• ホーム
  • お問い合わせ・お見積り

家族に負担をかけないためにやっておきたい終活

 2019年6月4日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「家族に負担をかけないためにやっておきたい終活」についてです。

突然ですが、あなたは終活を始めていますか?
「まだまだ元気だし、終活なんて必要ない」
このように思っている人も、少くないでしょう。
しかし、残念ながら、誰にも自分の最期の時を知ることはできません。
年齢に関わらず、突然最期の時を迎えることもあるのです。
そのため、終活に「早すぎる」ということはありません。
そこで今回は、終活について、ご紹介したいと思います。

【終活とは?】


そもそも、終活とは、どういったものを指すのでしょうか。
終活とは自分の死と向き合い、自分の最期の時に向けて、様々な準備を行うことです。
就職活動を「就活」と呼ぶように終わりに向けた活動という意味から「終活」と言われています。
終わりに向けた活動というと、暗いイメージを持つ方も多いですが、終活は決して暗いイメージのものではありません。
終活は、残りの人生を思い残すことなく楽しく過ごすための活動ですので、明るい気持ちで取り組んでいただきたいと思います。

【終活を行うメリット】

終活を行うことは、様々なメリットがあります。
ここでは、終活の代表的なメリットを4つご紹介したいと思います・

■自分の意思を家族に伝えるきっかけになる
終活を行うことで、普段は、なかなか伝えることができない、自分の老後や死後についての思いや希望を、家族に伝えるきっかけになります。
家族の方も、なかなか聞きづらいと思っている場合も多く、終活をきっかけに家族で話し合うことができるのは、大きなメリットだと言えます。

■相続トラブルを防ぐ
相続に関するトラブルは、どの家庭でも起こる可能性があります。
自分の死後に、家族が相談問題で揉めるのは嫌ですよね。
生きている間に、相続について家族と話し合い、きちんと法的に効力のある遺言書に残しておくと、トラブルを防ぐことができますよ。

■遺された家族の負担を減らすことができる
あなたの死後、遺された家族は、精神的にも肉体的にも大きな負担を抱えることになります。
特に、遺品整理は、遺された家族にとって大きな負担となることが多いのです。
元気なうちに、終活で生前整理を行っておくことで、遺された家族の負担を減らすことができます。

■残りの人生を有意義に過ごすことができる
終活で、自分の死後や老後を見つめ直すことで、残りの人生を有意義に過ごすきっかけになります。
普段は、「いつかやろう」と後回しにしてしまっていることも、終活をきっかけに取り組まれる方も多いようです。
つまり、終活を行うことで、悔いのない人生を過ごそうという気持ちが強くなるのです。

【まとめ】

今回のテーマは、「家族に負担をかけないためにやっておきたい終活」についてでした。
今回ご紹介したように、終活には様々なメリットがありますので、ぜひ取り組んでいただきたいと思います。
何から始めたら良いかわからないという方は、まず生前整理から始められることをオススメします。
ぜひ、参考にしてみてくださいね。

遺品整理で大切なこと

 2019年5月29日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「遺品整理で大切なこと」についてです。

遺品整理は、想像以上に大変で、精神的にも肉体的にも負担がかかる作業です。
親や配偶者など、身近な人が亡くなった後、なかなか心の整理がつかず、遺品整理に取り掛かれないという方も多いはずです。
また、いざ取り掛かろうとしても、物が多すぎて何から手をつけていいのかわからないということも少くありません。
そこで今回は、遺品整理を始める前に知っておきたい、遺品整理で大切なことについて、ご紹介したいと思います。

【遺品整理とは】

遺品整理とは、亡くなった人の遺した物を片付ける作業のことです。
特に親と離れて暮らしていて、親が亡くなったという場合は、親が生前使っていた家具や家電、衣類など様々な物を整理したり、処分したりしなければいけません。
さらに、亡くなった方が賃貸住宅に住んでいた場合は、退去の日までに部屋を片付けなければいけないという期限があるのです。

【遺品整理を行う人は?】


昔は、遺品整理は遺族が行っていました。
つまり、亡くなった方の配偶者や子供など、家族が行うことが一般的だったのです。
しかし、現代では、各家族の増加で人手が足りないことや、子供が実家を離れて暮らしていることも多く、遺族が遺品整理を行うのが難しいケースも増えています。
そのため、近年では、遺品整理を業者に依頼する人も増えています。
もちろん、今でも遺族だけで遺品整理を行っておられる方もいらっしゃいますが、多くの方が、負担が大きく大変だと感じているようです。
遺品整理を自分で行う場合のメリットは、費用が抑えられることや、作業をしながら気持ちの整理ができることがあるということです。
ただし、時間がかかりすぎることや、分別や処分の方法がわからず大変だと感じるというデメリットもあります。
一方で、遺品整理を業者に依頼する場合は、短時間で終わらせることができることや、遠方にいても遺品整理ができるというメリットがあります。
ただし、悪質なぎょうに依頼してしまうとトラブルになる可能性があるというデメリットもありますので、注意が必要です。

【遺品整理で大切なこととは】

最後に、遺品整理で大切なことを3つ、ご紹介したいと思います。

■故人の遺志を尊重する


遺品整理を行うときは、故人の遺志をできるだけ尊重するようにしましょう。
そのためにも、故人が遺言書やエンディングノートを残していないか、初めに確認しておくのが大切です。

■無理に自分で行わない

遺品整理を無理に自分1人で、行う必要はありません。
無理に頑張ってしまうことで、体調を崩したり、怪我をしてしまったりする可能性もあります。
遺品整理が難しいと感じる場合は、無理せずに業者などを利用することをオススメします。

■業者に依頼する場合は、業者選びに注意する

遺品整理を業者に依頼する場合は、業者選びに注意が必要です。
遺品整理業者の中には、悪質な業者も存在しています。
依頼する前に、信頼できる業者かどうかを確認するようにしてくださいね。

【まとめ】

今回のテーマは、「遺品整理で大切なこと」についてでした。
遺品整理を行うことで、大切な人の死を受け入れられることもあります。
決して無理はせず、業者なども利用しながら、遺品整理を進められることをオススメします。

【終活】生前整理のメリット

 2019年5月17日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「【終活】生前整理のメリット」についてです。

突然ですが、生前整理という言葉を知っていますか?
少子高齢化が進む日本では近年「終活」の重要性が話題となっていますよね。
終活とは、自分の最期の時のための活動のことで、生前整理も終活の1つに含まれます。
終活には、様々な内容が含まれるため、何から始めたら良いのかわからないという方も少くないはずです。
一方、生前整理は誰でも簡単にすぐに始められるため、終活に取り組む最初のキッカケになります。
しかし、「生前整理ってなんの意味があるの?」という方もいらっしゃるかもしれません。
そこで今回は、生前整理のメリットについて、ご紹介したいと思います。

【生前整理のメリット】

生前整理のメリットは、大きく分けて3つあります。
ここでは、その3つのメリットについて、ご紹介します。

■自分の財産の状況を把握できる


まず、生前整理を行うことで、現在の自分の財産を把握することができます。
財産と言っても、定期預金や土地、株など様々なものがありますよね。
それらを、改めて確認することで、自分の財産の状況を把握し、誰に何をどのくらい分配するのかを決めることもできます。
財産を把握し、遺言やエンディングノートに記載しておくことで、自分の死後、家族が遺産相続で揉めるのを防ぐことに繋がりますよ。
生前整理をキッカケに、使っていない銀行口座やクレジットカードなどを解約しておくこともオススメします。

■残りの人生を豊かに過ごすことができる

生前整理を行っていくと、自分の人生を振り返ることができます。
自分の人生を振り返りながら、やり残したことはないだろうかと考えるキッカケにもなるのです。
そして、残りの人生に向けた活力を得ることもできますよ。
生前整理で自宅に不要なものが無くなることで、気持ちがスッキリと前向きになるというメリットもあります。

■自分の死後、遺された家族の負担を減らすことができる


あなたの死後、遺された家族は遺品整理を行うことになります。
遺品整理は、想像以上に大変で、精神的にも肉体的にも負担が大きいです。
あなたが元気なうちに、生前整理を行っておくことで、いざという時の家族にかかる負担を減らすことができるのです。
できるだけ、子供たちには迷惑をかけたくないと思っている方も多いでしょう。
そんな方には、ぜひ生前整理を行うことをオススメします。

【まとめ】

今回のテーマは、「【終活】生前整理のメリット」についてでした。
終活の中でも、生前整理は誰でも簡単に取り組みやすいです。
さらに、生前整理には、多くのメリットもありますのでオススメです。
「そろそろ終活を始めようかな」と思っている方は、まず生前整理からスタートされてみてはいかがでしょうか。

【遺品整理】いい業者と悪い業者とは

 2019年4月24日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「【遺品整理】いい業者と悪い業者とは」についてです。

家族や親族が亡くなった後、遺された家族は個人の遺品を整理しなくてはいけません。
遺品整理は、想像以上に大変で、精神的にも肉体的にも大きな負担となります。
一昔前までは、「遺品整理=遺族(親族)だけで行うもの」という考えの方も多かったのですが、最近は遺族の負担を考えて、遺品整理業者へ依頼するという方も増えています。
一方で、たくさんの遺品整理業者の中から、どのようにして、業者選びをしたらよいのかわからないという方も少なくないでしょう。
そこで今回は、遺品整理業者選びのポイントについて、ご紹介したいと思います。

【良い遺品整理業者とは?】


そもそも、どういった業者であれば、良い業者と呼べるのでしょうか。
もちろん、良い業者かどうかの判断基準には様々なことが挙げられます。
例えば、良い業者の特徴には下記のようなものが挙げられます。

■良い遺品整理業者の特徴

・料金が明確かつ適正で、見積もりの内容が分かりやすい
・故人や遺族の気持ちを気遣い、寄り添ってくれる
・回収した遺品を適切に処分できる環境が整っている

【悪い遺品整理業者とは?】


一方、悪い遺品整理業者とは、どういった業者でしょうか。
悪い遺品整理業者とは、悪質であるということです。
悪質な業者に遺品整理を依頼してしまうことで、トラブルに巻き込まれる可能性もありますので、注意が必要です。
悪い業者の特徴には、下記のようなものが挙げられます。

■悪い遺品整理業者の特徴

・料金の詳細が不明確である
・他の業者(相場)に比べて、とても安かったり高かったりする
・電話や見積もり時のスタッフの対応が悪い
・回収した遺品をきちんと処分する環境がない

上記のように、悪質な遺品整理業者の場合、事前に気づけるポイントも多いです。
また、少しでも疑問や不安に感じることがある場合は、しっかりと確認しておきましょう。
疑問や不安が解消できないときは、他の業者を選ぶ方が安心です。

【遺品整理は良い業者選びが大切】

上記でご紹介したように、悪質な業者に遺品整理を依頼してしまうと、後からトラブルに巻き込まれる可能性があるため、業者選びはしっかりと行いましょう。
良い業者を選ぶポイントは、事前見積りで、料金を明確かつ分かりやすく提示してくれるということや、スタッフの対応が丁寧であるということなどです。
少しでも不安や違和感を感じる業者は、避けるようにしましょうね。

【まとめ】

今回のテーマは、「【遺品整理】いい業者と悪い業者とは」についてでした。
遺品整理は、無理に家族だけで行う必要はありません。
遺品整理を業者に依頼することで、時間も負担も減らすことができますので、上手に利用してください。
ただし、遺品整理を業者に依頼する際は、安心・信頼できる業者を選ぶようにしましょう。

悪質業者に要注意!不用品回収業者選びでチェックするポイント

 2019年4月19日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「悪質業者に要注意!不用品回収業者選びでチェックするポイント」についてです。

引っ越しや断捨離、遺品整理や生前整理で出た不用品を処分する際に便利な、不用品回収業者ですが、中には悪質な業者も存在しています。
悪質な不用品回収業者に依頼してしまったことが原因で、トラブルに巻き込まれてしまうという事例も発生しているのです。
トラブルに巻き込まれないためには、不用品回収業者選びが重要です。
そこで今回は、不用品回収業者選びでチェックするポイントについて、ご紹介したいと思います。

【「なんでも無料回収」には要注意!】

まず、悪質な業者とのトラブルで多いのが、料金に関することです。
他の業者に比べ、明らかに高い場合や安すぎる場合には注意が必要です。
中でも「なんでも無料で回収します」と謳っている業者は避けた方が良いでしょう。
基本的に、不用品の回収や処分には、費用がかかります。
業者によっては、買取やイベントなので、一部の物を無料で回収していることもありますが「なんでも無料」ということは、ありえません。
実際に、「なんでも無料で回収します」と謳っている業者に依頼した人が、回収後に、高額な料金を請求されたというケースも多くあります。
キャンセルしようとすると、高額なキャンセル料を請求され、泣く泣く支払ってしまったという人も少なくないのです。
悪質な業者との料金トラブルを避けるためにも、「なんでも無料」と謳っているような業者は避けて、分かりやすく適切な見積もりを提示してくれる業者を選ぶようにしましょう。

【業者の所在地がわからない場合は危険】


不用品回収業者の中には、業者の所在地が不明な場合があります。
電話番号が、携帯電話番号だけであったり、住所が名刺やチラシ、トラックなどにも記載されていない業者が存在するのです。
そういった業者に依頼してしまい、後からトラブルに気づいても、連絡先がわからなかったり、連絡が取れなくなったりするというケースもあります。
最近では、インターネットで様々なことを調べられますので、気になる業者があれば、事前にホームページ等を確認しておくことをオススメします。

【無許可で運営している業者は違法業者】

不用品回収業者は、一般家庭から不用品を回収したり処分したりする場合、「一般廃棄物収集運搬許可」が必要になります。
また、不用品の買い取りも行う場合には、「古物商許可」が必要です。
これらの許可を得ずに運営している業者が存在しますが、そういった業者は違法業者となりますので、絶対に依頼しないようにしましょう。
許可を得ているかどうかは、ホームページを確認したり、直接問い合わせてみるのもいいでしょう。

【まとめ】

今回のテーマは、「悪質業者に要注意!不用品回収業者選びでチェックするポイント」についてでした。
今回ご紹介したような、悪質な業者は不用品回収業者の中でも、ほんの一部です。
ほとんどの業者は、適切な対応を行っていますので、過度に心配する必要はありません。
しかし、悪質な業者が存在していることも事実ですので、業者選びには注意が必要です。
ぜひ、参考にしてみてくださいね。

実家が物で溢れている!なんとかしたい!という方は生前整理がオススメです

 2019年4月11日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「実家が物で溢れている!なんとかしたい!という方は生前整理がオススメです」についてです。

突然ですが、「久しぶりに実家に帰ったら物で溢れていた」という経験はありませんか?
その他にも、「昔から実家に物が多く、両親は片づけが苦手だ」という方もいらっしゃるでしょう。
実家や親というのは、なんだかんだ言っても心配で気掛かりなものですよね。
そこで今回は、実家の生前整理について、ご紹介したいと思います。

【生前整理とは?】

まず、生前整理と遺品整理は異なります。
遺品整理は、家族が亡くなった後、故人の身の回りの物を整理する作業のことです。
一方、生前整理は、まだ元気なうちに、自分の死に向き合いながら身の回りの物を整理することです。
生前整理というと暗いイメージを持つ方もいらっしゃいますが、生前整理は決して暗い作業ではなく、残りの人生を豊かに過ごすための前向きな行動なのです。

【親の生前整理を手伝うメリットとは?】


「生前整理は親自身が自分でやるものでしょ?」と考えている方も少なくありません。
しかし、高齢の両親が自分たちだけで生前整理をするというのは大変なのです。
また、親の生前整理を手伝うことで、下記のようなメリットもありますよ。

・親孝行できる
・親とのコミュニケーションの機会になる
・いずれ自分が行うことになる遺品整理を楽にすることに繋がる
・親と今後のこと(介護や財産)などについて話せる機会になる
・親の大切にしている物を知ることができ、いざという時に困らない
・親に残りの人生を快適に過ごしてもらえる

このように、親の生前整理を手伝うことは、子どもの立場から見てもメリットが多くあるのです。

【生前整理で実家を片付ける方法】

基本的に生前整理は、不要な物と必要な物に分けて、不要な物を処分するという流れです。
単純なさぎょうですが、物が多ければ多いほど大変です。
また、実家の生前整理を行う場合は、まず親の気持ちを大切にしましょう。
あなたにとっては不要なものでも、親にとっては大切な物の場合もあります。
勝手に処分するものを決めてしまわないように、注意しましょう。
そして、生前整理ではたくさんの不用品が出てきます。
それらを全て分別して、処分するのは大変ですよね。
そこでオススメなのが、不用品回収業者です。
生前整理で出た不用品を、不用品回収業者に依頼することで、手間をかけず、すぐに処分することができますよ。

【まとめ】

今回のテーマは、「実家が物で溢れている!なんとかしたい!という方は生前整理がオススメです」についてでした。
「以前から、実家が散らかっているのが気になっていた」
「親が高齢化してきているので生前整理を考えている」
上記のような方は、ぜひ今回の記事を参考に、実家の生前整理を手伝ってみられてはいかがでしょうか。

生前整理は難しくない!簡単にできる生前整理の方法

 2019年3月26日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「生前整理は難しくない!簡単にできる生前整理の方法」についてです。

平成も残り少なくなりましたね。
平成のうちに、生前整理に取り組みたいと思っている方もいるのではないでしょうか。
しかし、生前整理を難しく捉えている方も少なくないはずです。
実は生前整理は難しいものではなく、誰でも簡単に始めることができるものなのです。
そこで今回は、簡単にできる生前整理の方法について、ご紹介したいと思います。

【生前整理を行うメリットとは】


まず、生前整理はなんのために行うのかということを知っておいた方がいいでしょう。
生前整理は、亡くなった後に家族が行う遺品整理とは異なり、自分で生前に身の回りの物を整理しておくことを言います。
生前整理を行うメリットは、大きく2つに分けることができます。
1つ目は「自分自身の残りの人生を豊かに過ごすことができる」ということです。
生前整理を行うことで、自分の死と向き合うことができます。
そうすることで、自分にとって本当に必要なものは何かということを知る機会となり、残りの人生を豊かに過ごすことができるのです。
2つ目は「自分の死後、家族にかかる負担を減らすことができる」ということです。
あなたの死後、遺された家族は遺品整理をすることになりますよね。
生前整理をしておくことで、遺品整理で家族にかかる負担を軽くすることができるのです。

【生前整理を簡単に始める方法】

生前整理を簡単に始めるなら、まず身の回りの不用品を処分するところから始めましょう。
長年生活をしてきた部屋には、思っているよりもたくさんの不用品がそのままとなっている事が多いです。
これらの不用品を残したまま、あなたがこの世を去ってしまうと、遺された家族がそれらの不用品を処分しなければいけません。
家族にとっては、不用品なのか大切なものなのかを判断するだけでも大変な作業なのです。
できるだけ生前整理では、不用品を処分しておくことをオススメします。
まずは、必要な物と不要な物を分けましょう。
そして、不要な物は処分する。
たった、これだけの作業です。決して難しいことはありませんよね?

【生前整理で出た不用品はどうやって処分する?】


生前整理では、一度にたくさんの不用品が出ることになるでしょう。
これらを分別して、それぞれの方法で処分するのは大変な作業です。
そこで、不用品回収業者がオススメです。
不用品回収業者に依頼することで、早く手間をかけず、誰でも簡単に不用品の処分をすることができますよ。

【まとめ】

今回のテーマは、「生前整理は難しくない!簡単にできる生前整理の方法」についてでした。
いつかやろうと思っていても、なかなかキッカケがなく生前整理が始められなかった人も多いでしょう。
本記事をキッカケに、ぜひ生前整理に取り組んでみられてはいかがでしょうか。

生前整理や終活っていつから始めたらいいの?

 2019年3月25日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「生前整理や終活っていつから始めたらいいの?」についてです。

近年、生前整理や終活という言葉をメディアなどで耳にする機会が増えたという方も少なくないでしょう。
しかし一方で、実際に終活や生前整理に取り組んだ経験はないという方も、多いようです。
その中には、「始めるタイミングがわからない」や「いつから始めるものなの?」という、生前整理や終活を始めるタイミングがわからず、なかなか取り組めていないという方もいるようです。
そこで今回は、生前整理や終活を始めるタイミングについて、ご紹介したいと思います。

【そもそも生前整理と終活の違いって?】

そもそも、生前整理や終活という言葉は知っているけど、詳しいことはよくわからないという方も多いのではないでしょうか。
生前整理と終活って違うの?という声も聞こえてきそうな気がします。
まず、終活とは自分の死と向き合い、自分の最期の時に向けて、様々な準備を行うことを言います。
就職活動を「就活」と呼ぶように終わりに向けた活動という意味から「終活」と言われています。
終わりに向けた活動というと、あまり気分の良いものではありませんが、終活は決して暗いイメージではなく、残りの人生を思い残すことなく楽しく過ごすための活動なのです。
そして、その終活のうちの一つに、生前整理が含まれます。
生前整理は、自分の死後、遺された家族が行う遺品整理の負担を少しでも減らすために、自分が元気なうちに自分の身の回りの物を整理しておくことです。
終活は、自分の最期の時に向けて行う様々な準備のことですが、その準備の一つに生前整理があると考えていただけると、わかりやすいのではないでしょうか。

【終活や生前整理はいつから始めたらいいの?】


終活や生前整理を始めるのに、何歳からという決まりはありません。
人の死というのは突然で、誰にも予測できないですよね。
そのため、何歳であっても生前整理や終活は行っておくべきだと言えるでしょう。
最近では、30代や40代の人が生前整理や終活を行っていることもあります。
もちろん何歳からでも早くはありませんが、現実的には、定年退職を迎えて時間に余裕が出来てから、終活や生前整理に取り組むという方が多いようですね。

【生前整理はとっても簡単!今すぐにでも始めよう!】

実は、生前整理はとても簡単な作業なので、誰でも簡単に始めることができます。
生前整理の大部分は、身の回りの不用品を処分する作業です。
身の回りの物を、必要なものと不要なものに分けて、不要な物を処分していきます。
すぐに判断できず悩んでしまう物は、一旦保留として分けておき、数カ月後に再度仕分けするのもいいでしょう。
このように、生前整理は簡単に始めることができますので、生前整理をしてみたいという方は、今すぐにでも始めてみましょう。

【まとめ】

今回のテーマは、「生前整理や終活っていつから始めたらいいの?」についてでした。
今回ご紹介したように、生前整理や終活のスタートに、決まったタイミングはありません。
しかし、いつかしようと思っていると、あっという間に時間は過ぎますし、いつ何があるかわかりません。
そう考えると、生前整理や終活に興味を持った時が、スタートのタイミングとも言えるでしょう。
この記事を読んだことをキッカケに、生前整理や終活に取り組んでみられてはいかがでしょうか。

遺品整理で家族に負担をかけないためには生前整理が大切

 2019年3月22日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「遺品整理で家族に負担をかけないためには生前整理が大切」についてです。

突然ですが、あなたは身内の遺品整理を行った経験がありますか?
親や親戚、祖父や祖母など身近な人が亡くなった後、遺された家族が行うことになる遺品整理ですが、遺品整理は想像以上に精神的にも肉体的にも大変な作業です。
故人が生前、一人暮らしだった場合などは、なおさら大変になることが多いでしょう。
ほとんどの方は、自分の死後できるだけ家族に迷惑がかからないようにしたいと思うものですよね。
そこで今回は、できるだけ自分の死後、遺された家族に負担をかけないために行っておきたい生前整理について、ご紹介したいと思います。

【生前整理とは】

生前整理とは、自分自身の身の回りの物を、生前の元気な間に整理しておくことを言います。
遺品整理は、自分が亡くなった後に家族が行うものですので、生前整理とは異なります。
つまり、生前整理は、自分の死後、遺された家族が行う遺品整理の負担を軽くするために、生前に自分自身で行っておくものなのです。
生前整理を行うことは、家族の負担を減らすだけでなく、自分自身の最期の時を見つめることで残りの人生を豊かに過ごすためのものでもあるのです。
生前整理は、死を意識するためネガティブなイメージを持っている方も多いようですが、実はメリットが多く、ポジティブな行動なのです。
「自分は、まだまだ元気だし、生前整理なんて関係ない」と思っている方でも、人の最期の時というのは誰にもわかりません。
そのため、生前整理には早すぎるということはないのです。

【生前整理は不用品の処分から始めよう】


生前整理をやってみようと思っても、何から始めればよいのかわからないという方も、少なくないでしょう。
生前整理に決まったルールは、ありませんが、まずは身の回りの不用品を処分することから始めるといいでしょう。
身の回りの物を、必要なものと不要なものに分けて、不要な物を処分するだけでも十分に生前整理になります。
必要なものか不要なものかを判断するのが難しい場合は、「過去1年以内に一度でも使用したかどうか」などの基準を決めて、分けていくのがオススメです。
基本的に過去1年使用していないものは、今後も使用しない可能性が高く不用品だという判断ができるでしょう。
「いつか使うかもしれない」や「勿体無い」という気持ちは、一番初めに捨てるようにしてください。

【生前整理で出た不用品の処分は不用品回収業者に依頼するのがオススメ】


生前整理を行うと、想像以上にたくさんの不用品が出ることになります。
それらを、一つ一つ分別して処分していくのは大変な作業になり時間も手間もかかってしまいます。
そこでオススメなのが、不用品回収業者です。
生前整理で出た不用品の処分を、不用品回収業者に依頼することで、電話一本で全て処分することができます。
不用品回収業者に依頼した場合、手間も時間もかかりませんし、全ての作業を業者が行ってくれますので、安心して依頼することができますよ。

【まとめ】

今回のテーマは、「遺品整理で家族に負担をかけないためには生前整理が大切」についてでした。
遺品整理は、遺された家族に大きな負担をかけることになります。
大切な家族に、自分の死後、できるだけ負担をかけたくないと思うのであれば早めに生前整理に取り組みましょう。
生前整理に取り組む際は、ぜひ、今回の記事を参考にしてみてくださいね。

不用品回収業者が教える遺品整理の進め方

 2019年3月20日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「不用品回収業者が教える遺品整理の進め方」についてです。

家族や親族が亡くなった後、遺された家族は葬儀の準備や、様々な手続きなどを行わなければならないため、とても忙しいです。
大切な人を失った悲しみで、心身ともに疲労の日が続くことになります。
そんな状況の中でも、遺品整理を進めなければいけません。
遺品整理は、人生でそう何度も経験するものではありませんので、どのように進めればよいかわからないという方も少なくないでしょう。
そこで今回は、遺品整理の進め方について、ご紹介したいと思います。

【遺品整理とは?】


まず、遺品整理について、ご紹介したいと思います。
遺品整理とは、家族や親族が亡くなった際に、遺された家族が、故人の身の回りのものを整理することを指します。
遺品整理とよく似た言葉で、生前整理という言葉もありますが、生前整理は自分で生前に身の回りのものを整理することですので、意味が異なります。
一度でも、遺品整理を経験したことのある方はわかると思いますが、遺品整理は想像以上に大変な作業で時間がかかる場合が多いです。
少しでも遺品整理を、スムーズに進めるために、今回ご紹介する遺品整理の進め方を参考にしていただければと思います。

【不用品回収業者が教える遺品整理の進め方】

今回は、とてもシンプルな遺品整理の進め方をご紹介したいと思います。
基本的に、遺品整理とは、故人が遺した遺品を、「必要なもの」と「不要なもの」に分け、不要なものは処分を行うという流れで行います。
とても簡単な作業ではあるのですが、この「必要なもの」と「不要なもの」に分ける作業に時間がかかってしまう方も多いのです。
故人との思い出がこみ上げてきて、なかなか作業が進まないということも少なくありません。
もちろん、故人を想う気持ちは大切ですが、全ての品をとっておくというわけにはいきませんので、本当に必要なものだけを残して、後は処分するようにしましょう。
写真に撮っておき、実物は処分するというのもオススメの方法です。
遺品整理では、財産に関わるものなどは、しっかりとまとめて保管しておくことも大切なポイントです。

【遺品整理で出た不用品は不用品回収業者に任せるのがオススメ】


遺品整理では、多くの不用品が出てきます。
それらの不用品の処分は、不用品回収業者に任せるのがオススメです。
遺品整理で出た不用品の処分を、不用品回収業者に任せるのがオススメの理由は、とにかく手間がかからず早く処分できることや、不用品の種類に関わらず、一度にたくさんの不用品を処分できるからです。
ただし、最近では悪質な不用品回収業者も存在していますので、不用品回収業者選びには注意が必要です。

【まとめ】

今回のテーマは、「不用品回収業者が教える遺品整理の進め方」についてでした。
大切な家族が亡くなり、悲しみを抱えながらの遺品整理は、精神的にも肉体的にも辛いものです。
遺品整理は、全て自分だけや家族だけで行う必要はありません。
不用品回収業者を利用して、遺品整理を行うこともできるのです。
遺品整理を行う際は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1 2 3 4 5 7

Copyright © 2016 クリーン本舗 All Rights Reserved.