用品の大きさは?】

まずは、自治体で普通ゴミとて処分することができず、粗大ごみの対象となる不用品の大きさの基準について、ご紹介します。
お住まいの自治体によってもルールは異なりますので、今回は、神戸市と大阪市を例に挙げてご紹介したいと思います。
それ以外の場所については、自治体のホームページ等で確認してみてくださいね。

■神戸市の場合

・45リットルの指定袋に入れて、口をしっかり結ぶことができない大きさのもの
・45リットルの指定袋に入っても、単品で5kgを超える重さのもの

■大阪市の場合

・最大の辺または径が30cmを超えるもの、あるいは棒状で1mを超えるもの

上記のように、それぞれの自治体によって、粗大ごみの対象となる不用品の大きさが定められています。
自治体の粗大ごみ回収を利用する場合は、お住まいの自治体のルールに従って処分するようにしましょう。

【大きなものや重いものは不用品回収業者の利用が便利です!】


自治体の粗大ごみ回収を利用して、大きな不用品や重たい不用品を処分することもできますが、とても大変な作業になります。
なぜなら、自治体の粗大ごみ回収の場合、回収作業員が自宅敷地内に入ることができませんので、自分で回収日に処分したい不用品を、自宅敷地前か指定のクリーンステーションまで運び出して置く必要があるからです。
大きなベッドやタンス、ソファーなどでも、自分で運び出さなければいけないため、とても大変です。
一人暮らしの方や、女性、高齢者の方だけでは、危険を伴うこともあるでしょう。
そこで、オススメなのが、不用品回収業者を利用した処分方法です。
不用品回収業者の場合、自宅内まで作業員が回収に来てくれますので、手間がかかりません。
電話で申し込みを行うだけで、簡単に大きな粗大ごみでも処分することができます。
また、不用品回収業者の場合、即日回収を行っている業者もありますので、早ければその日のうちに処分することも可能です。

【まとめ】

今回のテーマは、「大きな不用品や粗大ごみの処分方法」についてでした。
今回ご紹介したように、大きな不用品や粗大ごみの処分は、自治体に依頼することも可能ですが、ものによっては回収してもらえないこともありますし、更には自分で運び出す必要もあるため、大変です。
不用品回収業者を利用することで、運び出す手間を省き、誰でも安心して利用することができますのでオススメですよ。
ぜひ、参考にしてみてくださいね。

片付けられない人には特徴がある!

 2019年7月12日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「片付けられない人には特徴がある!」についてです。

近年、ゴミ屋敷の増加が社会問題にもなっています。
テレビなどで、ゴミ屋敷を片付ける企画や、「ゴミ屋敷住人vs市の職員」のようなドキュメンタリーを見たことがあるという方も多いでしょう。
実は、ゴミ屋敷の増加だけでなくゴミ屋敷予備軍の人もたくさん存在しているのです。
「いつも部屋が散らかっている」
「片付けが苦手」
上記のような方は、要注意ですよ。
そこで今回は、片付けられない人の特徴について、ご紹介したいと思います。

【片付けられない人の特徴とは】

ここでは5つの、片付けられない人の特徴をご紹介します。
当てはまる部分が多いという方は、ゴミ屋敷になる可能性を秘めていますよ。

■買い物依存症や浪費癖がある


まず、片付けられない人の多くは、物が多すぎるという傾向があります。
浪費癖や買い物依存症などが原因で、不必要なものまで購入しているケースも多いです。
「安い」や「限定」などの言葉に弱いというのも要注意ですよ。
基本的に、収納スペースというのは限られています。
無駄なものが増えれば、収納スペースでは収まりきらなくなるため散らかってしまう原因になるのです。

■勿体無いという気持ちが強い

「片付けられない人=捨てられない人」という特徴もあります。
勿体無いという気持ちが強く、不要なものや使用していないものでも捨てることができないのです。
物が捨てられず、どんどん溜まっていき、結果的に片付けられなくなってしまっているのです。
物を捨てる前に、「いつか使うかもしれない」や「勿体無い」という気持ちを捨ててしまうのがいいですよ。

■ストレスを溜めがち


ストレスが原因で、部屋が散らかっているという可能性もあります。
ストレスがたまると、何もやる気がおきなくなり、片付けをしようという気持ちが湧いてこなくなります。
また、ストレスを解消するために、たくさん買い物するという人も危険です。
ストレス解消で買い物をすることで、どんどんと部屋に物が増えていくため、片付けができなくなる可能性がありますよ。

■一人でいるのが苦手(寂しがりや)

ゴミ屋敷の住人は、一人暮らしのケースが多いです。
一人の寂しさを、たくさんの物に囲まれることで埋めている場合があるのです。
物が少なく、スッキリと片付いた部屋は、殺風景に感じ、寂しくなってしまうのでしょう。
物で溢れていると、安心感を感じることができるという方は注意が必要です。

■そもそも部屋が汚いと思っていない

そもそも、自分の部屋が散らかっていることや、自分自身が片付けが苦手だということに気づいていない人もいます。
その原因には、幼い頃から家(実家)が散らかっている状態で育ったため、その状態が普通になってしまっているということもあるようです。
こういった場合は、時々、友人を家に招待し、第三者の意見を聞いてみるというのもオススメですよ。

【まとめ】

今回のテーマは、「片付けられない人には特徴がある!」についてでした。
今回ご紹介したように、片付けられない人には特徴があります。
片付けられない状態が進行すると、ゴミ屋敷になってしまう可能性もありますので注意が必要です。
今回の記事で、当てはまる点が多いという方は、ぜひ次回の記事「片付け上手になるポイントとは」を読んでみてくださいね。

結婚で不要になった冷蔵庫の処分方法

 2019年7月2日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「結婚で不要になった冷蔵庫の処分方法」についてです。

意外と不用品が多く出るタイミングが「結婚」です。
特に、それまで一人暮らしをしていた男女が結婚して、一緒に生活をするようになると、家電などが2つずつあるため、処分が必要になりますよね。
また、今まで一人暮らしで使用していた家電は小さいサイズのものが多く、結婚を機に大きめのものに買い換えるということもあるでしょう。
そこで今回は、結婚で冷蔵庫が不要になった場合の処分方法について、ご紹介したいと思います。

【冷蔵庫は自治体に回収してもらえない!?】


それぞれの自治体では、粗大ごみ回収を行っていますよね。
普通ごみとして処分できない大きなゴミを、有料で回収してもらうことができます。
しかし、冷蔵庫は、自治体に粗大ごみとして回収してもらうことができません。
その理由は、冷蔵庫が「家電リサイクル法」の対象品目だからなのです。
家電リサイクル法とは、1988年に国会で成立後、2001年4月1日より本格的に施行された家電の処分に関する法律で、資源の有効活用や廃棄物の減量を目的としています。
家電リサイクル法では、冷蔵庫以外にも、エアコン・テレビ(液晶・プラズマ・ブラウン管)・冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機・ワインセラー(冷蔵庫に該当)が対象となっています。

【冷蔵庫の処分方法3選】


では、自治体で粗大ごみとして回収してもらうことができない冷蔵庫が不要になった場合、どのように処分すればよいのでしょうか。
ここでは、冷蔵庫の処分方法を3つ、ご紹介したいと思います。

■不用品回収業者に依頼する

まず、3つの中で最もオススメなのが、不用品回収業者に依頼して処分する方法です。
なぜオススメかというと、とにかく手間をかけずに早く冷蔵庫を処分することができるからです。
さらに、結婚となると冷蔵庫以外にも処分したい不用品がたくさん出てきますよね。
それらの不用品も、不用品回収業者であれば、一度に処分することが可能ですよ。

■家電量販店に引き取ってもらう

それまで使っていた冷蔵庫が小さく、大きなものに買い換えるという場合は、新しい冷蔵庫を購入する家電量販店に、不要になった冷蔵庫の引き取りを依頼することもできます。
その場合は、運搬費用+リサイクル料が必要になることが一般的です。
リサイクル料については、冷蔵庫の大きさなどで決まっていますが、運搬費用は依頼する家電量販店によって異なりますので、事前に確認しておくことをオススメします。

■自分で指定引取場所まで運搬する


できるだけ、お金をかけずに冷蔵庫の処分を行いたい場合は、自分で指定引取場所まで運搬するという方法もあります。
その場合は、事前に郵便局でリサイクル料を支払っておく必要がありますが、運搬費用が必要ないため、比較的安く処分することが可能です。
ただし、冷蔵庫を一人で運ぶのは大変ですので、人手や冷蔵庫を運搬するための車なども必要になり、手間や時間がかかってしまいます。
どうしても安く冷蔵庫を処分したいという場合でなければ、あまりオススメできる方法ではありません。

【まとめ】

今回のテーマは、「結婚で不要になった冷蔵庫の処分方法」についてでした。
今回ご紹介したように、冷蔵庫は家電リサイクル法の対象品目になりますので、自治体で粗大ごみとして回収してもらうことはできません。
ただし、冷蔵庫の処分方法には、いくつかの種類がありますので、ご自身の状況にあった方法を選ばれるのがよいのではないでしょうか。

こんな人は不用品回収業者の利用がオススメ!

 2019年5月30日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「こんな人は不用品回収業者の利用がオススメ!」についてです。

粗大ゴミなどの処分を行う時に便利な、不用品回収業者ですが、まだ一度も利用したことがないという方も、いらっしゃるのではないでしょうか。

「どんな時に不用品回収業者を利用できるのか知らない」
「自治体の粗大ごみ回収との違いがわからない」

このような方も、少くないと思います。
そこで今回は、不用品回収業者は、どんな人にオススメなのかについて、ご紹介したいと思います。
まだ一度も、不用品回収業者を利用したことがないという方は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

【不用品回収業者はこんな人にオススメ!】

■急な引っ越しをする人


急な引っ越しなどで、すぐに不用品を処分したい場合は、不用品回収業者の利用がオススメです。
自治体の粗大ごみ回収の場合は、申込みから処分までに約1〜2週間の期間が必要になります。
しかし、不用品回収業者であれば、即日回収を行っている業者もあり、すぐに不用品の処分ができるため、急な引っ越し等の場合も便利です。

■仕事が忙しい人


普段仕事が忙しく、時間がなかなか無いという場合や、家にいるのは夜遅くと日曜日くらいというような人にも、不用品回収業者の利用はオススメです。
不用品回収業者は、日曜日や夜間の回収を行っているところも多いですし、時間や曜日の指定ができます。
また、業者によっては、立会い不要のところもありますので、仕事が忙しく時間が無いという方でも利用しやすいのです。

■家電を処分したい人

家電の中でも特に、冷蔵庫・冷凍庫・エアコン・テレビ・洗濯機・衣類乾燥機などを処分したい人には、不用品回収業者がオススメです。
これらの家電製品は、家電リサイクル法の対象品目のため、自治体の粗大ごみ回収では処分することができません。
そのため、これらの家電の処分を行う場合は、不用品回収業者の利用がオススメなのです。

■一人暮らしの人

一人暮らしの方にも、不用品回収業者の利用はとてもオススメです。
自治体の粗大ごみ回収の場合は、作業員が自宅内まで不用品を取りに来てくれませんので、自分で自宅敷地前や、指定のクリーンステーションまで運び出しておく必要があります。
しかし、大型の家具や家電などの場合、一人暮らしの方が運び出すのは難しいです。
不用品回収業者であれば、自宅内まで回収にきてくれますので、運び出す必要がなく、一人暮らしや高齢者の方でも安心して利用することができます。

【まとめ】

今回のテーマは、「こんな人は不用品回収業者の利用がオススメ!」についてでした。
不用品回収業者は、うまく利用すると、とても便利です。
今まで、不用品回収業者を利用したことがないという方は、この機会にぜひ利用されてみてはいかがでしょうか。

こんな人は、不用品回収業者を利用するのがオススメですよ

 2019年3月29日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「こんな人は、不用品回収業者を利用するのがオススメですよ」についてです。

引っ越しや断捨離、生前整理や遺品整理などで、たくさんの不用品を処分する必要がある場合、不用品回収業者の利用はとても便利です。
しかし、まだ不用品回収業者を一度も利用したことないという方も少なくないでしょう。
不用品回収業者を利用する以外にも、不用品を処分する方法はいくつかありますので、どういった時に不用品回収業者を選べばよいかわからないという方も多いようです。
そこで今回は、不用品回収業者を利用するのがオススメな人とは、どういった人なのかについて、ご紹介したいと思います。

【高齢者や女性、一人暮らしの方】


高齢者や女性、一人暮らしの方は、特に不用品回収業者を利用することをオススメします。
例えば、自治体の粗大ごみ回収を利用する場合は、自分で自宅前や指定のクリーンステーションまで不用品を運び出す必要があります。
大きな家電や家具を、自分で運び出すとなると、高齢者や女性、一人暮らしの方は難しいことも多いです。
無理に、運び出すことで怪我などの原因になる可能性もありますので注意が必要です。
不用品回収業者に依頼すれば、申込みと支払い以外は全ての作業を業者が行ってくれます。
そのため、高齢者や女性、一人暮らしの方でも安心して依頼することができます。

【忙しくて時間が無い!という方】

普段、仕事や家事、育児、介護など、様々な理由で、とにかく時間が無い!という方にも、不用品回収業者の利用はオススメです。
不用品回収業者の中には、年中無休の業者や、朝や夜間の回収作業を行っている業者もあります。
自治体の粗大ごみ回収は、日曜や祝日の受付を行っていないことが多いです。
一方で、不用品回収業者は日曜や祝日なども受付していることが多いため、利用しやすいでしょう。
さらに、不用品回収業者の中には立会いが必要ない業者も多くありますので、忙しくて時間が無い方にとっては、便利ではないでしょうか。

【急な引っ越しを行う方】


急な転勤などで引っ越す必要が出てきた時にも、不用品回収業者の利用は便利です。
自治体の粗大ごみ回収の場合は、基本的に申込みから回収までに約1〜2週間の期間が必要になります。
しかし、急な引っ越しなどの場合、1〜2週間も待ってられないということもあるでしょう。
不用品回収業者の中には、即日回収を行っている業者もありますので、早ければ申し込んだ日に回収してもらうことも可能です。
場合によっては、必要なものだけ持って引っ越しを行い、後日、業者が部屋に残された不用品を回収するということも可能です。
立ち会いなしでも可能な不用品回収業者だからこそできるメリットですね。

【まとめ】

今回のテーマは、「こんな人は、不用品回収業者を利用するのがオススメですよ」についてでした。
今回ご紹介した状態に当てはまるという方は、ぜひ不用品回収業者を利用してみられてはいかがでしょうか。
大阪・兵庫で不用品の処分にお困りの方は、クリーン本舗にお任せください。
お見積りは無料です。まずは、お気軽にお問い合わせください。

こんな人は要注意!自宅がゴミ屋敷になりやすい人の特徴

 2019年3月27日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「こんな人は要注意!自宅がゴミ屋敷になりやすい人の特徴」についてです。

テレビなどで耳にすることも多い「ゴミ屋敷」ですが、実はなりやすい人の特徴というのがあるのです。
ゴミ屋敷になってしまってからでは、片付けも大変です。
できるだけ早い段階で、片づけを始める方がいいでしょう。
今回は、自宅がゴミ屋敷になりやすい人の特徴について、ご紹介したいと思います。

【ゴミ屋敷は危険!しかし年々増加傾向にある!】

ゴミ屋敷は、年々増加傾向にあると言われています。
意外に思われるかもしれませんが、ゴミ屋敷の7〜8割が女性の住宅なのです。
また、ゴミ屋敷が増加しているのは、一人暮らし世帯が増えていることや、近隣住民との交流が無くなっていることなのが関係しているとも言われています。
そんなゴミ屋敷ですが、ゴミ屋敷には下記のような危険も潜んでいるのです。

■火災

ゴミ屋敷で最も怖いのは、火災が起こることです。
外にまで放置されたゴミに、放火されたり古い電化製品から発火したりする可能性も高く、とても危険です。
実際に、ゴミ屋敷で火災が起きたニュースを見たことがある方も多いのではないでしょうか。

■悪臭や害虫の発生

さらに、ゴミ屋敷の問題の一つに、悪臭や害虫が発生しているということがあります。
ゴミ屋敷のゴミの中には、生ゴミなども混じっていることがほとんどです。
それらの生ゴミが腐敗して悪臭が発生したり、それらの生ゴミを食べて繁殖した害虫が集まってきたりすることも多いのです。
これらの問題は、ゴミ屋敷の住人だけでなく、近隣住民にも大きな影響を与えることになります。

【自宅がゴミ屋敷になりやすい人の特徴】


前述の通り、ゴミ屋敷は危険もありますので、自宅をゴミ屋敷にしないための努力が必要です。
では、どういった人がゴミ屋敷を作ってしまいやすいのでしょうか。
次は、ゴミ屋敷になりやすい人の特徴について、ご紹介したいと思います。

■孤独感を感じている人

まず、ゴミ屋敷の住人は孤独感を感じていることが多いです。
例えば、長年連れ添った夫や妻に先立たり、離婚してしまったりした一人暮らしの方などに多い傾向があるのです。
それ以外にも、社会に馴染めず、孤立してしまっていることなどで孤独感や不安感を感じている場合もあるようです。

■物が捨てられない人

物があまり充実してなかった時代を経験されたことのある年配の方に多いのですが、物を捨てることができないという人もゴミ屋敷になりやすいと言えます。
「もったいない」
「いつか使うかもしれない」
このような気持ちが大きく、例えゴミであってもゴミだと思えないという方は、どんどん物が増えていきますので、ゴミ屋敷になりやすいでしょう。

■買い物依存症の人

特に女性に多いのですが、買い物依存症が原因で部屋がゴミ屋敷になっているということもあります。
「ストレス発散=買い物」になっている方は要注意ですよ。
物が増えると、その分収納が必要になります。
それだけの収納がある広い家に住んでいるのであれば別ですが、そうでなければ、結果的に片付けることができず、ゴミ屋敷となってしまうのです。

【まとめ】

今回のテーマは、「こんな人は要注意!自宅がゴミ屋敷になりやすい人の特徴」についてでした。
「自分は大丈夫!」
「ゴミ屋敷なんてありえない」
このように思っている方でも、当てはまるところがあれば注意が必要かもしれません。
自宅がゴミ屋敷になる前に、断捨離などの片付けに取り組んでみられてはいかがでしょうか。

すぐに処分したい物は不用品回収業者に依頼しよう!

 2018年12月19日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「すぐに処分したい物は不用品回収業者に依頼しよう!」についてです。

急な引越しや家具の買い替えなどで、すぐに粗大ゴミや不用品を処分したい!ということありますよね。
不用品の処分には様々な方法がありますが、すぐに処分したいという場合は、不用品回収業者がオススメです。
今回は、すぐに処分したい不用品は不用品回収業者に依頼するのがオススメな理由について、ご紹介したいと思います。

【自治体の粗大ゴミ回収に必要な期間は?】


粗大ゴミの処分をする際は、自治体の粗大ごみ回収を検討される方も多いでしょう。
しかし、すぐに処分したいという場合は自治体の粗大ゴミ回収は不向きです。
お住まいの自治体によって多少期間は異なりますが、基本的に自治体の粗大ごみ回収の場合は、申し込みから回収まで1~2週間の期間が必要になります。
そのため、すぐに処分したいという場合は自治体の粗大ごみ回収以外の方法を選ばれる方がいいでしょう。

【不用品回収業者ならどこに依頼してもすぐに処分できる?】


すぐに処分したい場合は不用品回収業者がオススメと前述しましたが、どこの不用品回収業者に依頼してもすぐに処分できるというわけではありません。
基本的には、どの不用品回収業者も自治体の粗大ごみ回収に比べると早く処分することができます。
ただし確実に早く処分したいという場合は、即日回収を行っている業者に依頼するのがいいでしょう。
即日回収を行っている業者であれば、午前中に依頼して午後に回収してもらうということも可能です。
とにかく早く処分したいという方は、即日回収を行っている不用品回収業者に依頼されることをオススメします。

【安心して依頼できる不用品回収業者とは】


不用品回収業者は、すぐに不用品の処分ができてら、とても便利なのですが、残念ながら中には悪質な業者も存在しているのです。
そのため悪質な不用品回収業者に依頼してトラブルに巻き込まれると言う事例も発生しています。
そういった事から、不用品回収業者の利用に不安を感じているという方も少なくないでしょう。
不用品回収業者とのトラブルを防ぐためには、安心して依頼できる業者を選ぶことが大切です。
安心して依頼できる不用品回収業者を選ぶポイントは以下を参考にしてください。
・事前に見積もりを行っている
・具体的で適正な見積もり価格を提示している
・会社の所在地やホームページ等がしっかりしている
・スタッフの対応や電話対応が丁寧

上記を全てクリアしているから確実に安全な不用品回収業者であるということではありませんが、悪質な業者である可能性は低くなりますので、参考にされてみてはいかがでしょうか。

【まとめ】

今回のテーマは、「すぐに処分したい物は不用品回収業者に依頼しよう!」についてでした。
すぐに処分したい不用品がある!という方は、今回の記事を参考にしてみてくださいね。

実はとっても簡単!不用品回収業者の利用方法

 2018年9月26日

実はとっても簡単!不用品回収業者の利用方法

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「実はとっても簡単!不用品回収業者の利用方法」についてです。

引っ越しや断捨離、遺品整理や生前生理などで、不用品の処分を行う場合、処分方法に悩むことはありませんか?

不用品の処分方法には、いくつかの方法がありますが、中でも手間がかからず便利なのが「不用品回収業者の利用」です。

しかし、不用品回収業者を利用したことの無い方は、どうやって依頼していいのか方法がわからなかったり、 何を処分してもらえるのかわからないなどの不安がある方も少なくないでしょう。

そこで今回は、実はとっても簡単に利用できる不用品回収業者の利用方法についてご紹介したいと思います。

【電話一本で回収に来てもらえます】

不用品回収業者によって多少異なることもありますが、基本的には電話一本で回収に来てもらうことができます。

電話だけでなくホームページのお問い合わせフォームなどを利用して、依頼することができる業者もあります。

電話での問い合わせは営業時間内になりますが、ホームページを使った問い合わせの場合は24時間いつでも自分の好きなタイミングで送ることができます。

お問い合わせフォームに自分の都合のよい時間(業者の営業時間内で)と電話番号を記入して送っておくと、その時間に業者から電話をかけてきてもらうこともできます。

営業時間は業者によって異なりますが、自治体などに比べると長い場合が多く、土日や祝日でも対応していることが多いです。

【申し込みのあとは見積もりを】

電話やフォームから申し込んだあとは、見積もりを行います。

事前の見積もりは、後からトラブルになるのを防ぐことに繋がりますので、きちんと見積もりをおこなってくれる業者を選ぶようにしましょう。

自分の都合のよい日時を業者に伝え、見積もりに来てもらいましょう。

回収してもらいたいものが、回収可能なのかわからず不安な場合は、事前に電話で確認しておきましょう。

また買い取りも行っている業者の場合は、見積もり時に買い取り査定も行います。

【見積価格に納得できれば回収作業】

見積もりにきてもらい、価格に納得できれば、その場で回収作業を始めることができます。

ただし、回収する不用品の量が多い場合は後日改めて回収となる可能性もあります。もしも回収を急いでいる場合は、事前にその旨を伝えておくとよいでしょう。

回収作業は全て業者が行いますので、依頼主は特に作業はありません。分別をしていなくても、全て業者がおこなってくれます。

【作業完了後、支払いをして終了】

回収作業は、回収する不用品の量にもよりますが、基本的には数時間以内で終了します。

作業完了後、事前に見積りしていた費用を支払って、終了となります。

支払いは、業者にもよりますが、クレジットカードが利用可能なところもあります。

クレジットカードを利用予定の場合は、事前に業者に伝えておきましょう。

【まとめ】

今回のテーマは、「実はとっても簡単!不用品回収業者の利用方法」についてでした。

不用品の処分をする際に、不用品回収業者は大変便利です。

利用方法も簡単で、初めての方でもスムーズに不用品処分ができますよ。

ただし不用品回収業者の中には悪質な業者が存在することもあるので、依頼をする際は業者選びに注意しましょう。

不用品回収業者の利用がオススメな人とは

 2018年9月6日

不用品回収業者の利用がオススメな人とは

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「不用品回収業者の利用がオススメな人とは」についてです。

引っ越しや断捨離、生前整理や遺品整理を行うと、たくさんの不用品が出ますよね。

不用品の処分にはいくつかの方法があります。

不用品の処分についてインターネットなどで調べていると、不用品回収業者を利用する方法がよく紹介されていますが、実際にどういった人が不用品回収業者を利用するのがオススメなのでしょうか。

今回は不用品回収業者の利用がオススメな人や、その理由についてご紹介したいと思います。

【一人暮らし・女性・高齢者】

まず、一人暮らしの方や、女性、高齢者の方は不用品回収業者の利用がオススメです。

その理由は、不用品回収業者に依頼した場合、依頼主が行うことは電話(もしくはホームページ)で申込みと支払いのみです。

不用品回収業者は自宅内まで取りに来てくれて、運び出し、回収、処分まで全ての作業を任せることができます。

基本的に自治体に粗大ごみ回収を依頼した場合は、指定のクリーンステーションや自宅敷地前まで運び出しておく必要がありますので、大きいものや重い物の場合、1人では運べないことも多いです。

さらに女性や高齢者の場合は、重いものを運び出すことで怪我につながることもありますので、全て任せられる不用品回収業者を利用するのがオススメです。

【仕事・介護・育児など忙しく時間がない人】

普段、仕事や介護、育児など様々な理由で忙しく、あまり時間が取れないという方にも、不用品回収業者の利用はオススメです。

自治体の粗大ごみ回収の場合は、受付時間や曜日にも決まりがあり、基本的に日曜日や祝日は受け付けていない自治体がほとんどです。

不用品回収業者の場合は、日曜や祝日でも対応している業者が多く、夜間の引き取りにも対応してもらえますので、忙しい方でも利用しやすくなっています。

また立ち会いなしでの回収が可能な業者も多いですので、忙しくてほとんど家にいないという方でも不用品の処分をすることができます。

電話一本で申し込みができるというのもポイントです。

【急な引っ越しを行う人】

急な転勤などで引っ越しをしなければいけない方にも、不用品回収業者の利用はオススメです。

基本的に自治体の粗大ごみ回収の場合は、申込みから回収まで1〜2週間の期間が必要になります。

しかし不用品回収業者の場合は、即日対応している業者もありますので、朝に連絡をして夕方に取りに来てもらうということも可能です。

また、場合によっては必要なものだけを持って引っ越しを行い、後日、業者が部屋に残された不用品を回収するということも可能です。

立ち会いなしでも可能な不用品回収業者だからこそできるメリットですね。

【まとめ】

今回のテーマは、「不用品回収業者の利用がオススメな人とは」についてでした。

不用品の処分方法で悩まれた場合は今回の記事を参考に、上記に当てはまる方は、不用品回収業者を利用されてみてはいかがでしょうか?

ゴミ屋敷の原因にもなる【セルフネグレクト】とは

 2018年8月31日

ゴミ屋敷の原因にもなる【セルフネグレクト】とは

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「ゴミ屋敷の原因にもなる【セルフネグレクト】とは」についてです。

年々、ゴミ屋敷が増加しており、社会問題にもなっていますが、自宅がゴミ屋敷になる原因の一つに「セルフネグレクト」というものがあります。

子どもの虐待の一つに「ネグレクト」というものがあり、こちらは多くの人が知っている言葉となりましたが、「セルフネグレクト」については、まだまだ浸透していないのが現状です。

そこで今回は「セルフネグレクト」についてご紹介したいと思います。

【セルフネグレクトとは】

セルフネグレクトは、「成人が通常の生活を維持するために必要な行為を行う意欲・能力を喪失し、自己の健康・安全を損なうこと。」(引用元:デジタル大辞林)という意味があります。

ようするに、大人が通常の生活を維持できないほどに意欲や能力がなくなり、それによって健康や安全さえも守れなくなっている状態のことを指します。

通常の生活を維持できないほどというのは、最低限の衣食住さえも放棄してしまっている状態です。

セルフネグレクトは成人した人であれば、年齢や性別に関わらず、誰にでも起こりうる問題だと言われています。

また、セルフネグレクトはゴミ屋敷や孤独死の原因にもなっているため、とても深刻な社会問題なのです。

【セルフネグレクトのサインとは】

深刻な問題であるセルフネグレクトですが、どういった症状からセルフネグレクトの可能性を発見することができるのでしょうか。

厚生労働省はセルフネグレクトのサインとして、以下のチェックリストを提示しています。

□単身生活の人が、痩せて食事をしていないようであったり、身体や衣類の清潔が保たれていない

□昼間でも雨戸が閉まっている

□窓ガラスが割れたまま放置されている

□電気、ガス、水道、電話が止められていたり、家賃の支払いが滞っている

□郵便物がたまったまま放置されている

□野良猫のたまり場になっている

□近所の人や行政が相談に乗ろうとしても、「いいよ、いいよ」「放っておいてほしい」と頑なに遠慮したり拒否しあきらめの態度が見られる

上記のような症状に当てはまる場合はセルフネグレクトの可能性があります。

【セルフネグレクトの原因】

セルフネグレクトの原因には様々なものが考えられます。

特に以下のようなものがセルフネグレクトの原因となっている場合が多いです。

・家族や社会、地域との関わりがなく、社会から孤立してしまっている

・老化や病気が原因で身体機能が低下し、生活に必要なことができなくなっている

・認知症や精神疾患が原因で判断力が低下している

・経済的に困難で助けを求めることもできない

決してこれらだけがセルフネグレクトの原因ではありませんが、こういったことはセルフネグレクトの原因になる場合が多いでしょう。

【まとめ】

今回のテーマは、「ゴミ屋敷の原因にもなる【セルフネグレクト】とは」についてでした。

セルフネグレクトはとても深刻な問題ですし、本人はなかなか気づけないことが多いです。

そのため周りの人が早めに気づいてあげ、手を差し伸べてあげることが大切です。

1 2 3
         

Copyright © 2019 クリーン本舗 All Rights Reserved.