• ホーム
  • お問い合わせ・お見積り

新年を迎える前に生前整理をしよう!

 2018年11月30日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「新年を迎える前に生前整理をしよう!」についてです。

もうすぐ今年も終わりですね。
12月は師走と呼ばれ、1年の中でもバタバタと忙しくなる月です。
新しい年を迎える前に様々な準備をされる方も多いでしょう。

そこで私達がオススメするのが「生前整理」です。
本記事ではなぜ、新年を迎える前に生前整理がオススメなのか、どういった方法で進めていけばよいのかについて詳しくご紹介していきたいと思います。

【生前整理とは】


まず生前整理とは何なのかについてご説明いたします。
亡くなったあとに遺族が個人の身の回りの物を整理することを遺品整理と呼びますよね。
生前整理は、遺品整理とは異なり、遺族ではなく自分自身で元気なうちに身の回りの物を整理しておくことをいいます。
生前整理を行っておくことで、自分に万が一のことがあった際の家族負担を減らすことができます。
それだけでなく、生前整理を行うことで、自分にとって本当に必要なものだけで暮らすことができますので、残りの人生を豊かに過ごすことができます。

【新年を迎える前に生前整理を行っておくべき理由とは】

生前整理は、「何歳になったら始める」「いつ頃行う」などのルールはありませんが、新年を迎える前頃に行うというのもオススメです。
ここでは、その理由についてご紹介したいと思います。

■年末の大掃除と同時進行できる


年末になると、多くのご家庭では新年を迎えるために大掃除を行いますよね
年末に生前整理を行うことで、大掃除も同時に行えるので1度で済ますことができます。
生前整理では、必要なものと不要なものを分けて、不要なものは処分します。
不要なものが減ることで、掃除をするのも楽になり、いつもより大掃除の時間を短縮することにも繋がります。

■スッキリとした気持ちで新年を迎えることができる

自分の死後について様々な不安を抱えている人も多いですよね。
そういった不安も生前整理をすることで解消できる場合もあります。
さらに、生前整理を新年を迎える前にやっておくことで、不要なものが減り気持ちがスッキリします。
また、新年を迎えると家族が集まることが多いので、それまでに生前整理をしておけば、その内容について家族に伝えることができます。
そういった理由からも、新年を迎える前に整理整理を行っておくのがオススメなのです。

【まとめ】

今回のテーマは、「新年を迎える前に生前整理をしよう!」についてでした。
生前整理は自分の死後と向き合う必要があるため、マイナスのイメージを持つ方もいらっしゃいますが、実際には残りの人生を豊かにくらすためであったり、遺された家族の負担を減らしたりするために行うものですので、決してマイナスではなく前向きな気持ちで取り組むものなのです。
生前整理では、たくさんの不用品がでることが多いため、それらの処分方法について悩んだり、大変だと感じたりする人も多いです。
生前整理で出た不用品は、不用品回収業者を利用することで、簡単に手間なく処分することができますよ。

大阪・兵庫の不用品回収業者「クリーン本舗」でも、生前整理で出た不用品の回収を行っております。
無料でお見積りも可能です。お気軽にお問い合わせください。

知っておきたい遺品整理のコツ

 2018年11月29日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「知っておきたい遺品整理のコツ」についてです。

画像や親族が亡くなった際に行う遺品整理ですが、既に遺品整理を経験した方の多くは想像以上に大変だと感じているようです。

遺品整理を人生で何回も行うということは、あまりありませんが、いざという時のために遺品整理のコツを知っていると役立ちます。

そこで今回は、知っておきたい遺品整理のコツについて、ご紹介したいと思います。

【遺品整理とは】

遺品整理とは、家族や親族が亡くなった場合に、故人の遺品を整理することをいいます。
遺品を必要な物と不要なものに分けたり、親族や友人などに形見分けしたりするのです。
遺品整理は決して難しい作業では、ないのですが体力や時間が必要になりますし、故人を亡くした悲しみから、なかなか遺品整理を進めることができない人も多いようです。

【遺品整理のコツ】

遺品整理を少しでもスムーズに行うために、いくつかのコツがあります。
ここでは3つのコツを、ご紹介したいと思います。

■家族や親族と一緒に行う

まず1つ目は、1人で進めようとするのではなく、家族や親族などと一緒に行うことです。
前途したように、遺品整理というのは体力的にも精神的にも時間的にも大変な作業です。
さらに1人で行うとなると、かなりの負担になってしまいます。
できるだけ、家族や親族などに声をかけ一緒に遺品整理を進めるようにしましょう。
1人だと、処分するかどうか悩んでしまう物でも、家族や親族と進めることで意見を聞くこともできますよ。

■故人の意向を大切にする


遺品の中には、故人が生前大切にしていたものもあるでしょう。
故人が生前、エンディングノートを書いていた場合は、その内容を参考にしながら故人の意向に沿った遺品整理を行うのがよいでしょう。
エンディングノートには法的な効力はありませんが、故人の想いを知るためには大切なものです。
遺品整理を始める前に、故人がエンディングノートを書いていなかったか確認してみましょう。

■一旦保留という選択も◎

遺品整理を進めていくと、処分するか、保管しておくか悩むことも多いです。
その決断に時間をとられてしまい、なかなか遺品整理が進まないということもよくあります。
そんな時は、一旦保留という選択もオススメです。
処分するかどうか悩んでしまうものを一旦保留として置いておき、期間を置いて改めて考えるという方法もあります。
遺品整理は、処分か保管かの2択ではないということを覚えておきましょう。

【業者に任せるという選択もオススメ!】


遺品整理のコツを知っていることで、負担を減らすことができます。
しかし、遺品整理は必ず身内だけで行わなければいけないということはありません。
家族や親族が集まることがてきない場合や、故人が生前、賃貸住宅等で一人暮らしをしていて退去の期限が迫っている場合などは業者に任せることで早く手間をかけずに遺品整理を行うことができます。

【まとめ】

今回のテーマは、「知っておきたい遺品整理のコツ」についてでした。
遺品整理のコツを知っていることで、負担を減らすことができます。
遺品整理をする必要がでてきた!という方はぜひ参考にしてみてくださいね。

散らかった部屋は運気を下げる!?風水を取り入れた片付け方

 2018年11月28日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「散らかった部屋は運気を下げる!?風水を取り入れた片付け方」についてです。

現在の日本では、ゴミ屋敷が増加していることが社会問題にもなっています。
本記事を読んでいる方の中にも、ゴミ屋敷とまではいかなくても、部屋が散らかっているという方は少なくないのではないでしょうか。
風水的には散らかった部屋で暮らしていると、運気が下がると言われています。
今回は、風水を取り入れた片付け方法をご紹介したいと思います。

【散らかっている部屋で暮らすと運気が下がる理由】

風水では、運気をあげるために良い風を取り入れることが大切だと考えられています。
しかし、良い風というのは汚い場所や古いものには流れてこないため、散らかっている部屋には良い気が入ってこないのです。
そのため、片付いていない部屋が散らかった部屋で過ごしていると運気が下がると言われているのです。
実際に、風水を取り入れて部屋の片付けを行ったことで、運気が上がったという方もいるようです。

【風水を取り入れた片付け方とは】

もちろん、部屋を片付けるだけでも良い風が入ってくるようになりますが、ただ片付けるだけでなく風水を取り入れた片付けを行うことによって、さらき運気が上がることもあります。

ここでは簡単にできる、風水を取り入れた片付け方をご紹介していきます。

■朝の片付けがオススメ

風水では、片付けは朝のうちに行う方が効果的だと言われています。
朝は多くの人が忙しい時間帯のため、「朝に片付けなんて無理」と思う方も多いかもしれません。
しかし、毎日5分だけでも朝に片付けを行う習慣をつけることで運気が上がるかもしれませんよ。
何かをするついでに(何かをしながら)行う「ながら掃除」なら朝の忙しい時間でも習慣にすることができますのでオススメです。

■玄関を常に綺麗にしておこう!


玄関は、風水では気が入ってくる場所と考えられています。
そのため、玄関が汚れていると良い気が部屋に入ってこず運気が下がってしまいます。
玄関は常に綺麗にしておくことを心がけましょう。
靴は靴箱に片付けるようにし、出しっぱなしにしないというのも大切です。
傘や靴などが必要以上に多いと、玄関が片付きにくく散らかりやすくなるため不要な分は処分するといいでしょう。

■水回りの掃除で金運や健康運アップ


風水では水回りも大切なポイントだと考えられています。
浴室や洗面台などを綺麗に掃除し片付けておくことで、健康運があがると言われています。
キッチンは金運に関係していると言われているため、お金がなかなか貯まらないという方はキッチンの片付けをされてみるといいかもしれませんよ。

【まとめ】

今回のテーマは、「散らかった部屋は運気を下げる!?風水を取り入れた片付け方」についてでした。
部屋を片付けると運気が上がるだけでなく気分もスッキリして前向きな気持ちになります。
部屋を片付けた際にでた不用品は、不用品回収業者に依頼することで手間をかけずに簡単に処分することができるのでオススメですよ!
ぜひ参考にされてみてはいかがでしょうか?

自転車の処分前にやっておくべきこととは

 2018年11月26日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「自転車の処分前にやっておくべきこととは」についてです。

自転車は、子供から高齢者の方まで利用する便利な乗り物ですよね。
そんな便利な自転車ですが、故障や引越しなどの理由で処分することになった場合、どのように処分したら良いかご存知ですか?

また、自転車を処分する前に、必ずやっておくべきこともあるのです。
今回は、不要になった自転車の処分方法や、処分前にやっておきたいことについてご紹介したいと思います。

【自転車の処分前に防犯登録の抹消を】


自転車の処分前に必ずやっておきたいことは、防犯登録の抹消手続きです。
防犯登録は自転車を購入した際に、ほとんどの方が登録しているはずです。
自転車の防犯登録は、10年間警視庁のデータに登録されています。
抹消手続きを行わず、自転車を処分して、万が一その自転車が犯罪に使われてしまうということがあれば、防犯登録をしているあなたが真っ先に疑われてしまう可能性があります。
そのようなトラブルを防ぐためにも、自転車の処分前には防犯登録の抹消手続きを行ってください。
抹消手続きの方法は登録している都道府県にって異なりますので、登録している都道府県の自転車防犯協会に問い合わせてみるといいでしょう。

【自転車の処分方法とは】

自転車を処分するには、いくつかの方法があります。

■使用可能な自転車の場合

・友人や知人に譲る
・ネットオークションやフリマアプリで売却
・リサイクルショップで売却

■使用できない自転車の場合

・自治体の粗大ゴミ回収で処分
・不用品回収業者に依頼

自転車の処分方法は、自転車の状態によっても選べる方法が異なりますので、自分の処分したい自転車の状態に合わせて処分方法を選ばれるといいでしょう。

【手間かけずに自転車を処分したい場合は不用品回収業者がオススメ】


自転車の処分方法について、様々な方法をご紹介しましたが、どの方法を選べばいいかわからないという方も少なくないでしょう。
ご紹介した処分方法の中でも、自転車の状態に関係なく利用でき、手間をかけずに処分できるのは不用品回収業者への依頼です。
不用品回収業者によっては、即日回収を行っているところもありますので、急な引越しなので、すぐに自転車を処分したい!という方でも利用できます。
また電話1本で希望の場所まで回収にきてもらうことができますので、手間がかからず便利です。
不用品回収業者を利用する場合も、事前に防犯登録の抹消手続きは行っておきましょう。

【まとめ】

今回のテーマは、「自転車の処分前にやっておくべきこととは」についてでした。
前途したように、自転車の処分前にやっておくべきことは、防犯登録の抹消手続きです。
抹消手続きを怠ることで、思いがけないトラブルに巻き込まれる可能性もありますので、注意が必要です。
また、自転車の処分にはいくつかの方法がありますが、手間をかけずすぐに処分したいという方は不用品回収業者を利用されてみてはいかがでしょうか。

家電リサイクル法ってなに?粗大ごみとして処分できない家電とは

 2018年11月22日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「家電リサイクル法ってなに?粗大ごみとして処分できない家電とは」についてです。

特定の家電を処分する場合、家電リサイクル法に従って処分する必要があることを、ご存知でしょうか?

家電リサイクル法の対象となっている家電は、自治体に粗大ごみとして回収してもらうことはできません。

では、どのように処分したらいいのか、そもそも家電リサイクル法とは何なのかについて、本記事で詳しくご紹介していきたいと思います。

【家電リサイクル法とは?】


家電リサイクル法とは、一般家庭や事務所から排出された特定の家電製品から有用な部品などをリサイクルすることで、廃棄物を減らしたり資源の有効活用をしたりするための法律です。

■家電リサイクル法の対象品目

家電リサイクル法の対象となる家電製品は以下の通りです。

・エアコン
・冷蔵庫
・冷凍庫
・テレビ
・洗濯機
・衣類乾燥機

ちなみに家庭用ワインセラーも冷蔵庫として扱われます。

【家電リサイクル法対象の家電を処分する方法】

前述したように家電リサイクル法対象の家電は、自治体に粗大ごみとして回収してもらうことはできません。
では、どのようにして家電リサイクル法対象の家電を処分すればいいのでしょうか。

ここでは、3つの方法をご紹介したいと思います。

■不用品回収業者に依頼


まず、誰でも利用できて、手間もかからず早く処分できるオススメの方法が、不用品回収業者への依頼です。
不用品回収業者は、洗濯機や冷蔵庫、テレビやエアコンなど家電リサイクル法対象の家電でも、電話一本で
回収に来てもらうことができます。
運び出しも全て業者が行ってくれますので、一人暮らしや高齢者の方でも安心して処分することができます。

■家電量販店に依頼

処分したい家電を購入した家電量販店に引き取りを依頼することで、処分することができます。
この場合は基本的に、リサイクル料金+運搬費用が必要になります。
また、新しく家電を買い換える場合は、新しい家電を購入するお店に、処分したい家電の回収を依頼することもできます。
この場合も、リサイクル料金+運搬費用が必要です。

■自分で指定引取場所まで運搬

とにかく費用を抑えて、家電リサイクル対象の家電を処分したい場合は、自分で指定引取場所まで運搬するという方法もあります。
事前に、郵便局でリサイクル料を支払い、リサイクル券を持って処分したい家電を指定引取場所に持っていくことで、処分することができます。
この場合は運搬費用が必要ありませんので、リサイクル料だけで処分することができます。
ただし、処分したい家電を運ぶためのトラックなどや、場合によっては人手も必要になる方法です。

【まとめ】

今回のテーマは、「家電リサイクル法ってなに?粗大ごみとして処分できない家電とは」についてでした。
冷蔵庫や洗濯機、エアコンやテレビなど、家電リサイクル法対象の家電の処分をお考えの方は、ぜひ参考にしてくださいね。

メリットたくさん!気分転換に断捨離をしてみませんか?

 2018年11月21日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「メリットたくさん!気分転換に断捨離をしてみませんか?」についてです。

断捨離という言葉は、広く知られるようになりましよね。
しかし、断捨離を行うメリットについては詳しく知らないという方も多いでしょう。
実は断捨離には、たくさんのメリットがあるのです。
今回は、断捨離のメリットについて、ご紹介したいと思います。
断捨離のメリットを知ると、断捨離を始めてみたくなりますよ!

【断捨離とは】


断捨離とはヨガの考え方を応用した、片付け法です。
断行、捨行、離行というヨガの考え方から頭文字をとってできた造語です。

断行とは、入ってくるものや欲望、いらない習慣などを断つことを指します。
捨行は、不要なものや関係を捨てるということです。
離行は、物への執着やこだわりから離れることで、これらが断捨離の考え方の基本になっています。

【断捨離のメリット】

断捨離がここまで、世間から注目を浴び、流行語大賞にノミネートされるほどになった理由の1つには、メリットが多いということもあるのではないでしょか。

断捨離を行うことで部屋が片付くだけでなく、様々なメリットがあるのです。

ここでは代表的な、断捨離のメリットをご紹介したいと思います。

■前向きで幸せな気持ちになる


断捨離をすることで、まず部屋が綺麗になります。
綺麗な部屋で過ごすことで、気持ちが明るくなり前向きな考え方ができるようになります。
また、不要な習慣や関係を捨て、執着から離れることで幸せな気持ちになれるのです。

■お金が貯まる


断捨離を行うことで、無駄なものを買うということがなくなります。
買い物をする時も、本当に必要なものか、しっかり考えるようになるのです。
また、断捨離で部屋が片付くと、どこに何があるかをきちんと把握することができるようになりますので、持っているものをまた買ってしまうというようなこともなくなります。
その結果、自然とお金が貯まっていくのです。

【断捨離で出た不用品は不用品回収業者に依頼するのがオススメ】

断捨離はメリットが多いため、ぜひ取り組んでいただきたいです。
ただし、断捨離で出た不用品を分別し処分するのは大変な作業です。
その作業がしんどくて、断捨離を諦めてしまう人もいます。
そこでオススメなのが、不用品回収業者への依頼です。
不用品回収業者に依頼することで、電話一本で簡単に断捨離で出た不用品を処分することができますよ。

【まとめ】

今回のテーマは、「メリットたくさん!気分転換に断捨離をしてみませんか?」についてでした。
最近いいことがない!という方は、気分転換にメリットの多い断捨離に取り組んでみられてはいかがですか?
運気が上がるかもしれませんよ。
断捨離で出た不用品は不用品回収業者に依頼することで、簡単に処分することができるので参考にしてみてくださいね。

ゴミ屋敷の片付けは不用品回収業者への依頼がオススメ!

 2018年11月19日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「ゴミ屋敷の片付けは不用品回収業者への依頼がオススメ!」についてです。

テレビなどでも話題になっている「ゴミ屋敷」ですが、近年とても増えていて社会問題にもなっています。
この記事をご覧になっている方の中にも「家がゴミ屋敷になっている」「実家がゴミ屋敷で困っている」という方もいるのではないでしょうか。

「ゴミ屋敷」となってしまった住宅の片付けはとても大変です。
そこでオススメなのが、不用品回収業者への依頼です。

本記事では、ゴミ屋敷の片付けを不用品回収業者に依頼するのがオススメの理由について、ご紹介したいと思います。

【ゴミ屋敷は家族だけで片付けられる?】


まず、ゴミ屋敷の片付けを行う際、「なんとか自分たち家族だけで片付けることができないだろうか」と考える方が多いと思います。
結論から言うと、家族だけで片付けることはできます。ただし、かなり大変で時間も必要です。
ゴミ屋敷の程度にもよりますが、自分たちだけで片付けるとなると、かなりの時間と体力が必要になります。
若い世代は体力があっても仕事などで時間が取れないことが多いでしょうし、高齢の方は時間があっても体力的に難しいということが多いでしょう。
体力も時間もある!という人が家族に数人いる場合は、家族だけでゴミ屋敷の片付けをすることも可能ですが、そういった状況は珍しいかもしれませんね。

【ゴミ屋敷の片付けは不用品回収業者に依頼するのがオススメな理由】

冒頭にも述べたように、やはり、ゴミ屋敷の片付けは、不用品回収業者など、プロに依頼するのがオススメです。
ここでは、不用品回収業者にゴミ屋敷の片付けを依頼するのがオススメな理由について、ご紹介したいと思います。

■とにかく早い

やはり、ゴミ屋敷の片付けを業者に依頼する一番のメリットは、とにかく早い!ということでしょう。
経験を積んだプロですから、作業効率がよく、あっという間にゴミ屋敷の片付けが終了します。
例えば、片付けたいゴミ屋敷が、もう誰も住んでいない賃貸住宅の場合は、一日でも早く片付けた方が家賃がムダになりません。
不用品回収業者などプロの業者に依頼することで、作業時間も早いですし、依頼してから作業に取りかかるまでの期間も早いです。
業者によっては即日対応を行っている業者もありますよ。

■清掃まで依頼できる


ゴミ屋敷は、不用品が多いだけでなく、様々な場所の汚れが酷いことが多いです。
不用品回収業者は、ゴミ屋敷の不用品を処分するだけでなく、清掃まできちんと行ってくれます。
家族だけで、不用品の処分から清掃まで全て行うのは、かなりの重労働ですので、業者がやってくれると助かりますね。

■遺品整理も可能


ゴミ屋敷の住人が亡くなってしまっているという場合は、遺品整理も依頼することができます。
ゴミ屋敷の中から、故人が大切にしていた物が見つかることもありますよ。
ゴミ屋敷の片付けと遺品整理が同時に行えるので便利ですし、お得ですね。

【まとめ】

今回のテーマは、「ゴミ屋敷の片付けは不用品回収業者への依頼がオススメ!」についてでした。
家や実家がゴミ屋敷の状態で悩んでいるという方は、無理に自分たちだけで片付けようとせず、不用品回収業者などに依頼して、力を借りられてみてはいかがでしょうか。
ゴミ屋敷が片付くと、気持ちもとってもスッキリしますよ!

不用品回収業者と自治体の粗大ごみ回収の違いとは

 2018年11月16日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「不用品回収業者と自治体の粗大ごみ回収の違いとは」についてです。

家電や大きな家具などの不用品は、普通ごみとしては処分できないため困ることもありますよね。
最近は電話一本不用品を回収にきてくれる不用品回収業者も多く存在しています。
また自治体では、粗大ごみ回収を行っていますので、そちらに依頼するという方もいるでしょう。

中には、不用品回収業者と自治体の粗大ごみ回収の違いがよくわからず、どちらに依頼すればいいかわからないという方も少なくありません。

そこで今回は、不用品回収業者と行政の粗大ごみ回収の違いについて、ご紹介したいと思います。

【回収してもらえる不用品の違い】


まず、不用品回収業者と行政の粗大ごみ回収では、回収してもらえる不用品の種類が違います。
行政の粗大ごみ回収の場合、回収してもらえる不用品の種類は自治体によっても異なりますが、回収できるものに限りがあります。
不用品回収業者の場合は、危険物や動物の死骸など以外は、ほとんどの物を回収してもらうことができま。
自治体と不用品回収業者では、圧倒的に不用品回収業者の方が回収してもらえる不用品の種類が多いといえるでしょう。

【依頼から回収までにかかる期間の違い】


不用品なるべく早く処分したいという人が多いですが、実は不用品回収業者と自治体の粗大ごみ回収では、依頼から回収されるまでの期間に違いがあります。
自治体の粗大ごみ回収の場合、自治体にもよりますが、基本的には申込みしてから約1〜2週間の期間が必要です。
また、日曜日の回収は行っていない場合が多いです。
不用品回収業者の場合は、依頼する業者にもよりますが、基本的には申込みから回収までの期間が短いです。
業者によっては、即日回収を行っていて、依頼したその日に自宅まで取りに来てもらうこともできます。
また、ほとんどの不用品回収業者が土日祝日にも対応していますし、夜間対応なども行っている業者もありますので、忙しい方でも利用しやすいでしょう。
急な引っ越しなどで、すぐに不用品を処分したい場合は、自治体よりも不用品回収業者に依頼するのがいいかもしれませんね。

【申し込みから回収までの流れの違い】

自治体の粗大ごみ回収と、不用品回収業者では、申し込みから回収までの流れにも違いがあります。
例えば、大阪市や神戸市の粗大ごみ回収の場合は、電話で申し込んだあとに、必要な手数料分のシール券をスーパーやコンビニで購入して処分する物に貼っておかなければいけません。
また、回収日当日の朝、指定の場所(クリーンステーションや自宅敷地前など)まで処分したい粗大ごみを自分で運び出して置く必要があります。
一方、不用品業者の場合は、電話で申し込んだあとは、業者が来るのを待つだけです。
特にやることはありません。
回収日当日は、自宅内まで業者が来てくれて、運び出し作業も全て行ってくれますので、作業後に支払いをするだけでOKです。

【料金の違い】


不用品回収業者と行政の粗大ごみ回収では、処分費用も異なります。
もちろん、お住まいの自治体や依頼する不用品回収業者によっても料金は違いますので、一概には言えませんが、一般的には自治体の粗大ごみ回収の方が安い場合が多いです。
しかし、運び出しの手間や、回収までの期間を考えれば、不用品回収業者も決して高い値段ではないでしょう。
また、不用品回収業者の中には買い取りも行っている業者もありますので、不用品のなかに買い取り可能なものがあれば、その分処分費用が安くなりますよ。

【まとめ】

今回のテーマは、「不用品回収業者と自治体の粗大ごみ回収の違いとは」についてでした。
不用品の処分をお考えの方は、今回の記事を参考に、ご自身に合った処分方法を見つけられてみてはいかがでしょうか。

安心して任せられる不用品回収業者の選び方

 2018年11月15日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「安心して任せられる不用品回収業者の選び方」についてです。

引っ越しや断捨離、遺品整理や生前整理など、不用品の処分を行う際に便利なのが、不用品回収業者です。
不用品回収業者は、電話一本ですぐに自宅まで不用品を回収に来てくれますので、手間がかからず忙しい人や高齢者の方でも簡単に利用できるのでオススメです。
しかし、そんな便利な不用品回収業者ですが、実際に不用品回収業者と依頼者の間にトラブルが起きているケースもあります。
それは、不用品回収業者の中に、悪質な業者が存在していることが原因です。

不用品回収を業者に依頼したいけれど、不安があるという方も多いでしょう。
そこで今回は、安心して任せられる不用品回収業者の選び方について、ご紹介したいと思います。

【事前にきちんと見積もりをしてくれる】


悪質な不用品回収業者と依頼者の間で一番多いトラブルが、金銭面に関することです。
「無料で回収します」と言っていたのに、作業後に高額な料金を請求されるといったこともあるようです。
事前にきちんと、適切な料金の見積もりを提示してくれる業者であれば安心して任せることができるでしょう。
基本的に不用品の処分には費用がかかりますので「なんでも無料回収」というのは怪しいと思ったほうがいいでしょう。
見積もり時に、作業後に追加料金が発生することがないということを書面にしてもらえると、さらに安心ですね。

【許可を得て営業している】


一般家庭の不用品回収を行うためには「一般廃棄物収集運搬業の許可」、不用品の買い取りを行うためには「古物商の許可」が必要になります。
しかし悪質な業者の場合、これらの許可を得ずに営業していることもあります。
許可を得て営業しているから、必ず安心できる業者という訳ではありませんが、少なくとも許可を得ていない業者は違法ですので、依頼しないようにしましょう。
許可の有無はホームページや、チラシ等に記載されていることが多いですが、どこにも記載がない場合は直接問い合わせてみるのもいいでしょう。

【会社の住所や電話番号がハッキリしている】

不用品回収業者に限らず、会社の住所や電話番号がハッキリしていないというのは怪しいです。
「スタッフが名刺や社員証を持っていない」
「回収のトラックに会社名などが書かれていない」
「ホームページがない」
上記のような場合は、安心して任せられる業者とは、いえないでしょう。
会社の所在地や電話番号がハッキリしていないというのは、後でトラブルが発生しても責任をとってもらえない可能性が高いです。
不用品回収業者に依頼する際は、会社の住所や電話番号がハッキリしている業者を選ぶようにしましょう。

【まとめ】

今回のテーマは、「安心して任せられる不用品回収業者の選び方」についてでした。
基本的に、不用品回収業者は便利なサービスですが、いくつかの悪質な業者が存在していることにより、トラブルも発生しています。
不用品回収業者を利用される際は、今回の記事を参考に、安心して任せられる業者を選ぶようにしてください。

使用しなくなったピアノはどうやって処分するの?

 2018年11月14日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「使用しなくなったピアノはどうやって処分するの?」についてです。

「昔、趣味でピアノを習っていた」
「子どもが小さい頃にピアノを購入したが使っていない」

上記のようなことは、ありませんか?
ピアノの処分に困っているという話はよく聞きます。

そこで今回は、使用しなくなったピアノの処分方法について、ご紹介したいと思います。

【ピアノの種類によって処分方法は異なる?】

ピアノと一言でいっても、様々な種類があります。
大きく分けて3つの種類があり、それぞれ大きさや重さも異なります。

■グランドピアノ/h3>

グランドピアノは、大型のピアノで重量は約250kg〜400kgもあります。
そのため運搬に人手が必要になってしまいますので、自治体では処分できないことも多いです。

■アップライトピアノ


アップライトピアノは、グランドピアノに比べると大きさは小さくなり、重量も約200kg〜250kg程度です。
それでも運搬は大変ですので、自分たちで処分するのは難しい場合もあります。

■電子ピアノ


電子ピアノは電気を使って演奏するピアノで、重量は約40kg〜80kg程度と比較的軽くなります。
運搬しやすい重量と大きさですので、処分できる自治体も多く、3つの中では最も処分しやすいピアノだといえるでしょう。

【自治体の粗大ごみでピアノの処分はできるの?】


自治体に粗大ごみとしてピアノの処分を依頼できるのかは、気になるところですよね。
結論からいうと、自治体や処分したいピアノの種類によって異なります。
ピアノが処分できるかどうかは、住んでいる自治体ごとに決まっていますので、一概にはいえません。
また処分したいピアノの種類によっても処分可能かどうかは、異なってくるのです。
電子ピアノは比較的処分できる自治体も多いですが、グランドピアノはほとんどの自治体で回収対象外でしょう。
ちなみに、大阪市や神戸市では電子ピアノであれば、粗大ごみとして回収してもらうことができます。
大阪市では1,000円、神戸市では1,200円で電子ピアノを処分することが可能です。

【ピアノの状態が良ければ買い取ってもらう方法も】

ピアノの状態が良いものであれば、ピアノの買い取り業者に依頼して買い取ってもらうという方法もあります。
故障していないグランドピアノやアップライトピアノであれば、買い取ってもらえる可能性もありますので、一度相談されてみるのもいいでしょう。

【買い取ってもらえないピアノや手間をかけたくない場合は不用品回収業者がオススメ!】


・故障している
・ピアノが古すぎる
・相場価格が低い

上記のようなピアノを処分したいという場合や、とにかく手間をかけたくない方、すぐにピアノの処分をしたい方は不用品回収業者への依頼がオススメです。
不用品回収業者であれば、電話一本で自宅まで回収にきてもらうことができますので手間がかかりませんし、故障していても処分することができます。

【まとめ】

今回のテーマは、「使用しなくなったピアノはどうやって処分するの?」についてでした。
使用しなくなったピアノの処分でお困りの方は、今回の記事を参考にされてみてはいかがでしょうか。

1 2

Copyright © 2016 クリーン本舗 All Rights Reserved.