• ホーム
  • お問い合わせ・お見積り

ソファーの寿命と処分方法

 2019年3月8日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「ソファーの寿命と処分方法」についてです。

リビングでのリラックスタイムに大活躍のソファーですが、大きく重い家具でもあるため、処分するとなると大変です。
ソファーを処分するタイミングは、インテリアを大きく変える模様替えや、引っ越し、遺品整理などもありますが、ソファーが寿命を迎えるということもあるでしょう。
今回は、ソファーの寿命や処分方法について、ご紹介したいと思います。

【ソファーの寿命は?購入価格にも関係する?】

ソファーの寿命は、ソファーの作りや素材によっても異なります。
一般的には、革製のソファーであれば約10年、合皮製や布製のソファーであれば約3〜5年が寿命だと言われています。
ソファーの寿命には価格も影響するようで、やはり高級なソファーは長持ちする傾向があるようです。
値段(1万円単位)×1年という考えもあるようで、例えば3万円のソファーなら約3年、10万円のソファーなら約10年の寿命だと考える方も多いようです。
しかし、実際には使用方法などによっても寿命は異なってきます。
例えば、お子さまがいらっしゃるご家庭であれば、飲み物や食べ物などをこぼしたり、ソファーの上で飛び跳ねることもあるでしょう。
そのような環境であれば、ソファーの寿命は短くなりやすいと言えます。
また、ペットを室内で飼われている場合も、爪などで引っ掻いてしまうため、革や布がボロボロになってしまう可能性も高いです。
そのため、年数に関わらず、「座面が凹んでいる」、「クッション性が無くなってきた」、「表面がボロボロになってきた」など、ソファーの状態によって判断するのが良いでしょう。

【ソファーの処分方法3選】

ソファーの処分には、いくつかの方法がありますが、ここでは代表的な3つの方法について、ご紹介したいと思います。

■自治体の粗大ごみ回収を利用する

ソファーは、自治体の粗大ごみ回収を利用して処分することが可能です。
自治体の粗大ごみ回収は、比較的安く利用できるというメリットがあります。
しかし一方で、自分で自宅敷地前や指定のクリーンステーションまで、処分したいソファーを運び出しておかなければならないというデメリットもあるのです。
大きなソファーですと、一人で運ぶことは難しいですし、ケガをする危険性もあります。
また、依頼してから回収までに、約1〜2週間の期間が必要になる為、すぐに処分したい方にとっても不向きだと言えます。

■不用品回収業者に依頼する


ソファーを、手間をかけずにすぐに処分したいなら、不用品回収業者への依頼がオススメです。
電話一本で、自宅内までソファーを回収しに来てくれますので、全く手間がかかりません。
ただし、不用品回収業者の中には悪質な業者も存在していますので、依頼する際は、信頼できる業者を選ぶようにしましょう。

■リサイクルショップやフリマアプリ等で売却

まだ寿命を迎えておらず、状態の良いソファーであれば、リサイクルショップやフリマアプリ、ネットオークションなどを利用して売却することも可能です。
ただし、フリマアプリやネットオークションを利用する場合、大きなソファーは送料が高くなってしまいますので、料金設定には注意が必要です。

【まとめ】

今回のテーマは、「ソファーの寿命と処分方法」についてでした。
ソファーには寿命があり、古くなったソファーを使い続けるのは、あまりよくありません。
ソファーの処分を検討中の方は、今回の記事を参考にしてみてくださいね。

生前整理ってどんなメリットがあるの?

 2019年3月6日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「生前整理ってどんなメリットがあるの?」についてです。

突然ですが、生前整理という言葉を聞いたことがありますか?
家族や親族が亡くなった後に、遺された遺族が故人の残した身の回りのものを整理することを「遺品整理」と呼びますが、生前整理は、この遺品整理とは全くことなり、自分で生前に行っておくものなのです。
生前整理には、多くのメリットがあることから今、注目を集めています。
そこで今回は、生前整理のメリットや方法について、ご紹介したいと思います。

【生前整理を行うメリット】

生前整理を行うことは、たくさんのメリットがありますのでオススメです。
ここでは、生前整理を行うメリットについて2つ、ご紹介したいと思います。

■遺された家族の負担を減らす

まず、生前整理を行う大きなメリットは、自分の死後、遺された家族の負担を減らすことができるという点です。
遺品整理を経験されたことがあるという方はわかると思いますが、遺品整理は想像以上に精神的にも体力的にも大変な作業です。
生前整理をしておくことで、遺品整理はかなり楽になりますので、家族の負担を減らすことができます。
自分の死後、家族に負担をかけたくないという思いを叶えることができますよ。

■残りの人生を豊かに過ごすことができる


生前整理は終活の1種です。
生前整理を行うことで、自分の死について考える機会になり、残りの人生を豊かに過ごすことができます。
生前整理で不要な物が減ることで、本当に必要なものや大切なものに気づくことができるのです。
生前整理は決して、ネガティブな行為ではなく、人生を豊かにするポジティブな行為なのです。

【生前整理を簡単に進める方法】

生前整理は、難しい作業ではありません。
誰でも、今すぐに始められるのです。
生前整理を始めるなら、まずは自宅の不用品処分から始めるのがオススメです。
まずは、自分の身の回りのものを「必要なもの」と「不要なもの」に分けて、「不要なもの」を処分するといいでしょう。
「必要なもの」と「不要なもの」を分ける時は、「この1年で一度でも使用したかどうか」などの基準を決めて、分けていくのがオススメです。
いつか使うかも・・・という物は、ほとんど使いませんので処分しましょう。
どうしても、悩んでしまう物は、一旦「保留」にしておく方法もあります。
ただし、一旦保留にしたものをずっと放置せず、一定期間あけたあと、再度「必要なもの」か「不要なもの」かを判断するようにしてください。

【まとめ】

今回のテーマは、「生前整理ってどんなメリットがあるの?」についてでした。
今回ご紹介したように、生前整理には多くのメリットがありますし、誰でも簡単に今すぐ始めることができます。
この機会に生前整理に取り組んでみられては、いかがでしょうか。
生前整理で出た不用品は、不用品回収業者を利用すると、手間をかけずに処分することができますよ。
ぜひ、参考にしてみてくださいね。

家族に負担をかけたくないなら生前整理に取り組もう!

 2019年2月14日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「家族に負担をかけたくないなら生前整理に取り組もう!」についてです。

あなたは「終活」に取り組んだことがありますか?
終活という言葉は知っているけれど、何から始めればいいのかわからないという方も少なくないでしょう。
そんな方には、すぐに始めやすい生前整理がオススメです。
今回は、生前整理について、ご紹介したいと思います。

【生前整理とは】

あなたが亡くなったあと、あなたの身の周りの物は誰が整理するか考えたことがありますか?
あなたが亡くなったあと、一般的には遺された家族があなたの遺したものを整理することになります。
それを、「遺品整理」と呼びますが、遺品整理は精神的にも体力的にも家族に大きな負担がかかります。
そこで、遺された家族の負担を減らすために、生前の元気なうちに自分自身で身の回りのものを整理しておくことを「生前整理」と呼びます。

【生前整理の進め方】


生前整理は、不要なものと必要なものに分け、不要なものは処分し、必要なものはきちんとまとめておくというのが基本的な流れです。
財産など相続に関係するものは、「どこに・何が・どれだけある」のかをきちんとノート等にまとめておくといいですよ。
そして、必要なものと不要なものを分ける際は、過去1年以内に1度でも使用したかどうかということを基準に分けていくと進めやすくなります。
「いつか使うかもしれない」と思うと、いつまでも捨てられず、結果的に生前整理になりません。
基本的に1年使用しなかったものは、今後も使用する可能性がかなり低いです。
思い切って処分しましょう。

【生前整理で出た不用品の処分は不用品回収業者に任せよう!】


生前整理は、終活の中でも難しい作業ではなく、取り組みやすいといえます。
ただし、生前整理で出た、たくさんの不用品を処分する作業は、手間と時間、体力が必要になる場合が多いです。
特に、自治体の粗大ごみ回収などを利用する場合、重たいものであっても、自宅外まで運び出す必要がありますので、高齢者の方や女性の方には難しい作業となります。
さらに、分別等も面倒くさいですよね。
そこでオススメなのが、不用品回収業者への依頼です。
不用品回収業者であれば、電話一本でほとんど全ての不用品を一度に回収してくれますので、手間も時間も体力も必要ありません。
全ての作業を業者が行ってくれますので、体力に不安がある方でも安心して任せられますよ。

【まとめ】

今回のテーマは、「家族に負担をかけたくないなら生前整理に取り組もう!」についてでした。
生前整理を行うことで、あなたにもしものことがあった時、家族が抱える負担を減らすことができます。
そして、生前整理の最大のポイントは、「体が元気なうちに早めに取り組む」ということです。
人は、いつ何があるかわかりません。
「いつかやろう」と思っていても、できなくなってしまうこともあるのです。
生前整理は後回しにせず、早めに取り組むようにしましょう。

遺品整理は業者に依頼するのがオススメです

 2019年1月24日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「遺品整理は業者に依頼するのがオススメです」についてです。

家族や親族が亡くなると、遺された家族は葬儀の準備や様々な手続きなどで悲しむ時間もないほど忙しいものです。
そんな中で、さらに遺品整理も行わなければならないので、心身ともに疲労が重なってしまいます。
昔は「遺品整理は、家族や親族が行うもの」と考える方が多かったのですが、現在では遺品整理を専門に扱う業者や、遺品整理士という資格もあり、遺品整理を業者に依頼するという方も増えています。
そこで今回は、遺品整理を業者に依頼するメリットについて、ご紹介したいと思います。

【遺品整理とは】


亡くなった人が残したものを「遺品」と呼びますが、遺品整理は、その遺品を整理することです。
遺品には、故人が生前に使用していた日用品など様々なものが含まれますので、それを一つ一つ整理していくのは、とても大変な作業ですし、時間もかかる場合が多いです。

【遺品整理に期限はある?】


遺品整理には、決められた期限やタイミングはありません。
ただし、故人が生前に賃貸住宅で暮らしていた場合などは、早めに部屋を明け渡す必要があるため、できるだけ早く遺品整理を行う必要があるでしょう。
また、遺品から多くの貴重品が出てくる可能性もあり、相続税などの法的な手続きが必要な場合も早めに遺品整理に取り組んでおく必要があります。

【遺品整理を業者に依頼するメリット】


遺品整理は、家族や親族だけで行うことも不可能ではありませんが、前述したように時間と手間がかかったり、精神的に辛く感じてしまったりする可能性があります。
そこでオススメなのが、遺品整理を業者に依頼することです。
遺品整理業者に依頼するメリットは、遺品整理士という資格を持っていたり経験豊富であったりするプロに安心して任せることができるという点や、早く遺品整理を進めることができるという点があげられます。
また、遺族が高齢の場合や身体が不自由な場合など、自分たちでは難しい作業も任せることができますので頼りになりますね。

【遺品整理を業者に依頼する場合の注意点】


前述したように、遺品整理を業者に依頼するのはとてもオススメですが、注意していただきたいこともあります。
遺品整理業者に依頼したことで、大切な遺品を雑に扱われたり、大切なものまで処分されてしまったというトラブルも起きています。
遺品整理業者の中には、そのような悪質な業者も存在していますので、依頼する場合は信頼できる業者を選ぶようにしてください。

【まとめ】

今回のテーマは、「遺品整理は業者に依頼するのがオススメです」についてでした。
最近、大切な家族を亡くされた方や遺品整理でお困りの方は、ぜひ今回の記事を参考にしてください。
大阪・兵庫で遺品整理でお困りの方は、私たちクリーン本舗にお任せください。
お見積りは無料です。まずは、お気軽にご相談ください。

終活を始めるなら生前整理がオススメです!

 2019年1月18日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「終活を始めるなら生前整理がオススメです!」についてです。

ここ数年で「終活」という言葉をよく耳にするようになりましたよね。
「終活を初めたいけれど何をしていいかわからない」
「そもそも自分に終活はまだ必要ない」
上記のような方も少なくないのではないでしょうか。

そこで今回は終活について、ご紹介したいと思います。

【そもそも終活とは】


終活という言葉は知っているけれど、中身についてはよくわからないという方も多いでしょう。
終活とは、自分の死と向き合い、最期まで自分らしく過ごせるために様々な準備をしておくことを言います。
終活を始める時期や年齢に決まりはありませんが、少しでも体力がある時から取り組んでおくといいですよ。
人の死はいつ訪れるか誰にもわかりませんので、最近では30代や40代で終活に取り組まれる方も増えています。
60代でも70代でも遅いということは、ありません。
ご自身が終活を使用!と思ったタイミングが始めるタイミングではないでしょうか。
終活は自分の老後のためだけでなく、遺された家族の負担を減らすことにも繋がりますので、まだ終活に取り組んでいないという方は、ぜひこの機会に終活に取り組まれることをオススメします。

【まずは生前整理から始めよう】


終活と一言で言っても様々なことがあるのですが、まずは気軽に取り組める生前整理から始められるのがよいでしょう。
生前整理とは、元気なうちに自分の身の回りの荷物や、資産などを整理しておくことを言います。
あなたが亡くなった際、遺された家族は遺品整理を行うことになりますが、生前整理を行っておくことで、遺品整理の際の家族の負担を減らすことができますよ。
また自分自身も、不要なものを処分し身の回りがスッキリすることで、残りの人生を豊かに過ごすことができます。

【生前整理の進め方】

生前整理は、決して難しい作業ではありません。
自分の身の回りのものを、必要なものと不要なものに分け、不要なものは処分するといった単純作業になります。
また、銀行口座や所有している土地など資産になるものをきちんと整理しておくことも、生前整理の重要なポイントです。
必要なものと不要なものを分ける際は「ここ1年で1度でも使用したかどうか」や「心がときめくか」などを基準に分けていくといいですよ。
生前整理を行い、必要なものだけに囲まれて生活をすることで、毎日の暮らしがより良いものになります。

【生前整理で出た不用品の処分方法】


生前整理で出た不用品の処分には、いくつかの方法がありますが、中でも不用品回収業者はオススメです。
その理由は、とにかく早く処分でき手間がかからないということです。
細かく分別する必要もありませんし、重たい物や大きな物でも全て業者が運んでくれますので安心です。
また買い取りも同時に行っている業者であれば、場合によっては買い取ってもらえる可能性もありますので思わぬ収入になりますよ。

【まとめ】

今回のテーマは、「終活を始めるなら生前整理がオススメです!」についてでした。
終活を始めようとお考えの方は、今回の記事をぜひ参考にしてみてくださいね。

遺品整理を早く手間をかけずに進める方法

 2019年1月8日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「遺品整理を早く手間をかけずに進める方法」についてです。

遺品整理を経験したことがある方であれば、ご存知だと思いますが、遺品整理は精神的にも体力的にも大変な作業です。
状況によっては、家族を亡くした悲しみの中、すぐに遺品整理をする必要がある場合もあるので、悲しんでいる暇もないと感じることもあるでしょう。
そんな大変な遺品整理を、早く、手間をかけずに進める方法があるとすれば知りたいと思いませんか?
そこで今回は、遺品整理を手間をかけずに早く進める方法について、ご紹介したいと思います。

【そもそも遺品整理とは】


遺品整理とは、家族や親族が亡くなった際に故人の荷物(遺品)を整理したり、部屋を綺麗な状態にしたりすることを言います。
故人の遺品の中から、財産価値のあるものを分けたり、不要なものを処分したりするのです。
故人が生前、一人暮らしをしていた場合などは、早めに遺品整理を行わなければ次月の家賃が発生しますので、できるだけ早い遺品整理が必要になります。
しかし前述したように、遺品整理は大変な作業ですので、家族だけで行うとなると時間と手間がかかってしまうのです。

【遺品整理を手間をかけずに早く進めるなら】


遺品整理は故人の家族や親族など、身内が行うもの!という認識の方が多かったですが、現在は遺品整理の専門業者や、遺品整理士という資格もあり、プロに任せるという方も増えています。
これこそが、遺品整理を手間をかけずに早く進める1番の方法なのです!

やはり、家族や親族だけで遺品整理を進めていると、故人の思い出に浸ってしまったり、処分するかどうかで悩んでしまったりということが多く、なかなか遺品整理が進みません。
さらに、一度にたくさん出た不用品を処分する作業も大変で、体力的にも辛いです。
しかし、遺品整理を専門に扱っている業者や、遺品整理を多く経験してきている業者であれば1日(早ければ数時間~半日)で遺品整理を終えることができるのです。
家族や親族が遠くに住んでいて、遺品整理の立ち会いができないという場合でも作業を任せられる業者もありますので、心強いですね!
遺品整理は家族がやらなければいけない!というのは、もう古い考え方ですよ!
故人を偲ぶ気持ちがあれば、無理に遺品整理を家族で行う必要はありません。

【まとめ】

今回のテーマは、「遺品整理を早く手間をかけずに進める方法」についてでした。
遺品整理は大切な方を亡くし、精神的にも辛い時期に行いますので、なかなか思うように進められないという方も多いでしょう。
遺品整理でお困りの方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。
私たち、大阪·兵庫の不用品回収業者クリーン本舗でも、遺品整理を承っております。
豊富な経験をもとに作業させていただきますので、安心してお任せいただけます。
お見積もりは無料です。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

今年こそは取り組みたい!生前整理にはメリットがたくさん!

 2019年1月7日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「今年こそは取り組みたい!生前整理にはメリットがたくさん!」についてです。

2019年を迎え、気持ち新たに頑張ろうと思っている方も多いのではないでしょうか。
今年こそは○○に取り組もう!と年の初めに目標を立てるというのもいいですよね。
まだ、今年の目標が決まっていないという方や、毎年目標を立ててもなかなか実行されないという方は生前整理を今年の目標にされてみてはいかがでしょうか。
今回は生前整理のメリットについて、ご紹介したいと思います。

【生前整理とは】


「そもそも生前整理ってなに?遺品整理とどう違うの?」という疑問をお持ちの方にむけて、まずは生前整理とはどういったものなのかということを、ご説明したいと思います。
まず、遺品整理と生前整理は違います。
大きな違いは、遺品整理は自分の死後に家族や親族が行うもので、生前整理は自分が生きているうちに行うということです。
つまり、生前整理とは自身が元気なうちに、自分の身の回りのものを整理することです。
生前整理では、財産等の整理をしたり、身の回りの不要なものを処分したりするのが一般的です。

【生前整理を行うメリット】


生前整理を行うメリットはたくさんありますが、中でも一番大きいメリットは自分の死後、家族の負担を減らすことができるという点ではないでしょうか。
前述したように、自分の死後、遺された家族は遺品整理を行うことになります。
遺品整理を経験したことのある方ならご存知だと思いますが、遺品整理は想像以上に大変です。
精神的にも体力的にも負担がかかります。
そこで生前整理を行っておくことで、遺品整理を行う家族の負担をかなり減らすことができます。
遺品の中に不要なものが少ないことだけでも、遺品整理は楽になりますし、財産目録等があれば、さらに手間が省けますよ。

【生前整理で出た不用品は不用品回収業者への依頼がオススメ!】


生前整理の基本は、不要なものと必要なものを分け、不要なものを処分するということです。
必要なものと不要なものを仕分けする時は、1年以内に使用したかどうかを1つの基準にしてみるといいでしょう。
1年以上使用していないものは、今後も使用しないことが多いです。(冠婚葬祭用品等は別ですが)
どうしても悩んでしまうものは、保留BOXを用意しておき、一旦保留とし、期間をあけて再度検討するといいですよ。
そして、生前整理で意外と大変なのが、不用品の処分です。
不用品の中には、普通ごみとして処分できるものだけでなく、粗大ごみの対象になるものや、家電リサイクル法の対象になるものなど様々なものがあるでしょう。
それらを分別し、それぞれの品に合わせた処分方法で処分するのは手間も時間もかかります。
そこでオススメなのが、不用品回収業者への依頼です。
不用品回収業者であれば、ほとんどの不用品を一度に処分することができますし、細かい分別を行う必要もありません。
家電リサイクル法の対象品目でも、回収してもらうことができます。
さらに、回収作業は全て業者が行ってくれますので、大きな家具や家電の処分も安心です。
不用品回収業者の中には即日回収を行っている業者もありますので、すぐに処分することも可能ですよ。

【まとめ】

今回のテーマは、「今年こそは取り組みたい!生前整理にはメリットがたくさん!」についてでした。
今回の記事を参考に、今年は生前整理に取り組んでみられてはいかがでしょうか。

遺品整理を不用品回収業者に依頼するメリットとは

 2018年12月20日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「遺品整理を不用品回収業者に依頼するメリットとは」についてです。

家族や親族が亡くなると、遺された家族は遺品整理を行わなければいけません。
家族が亡くなった悲しみの中、遺品整理を行うのは精神的にも体力的にも大変です。
一昔前までは、遺品整理は家族や親族だけで行うものと考えている方が多かったですが、現在では遺品整理を業者に依頼するという方も増えています。
そこで今回は、遺品整理を不用品回収業者に依頼するメリットについてご紹介したいと思います。

【早くスムーズに遺品整理を行うことができる】


遺品整理を不用品回収業者に依頼する一番のメリットは、とにかく早くスムーズに遺品整理を進めることができるという点です。
遺品整理を家族や親族だけで行うとなると、かなりの時間必要になります。
遺品整理を進める中で、故人の思い出の品を見つけて、ついつい思い出にふけってしまうという事も少なくありません。
また家族内で、処分するか保管しておくかについて意見がまとまらないということもあるようです。
そういったことから遺品整理がなかなか進まず時間がかかってしまうのです。
故人が生前、賃貸住宅で一人暮らしをしていたという場合は、早く遺品を整理して部屋の引き渡しを行わなければいけないということもあるでしょう。
そのように期限があったり、急いでいたりする場合は、業者に任せるのがオススメです。

【思い出の品を誤って処分するようなことが無くなる】

遺品整理を進めていると、誤って故人の思い出の品や価値のあるものを処分してしまうということもあります。
本やノートの間に手紙や現金が挟まれていて気づかずに捨ててしまうということも少なくないのです。
普通の人は遺品整理を人生に何度も経験するということはあまりありませんので、初めての経験という人も多いでしょう。
初めてなので、あまりよくわからないまま進めてしまい結果的に大切なものを処分してしまったということになる可能性があるのです。
不用品回収業者などの遺品整理を行う業者は、豊富な経験と専門的な知識を持っているため、故人の大切なものを誤って処分してしまうということはありません。
タンスの裏に貼り付けられた現金まで見つけだしてくれますよ。

【大きな家電や家具の運び出しも任せられる】


遺品整理では、大きな家電や家具の処分が必要になることも多いです。
それらを自宅から運び出すのは、大変な作業です。
高齢者の方や女性の場合、ケガをしてしまう可能性もあるため注意が必要です。
しかし、不用品回収業者などの業者に遺品整理を依頼することで、そのような大きな家具や家電も全て業者が運び出して処分してくれますので、全く手間がかかりません。
重たい物を持つことに不安があるという方でも安心して依頼することができますよ。

【遠くに住んでいても依頼できる】


故人と離れて暮らしていて、近くに遺品整理をしてくれる人がいないということも少なくありません。
そういった状況でも、業者を利用することで仕事を何日も休んだり、交通費をかけて何度も通ったりする必要がありません。
業者によっては、立ち会いが不要なこともありますよ。

【まとめ】

今回のテーマは、「遺品整理を不用品回収業者に依頼するメリットとは」についてでした。
昔と違い、今は遺品整理は家族だけでやるという時代ではありません。
無理に家族だけで遺品整理を進めようとせず、業者を利用することを検討されてみてはいかがでしょうか。

生前整理は終活の第一歩!

 2018年12月13日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「生前整理は終活の第一歩!」についてです。

ここ数年、雑誌やテレビ等のメディアでも「終活」という言葉をよく耳にするようになりましたね。
終活とは、自分の死に向き合い、自分らしい最期を迎えるための準備のことです。
残念ですが、人は必ず最期の時を迎えます。
また、自分の最期の時がいつくるのかということは誰にもわからないのです。
だからこそ、自分らしい最期を迎えるための「終活」がブームとなっているのでしょう。
しかし、「終活を始めたいけれど、何から取り組めばいいのかわからない」という声もよく耳にします。
「終活」は最期の時を自分らしく迎えるための様々な準備の総称なので、様々なことが終活に当てはまるのです。
そこで終活を始める第一歩としてオススメなのが「生前整理」です。
今回は、生前整理を行うメリットや進め方についてご紹介したいと思います。

【終活で生前整理を行うメリットとは】


まず「生前整理」とは、元気なうちに自分が亡くなったあとのことを考え、身の回りのものを整理しておくことを指します。
生前整理は終活の中でも比較的取り組みやすいため、終活をこれから始めたいと考えている方には、まず生前整理から取り組まれてみるのはいかがでしょうか。
生前整理を行うメリットは大きく分けて2つあります。

■遺された家族の負担を減らす

あなたが亡くなった後、遺された家族は遺品整理を行うことになります。
遺品整理は想像以上に大変で、家族の負担になる場合が多いです。
しかし、生前整理を行っておくことで、不要な物はほとんど処分済みですし、その他の大切なものがどこにあるのかなども家族がわかりやすく負担をかなり減らすことができるのです。

■自分自身の残りの人生を豊かにする

生前整理を行うことで、自分にとって本当に必要なものだけに囲まれて暮らすことができますので、残りの人生を豊かに過ごすことができます。
つまり、生前整理で無駄な物を処分することで、心や時間に余裕が生まれるのです。
また、これからの人生で自分にとって本当に必要なものは何かを考える機会にもなりますよ。

【生前整理の進め方】


生前整理は決して難しい作業ではありません。
基本的には、身の回りの物を「必要なもの」と「不要なもの」に分けて、「不要なもの」は処分するといった流れになります。
「不要なもの」を分けるポイントとしては、1年以上使用していないものや、心がときめかないものなどは不要なものとするなどルールを決めるということです。
また、それでも悩んでしまうというものは「保留」という形をとるのもいいでしょう。
悩みすぎてしまうと、生前整理時間がかかりすぎてしまいますので、悩んだら「保留」を選び、期間をあけて再度「保留」にしたものを判断する機会をつくるのがオススメです。

【まとめ】

今回のテーマは、「生前整理は終活の第一歩!」についてでした。
終活を始めようと思っている方は、まず生前整理に取り組んでみられることをオススメします。
生前整理で出た不用品は、不用品回収業者に依頼することで簡単に手間をかけず処分することができますよ。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

粗大ごみを自治体ではなく不用品回収業者に依頼するメリット

 2018年12月3日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「粗大ごみを自治体ではなく不用品回収業者に依頼するメリット」についてです。

引越しや断捨離、遺品整理や生前整理を行うと、家具や家電などの粗大ゴミがでることもありますよね。
粗大ゴミを処分する時、自治体に依頼するという方も多いですか、不用品回収業者に依頼することもできるということを、ご存知でしょうか?
自治体ではなく不用品回収業者に粗大ゴミの処分を依頼するとメリットもたくさんあるのです。
今回は、粗大ゴミを不用品回収業者に依頼するメリットについて、ご紹介したいと思います。

【急な引っ越しでも大丈夫!即日処分が可能】


急な引っ越しなとで出た粗大ゴミなど、すぐに処分したい!ということもあるでしょう。
自治体の粗大ゴミ回収は基本的に依頼してから回収されるまでに1〜2週間の期間が必要になります。
しかし、不用品回収業者であれば即日対応を行なっている業者もありますので、依頼したその日に粗大ゴミを処分することも可能です。
また自治体の粗大ゴミ回収は、指定日の指定時間までに粗大ゴミを自宅敷地外まで出しておく必要がありますが、不用品回収業者であれば、都合の良い時間に回収にきてもらうこともできます。
お仕事が忙しい方は、夜間の回収をしてくれる業者もあるので便利ですね。

【電話一本で自宅まで回収にきてもらえる】


不用品回収業者に粗大ゴミの処分を依頼する場合、基本的に電話で申し込む以外に依頼者がすることは何もありません。
運び出し作業から処分まで全て業者が行ってくれます。
自治体の粗大ゴミ回収の場合は、申し込んだあと、シール券の購入や、回収日当日に自宅敷地外や指定のクリーンステーションまで粗大ゴミを運び出しておく必要があります。
処分する物にもよりますが、一人暮らしの方や高齢者の方にとっては、この運び出し作業が大変だという方も多いでしょう。
不用品回収業者だと全て任せることができますので安心です。

【処分するものによっては買い取ってもらえることも】

不用品回収業者の中には、買い取りも行なっている業者があります。
そういった業者に依頼した場合、処分したい粗大ゴミの種類や状態によっては買い取ってもらえる場合があります。
自治体に依頼すると費用を払って処分することになるものでも、買い取ってもらうことができれば逆に収入になりますので嬉しいですよね。
買い取りが行えるのは、古物商の許可を得ている業者だけですので、事前に確認しておくといいでしょう。

【まとめ】

今回のテーマは、「粗大ごみを自治体ではなく不用品回収業者に依頼するメリット」についてでした。
今回ご紹介したように、粗大ゴミの処分は自治体だけでなく、不用品回収業者に依頼こともできます。
不用品回収業者に依頼することでメリットもたくさんありますのでオススメです。
粗大ゴミの処分をご検討中の方は、ぜひ参考にされてみてはいかがでしょうか。

1 2 3 4 5 6

Copyright © 2016 クリーン本舗 All Rights Reserved.