• ホーム
  • お問い合わせ・お見積り

ゴミ屋敷の片付けを不用品回収業者に依頼するメリット

 2019年10月21日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「ゴミ屋敷の片付けを不用品回収業者に依頼するメリット」についてです。

近年、テレビなどで目にすることも多い「ゴミ屋敷」は、社会問題になっています。
ゴミ屋敷には、様々な危険が潜んでいるため、放置せず、できるだけ早く片付けを行うべきです。
ゴミ屋敷の片付けは、不用品回収業者に依頼して行うこともできます。
そこで今回は、ゴミ屋敷の片付けを不用品回収業者に依頼するメリットについて、ご紹介したいと思います。

【ゴミ屋敷を早く片付けることができる】


ゴミ屋敷の片付けを、家族だけで行うとなると、かなりの時間がかかります。
しかし、不用品回収業者に依頼することで1日で片付けることも可能です。
これまでの経験から、不用品回収業者は効率よく作業を進めることができます。
そのため、通常よりも早く、あっという間に片付けが終わるのです。
早く片付けられるということには、様々なメリットがあります。
例えば、賃貸住宅の場合は、早く片付けることで、無駄な家賃が発生することを防ぐことができるのです。

【ゴミ屋敷の清掃まで依頼できる】

ゴミ屋敷の片付けを不用品回収業者に依頼した場合、ゴミや不用品の処分だけでなく、清掃まで依頼することができます。
長年、ゴミが放置されていたわけですから、ゴミや不用品を処分しても、様々な汚れが残っていますよね。
それらを綺麗にするのは、とても大変な作業です。
全て、業者に任せられるというのは安心ですね。

【ゴミ屋敷の住人が亡くなった場合は遺品整理も可能】


ゴミ屋敷を片付けるタイミングとしては、家主が亡くなったあとということも多いです。
そのようなケースでは、ゴミ屋敷に残されたものは遺品ということになります。
その遺品を、必要なものとそうでないものに整理する必要があります。
不用品回収業者に依頼した場合、ゴミ屋敷の片付けと同時に、遺品整理を依頼することも可能です。
遺品整理だけでも大変で、さらにゴミ屋敷の清掃となると、家族だけでは難しい場合も多いでしょう。
そういった場合は、不用品回収業者への依頼がオススメです。

【まとめ】

今回のテーマは、「ゴミ屋敷の片付けを不用品回収業者に依頼するメリット」についてでした。
今回ご紹介したように、ゴミ屋敷は社会問題ともなっているほど、増加しています。
ゴミ屋敷の片付けは、家族だけで行うのは、とても大変ですので、不用品回収業者等に依頼するのがオススメです。
ゴミ屋敷の片付けを不用品回収業者に依頼することは、たくさんのメリットがありますよ。
ゴミ屋敷の片付けでお悩みの方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。
大阪・神戸・兵庫でゴミ屋敷の片付けをご検討中の方は、クリーン本舗にお任せください。
お見積りは無料です。まずは、お気軽にお問い合わせください。

遺品整理の方法や注意点

 2019年10月10日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「遺品整理の方法や注意点」についてです。

家族や親族が亡くなった後、遺された遺族は、遺品整理を行わなければいけません。
しかし、遺品整理は人生でそう何度も行うものではありませんので、初めて遺品整理を経験するという方も多いでしょう。
そこで今回は、遺品整理の方法や注意点について、ご紹介したい思います。
初めての遺品整理で、よくわからないという方は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

【遺品整理とは?】

まず、遺品整理について簡単に説明します。
遺品整理とは、故人が遺した身の回りのものを整理することです。
遺品整理は、想像以上に大変な作業で、体力も時間も必要になります。

【遺品整理の方法】


次に、遺品整理の方法について、ご紹介します。
遺品整理の方法には、ルールがあるわけではありませんので、遺族の状況や故人の生前の状態によっても異なってきます。
しかし、故人の遺した遺品を、必要なものと不要なものに分けて、不要なものは処分を行うという基本的な流れは、どういった場合でも共通して行います。
遺品整理を行う時期にも、決まりは有りませんが、葬儀後や四十九日を過ぎた頃に行う方が多いようです。
ただし、故人が生前賃貸住宅で1人暮らしなどをされていた場合は、部屋の引き渡しのために、なるべく早く遺品整理を行わなければいけないこともあります。

【遺品整理を行う際の注意点】

最後に遺品整理を行う際の注意点について、3つご紹介したいと思います。

■初めに遺言書の有無を確認する

遺品整理を行う前に、まずは故人が遺言書を遺していないかを確認しましょう。
きちんとした遺言書が遺されている場合は、その内容が最重要視されますので、最初に確認しておく必要があります。
また、遺言書以外にもエンディングノートなどを、故人が遺している場合は、できるだけ故人の思いを尊重した上で、遺品整理を進めていくようにしてください。

■必要か不要か迷ったら一旦保留にしておく

遺品整理を進めていくと、必要か不要か、迷ってしまうものもあるでしょう。
そういった場合は、すぐに処分するのではなく、一旦保留にして、とっておくようにしましょう。
後から後悔しても、処分してしまったものを取り返すことはできません。
一旦保留にして、数カ月後に再度判断するというのもいいですよ。

■家族だけでは難しい場合は業者に依頼する方法も


最初にもお伝えした通り、遺品整理は体力も時間もかかります。
そのうえ、大切な家族を亡くした悲しみで、精神的にも辛いことが多いです。
昔は、遺品整理は家族で行うというのが一般的でしたが、最近は核家族の増加などから、遺品整理を業者に依頼する人も増えています。
時間や体力的に、家族だけで遺品整理を行うのが難しいという場合は、無理せず業者に依頼することをオススメします。

【まとめ】

今回のテーマは、「遺品整理の方法や注意点」についてでした。
今回ご紹介したように、遺品整理の方法は、そんなに難しいものではありません。
ただ、時間や体力が必要になりますし、精神的に辛いことも多いです。
家族だけで遺品整理を行うのが難しい場合は、業者に依頼するという方法もありますよ。
ぜひ、参考にしてみてくださいね。

失敗しない不用品回収業者の選び方

 2019年10月7日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「失敗しない不用品回収業者の選び方」についてです。

引っ越しや断捨離、遺品整理や生前整理などで、たくさんの不用品を処分する時は、不用品回収業者の利用が便利です。
不用品回収業者は、全国にたくさん存在していますが、中には悪質な業者も存在しています。
悪質な業者に依頼してしまったことで、トラブルに巻き込まれている事例もたくさんあるのです。
そこで今回は、悪質な業者とのトラブルに巻き込まれないようにするための、不用品回収業者の選び方について、ご紹介したいと思います。

【良い不用品回収業者の特徴】


まずは、良い不用品回収業者の特徴について、ご紹介したいと思います。

・料金が適正
・事前に見積りをしてくれる
・「一般廃棄物収集運搬許可」を得て運営している
・スタッフの対応が丁寧
・会社の所在地や電話番号がすぐにわかる

上記のような不用品回収業者は、良い業者である可能性が高いです。

【悪質な不用品回収業者の特徴】

次に、悪質な不用品回収業者の特徴について、ご紹介したいと思います。

・軽トラックなどで街中を周回している
・なんでも無料で回収などと言っている
・料金が相場よりも高すぎる・または安すぎる
・事前に見積もりをしない
・「一般廃棄物収集運搬許可」を取得していない
・会社の所在地や電話番号が不明
・突然アポもなく訪問してくる
・スタッフの対応が悪い

上記のような不用品回収業者は、悪質な業者である可能性が高いですので、注意が必要です。

【不用品回収業者の選び方】


最後に、失敗しないための不用品回収業者の選び方について、ご紹介します。

■事前に見積りをとってもらう

悪質な業者とのトラブルで最も多いのが、料金に関するトラブルです。
事前に見積りをせずに、作業終了後に、高額な料金を請求されるというケースもあります。
そのため、事前に見積もりをとってもらうようにしましょう。
見積もり書を発行してもらえない業者は、避けた方がいいですよ。

■許可を得ているか確認する

不用品回収業を行うには、「一般廃棄物収集運搬許可」を得ている必要があります。
買い取りを行う場合には「古物商の許可」も必要です。
これらの許可を得ずに、不用品の回収や買い取りを行っている業者は違法業者ですので、許可を得て営業しているかどうかを確認しておきましょう。

■会社の所在地や電話番号を調べておく

会社の所在地が明確でない、電話番号は携帯電話の番号だけ、といった不用品回収業者も存在します。
しかし、こういった業者は、万が一トラブルに巻き込まれた場合にも、連絡がつかなくなってしまう可能性があるのです。
そのため、会社の所在地や電話番号は事前にしっかりと確認しておきましょう。
これらが不明な業者には、依頼しない方がいいですよ。

【まとめ】

今回のテーマは、「失敗しない不用品回収業者の選び方」についてでした。
今回ご紹介したように、不用品回収業者は便利ですが、中には悪質な業者も存在しています。
不用品回収業者とのトラブルに巻き込まれないためにも、今回の記事を参考にしてみてくださいね。

遺品整理トラブルに注意!事例や対策を紹介します

 2019年10月2日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「遺品整理トラブルに注意!事例や対策を紹介します」についてです。

親や親戚が亡くなった時、故人の遺したものを整理するために「遺品整理」を行いますよね。
遺品整理は、とても精神的にも体力的にも大変な作業ですので、最近は業者に遺品整理を依頼する人も増えています。
基本的には、依頼すると便利な遺品整理業者ですが、中には悪質な業者も存在しているのです。
そこで今回は、悪質な業者との遺品整理に関するトラブル事例や、悪質な業者に依頼しないようにするための対策について、ご紹介したいと思います。

【トラブル事例1:金銭に関するトラブル】


まず、1つ目のトラブ事例です。
遺品整理に関するトラブルの中でも、最も多いと言われているのが、金銭に関するトラブルです。
例えば、相場よりも明らかに高い料金を請求されるといったケースがあります。
作業後に、高額な料金を請求され、キャンセルすることもできず、泣く泣く高額な支払いをしたという事例があるのです。

■金銭トラブルへの対策法

金銭トラブルを防ぐためには、以下の対策が効果的です。

・事前に見積りをとる
・見積もりは1社だけでなく、最低でも2〜3社に依頼する
・見積もりの詳細を明確に提示してくれる業者を選ぶ
・追加費用がかからないか確認しておく

これらの対策をとっておくことにより、相場について知ることもできますし、違法な額を請求される可能性が低くなります。

【トラブル事例2:盗難トラブル】


2つ目のトラブル事例は、遺品整理業者による盗難トラブルです。
遺品整理を行う業者が、遺品の中から貴金属や現金などの金品を見つけて、盗むということです。
信じがたい話ですが、実際に、このようなトラブルが発生しています。
遺族が、それらの現金や貴金属があることを知らなければ、最後まで気づかないということもあるのです。

■盗難トラブルへの対策法

このような、遺品整理業者による盗難トラブルを防ぐためには以下の対策が効果的です。

・信頼できる遺品整理業者を選ぶ
・業者だけで作業させない
・現金や貴金属は先に整理しておき、鍵のかかる場所に置いておく

せっかく親が遺してくれた現金や貴金属が、遺品整理業者に盗まれてしまっては大変ですよね。
少しの対策で、盗難トラブルを防ぐことができますよ。

【まとめ】

今回のテーマは、「遺品整理トラブルに注意!事例や対策を紹介します」についてでした。
今回ご紹介したように、遺品整理を業者に依頼してトラブルに巻き込まれてしまう事例もあります。
ただし、ほとんどの業者は親切丁寧に作業を行っています。
一部の悪質な業者が存在することにより、注意が必要になってくるのです。
そのため、【遺品整理業者=危険】と判断するのではなく、信頼できる業者選びを行うことが大切です。
遺品整理を業者に依頼しようと検討中の方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。

不要になったガスコンロの処分方法

 2019年9月17日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「不要になったガスコンロの処分方法」についてです。

引っ越しや遺品整理などで、不要になったガスコンロ。
「どうやって処分していいかわからない」という方も少なくないはずです。

そこで今回は、不要になったガスコンロの処分方法について、ご紹介したいと思います。

【自治体の粗大ごみ回収で処分する】

自治体の粗大ごみ回収を利用して、不要になったガスコンロの処分をすることができます。
自治体の粗大ごみ回収を利用してコンロを処分するメリットとデメリットは下記の通りです。

■メリット

・安い費用で処分できる
・トラブルに巻き込まれる可能性もなく安心して申し込める

■デメリット

・リサイクル券を購入したり運び出しておいたりする手間がかかる
・回収までに1〜2週間かかる

【不用品回収業者を利用して処分する】


不用品回収業者でも、不要になったガスコンロを処分することが可能です。
不用品回収業者を利用して、ガスコンロを処分する場合のメリットとデメリットは下記の通りです。

■メリット

・手間をかけずに処分できる
・すぐに処分できる(即日回収も可能)
・買い取ってもらえる可能性もある
・ガスコンロ以外の不用品も一緒に処分できる

■デメリット

・悪質な業者に依頼してしまうとトラブルに巻き込まれる可能性がある
・自治体粗大ごみ回収に比べると費用が高くなりやすい

【リサイクルショップで売却】

ガスコンロの状態によっては、リサイクルショップで買い取ってもらえる可能性もあります。
リサイクルショップで、ガスコンロを売却する場合の、メリットとデメリットは下記の通りです。

■メリット

・買い取ってもらうことができれば利益になる
・リサイクルすることで環境に良い

■デメリット

・買い取ってもらえない場合もある
・リサイクルショップまで自分で運ばなければいけない

【知人や友人に譲る】


知人や友人など、周りの人にガスコンロが欲しいという人がいれば、譲ってあげるという方法もあります。
知人や友人にガスコンロを譲る場合の、メリットとデメリットは下記の通りです。

■メリット

・友人や知人に喜んでもらえる
・処分費用がかからない

■デメリット

・欲しいという人を見つける必要がある
・ある程度きれいな状態まで掃除しないといけない

【まとめ】

今回のテーマは、「不要になったガスコンロの処分方法」についてでした。
今回ご紹介したように、不要になったガスコンロの処分には、様々な方法があります。
今回の記事を参考に、あなたに合った処分方法を選んでみてください。

大阪、兵庫、神戸で、不要になったガスコンロの処分にお困りの方は、クリーン本舗にお任せ下さい。
お見積りは無料です。まずは、お気軽にお問い合わせください。

遺品整理を家族だけでするのは大変だって聞くけど、一体何が大変なの?

 2019年9月10日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「遺品整理を家族だけでするのは大変だって聞くけど、一体何が大変なの?」についてです。

先日、こんな話を聞きました。
「親が亡くなって家族だけで遺品整理をしたのだけれど、すごく大変だった」

あなたも知人が、このようなことを言っているのを聞いた事がありませんか?

遺品整理を経験したこと人が、このようなことを言うのを仕方ありません。
実は、遺品整理を家族だけでするというのは想像以上に大変な作業なのです。
今回は、遺品整理を家族だけで行うのが大変な理由について、ご紹介したいと思います。

【物が多すぎる】


まず、遺品整理が大変な理由として、物の多さが挙げられます。
故人の性格によっても異なりますが、とにかく物が多いということがよくあるのです。
物が多いということは、それだけ処分するものや整理するものが多いということです。
そうなると、遺品整理にかなり時間がかかります。
「片付けても片付けても物が減っている気がしない」という遺族の声を聞くこともよくありますよ。

【家族の時間が合わない】

遺品整理を家族でしようとすると、家族の都合を合わせて、作業をする日を決めなければいけません。
しかし、仕事などの都合で、家族の時間がうまく合わないということも多いです。
さらに、家族が遠く離れて暮らしている場合など、集まるだけでも交通費がかかってしまいます。
また、家族だけで遺品整理を行う場合、一日で終わらせることは難しいため宿泊する場所を確保するか、また改めて集まらなければいけないのです。

【整理や処分の方法がわからない】


遺品整理は、人生でそう何度も経験することではありませんし、誰かが方法を教えてくれるというものでもありません。
そのため、初めての遺品整理で、何をどのように整理したり処分したりすればよいのか、わからないということも多いのです。
初めてのことや、わからないことをするのは大変ですし、その分時間もかかります。
故人が生前整理をしていない状況であれば、まず、どこに何があるのかを把握するところから始めることになるのです。
この話を想像しただけで、大変だと感じる人も多いのではないでしょうか。

【まとめ】

今回のテーマは、「遺品整理を家族だけでするのは大変だって聞くけど、一体何が大変なの?」についてでした。
今回ご紹介したように、遺品整理を家族だけで行うのは、かなり大変です。
そこで、遺品整理は業者に依頼するのがオススメなのです。
不用品回収業者などでも、遺品整理を受け付けてくれるところも多いですので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

大阪・兵庫・神戸で、遺品整理を依頼できる不用品回収業者をお探しの方は、クリーン本舗におまかせください。
お見積りは、無料です。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

遺品を買い取ってもらう方法とは

 2019年9月6日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「遺品を買い取ってもらう方法とは」についてです。

家族や親族が亡くなったあとに、故人が残したものを整理することを「遺品整理」と言います。
遺品整理をしていると、たくさんの不用品が出てきますが、中には処分するのは勿体ないと感じるものもあるでしょう。
そのような遺品を、ゴミとして処分するのではなく、買い取ってもらうことはできるのでしょうか。
今回は、買い取ってもらいやすい遺品や買い取ってもらう方法について、ご紹介したいと思います。

【買い取ってもらいやすい遺品】

結論から言うと、遺品は物によって買い取ってもらうことも可能です。
ここでは、遺品の中でも買い取ってもらいやすいものについて、ご紹介します。

■宝飾品やブランド品


例えば、金や銀、プラチナ、ダイヤモンドなどが遺品から出てきた場合、ゴミとして処分する人はほとんどいないでしょう。
これらの宝飾品は、価値があるため買い取ってもらいやすいです。
また、ルイヴィトンや、シャネル、エルメスなど、高級ブランドの財布やバッグなどのブランド品は、中古でも需要があるため買い取ってもらいやすい遺品だと言えます。
ただし、宝飾品やブランド品は、あくまでも本物であることが、買い取ってもらえる条件の1つです。
素人では判断しにくいですが、中には精巧に作られた偽物の場合もありますので、専門家に鑑定してもらうのがいいでしょう。

■美術品や骨董品

壺や掛け軸などの骨董品や、有名画家の絵画などの美術品は、ものによって、とても高い価値がある場合もあります。
美術品や骨董品に興味がない方にとっては、ゴミのようにも感じるかもしれませんが、ひょっとすると、びっくりするような額で買い取ってもらえる可能性もありますので、一度、専門業者に依頼して査定してもらうことをオススメします。

■家具や家電

家具や家電は、遺品整理で出てくる不用品の代表とも言えます。
どこの家庭にも、必ずあるからです。
家具や家電は中古でも需要があり、種類や状態によっては買い取ってもらうことが出来ます。

【遺品を買い取ってもらう方法2選】

次に、遺品整理を買い取ってもらう方法について、2つご紹介したいと思います。

■リサイクルショップ

リサイクルショップを利用したことがあるという方も多いでしょう。
家具や家電をはじめ、衣服や本、おもちゃなど、様々なモノが売られていますよね。
基本的にリサイクルショップは、買い取ったものを販売しているのです。
そのため、遺品の家具や家電、ブランド品なども買い取ってもらえる可能性が高いです。

■不用品回収業者


不用品回収業者と言えば、不用品を回収して処分するイメージが強いですよね。
しかし、不用品回収業者の中には、不用品の買取りを行っている業者もあるのです。
そのような業者に依頼することで、遺品の中から価値があるものは買い取ってもらい、その他のものは処分してもらうということもできます。
一度に、遺品の整理をすることができますので便利ですよ。

【まとめ】

今回のテーマは、「遺品を買い取ってもらう方法とは」についてでした。
今回、ご紹介したように、遺品の種類によっては買い取ってもらえるものもあります。
遺品整理で出た不用品の処分でお困りの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

生前整理のは利点がたくさん!生前整理のやり方とは

 2019年9月5日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「生前整理のは利点がたくさん!生前整理のやり方とは」についてです。

最近、何かと話題の「終活」ですが、あなたは終活に取り組んでいますか?
終活とは「自分の最期をより良い形で迎えるための準備を行うこと」です。
その、終活で行う準備の1つとして「生前整理」が挙げられます。
実は、生前整理には、たくさんの利点(メリット)があるのです。
そこで今回は、生前整理の利点や生前整理のやり方について、ご紹介したいと思います。

【そもそも生前整理とは?】


生前整理とは、「元気なうちに自分の身の回りのものを整理すること」です。
近年は昔に比べ、モノが溢れています。
もちろん、便利なモノが増えたり、100円ショップのように、安価で様々なモノを手に入れられるようになったりしたことは、とても有り難いですよね。
しかし、その一方で、必要以上にたくさんのモノを持っているという人が増えているのです。
また、モノが多いことで、整理整頓ができていない方も多いのです。
そのため、元気なうちに行う生前整理が注目を集めています。

【生前整理の利点(メリット)】

生前整理が近年、注目を集めているのは、たくさんの利点もあるからです。
ここでは生前整理を行うメリットを2つ、ご紹介したいと思います。

■家族の負担を減らす


あなたが亡くなったあと、家族は遺品整理を行います。
遺品整理は精神的に体力的にも大変な作業です。
特に、整理されていない遺品を片付けるとなると、時間もかかります。
生前整理をしておくことで、遺品整理がしやすくなり、家族の負担を減らすことに繋がるのです。

■残りの人生を豊かに過ごすことができる

生前整理を行うことで、自分の死や老後について見つめ直すキッカケになります。
最期の時と向き合うことで、やり残したことは無いか考えることができ、もし、やり残したことがあるのであれば、元気なうちにやっておこうと思うようになるのです。
そうすることで、残りの人生を豊かに過ごすことができるのです。

【生前整理のやり方】

生前整理のやり方は、決まりがあるわけではありません。
基本的には、身の回りのモノを不要なものと必要なものに分けて、不用品を処分するという流れで進めていきます。
いざ、生前整理を始めると、こんなにたくさん不要なモノがあったのかと驚く方も多いと思いますよ。

【まとめ】

今回のテーマは、「生前整理のは利点がたくさん!生前整理のやり方とは」についてでした。
今回ご紹介したように、生前整理にはたくさんのメリットがあります。
生前整理で出た不用品は、不用品回収業者に依頼することで、簡単に手間をかけずに処分することができますよ。
これから終活を始めようと思っている方は、ぜひ、参考にしてみてくださいね。

遺品整理を業者に依頼する際の流れとは

 2019年8月30日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「遺品整理を業者に依頼する際の流れとは」についてです。

家族や親族が亡くなった際に、故人が残した様々なものを整理することを「遺品整理」と言います。
一昔前は、遺品整理は、家族や親族だけで行うのが一般的でした。
しかし、最近では少子化や、核家族の増加などによって、遺品整理を業者に依頼する方も増えています。
また、遺品整理を一度でも経験した方ならわかると思いますが、遺品整理は想像以上に大変な作業です。
体力的にも精神的にも負担が大きいため、遺品整理業者が人気となっているのです。
今回は、遺品整理を業者に依頼する場合、どのような流れになるのかについて、ご紹介したいと思います。

【1.お問い合わせ・ご相談】

まずは、電話やホームページの問い合わせフォームから問い合わせます。
その時、不安なことや気になることがあれば、遠慮せずに伝えておきましょう。
そこで、お見積りの日時を調整します。

【2.お見積り】


遺品整理を行う部屋で、作業員と依頼主が一緒に、現地の状況を確認しながら、お見積りを行います。
この時、残してほしいもの、探してほしい大切なものなのがありましたら、伝えておきます。

【3.ご契約】

作業日や作業内容、料金、不用品の処分など、契約内容に納得ができれば契約を行います。
不明点や気になる点は、些細なことであっても確認しておきましょう。
契約後になにか変更してほしいことがあれば、できるだけ早めに伝えるようにしましょう。

【4.遺品の分別や梱包】

事前に決定した、作業日に、業者が遺品の分別や梱包を行いながら遺品を整理していきます。
きちんと一つ一つの遺品を確認しながら分別していきますので、安心して任せることができます。
基本的にはダンボールを使って、梱包していきますが、壊れやすものは、それぞれの遺品にあった方法で梱包していきます。

【5.遺品の仕分け】

遺品を、不用品とそうでないものに仕分けします。
大切な書類や金品が、あれば確認してもらえますよ。

【6.搬出、室内の清掃】


遺品を部屋から搬出し、室内の清掃を行います。
これらの作業も全て、業者に任せることができます。

【7.ご確認・お支払い】

作業終了後、部屋や遺品の確認を行います。
この作業は、依頼主が行う必要があります。
そして、全ての確認が終了後、支払いを行います。
支払いは、現金はもちろん、カードや銀行振込でも可能です。

【まとめ】

今回のテーマは、「遺品整理を業者に依頼する際の流れとは」についてでした。
今回ご紹介した、遺品整理の流れは、弊社「クリーン本舗」の場合であり、全ての業者にあてはまるわけではありません。
遺品整理を業者に依頼しようとお考えの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

実家の片付けを行う前に知っておきたいこと

 2019年8月26日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「実家の片付けを行う前に知っておきたいこと」についてです。

久しぶりに実家に帰ると、物の多さに驚いたという経験がある方も多いのではないでしょうか。
長年、同じ家で暮らしていると、なにかと物が増えても不思議ではありません。
さらに、今どきの若者に比べ、親御さん世代の60代以上の方は、物を大事にされる方が多いです。
物を大切に思うだけでなく、物を捨てられない傾向もあります。
そのため、実家を片付けるというのは、思っているよりも大変です。
そこで、今回は実家の片付けを行う前に知っておいてほしいことについて、ご紹介したいと思います。

【親が元気であれば一緒に生前整理を行う】


まず、実家の親御さんが、元気でご健在であれば、一緒に生前整理を行うのがオススメです。
生前整理を行っておくことで、万が一のことがあっても、遺品整理の負担を減らすことができます。
さらに、親が元気なうちは、大切にしているものや、どこに何があるのかなどを聞きながら片付けを進めることができるため、作業が捗りやすいです。
また、一緒に生前整理を行うことで、親子で普段は話すことができないような話をする機会にもなりますので、親孝行をにも繋がりますよ。

【実家の遺品整理を行う場合は】

親御さんが、もう亡くなってしまっており、実家の遺品整理を行わないといけないという場合にも注意点があります。

■実家が賃貸の場合

まず、親が生前、賃貸住宅で暮らしていた(実家が賃貸住宅)という場合には、早めに遺品整理を行う必要があります。
賃貸住宅の場合、遺品整理が終わらなければ、賃貸契約の解約をすることができませんので、ずっと家賃が発生してしまいます。
そのため、できるだけ早く遺品整理を行い、賃貸契約を解約する必要があるのです。

■一人で行わず、家族や親族と一緒に行う

遺品整理は、想像以上に体力的にも精神的にも大変な作業です。
そのため、できるだけ一人で行うのではなく、家族や親族と一緒に行う方がよいでしょう。
さらに、家族や親族と一緒に行うことで、故人の遺品について、今後どのように管理していくのか、何を処分するのかなどを、家族や親族と話し合いながら進められるというメリットもあります。

■業者に片付けを依頼するという方法も


一人で遺品整理を進めるよりも、家族や親族と一緒に行う方がよいということは前述しまたが、場合によっては家族や親族が遠方で暮らしていたり、高齢だったりと、手伝ってもらえないということもあるでしょう。
そういった場合は、、無理に一人で遺品整理を進めるのではなく、業者に依頼するという方法もあります。
遺品整理全体を任せることもできますし、不用品と必要なものは自分で分けた上で、不用品の処分のみを業者に依頼することもできます。

【まとめ】

今回のテーマは、「実家の片付けを行う前に知っておきたいこと」についてでした。
今回ご紹介したように、実家の片付けを行うときは一人でなく、親御さんや家族、親族と一緒に行うようにしましょう。
一緒に行うのが難しい場合には、業者に依頼するのもオススメですよ。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

1 2 3 4 5 9

Copyright © 2016 クリーン本舗 All Rights Reserved.