• ホーム
  • お問い合わせ・お見積り

遺品整理を早く手間をかけずに進める方法

 2019年1月8日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「遺品整理を早く手間をかけずに進める方法」についてです。

遺品整理を経験したことがある方であれば、ご存知だと思いますが、遺品整理は精神的にも体力的にも大変な作業です。
状況によっては、家族を亡くした悲しみの中、すぐに遺品整理をする必要がある場合もあるので、悲しんでいる暇もないと感じることもあるでしょう。
そんな大変な遺品整理を、早く、手間をかけずに進める方法があるとすれば知りたいと思いませんか?
そこで今回は、遺品整理を手間をかけずに早く進める方法について、ご紹介したいと思います。

【そもそも遺品整理とは】


遺品整理とは、家族や親族が亡くなった際に故人の荷物(遺品)を整理したり、部屋を綺麗な状態にしたりすることを言います。
故人の遺品の中から、財産価値のあるものを分けたり、不要なものを処分したりするのです。
故人が生前、一人暮らしをしていた場合などは、早めに遺品整理を行わなければ次月の家賃が発生しますので、できるだけ早い遺品整理が必要になります。
しかし前述したように、遺品整理は大変な作業ですので、家族だけで行うとなると時間と手間がかかってしまうのです。

【遺品整理を手間をかけずに早く進めるなら】


遺品整理は故人の家族や親族など、身内が行うもの!という認識の方が多かったですが、現在は遺品整理の専門業者や、遺品整理士という資格もあり、プロに任せるという方も増えています。
これこそが、遺品整理を手間をかけずに早く進める1番の方法なのです!

やはり、家族や親族だけで遺品整理を進めていると、故人の思い出に浸ってしまったり、処分するかどうかで悩んでしまったりということが多く、なかなか遺品整理が進みません。
さらに、一度にたくさん出た不用品を処分する作業も大変で、体力的にも辛いです。
しかし、遺品整理を専門に扱っている業者や、遺品整理を多く経験してきている業者であれば1日(早ければ数時間~半日)で遺品整理を終えることができるのです。
家族や親族が遠くに住んでいて、遺品整理の立ち会いができないという場合でも作業を任せられる業者もありますので、心強いですね!
遺品整理は家族がやらなければいけない!というのは、もう古い考え方ですよ!
故人を偲ぶ気持ちがあれば、無理に遺品整理を家族で行う必要はありません。

【まとめ】

今回のテーマは、「遺品整理を早く手間をかけずに進める方法」についてでした。
遺品整理は大切な方を亡くし、精神的にも辛い時期に行いますので、なかなか思うように進められないという方も多いでしょう。
遺品整理でお困りの方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。
私たち、大阪·兵庫の不用品回収業者クリーン本舗でも、遺品整理を承っております。
豊富な経験をもとに作業させていただきますので、安心してお任せいただけます。
お見積もりは無料です。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

今年こそは取り組みたい!生前整理にはメリットがたくさん!

 2019年1月7日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「今年こそは取り組みたい!生前整理にはメリットがたくさん!」についてです。

2019年を迎え、気持ち新たに頑張ろうと思っている方も多いのではないでしょうか。
今年こそは○○に取り組もう!と年の初めに目標を立てるというのもいいですよね。
まだ、今年の目標が決まっていないという方や、毎年目標を立ててもなかなか実行されないという方は生前整理を今年の目標にされてみてはいかがでしょうか。
今回は生前整理のメリットについて、ご紹介したいと思います。

【生前整理とは】


「そもそも生前整理ってなに?遺品整理とどう違うの?」という疑問をお持ちの方にむけて、まずは生前整理とはどういったものなのかということを、ご説明したいと思います。
まず、遺品整理と生前整理は違います。
大きな違いは、遺品整理は自分の死後に家族や親族が行うもので、生前整理は自分が生きているうちに行うということです。
つまり、生前整理とは自身が元気なうちに、自分の身の回りのものを整理することです。
生前整理では、財産等の整理をしたり、身の回りの不要なものを処分したりするのが一般的です。

【生前整理を行うメリット】


生前整理を行うメリットはたくさんありますが、中でも一番大きいメリットは自分の死後、家族の負担を減らすことができるという点ではないでしょうか。
前述したように、自分の死後、遺された家族は遺品整理を行うことになります。
遺品整理を経験したことのある方ならご存知だと思いますが、遺品整理は想像以上に大変です。
精神的にも体力的にも負担がかかります。
そこで生前整理を行っておくことで、遺品整理を行う家族の負担をかなり減らすことができます。
遺品の中に不要なものが少ないことだけでも、遺品整理は楽になりますし、財産目録等があれば、さらに手間が省けますよ。

【生前整理で出た不用品は不用品回収業者への依頼がオススメ!】


生前整理の基本は、不要なものと必要なものを分け、不要なものを処分するということです。
必要なものと不要なものを仕分けする時は、1年以内に使用したかどうかを1つの基準にしてみるといいでしょう。
1年以上使用していないものは、今後も使用しないことが多いです。(冠婚葬祭用品等は別ですが)
どうしても悩んでしまうものは、保留BOXを用意しておき、一旦保留とし、期間をあけて再度検討するといいですよ。
そして、生前整理で意外と大変なのが、不用品の処分です。
不用品の中には、普通ごみとして処分できるものだけでなく、粗大ごみの対象になるものや、家電リサイクル法の対象になるものなど様々なものがあるでしょう。
それらを分別し、それぞれの品に合わせた処分方法で処分するのは手間も時間もかかります。
そこでオススメなのが、不用品回収業者への依頼です。
不用品回収業者であれば、ほとんどの不用品を一度に処分することができますし、細かい分別を行う必要もありません。
家電リサイクル法の対象品目でも、回収してもらうことができます。
さらに、回収作業は全て業者が行ってくれますので、大きな家具や家電の処分も安心です。
不用品回収業者の中には即日回収を行っている業者もありますので、すぐに処分することも可能ですよ。

【まとめ】

今回のテーマは、「今年こそは取り組みたい!生前整理にはメリットがたくさん!」についてでした。
今回の記事を参考に、今年は生前整理に取り組んでみられてはいかがでしょうか。

遺品整理を不用品回収業者に依頼するメリットとは

 2018年12月20日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「遺品整理を不用品回収業者に依頼するメリットとは」についてです。

家族や親族が亡くなると、遺された家族は遺品整理を行わなければいけません。
家族が亡くなった悲しみの中、遺品整理を行うのは精神的にも体力的にも大変です。
一昔前までは、遺品整理は家族や親族だけで行うものと考えている方が多かったですが、現在では遺品整理を業者に依頼するという方も増えています。
そこで今回は、遺品整理を不用品回収業者に依頼するメリットについてご紹介したいと思います。

【早くスムーズに遺品整理を行うことができる】


遺品整理を不用品回収業者に依頼する一番のメリットは、とにかく早くスムーズに遺品整理を進めることができるという点です。
遺品整理を家族や親族だけで行うとなると、かなりの時間必要になります。
遺品整理を進める中で、故人の思い出の品を見つけて、ついつい思い出にふけってしまうという事も少なくありません。
また家族内で、処分するか保管しておくかについて意見がまとまらないということもあるようです。
そういったことから遺品整理がなかなか進まず時間がかかってしまうのです。
故人が生前、賃貸住宅で一人暮らしをしていたという場合は、早く遺品を整理して部屋の引き渡しを行わなければいけないということもあるでしょう。
そのように期限があったり、急いでいたりする場合は、業者に任せるのがオススメです。

【思い出の品を誤って処分するようなことが無くなる】

遺品整理を進めていると、誤って故人の思い出の品や価値のあるものを処分してしまうということもあります。
本やノートの間に手紙や現金が挟まれていて気づかずに捨ててしまうということも少なくないのです。
普通の人は遺品整理を人生に何度も経験するということはあまりありませんので、初めての経験という人も多いでしょう。
初めてなので、あまりよくわからないまま進めてしまい結果的に大切なものを処分してしまったということになる可能性があるのです。
不用品回収業者などの遺品整理を行う業者は、豊富な経験と専門的な知識を持っているため、故人の大切なものを誤って処分してしまうということはありません。
タンスの裏に貼り付けられた現金まで見つけだしてくれますよ。

【大きな家電や家具の運び出しも任せられる】


遺品整理では、大きな家電や家具の処分が必要になることも多いです。
それらを自宅から運び出すのは、大変な作業です。
高齢者の方や女性の場合、ケガをしてしまう可能性もあるため注意が必要です。
しかし、不用品回収業者などの業者に遺品整理を依頼することで、そのような大きな家具や家電も全て業者が運び出して処分してくれますので、全く手間がかかりません。
重たい物を持つことに不安があるという方でも安心して依頼することができますよ。

【遠くに住んでいても依頼できる】


故人と離れて暮らしていて、近くに遺品整理をしてくれる人がいないということも少なくありません。
そういった状況でも、業者を利用することで仕事を何日も休んだり、交通費をかけて何度も通ったりする必要がありません。
業者によっては、立ち会いが不要なこともありますよ。

【まとめ】

今回のテーマは、「遺品整理を不用品回収業者に依頼するメリットとは」についてでした。
昔と違い、今は遺品整理は家族だけでやるという時代ではありません。
無理に家族だけで遺品整理を進めようとせず、業者を利用することを検討されてみてはいかがでしょうか。

生前整理は終活の第一歩!

 2018年12月13日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「生前整理は終活の第一歩!」についてです。

ここ数年、雑誌やテレビ等のメディアでも「終活」という言葉をよく耳にするようになりましたね。
終活とは、自分の死に向き合い、自分らしい最期を迎えるための準備のことです。
残念ですが、人は必ず最期の時を迎えます。
また、自分の最期の時がいつくるのかということは誰にもわからないのです。
だからこそ、自分らしい最期を迎えるための「終活」がブームとなっているのでしょう。
しかし、「終活を始めたいけれど、何から取り組めばいいのかわからない」という声もよく耳にします。
「終活」は最期の時を自分らしく迎えるための様々な準備の総称なので、様々なことが終活に当てはまるのです。
そこで終活を始める第一歩としてオススメなのが「生前整理」です。
今回は、生前整理を行うメリットや進め方についてご紹介したいと思います。

【終活で生前整理を行うメリットとは】


まず「生前整理」とは、元気なうちに自分が亡くなったあとのことを考え、身の回りのものを整理しておくことを指します。
生前整理は終活の中でも比較的取り組みやすいため、終活をこれから始めたいと考えている方には、まず生前整理から取り組まれてみるのはいかがでしょうか。
生前整理を行うメリットは大きく分けて2つあります。

■遺された家族の負担を減らす

あなたが亡くなった後、遺された家族は遺品整理を行うことになります。
遺品整理は想像以上に大変で、家族の負担になる場合が多いです。
しかし、生前整理を行っておくことで、不要な物はほとんど処分済みですし、その他の大切なものがどこにあるのかなども家族がわかりやすく負担をかなり減らすことができるのです。

■自分自身の残りの人生を豊かにする

生前整理を行うことで、自分にとって本当に必要なものだけに囲まれて暮らすことができますので、残りの人生を豊かに過ごすことができます。
つまり、生前整理で無駄な物を処分することで、心や時間に余裕が生まれるのです。
また、これからの人生で自分にとって本当に必要なものは何かを考える機会にもなりますよ。

【生前整理の進め方】


生前整理は決して難しい作業ではありません。
基本的には、身の回りの物を「必要なもの」と「不要なもの」に分けて、「不要なもの」は処分するといった流れになります。
「不要なもの」を分けるポイントとしては、1年以上使用していないものや、心がときめかないものなどは不要なものとするなどルールを決めるということです。
また、それでも悩んでしまうというものは「保留」という形をとるのもいいでしょう。
悩みすぎてしまうと、生前整理時間がかかりすぎてしまいますので、悩んだら「保留」を選び、期間をあけて再度「保留」にしたものを判断する機会をつくるのがオススメです。

【まとめ】

今回のテーマは、「生前整理は終活の第一歩!」についてでした。
終活を始めようと思っている方は、まず生前整理に取り組んでみられることをオススメします。
生前整理で出た不用品は、不用品回収業者に依頼することで簡単に手間をかけず処分することができますよ。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

粗大ごみを自治体ではなく不用品回収業者に依頼するメリット

 2018年12月3日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「粗大ごみを自治体ではなく不用品回収業者に依頼するメリット」についてです。

引越しや断捨離、遺品整理や生前整理を行うと、家具や家電などの粗大ゴミがでることもありますよね。
粗大ゴミを処分する時、自治体に依頼するという方も多いですか、不用品回収業者に依頼することもできるということを、ご存知でしょうか?
自治体ではなく不用品回収業者に粗大ゴミの処分を依頼するとメリットもたくさんあるのです。
今回は、粗大ゴミを不用品回収業者に依頼するメリットについて、ご紹介したいと思います。

【急な引っ越しでも大丈夫!即日処分が可能】


急な引っ越しなとで出た粗大ゴミなど、すぐに処分したい!ということもあるでしょう。
自治体の粗大ゴミ回収は基本的に依頼してから回収されるまでに1〜2週間の期間が必要になります。
しかし、不用品回収業者であれば即日対応を行なっている業者もありますので、依頼したその日に粗大ゴミを処分することも可能です。
また自治体の粗大ゴミ回収は、指定日の指定時間までに粗大ゴミを自宅敷地外まで出しておく必要がありますが、不用品回収業者であれば、都合の良い時間に回収にきてもらうこともできます。
お仕事が忙しい方は、夜間の回収をしてくれる業者もあるので便利ですね。

【電話一本で自宅まで回収にきてもらえる】


不用品回収業者に粗大ゴミの処分を依頼する場合、基本的に電話で申し込む以外に依頼者がすることは何もありません。
運び出し作業から処分まで全て業者が行ってくれます。
自治体の粗大ゴミ回収の場合は、申し込んだあと、シール券の購入や、回収日当日に自宅敷地外や指定のクリーンステーションまで粗大ゴミを運び出しておく必要があります。
処分する物にもよりますが、一人暮らしの方や高齢者の方にとっては、この運び出し作業が大変だという方も多いでしょう。
不用品回収業者だと全て任せることができますので安心です。

【処分するものによっては買い取ってもらえることも】

不用品回収業者の中には、買い取りも行なっている業者があります。
そういった業者に依頼した場合、処分したい粗大ゴミの種類や状態によっては買い取ってもらえる場合があります。
自治体に依頼すると費用を払って処分することになるものでも、買い取ってもらうことができれば逆に収入になりますので嬉しいですよね。
買い取りが行えるのは、古物商の許可を得ている業者だけですので、事前に確認しておくといいでしょう。

【まとめ】

今回のテーマは、「粗大ごみを自治体ではなく不用品回収業者に依頼するメリット」についてでした。
今回ご紹介したように、粗大ゴミの処分は自治体だけでなく、不用品回収業者に依頼こともできます。
不用品回収業者に依頼することでメリットもたくさんありますのでオススメです。
粗大ゴミの処分をご検討中の方は、ぜひ参考にされてみてはいかがでしょうか。

新年を迎える前に生前整理をしよう!

 2018年11月30日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「新年を迎える前に生前整理をしよう!」についてです。

もうすぐ今年も終わりですね。
12月は師走と呼ばれ、1年の中でもバタバタと忙しくなる月です。
新しい年を迎える前に様々な準備をされる方も多いでしょう。

そこで私達がオススメするのが「生前整理」です。
本記事ではなぜ、新年を迎える前に生前整理がオススメなのか、どういった方法で進めていけばよいのかについて詳しくご紹介していきたいと思います。

【生前整理とは】


まず生前整理とは何なのかについてご説明いたします。
亡くなったあとに遺族が個人の身の回りの物を整理することを遺品整理と呼びますよね。
生前整理は、遺品整理とは異なり、遺族ではなく自分自身で元気なうちに身の回りの物を整理しておくことをいいます。
生前整理を行っておくことで、自分に万が一のことがあった際の家族負担を減らすことができます。
それだけでなく、生前整理を行うことで、自分にとって本当に必要なものだけで暮らすことができますので、残りの人生を豊かに過ごすことができます。

【新年を迎える前に生前整理を行っておくべき理由とは】

生前整理は、「何歳になったら始める」「いつ頃行う」などのルールはありませんが、新年を迎える前頃に行うというのもオススメです。
ここでは、その理由についてご紹介したいと思います。

■年末の大掃除と同時進行できる


年末になると、多くのご家庭では新年を迎えるために大掃除を行いますよね
年末に生前整理を行うことで、大掃除も同時に行えるので1度で済ますことができます。
生前整理では、必要なものと不要なものを分けて、不要なものは処分します。
不要なものが減ることで、掃除をするのも楽になり、いつもより大掃除の時間を短縮することにも繋がります。

■スッキリとした気持ちで新年を迎えることができる

自分の死後について様々な不安を抱えている人も多いですよね。
そういった不安も生前整理をすることで解消できる場合もあります。
さらに、生前整理を新年を迎える前にやっておくことで、不要なものが減り気持ちがスッキリします。
また、新年を迎えると家族が集まることが多いので、それまでに生前整理をしておけば、その内容について家族に伝えることができます。
そういった理由からも、新年を迎える前に整理整理を行っておくのがオススメなのです。

【まとめ】

今回のテーマは、「新年を迎える前に生前整理をしよう!」についてでした。
生前整理は自分の死後と向き合う必要があるため、マイナスのイメージを持つ方もいらっしゃいますが、実際には残りの人生を豊かにくらすためであったり、遺された家族の負担を減らしたりするために行うものですので、決してマイナスではなく前向きな気持ちで取り組むものなのです。
生前整理では、たくさんの不用品がでることが多いため、それらの処分方法について悩んだり、大変だと感じたりする人も多いです。
生前整理で出た不用品は、不用品回収業者を利用することで、簡単に手間なく処分することができますよ。

大阪・兵庫の不用品回収業者「クリーン本舗」でも、生前整理で出た不用品の回収を行っております。
無料でお見積りも可能です。お気軽にお問い合わせください。

知っておきたい遺品整理のコツ

 2018年11月29日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「知っておきたい遺品整理のコツ」についてです。

画像や親族が亡くなった際に行う遺品整理ですが、既に遺品整理を経験した方の多くは想像以上に大変だと感じているようです。

遺品整理を人生で何回も行うということは、あまりありませんが、いざという時のために遺品整理のコツを知っていると役立ちます。

そこで今回は、知っておきたい遺品整理のコツについて、ご紹介したいと思います。

【遺品整理とは】

遺品整理とは、家族や親族が亡くなった場合に、故人の遺品を整理することをいいます。
遺品を必要な物と不要なものに分けたり、親族や友人などに形見分けしたりするのです。
遺品整理は決して難しい作業では、ないのですが体力や時間が必要になりますし、故人を亡くした悲しみから、なかなか遺品整理を進めることができない人も多いようです。

【遺品整理のコツ】

遺品整理を少しでもスムーズに行うために、いくつかのコツがあります。
ここでは3つのコツを、ご紹介したいと思います。

■家族や親族と一緒に行う

まず1つ目は、1人で進めようとするのではなく、家族や親族などと一緒に行うことです。
前途したように、遺品整理というのは体力的にも精神的にも時間的にも大変な作業です。
さらに1人で行うとなると、かなりの負担になってしまいます。
できるだけ、家族や親族などに声をかけ一緒に遺品整理を進めるようにしましょう。
1人だと、処分するかどうか悩んでしまう物でも、家族や親族と進めることで意見を聞くこともできますよ。

■故人の意向を大切にする


遺品の中には、故人が生前大切にしていたものもあるでしょう。
故人が生前、エンディングノートを書いていた場合は、その内容を参考にしながら故人の意向に沿った遺品整理を行うのがよいでしょう。
エンディングノートには法的な効力はありませんが、故人の想いを知るためには大切なものです。
遺品整理を始める前に、故人がエンディングノートを書いていなかったか確認してみましょう。

■一旦保留という選択も◎

遺品整理を進めていくと、処分するか、保管しておくか悩むことも多いです。
その決断に時間をとられてしまい、なかなか遺品整理が進まないということもよくあります。
そんな時は、一旦保留という選択もオススメです。
処分するかどうか悩んでしまうものを一旦保留として置いておき、期間を置いて改めて考えるという方法もあります。
遺品整理は、処分か保管かの2択ではないということを覚えておきましょう。

【業者に任せるという選択もオススメ!】


遺品整理のコツを知っていることで、負担を減らすことができます。
しかし、遺品整理は必ず身内だけで行わなければいけないということはありません。
家族や親族が集まることがてきない場合や、故人が生前、賃貸住宅等で一人暮らしをしていて退去の期限が迫っている場合などは業者に任せることで早く手間をかけずに遺品整理を行うことができます。

【まとめ】

今回のテーマは、「知っておきたい遺品整理のコツ」についてでした。
遺品整理のコツを知っていることで、負担を減らすことができます。
遺品整理をする必要がでてきた!という方はぜひ参考にしてみてくださいね。

ゴミ屋敷の片付けは不用品回収業者への依頼がオススメ!

 2018年11月19日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「ゴミ屋敷の片付けは不用品回収業者への依頼がオススメ!」についてです。

テレビなどでも話題になっている「ゴミ屋敷」ですが、近年とても増えていて社会問題にもなっています。
この記事をご覧になっている方の中にも「家がゴミ屋敷になっている」「実家がゴミ屋敷で困っている」という方もいるのではないでしょうか。

「ゴミ屋敷」となってしまった住宅の片付けはとても大変です。
そこでオススメなのが、不用品回収業者への依頼です。

本記事では、ゴミ屋敷の片付けを不用品回収業者に依頼するのがオススメの理由について、ご紹介したいと思います。

【ゴミ屋敷は家族だけで片付けられる?】


まず、ゴミ屋敷の片付けを行う際、「なんとか自分たち家族だけで片付けることができないだろうか」と考える方が多いと思います。
結論から言うと、家族だけで片付けることはできます。ただし、かなり大変で時間も必要です。
ゴミ屋敷の程度にもよりますが、自分たちだけで片付けるとなると、かなりの時間と体力が必要になります。
若い世代は体力があっても仕事などで時間が取れないことが多いでしょうし、高齢の方は時間があっても体力的に難しいということが多いでしょう。
体力も時間もある!という人が家族に数人いる場合は、家族だけでゴミ屋敷の片付けをすることも可能ですが、そういった状況は珍しいかもしれませんね。

【ゴミ屋敷の片付けは不用品回収業者に依頼するのがオススメな理由】

冒頭にも述べたように、やはり、ゴミ屋敷の片付けは、不用品回収業者など、プロに依頼するのがオススメです。
ここでは、不用品回収業者にゴミ屋敷の片付けを依頼するのがオススメな理由について、ご紹介したいと思います。

■とにかく早い

やはり、ゴミ屋敷の片付けを業者に依頼する一番のメリットは、とにかく早い!ということでしょう。
経験を積んだプロですから、作業効率がよく、あっという間にゴミ屋敷の片付けが終了します。
例えば、片付けたいゴミ屋敷が、もう誰も住んでいない賃貸住宅の場合は、一日でも早く片付けた方が家賃がムダになりません。
不用品回収業者などプロの業者に依頼することで、作業時間も早いですし、依頼してから作業に取りかかるまでの期間も早いです。
業者によっては即日対応を行っている業者もありますよ。

■清掃まで依頼できる


ゴミ屋敷は、不用品が多いだけでなく、様々な場所の汚れが酷いことが多いです。
不用品回収業者は、ゴミ屋敷の不用品を処分するだけでなく、清掃まできちんと行ってくれます。
家族だけで、不用品の処分から清掃まで全て行うのは、かなりの重労働ですので、業者がやってくれると助かりますね。

■遺品整理も可能


ゴミ屋敷の住人が亡くなってしまっているという場合は、遺品整理も依頼することができます。
ゴミ屋敷の中から、故人が大切にしていた物が見つかることもありますよ。
ゴミ屋敷の片付けと遺品整理が同時に行えるので便利ですし、お得ですね。

【まとめ】

今回のテーマは、「ゴミ屋敷の片付けは不用品回収業者への依頼がオススメ!」についてでした。
家や実家がゴミ屋敷の状態で悩んでいるという方は、無理に自分たちだけで片付けようとせず、不用品回収業者などに依頼して、力を借りられてみてはいかがでしょうか。
ゴミ屋敷が片付くと、気持ちもとってもスッキリしますよ!

安心して任せられる不用品回収業者の選び方

 2018年11月15日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「安心して任せられる不用品回収業者の選び方」についてです。

引っ越しや断捨離、遺品整理や生前整理など、不用品の処分を行う際に便利なのが、不用品回収業者です。
不用品回収業者は、電話一本ですぐに自宅まで不用品を回収に来てくれますので、手間がかからず忙しい人や高齢者の方でも簡単に利用できるのでオススメです。
しかし、そんな便利な不用品回収業者ですが、実際に不用品回収業者と依頼者の間にトラブルが起きているケースもあります。
それは、不用品回収業者の中に、悪質な業者が存在していることが原因です。

不用品回収を業者に依頼したいけれど、不安があるという方も多いでしょう。
そこで今回は、安心して任せられる不用品回収業者の選び方について、ご紹介したいと思います。

【事前にきちんと見積もりをしてくれる】


悪質な不用品回収業者と依頼者の間で一番多いトラブルが、金銭面に関することです。
「無料で回収します」と言っていたのに、作業後に高額な料金を請求されるといったこともあるようです。
事前にきちんと、適切な料金の見積もりを提示してくれる業者であれば安心して任せることができるでしょう。
基本的に不用品の処分には費用がかかりますので「なんでも無料回収」というのは怪しいと思ったほうがいいでしょう。
見積もり時に、作業後に追加料金が発生することがないということを書面にしてもらえると、さらに安心ですね。

【許可を得て営業している】


一般家庭の不用品回収を行うためには「一般廃棄物収集運搬業の許可」、不用品の買い取りを行うためには「古物商の許可」が必要になります。
しかし悪質な業者の場合、これらの許可を得ずに営業していることもあります。
許可を得て営業しているから、必ず安心できる業者という訳ではありませんが、少なくとも許可を得ていない業者は違法ですので、依頼しないようにしましょう。
許可の有無はホームページや、チラシ等に記載されていることが多いですが、どこにも記載がない場合は直接問い合わせてみるのもいいでしょう。

【会社の住所や電話番号がハッキリしている】

不用品回収業者に限らず、会社の住所や電話番号がハッキリしていないというのは怪しいです。
「スタッフが名刺や社員証を持っていない」
「回収のトラックに会社名などが書かれていない」
「ホームページがない」
上記のような場合は、安心して任せられる業者とは、いえないでしょう。
会社の所在地や電話番号がハッキリしていないというのは、後でトラブルが発生しても責任をとってもらえない可能性が高いです。
不用品回収業者に依頼する際は、会社の住所や電話番号がハッキリしている業者を選ぶようにしましょう。

【まとめ】

今回のテーマは、「安心して任せられる不用品回収業者の選び方」についてでした。
基本的に、不用品回収業者は便利なサービスですが、いくつかの悪質な業者が存在していることにより、トラブルも発生しています。
不用品回収業者を利用される際は、今回の記事を参考に、安心して任せられる業者を選ぶようにしてください。

遺品整理を業者に頼むのは親不孝!?遺品整理の手順とは

 2018年11月7日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「遺品整理を業者に頼むのは親不孝!?遺品整理の手順とは」についてです。

家族や親族の死後、遺族は葬儀の準備や、納骨、役所や税金の手続きなど、様々なことをする必要があるため、悲しむ暇もないほど大変な日々が続きます。
さらに、遺された人が行わなければならないことの一つに「遺品整理」があります。

この「遺品整理」は、業者び依頼することもできますが、それを親不孝だと考えてしまっている人も多いようです。
しかし、本当に遺品整理を業者に依頼することは親不孝なのでしょうか?
さらに自分たちで遺品整理を進めるにはどういった手順が必要になるのでしょうか。

今回は、遺品整理の手順や業者への依頼について、ご紹介したいと思います。

【遺品整理の進め方】

まずは、遺品整理の基本的な進め方について、ご紹介していきます。

■時間と人員の確保


遺品整理を自分たちで行う場合、時間と人手が必要になります。
故人が生前整理を行っていたか、故人が生前に一人暮らしをしていたか等によっても、必要な時間や人員は異なりますが、1人で遺品整理を全て行うのは難しいでしょう。
家族や親族、友人などに手伝ってもらえないか、声をかけてみましょう。
手伝ってくれる人が見つかれば、その人達とのスケジュールの調整が必要になります。
仕事をしていたり、遠方に住んでいる場合などは、このスケジュール合わせが難しいことも多いです。

■必要なものと不要なものを分類

時間と人員の確保ができたら、遺品整理を始めますが、まずは必要なものと不要なものを分ける作業から始めましょう。
特に、相続に関わるものは早めに遺品の中から見つけ出し、きちんと管理しておく必要があります。
また、故人が生前にエンディングノートなどを残している場合は、故人の意向を尊重して、処分するものや形見分けするものなどを決めるといいでしょう。
必要なものと不要なものを分ける作業は、単純そうに感じますが、実際にやってみると1つ1つで置いておくか、処分するか悩んでしまったり、写真など思い出を見返してしまったりと、なかなか作業が進まないということも多いです。
さらに、家族で処分するかどうか意見が分かれてしまい、揉め事になるケースもあるようです。

■不用品の種類ごとに分別して処分

必要なものと不要なものに分けられたら、今度は不用品を種類ごとに分別して処分する作業が必要です。
不用品の中に価値のあるものが含まれている場合は、売却するという方法もあります。
また家電の中には、粗大ごみとして処分できないものもありますので、それぞれの不用品をどのように処分するかということを決める必要があるのです。

【遺品整理を業者に依頼するのは親不孝ではありません!】


遺品整理を業者に依頼するのは、親不孝だと感じている人もいるようです。
しかし、結論から言うと、遺品整理を業者に依頼することは決して親不孝ではありません!
例えば、家族だけで遺品整理を行って家族が揉めてしまった方が、亡くなった親御さんからしても悲しいでしょう。
遺品整理で大切なのは、故人を想う気持ちです。
故人の思いを尊重し、故人に対する感謝の気持ちを持っていれば、業者に依頼することを親不孝だと感じることはないのです。
また遺品整理業者の中には、遺品整理士という資格をもった人が作業を行ってくれるところもあります。
「餅は餅屋」という言葉があるように、何事もその道のプロに任せることでスムーズに進む場合が多いですよ。

【まとめ】

今回のテーマは、「遺品整理を業者に頼むのは親不孝!?遺品整理の手順とは」についてでした。
遺品整理をご検討中の方は、今回の記事を参考に、必要に応じて業者の利用を検討されてみてはいかがでしょうか。

1 2 3 4 5

Copyright © 2016 クリーン本舗 All Rights Reserved.