• ホーム
  • お問い合わせ・お見積り

【危険!】ゴミ屋敷に潜むトラブル

 2020年1月31日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「【危険!】ゴミ屋敷に潜むトラブル」についてです。

近年、日本ではゴミ屋敷が増加傾向にあり、深刻な社会問題となっています。
メディアで取り上げられることも多いため、ゴミ屋敷を目にしたことがあるという方も少なくないでしょう。
また、近隣の家がゴミ屋敷だったり、実家がゴミ屋敷だったりなど、実際にゴミ屋敷問題に悩んでいる方も多いようです。
実際に、ゴミ屋敷を放置しておくことは、とても危険でトラブルが発生する可能性も高いです。
そこで今回は、ゴミ屋敷に潜むトラブルや危険性について、ご紹介したいと思います。
ゴミ屋敷問題でお悩みの方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

【ゴミ屋敷に潜むトラブルや危険性4選】

ゴミ屋敷には、様々なトラブルや危険性が潜んでいますが、今回は代表的な4つのトラブルや危険性について、ご紹介したいと思います。

■1.異臭や悪臭


まず、1つ目は、悪臭や異臭といった臭いに関するトラブルです。
ゴミ屋敷の中には、様々なゴミが散乱していますよね。
その中には、食べかけのものや飲みかけのもの、腐った食品、汚れた衣類、ペットの汚物などが含まれていることも多いです。
それらは、悪臭や異臭の原因となりますので、部屋中に臭いが充満します。
また、放置していると、部屋や家の中だけでなく、外にまで臭いが漏れてしまうのです。
ゴミ屋敷の近隣住民の方の中には、一日中窓が開けられなかったり、洗濯物を外に干せなかったりするという悩みを持つ方も多いです。

■2.害虫

2つ目は、害虫に関するトラブルです。
害虫にとって、ゴミ屋敷はとても居心地の良い環境です。
なぜなら、ゴミ屋敷には、食べ残しなどが多く、それらが害虫の餌になるからなのです。
そのため、ゴミ屋敷にはネズミやゴキブリなどの害虫が発生していることも少なくありません。
それ以外にも、野良猫や鳩、カラスなど様々な生き物が、ゴミ屋敷に群がっていることもあります。
これらの害虫や、生き物たちによって、近隣に糞が散らばる被害も多いのです。

■3.健康被害

3つ目は、健康被害に関するトラブルです。
ゴミ屋敷は、害虫たちにとっては最高の環境ですが、人間にとっては最悪の環境と言えます。
ゴミ屋敷は長年換気されていないことも多く、空気が汚染されています。
また湿気などによって、カビが発生していることもあり、そういった空気を吸い込むことで、人体に影響を与えてしまうのです。
ゴミ屋敷での生活が長期化することで、健康被害が出る可能性もあります。
また、ゴミ屋敷に集まる様々な生き物が病原菌を保持している可能性もあり、近隣住民の健康にも影響を与える可能性もあるのです。

■4.放火や火災


ゴミ屋敷での火災が起こったというニュースを見たことがある方も多いでしょう。
実際に、ゴミ屋敷は、新聞やダンボールなど燃えやすいものも多く、火災が発生しやすいです。
放火される可能性もありますが、それ以外にも、電気コンセントにホコリが溜まっていることで火が発生する可能性も高いのです。
また、ゴミ屋敷のゴミの中には、ライターやガスボンベ、タバコの吸殻が紛れていることもあり、一度火がつくと、大きな火災になってしまいます。
もちろん、火災が起きれば、ゴミ屋敷の家主だけでなく近隣住民も危険だということは、言うまでもないでしょう。

【まとめ】

今回のテーマは、「【危険!】ゴミ屋敷に潜むトラブル」についてでした。
今回ご紹介したように、ゴミ屋敷にはトラブルや危険性が多く潜んでいます。
ゴミ屋敷の家主だけでなく、近隣住民も巻き込まれてしまう可能性も高いですので、早めの対策が必要です。
ゴミ屋敷の片付けを自分たちだけで行うのは、とても大変ですので、不用品回収業者などの専門業者を利用するのがオススメです。
ぜひ、参考にしてみてくださいね。

セルフネグレクトを知っていますか?部屋が片付かないことと関係している可能性も

 2020年1月30日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「セルフネグレクトを知っていますか?部屋が片付かないことと関係している可能性も」についてです。

近年は、ゴミ屋敷が社会問題となっていたり、片付けられない人が増えていたりします。
あなたの周りの家族や友人にも、ゴミ屋敷や片付けられないことで悩んでいる人もいるのではないでしょうか。
ゴミ屋敷や片付けられない部屋になる原因には、様々な要因が考えられますが、その中の1つに「セルフネグレクト」というものがあります。
「ネグレクト」という言葉は、聞いたことがある方も少なくないはずです。
ネグレクトは虐待の1つで、親が子供に食事を与えなかったり、必要な養育をせずに方としていることを言います。
しかし、セルフネグレクトとは、虐待の種類ではありません。
ネグレクトという言葉に比べると、セルフネグレクトという言葉は、あまり知られていないのが現状です。
そこで今回は、セルフネグレクトについて、ご紹介したいと思います。

【セルフネグレクトとは?】

セルフネグレクトとは、「成人が通常の生活を維持するために必要な行為を行う意欲・能力を喪失し、自己の健康・安全を損なうこと。」を言います。(引用元:デジタル大辞林)
つまり、大人が普通の生活ができないくらいに、やる気や力を失い、さらに健康や安全面にも影響が及ばされている状態のことを指します。
普通の生活ができない状態ですから、酷ければ、最低限の衣食住に関しても放棄してしまっているような状態です。
セルフネグレクトは、誰にでも起こりうる可能性のある問題で、年齢や性別問わず、セルフネグレクト状態になっている人がたくさんいるのです。
セルフネグレクトは、部屋が片付かない原因の1つでもあり、ゴミ屋敷や孤独死にもつながっているため、深刻な社会問題だと言えます。

【セルフネグレクトになる原因】


成人であれば、誰にでも起こりうるセルフネグレクトですが、原因は、人によって異なります。
例えば、核家族や少子化などの影響で、家族や社会、地域との関わりが薄れている現代では、社会から孤立してしまっているという人も多いです。
そういった、社会からの孤立が原因でセルフネグレクトになることもあります。
その他にも、老化や病気が原因になることもありますし、認知症や精神疾患が原因となることもあります。
また、経済的に困難であることなども、セルフネグレクトの原因となるのです。

【セルフネグレクトのチェックリスト】


セルフネグレクトは、周りの人が早期に気づき、適切な診察やカウンセリングを受けることで改善される可能性も高いです。
そのためには、セルフネグレクトのサインに、気づくことが大切なのです。
ここでは、厚生労働省が提示している、セルフネグレクトのチェックリストをご紹介します。

□単身生活の人が、痩せて食事をしていないようであったり、身体や衣類の清潔が保たれていない
□昼間でも雨戸が閉まっている
□窓ガラスが割れたまま放置されている
□電気、ガス、水道、電話が止められていたり、家賃の支払いが滞っている
□郵便物がたまったまま放置されている
□野良猫のたまり場になっている
□近所の人や行政が相談に乗ろうとしても、「いいよ、いいよ」「放っておいてほしい」と頑なに遠慮したり拒否しあきらめの態度が見られる
上記の症状に多く当てはまる場合は、セルフネグレクトの可能性がありますので、注意が必要です。

【まとめ】

今回のテーマは、「セルフネグレクトを知っていますか?部屋が片付かないことと関係している可能性も」についてでした。
今回ご紹介したように、セルフネグレクトは、とても深刻な問題です。
また、部屋が片付かないことやゴミ屋敷の原因となっている可能性もあります。
ただし、セルフネグレクトは本人が気づきにくいため、周りの人が気づき、手を差し伸べてあげることが大切です。

【必見】洗濯機処分〜売れる洗濯機とは?〜

 2020年1月29日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「【必見】洗濯機処分〜売れる洗濯機とは?〜」についてです。

引っ越しや買い替えなどで、不要になった洗濯機は、売ることができるって知ってましたか?
洗濯機は、自治体の粗大ごみ回収で処分することはできません。
そのため、洗濯機を処分する際、買い替えるお店で、お金を出して引き取ってもらうという方も多いと思います。
しかし、実はその洗濯機は売れる可能性があるのです。
洗濯機を売ることができれば、処分費用はかかりませんし、逆に収入を得ることができます。
そうなると、とってもお得で嬉しいですよね?
そこで今回は、売れる洗濯機とは、どういったものなのかについて、ご紹介したいと思います。

【売れる洗濯機=価値のある洗濯機】

価値のある洗濯機(需要がある洗濯機)でなければ、売ることはできません。
では、価値のある洗濯機とは、どういったものなのでしょうか。
ここでは、いくつかの判断基準を、ご紹介します。

■製造年数

まず、最も大切なのが、洗濯機の製造年数です。
一般的に、製造から5年以内であれば価値のある洗濯機と言われています。
ここで注意しておきたいのは、購入してからの年数や使用年数ではなく、あくまでも製造年数だということです。
製造年数は、洗濯機の側面や裏面に貼ってあるシールに記載されていますので、確認しておきましょう。

■故障していないか

次に、故障していないかどうかということも大切です。
当然ながら、故障している洗濯機は需要がありません。
修理して販売するとなると、コストがかかりますので、買い取ってもらえない可能性が高くなります。
洗濯機を売る際には、正常に作動するかどうかも大切なポイントとなりますのでチェックしておきましょう。

■洗濯機の容量


洗濯容量が多いほど、価値が高い傾向があります。
洗濯容量が多い洗濯機は、元々の販売価格も高いですので、売却する際にも価値が高くなるのです。
洗濯容量は、取り扱い説明書に記載されていますし、型番などでも調べることができますので、事前にチェックしておくといいですよ。

■洗濯機のメーカー

洗濯機は、様々なメーカーから発売されています。
最近は、安価な家電を販売するメーカーもたくさんあります。
また、海外メーカーの洗濯機も増えています。
しかし、やはりパナソニックや日立、シャープなど、東芝など、日本の大手メーカーの洗濯機の方が価値が高い傾向があります。

■付属品の有無

洗濯機には、お風呂のお湯を給水するためのホースや、取り扱い説明書等が、付属されていることが一般的です。
購入時に付属されていたものが、全て揃っているかどうかも、洗濯機の価値に関わってきます。
もちろん、全て揃っている方が、売れやすいですよ。

【売れない洗濯機はどうやって処分する?】


上記の項目をチェックしてみて、あなたが処分したい洗濯機の価値を大まかに判断することができたと思います。
故障していたり、古すぎる洗濯機の場合は、売れない可能性が高いです。
そういった場合は、不用品回収業者に依頼して洗濯機の処分をすることもできます。
不用品回収業者の場合は、壊れていても回収してもらうことができますし、電話一本で自宅まで回収に来てくれて、運び出しも全て行ってくれますので手間がかかりません。
また、即日回収を行っている業者もあり、すぐに処分することもできます。

【まとめ】

今回のテーマは、「【必見】洗濯機処分〜売れる洗濯機とは?〜」についてでした。
今回ご紹介したように、洗濯機は場合によっては売ることもできます。
売れない洗濯機の処分は、不用品回収業者に任せるといいですよ。
洗濯機の処分を、ご検討中の方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。
最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

知ってますか?断捨離の3つのメリット

 2020年1月28日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「知ってますか?断捨離の3つのメリット」についてです。

ここ数年、断捨離が注目を集めています。
断捨離のための書籍が多く販売されていたり、テレビなどのメディアでも、断捨離に関する企画が放送されていたりします。
そのため、断捨離をしようと思っている方や、断捨離に興味があるという方も多いでしょう。
また、断捨離には多くのメリットがあります。
そこで今回は、断捨離のメリットについて、ご紹介したいと思います。

【断捨離とは?】


断捨離のメリットを紹介する前に、まずは、断捨離とはどういったものなのかについて、ご紹介します。
断捨離という言葉が生まれたのは、2010年頃のことです。
2010年の流行語大賞にノミネートされ、広く知られるようになりました。
断捨離は、ヨガの基本的な考え方である「断行」「捨行」「離行」を応用してできた片付け法の1種で、自分にとって本当に必要なものを見つめ直し、不要なものを減らして、モノへの執着から離れるといった意味があります。

【断捨離の3つのメリット】

次に、断捨離の3つのメリットについて、紹介します。

■メリット1:気持ちが明るく前向きになる

1つ目のメリットは、気持ちが明るく前向きになるということです。
散らかった部屋で生活をしていると、精神面にも影響を与えます。
断捨離で無駄なものを処分し、部屋をスッキリと片付けることで、気持ちが明るく前向きになるのです。
また、断捨離は物だけでなく、人間関係などにも繋がっています。
嫌なことや無理していることを断つことで、気持ちがスッキリするのです。

■メリット2:部屋が綺麗に片付く

2つ目のメリットは、部屋が綺麗に片付くということです。
当たり前のようですが、断捨離で不要なものを処分することで、部屋を綺麗に片付けることができます。
部屋が散らかっている人の多くは、不要なものを捨てられず、物が溢れている傾向があります。
断捨離を行うことで、片付けやすい部屋になり、片付けが苦手な方でも部屋を綺麗に保てるというメリットがあるのです。

■メリット3:お金が貯まる


3つ目のメリットは、お金が貯まるということです。
断捨離は処分することがメインですので、お金が貯まるというのは不思議かもしれません。
しかし、断捨離を行うことで、自分にとって本当に必要なものを知ることができ、無駄なものを買わなくなります。
無駄なものを買わないということは、無駄遣いをしないということですので、自然とお金が貯まるのです。

【断捨離で出た不用品を処分する方法】

断捨離を行うことで、たくさんの不用品が出ます。
それらの不用品を処分するのは大変です。
そこで、オススメなのが、不用品回収業者への依頼です。
不用品回収業者に依頼することで、断捨離で出たたくさんの不用品を一度に処分することができます。
さらに、電話1本で、自宅まで回収に来てもらうことができますし、全ての作業を業者が行ってくれますので手間がかかりません。
また、細かい分別作業を行う必要がありませんので、断捨離がスムーズに進みます

【まとめ】

今回のテーマは、「知ってますか?断捨離の3つのメリット」についてでした。
今回ご紹介したように、断捨離にはメリットがたくさんあります。
断捨離で出た不用品の処分は大変ですが、不用品回収業者に依頼することで、手間をかけずにたくさんの不用品を処分することができます。
断捨離に取り組んでみようと考えている方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。

ゴミ屋敷を片付けよう!準備するものや、やることリスト

 2020年1月27日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「ゴミ屋敷を片付けよう!準備するものや、やることリスト」についてです。

近年、日本で社会問題となっているゴミ屋敷問題。
この記事を読んでいる方の中にも、自宅や実家がゴミ屋敷になっているという方も少なくないのではないでしょうか。
ゴミ屋敷を放置していると、人体への影響や、火災などの可能性もあるため、大変危険です。
そこで今回は、ゴミ屋敷を片付けるための準備物や、やることリストについて、ご紹介したいと思います。

【ゴミ屋敷を片付けるために準備するもの】


まずは、ゴミ屋敷の片付けを行うために準備するべきものについて、ご紹介します。
ゴミ屋敷を片付ける前に、きちんと準備をしておくことで、スムーズに片付けを進めることができます。
衛生面や安全面を考えて、下記のものは用意しておきましょう。
・軍手
・マスク
・汚れてもいい服装
・長靴
・エプロン
・ゴミ袋
・殺虫剤
・ガムテープ
・ビニール紐
・掃除機やホウキ
・雑巾
・洗剤
・バケツ
・ゴミや不用品を運搬する車両

上記のものを準備しておくことで、スムーズにゴミ屋敷の片付けを行うことができます。

【ゴミ屋敷を片付けるためにやること】

次に、ゴミ屋敷を片付けるためにやるべきことについて、紹介します。

■ゴミ収集日等の日程を確認する


まずは、自治体のゴミ収集日やゴミ処理センターの受付時間を確認しておきましょう。
全て自分でゴミ屋敷の片付けを行う場合は、ゴミや不用品の処理も自分で行わなければいけません。
その場合は、いつでもどこでも不用品やゴミを処分できるわけではありませんので、どういった方法で、いつ処分できるのかについて、調べておく必要があります。

■害虫駆除作業

ゴミ屋敷では、ゴキブリやネズミなど、様々な害虫が潜んでいる可能性があります。
片付けの作業中に、害虫が出てきてしまうと、その都度、害虫処理に時間がかかってしまいます。
そのため、ゴミ屋敷を片付ける前に、殺虫剤等を使って、害虫駆除作業を行うのがオススメです。

■必要なものと不要なものを分別

ゴミ屋敷の片付けの基本は、必要なものと不要なものを分けて、不要なものを処分することです。
不要なものを処分するためにも、まずは必要なものと不要なものを分別しましょう。

■不用品とゴミを処分

分別が終われば、不用品とゴミを処分します。
事前に調べておいた、自治体のゴミ収集日に処分したり、ゴミ処理センターの受付日に申し込みを行うようにしてください。

■掃除

全てのゴミが搬出できたら、掃除を行いましょう。
掃除機でホコリを吸い取り、雑巾で窓や床の汚れを拭き取ります。
水拭きではとれない頑固な汚れは、洗剤を使って掃除をするといいですよ。

【業者に依頼してゴミ屋敷を片付ける方法も】


ゴミ屋敷の片付けは、自分だけや家族だけで行う必要はありません。
業者に依頼して片付けを行うことも可能です。
ゴミ屋敷の片付けは、時間も体力も必要でなかなか、スムーズに進まないということも多いです。
しかし、業者に依頼することで、手間をかけず、早くゴミ屋敷を片付けることができますよ。
不用品回収業者や、片付け業者などに依頼するのがオススメです。

【まとめ】

今回のテーマは、「ゴミ屋敷を片付けよう!準備するものや、やることリスト」についてでした。
今回ご紹介したように、ゴミ屋敷の片付けは、事前の準備が大切です。
ただし、準備をしていても、1人だけや家族だけで行うのは、とても大変ですので、不用品回収業者などの業者に依頼するといいですよ。
ゴミ屋敷の片付けで、お悩みの方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。
最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

【大阪市】ベッドマットレスの処分方法や費用

 2020年1月24日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「【大阪市】ベッドマットレスの処分方法や費用」についてです。

古くなったベッドマットレスを処分するには、いくつかの方法があります。
自治体の粗大ごみ回収を利用する場合は、依頼する自治体によって費用が異なります。
そこで今回は、大阪市でベッドマットレスを処分する場合の方法や費用について、ご紹介したいと思います。

【ベッドとマットレスはそれぞれ別で処分が必要】

まず、ベッドマットレスを処分する際に、注意することがあります。
それは、ベッドフレームとマットレスは、それぞれ別のものとして処分するということです。
つまり、ベッドフレームとマットレス、両方の処分を大阪市に依頼する場合は、2品目となり、それぞれに費用がかかるのです。

【大阪市でマットレスを処分する際の費用】


次に、大阪市でマットレスを処分する際に必要な費用について、紹介します。
大阪市でマットレスを処分する際の費用は、マットレスの大きさや種類のよって異なります。
下記は2020年1月現在の、大阪市のマットレスの処分費用です。
参考にしてみてください。

・スプリングなしマットレス(折りたたみを含む)→200円
・スプリングマットレス(シングル)→700円
・スプリングマットレス(シングル以外)→1000円

【大阪市でマットレスを処分する方法】

最後に、大阪市でマットレスを処分する方法について、ご紹介します。
まずは、大阪市の粗大ごみ収集受付センターに申し込みを行います。
申込みは、インターネット・電話・FAX・はがきなどを使って行うことができます。
インターネットを利用することで24時間365日、申込みが可能です。
電話で申し込む場合は、月曜日〜土曜日の午前9時から午後5時までに行いましょう。
申し込みの際に、回収日を決定します。
基本的に申込みから回収までに、約1〜2週間の期間が必要です。
申し込みが完了すると、受付番号が発行されます。
その後、コンビニやスーパーなどで、シール券を購入します。
シール券に受付番号を記入し、処分するマットレスに貼り付け、回収日の朝9時までに、自宅敷地前や指定のクリーンステーションまで運び出しておきましょう。

【不用品回収業者に依頼する方法も】


今回は、大阪市で自治体の粗大ごみ回収を利用して、マットレスを処分する方法や費用について、ご紹介しました。
大阪市でマットレスを処分するには、自治体の粗大ごみ回収を利用するだけでなく、不用品回収業者を利用するという方法もあります。
不用品回収業者を利用する場合は、早く処分できることや、手間をかけずに処分できるなどのメリットがあります。
また、マットレス以外に不用品がある場合は、同時に処分することもできますので、引っ越しや遺品整理などの際にも便利ですよ。

【まとめ】

今回のテーマは、「【大阪市】ベッドマットレスの処分方法や費用についてでした。
今回ご紹介したように、大阪市でベッドマットレスを処分する際は、マットレスの種類や大きさによって費用が異なります。
また、自治体の粗大ごみ回収以外にも、不用品回収業者を利用するという方法もあります。
大阪市で、マットレスの処分にお困りの方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。

【必見】手間をかけずに早く不用品の処分をする方法

 2020年1月23日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「【必見】手間をかけずに早く不用品の処分をする方法」についてです。

不用品の処分って、なにかと面倒ですよね。
特に、引っ越しや断捨離、遺品整理や生前整理などで、たくさんの不用品を一度に処分したい時や、時間をかけず、すぐに処分したい時などは、さらに手間だと感じるでしょう。
しかし、不用品の処分には、いくつかの方法があり、中には手間をかけずに早く不用品を処分できる方法もあるのです。
そこで今回は、手間をかけずに早く不用品の処分をする方法について、ご紹介したいと思います。

【代表的な不用品の処分方法】

前述の通り、不用品の処分を行うには、いくつかの方法があります。
ここでは代表的な2つの方法について、ご紹介します。

■自治体の粗大ごみ回収を利用する

まず1つ目は、自治体の粗大ごみ回収を利用する方法です。
この方法は、馴染みがあるという方も多いでしょう。
自治体の粗大ごみ回収は、比較的安い料金で不用品を回収してもらえるという特徴があります。

■不用品回収業者に依頼する


2つ目は、不用品回収業者に依頼するという方法です。
不用品回収業者は、全国にたくさん存在しています。
不用品を回収するプロで、中には買い取りも行っている業者もあります。
料金は、処分する不用品の種類や量、依頼する業者によっても異なりますが、自治体に比べると高くなる傾向があります。

【手間をかけずに早く不用品の処分をするなら】

不用品の処分を行うための代表的な方法を2つ、ご紹介しました。
中でも、手間をかけずに早く不用品の処分をしたいのであれば、不用品回収業者への依頼がオススメです。
ここでは、不用品回収業者がオススメの理由について、ご紹介します。

■電話一本で全ての作業を任せられる


不用品回収業者への依頼は、基本的に電話一本でOKです。
回収や処分など、全ての作業を、業者が行ってくれますので、電話で申し込みをした後は、支払いまで特になにもしなくても大丈夫です。

■即日回収している業者もある

不用品回収業者の中には、即日回収を行っている業者もあります。
即日回収を行っている業者に依頼することで、早ければその日のうちに不用品を処分することが可能です。
自治体の粗大ごみ回収を利用する場合は、申込みから回収までに、1〜2週間の期間が必要になります。
そのため、すぐに不用品を処分したいという時には、不用品回収業者を利用するのがオススメです。

■たくさんの不用品でも一度に処分できる

不用品回収業者は、ほとんどの不用品を処分することができます。
さらに、一度にたくさんの不用品を回収してもらうことも可能です。
自治体の粗大ごみ回収は、一度に回収できる不用品の数に限りがありますので、たくさんの不用品を処分したい場合は、数回に分けて申し込む必要があるのです。

【まとめ】

今回のテーマは、「【必見】手間をかけずに早く不用品の処分をする方法」についてでした。
今回ご紹介したように、不用品を手間をかけずに早く処分したい場合は、不用品回収業者への依頼がオススメです。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

捨てるのが勿体ない!と感じる不用品は処分よりも売却がオススメ

 2020年1月22日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「捨てるのが勿体ない!と感じる不用品は処分よりも売却がオススメ」についてです。

断捨離や引っ越し、生前整理や遺品整理などで、たくさんの不用品が出た時、中には捨てるのが勿体ないと感じてしまうもあるでしょう。
捨てるのが勿体ないからと、いつまでも保管していると部屋が不要なもので溢れ、片付かない原因になります。
そこで、オススメなのが、処分ではなく売却という方法です。
今回は、不用品を売却する方法について、ご紹介したいと思います。

【売れる不用品と売れない不用品】

不用品と一言で言っても、売れるものと、売れないものがあります。
まずは、売れる不用品と売れない不用品について紹介します。

■売れる不用品


売れる不用品は、需要があるものだと考えるとわかりやすいと思います。
例えば、比較的新しい家電や家具、ブランド物や貴金属などは、売れやすい不用品です。
また、使用期間が短いベビー用品や、衣服なども売れやすいですよ。

■売れない不用品

一方で、売れない不用品は、需要が無いものだと考えて下さい。
例えば、故障していたり、汚れていたり、古くなったりしているものは売れない可能性が高いです。
特に家電は、製造から5年以上経過していると、売れにくくなります。
また、壊れていたり、汚れていたりすると需要が少なくなりますので、売れないことが多いのです。

【不用品を売却する方法】

次に、不用品を売却する方法について、ご紹介します。

■リサイクルショップ

まず、1つ目は、リサイクルショップで買い取ってもらうという方法です。
リサイクルショップは、お店や時期によって買い取ってもらえるものに違いがありますので、まずは査定を依頼するのがオススメです。

■フリマアプリ・ネットオークション


2つ目は、フリマアプリやネットオークションを使って、不用品を売却するという方法です。
最近は、スマホやパソコンなど、インターネットを使って、様々な物を個人で売却することができます。
フリマアプリやネットオークションは、様々な種類のものを出品でき、価格も自分で設定できるという特徴があります。

■不用品回収業者


3つ目は、不用品回収業者に依頼するという方法です。
不用品回収業者の中には、買い取りも行っている業者があります。
そのような業者に依頼することで、不用品を買い取ってもらうことも可能です。
また、買い取りできない不用品の場合は、処分を依頼することもできますので、一度に不用品の整理をすることができるというメリットがあります。

【まとめ】

今回のテーマは、「捨てるのが勿体ない!と感じる不用品は処分よりも売却がオススメ」についてでした。
今回ご紹介したように、捨てるのが勿体ないと感じる不用品は、処分ではなく売却をされることをオススメします。
不用品の処分で、お困りの方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。

お焚き上げは不用品処分の場ではない!処分しにくい物の処分方法

 2020年1月21日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「お焚き上げは不用品処分の場ではない!処分しにくい物の処分方法」についてです。

お正月が過ぎ、小正月(1月15日)には、お焚き上げを行う神社やお寺も多いですよね。
実は近年、このお焚き上げに関するトラブルが増加しているのです。
お焚き上げを、不用品処分の場所として使う人が増え、様々なものが持ち込まれることにより、神社やお寺が困っているそうです。
特に、思い入れのあるものや縁起物など、ゴミ箱に入れて捨ててしまうには気がひけるようなものを、お焚き上げの際に持ってくる方が多いようです。
そこで今回は、お焚き上げについてや、処分しづらいものを処分する方法について、ご紹介したいと思います。

【お焚き上げとは?】

まず初めに、お焚き上げとは、どういったものなのかについて、ご紹介します。
お焚き上げとは、神社やお寺で、正月飾りや、書き初め、だるまなどを燃やし、感謝の気持ちを込めて天に返すといった行事のことです。
お焚き上げは地域によっては「どんど焼き」と呼ばれることもあります。

【お焚き上げで処分できるもの】


お焚き上げで処分できるものは、神社やお寺によっても異なりますが、基本的には、その神社やお寺から頂いたものを返すというのが一般的です。
しかし、旅行先で購入したお守りや御札など、返しにいくのが難しい場合には、近くの神社やお寺にお願いすることもできます。
ただし大前提として、神社で頂いたものは神社へ、お寺で頂いたものはお寺に返すのが決まりです。

【処分しづらいものの処分方法】


前述の通り、お焚き上げは、何でも処分できるというものではありません。
しかし、神社やお寺によっても細かいルールが異なるということもあり、正確なルールが認知されていない傾向にあります。
そのため、本来は神社やお寺のお焚き上げでは処分することができないものが、たくさん持ち込まれているといった現状があるのです。
例えば、千羽鶴や、鏡餅、ぬいぐるみや人形、遺品などが持ち込まれているケースも多いそうです。
しかし、これらのお焚き上げを行っていない神社も多く、分別後、神社が業者に依頼して処分しているのです。
確かに、千羽鶴や人形、遺品など、それぞれには誰かしらの想いや願いが込められていることも多く、処分しにくいものではあります。
だからといって、神社やお寺に無断で持ち込むのはルール違反です。
このように処分しづらいものを処分するための方法には、いくつかの方法がありますが、オススメは不用品回収業者への依頼です。
不用品回収業者は、基本的に、ほとんどの物を処分してもらうことが可能です。
さらに遺品整理を行っている業者も多く、想いのこもった品も適切に処分してもらうことができますよ。

【まとめ】

今回のテーマは、「お焚き上げは不用品処分の場ではない!処分しにくい物の処分方法」についてでした。
今回ご紹介したように、神社やお寺のお焚き上げは、不用品処分の場所ではありません。
神社やお寺のルールは、必ず守るようにしましょう。
処分しにくいと感じる物の処分には、不用品回収業者などを利用するのがオススメですよ。
ぜひ参考にしてみてくださいね。
最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

遺品整理のタイミングとスムーズな進め方

 2020年1月20日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「遺品整理のタイミングとスムーズな進め方」についてです。

家族や親族が亡くなったあとは、故人の身の回りのものを整理するために「遺品整理」を行わなければいけません。
遺品整理は人生で、そう何度も行うものではありませんので、いつどのようなタイミングで、どのように行えばよいかわからないという方も多いです。
そこで今回は、遺品整理を行うタイミングや、スムーズに遺品整理を進める方法について、ご紹介したいと思います。
遺品整理でお困りの方は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

【遺品整理を行うタイミングとは?】


実は、遺品整理を行うタイミングというのは、人それぞれで、決まった時期があるわけではありません。
つまり、いつでもいいということなのです。
しかし、状況によっては、できるだけ早く遺品整理を行った方が良い場合もあります。
また、一般的によく遺品整理が行われるタイミングというのもあります。
ここでは、それらのタイミングについて、ご紹介します。

■早く遺品整理を行う方が良い場合とは

早く遺品整理を行う方が良い場合とは、故人が生前、賃貸住宅で一人暮らしをしていたというケースです。
この場合、できるだけ早く遺品整理を行わなければ、賃貸契約を解除することができず、家賃を支払続けなければいけません。
そのため、故人が生前、賃貸住宅で一人暮らしをしていた場合には、できるだけ早く遺品整理を行いましょう。

■遺品整理が行われることが多いタイミング

前述の通り、遺品整理を行うタイミングに決まった時期はありませんが、一般的には下記のようなタイミングで遺品整理を行うことが多いようです。

・故人の法要のタイミング
四十九日、一周忌など、故人の法要のタイミングで遺品整理を行うことも多いです。
故人の法要の際には、家族や親族が集まることから、一緒に遺品整理を行ったり、形見分けをしたりするケースが多いのです。

・様々な手続きが終わり一段落したタイミング
家族や親族が亡くなったあと、様々な手続きを行うため、遺族は大忙しです。
そのため、遺品整理にまで手が回らないという方も多いのです。
様々な手続きが終わり、一段落したタイミングで、落ち着いて遺品整理を行うということも多いですよ。

【遺品整理をスムーズに進めるなら】


遺品整理は、想像以上に大変で、時間も体力も必要です。
遺品整理に、数日、数ヶ月かかったという話もよく聞きます。
そんな遺品整理ですが、できるだけスムーズに進めたいという方が多いでしょう。
遺品整理をスムーズに進めるなら、不用品回収業者や遺品整理業者などプロの手を借りることをオススメします。
家族だけで遺品整理を行うのは大変ですし、場合によっては家族で日時をあわせて集まることも難しく一人で負担を背負わなければいけないといったケースも少なくありません。
そのような場合は、無理せず、業者に依頼しましょう。
業者に依頼することで、早ければ、数時間で遺品整理を終わらせることもできますよ。

【まとめ】

今回のテーマは、「遺品整理のタイミングとスムーズな進め方」についてでした。
今回ご紹介したように、遺品整理を行うタイミングに決まりはありませんが、ケースによっては早く遺品整理を行った方が良い場合もあります。
また、遺品整理をスムーズに行うなら、業者に依頼するのがオススメです。
ぜひ参考にしてみてくださいね。
最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

1 2 3
         

Copyright © 2019 クリーン本舗 All Rights Reserved.