• ホーム
  • お問い合わせ・お見積り

不用品回収では何を回収してくれるのか

 2017年7月31日

不用品回収を頼んだことはございますでしょうか。
頼みたいけれど、何が回収してもらえて何が回収してもらえないのかよくわからず、
ついそのままに…といったこともあるのではないでしょうか。

不用品回収業者に回収してもらえるもの

クリーン本舗のような不用品回収業者を利用すると、大きすぎて運ぶことが難しいもの、
人手が足りずそのままにしているものなどの処分も簡単になります。

不用品回収の対象となるものの一例をあげますと、

○家具・家財
タンス、衣装タンス、食器棚、本棚、ベッド、マット、ソファー、テーブル、机、椅子、学習机、テレビ台、鏡台、トレーニング機器など

○家電製品
テレビ、洗濯機、パソコン、コンポ、ビデオデッキ、扇風機、室外機、電子レンジ、こたつ、オーブン、照明器具、暖房機器、時計、エアコン、冷蔵庫など

○日用品
布団、衣類、食器、雑誌、水槽、自転車 、調理器具、ベビーカー、ベビーベッド、チャイルドシートなど

以上のように、家庭で必要のないほとんどのモノが不用品回収に出すことができます。

上記の例以外にも回収できるものはたくさんあるので、
迷ったらまずはご相談ください。

不用品回収業者に回収してもらえないもの

○生ごみなど

○中身が入っている缶詰、ガスボンベ、スプレー缶
中身が入っていなければ、回収をしてもらえます。不用品回収で回収、処分してもらう場合には、中身を無くしてから出しましょう。

○他人の権利が侵害するモノ、盗難品
他人のモノなので、勝手に回収、処分することはできません。

○動物
生き物は不用品回収ではありません。責任をもって飼いましょう。

○医療器具、薬品
医療器具や薬品は、決まった処分の仕方があります。
病院で処方をされた場合には、病院に行き処分をしてもらわなくてはいけません。

まとめ

回収できるもの、できないものを見てみると、身の回りにあるものはたいてい、
大丈夫だと思われたのではないでしょうか。

改めてお部屋や収納スペースを見てみると、生活を圧迫している不用なものに気づかれるかもしれません。
そのようなときはぜひ不用品回収をご依頼ください。
回収してもらえるか不安が残る方は、ご相談無料で丁寧にご説明いたしますので、
まずはお問い合わせ頂ければと思います。

物が捨てられない人の特徴

 2017年7月28日

ゴミ屋敷や汚部屋を作ってしまう原因は、「外的要因」と「内的要因」の二つがあります。

まず、ゴミ屋敷、汚部屋を作ってしまう「外的要因」ですが、
ゴミを出す時間と生活のリズムがズレている人、激務で疲れ、自由な時間も限られている独身の方、
こういう「どんな時にゴミを捨てればいいのかわからない」という環境に置かれている人は、
ゴミを分類する時間も捨てる機会も得られず、ゴミ屋敷になってしまう場合があります。

その上に、「内的要因」として決断力のない、流されやすい性格が重なると、
ゴミ屋敷、汚部屋になる危険性は上昇します。

物持ちがいいというと聞こえはいいですが、裏を返せば物が捨てられない人、なんですよね。
優柔不断で、妙に情はあって、お願いされると断れず、ムダ使いを止められない。
長所と短所が入り混じった人が、ゴミ屋敷や汚部屋を作ってしまう人の特徴のように感じます。

決断か、知人の手助けか。

ゴミ屋敷自体の清掃はシンブルなプロセスで進みます。
そのほとんどが文字通りのゴミですから、分別さえすれば「どれを残し、どれを捨てるか」と迷う品物は意外と少なかったりします。
一括で回収や処分ができますから、コストも別々に回収するよりずっと安く済みますし、
部屋の清掃まで一気に行うことが可能です。

ですが、いつか片付けなくてはいけない、とは思いつつもゴミ屋敷や汚部屋くらいになってしまうと、作業する時間や手間を考えてしまいついつい後回しになってしまうのではないでしょうか。

そこで日々の生活に追われてしまい、
例えば、私たちクリーン本舗のような不用品回収業者に「連絡する」という第一歩を踏み出すことが難しいようです。

内的要因が主な原因となって出来上がったゴミ屋敷や汚部屋は、
その家主、部屋の持ち主が「この状況を変えたい」と願わない限り、消えることはありません。
その必要性を感じて、電話やメールをしていただければいいのですが、
それが出来ない場合、周りにおられる方がキーパーソンとなります。

ご両親や彼氏、彼女、友人、知人、どんな方でも構いません。
その人のことを想い、心配されている方からアドバイスをされ、
家主、部屋の持ち主である方を説得していただく。

その第一歩が成されれば、私たちは責任を持って処分や回収、清掃などに当たらせていただきます。

一人で行えば何日かかる想像もつかない状態でも、
業者に依頼頂けば「汚部屋」が「お部屋」に生まれ変わるのに、それほど時間はかかりません。
カーペットや畳なども傷んでいる事が多いですので、新しいマット類をご用意された方がいいのですが、
こうしたムダなものがない、汚れの無くなった部屋は想像以上に広く、美しく感じるものです。

人が部屋を変えるように、部屋が人を変えることもあります

体験談なので、学術的な裏付けは?と問われると困るのですが、
汚部屋のように「人が部屋を変える」こともあれば、逆に「部屋が人を変える」こともあります。
美しい部屋を汚したいと考える人はそういません。
汚部屋を作ってしまったことがある人でも、大きなゴミ箱を手の届くところに置いておくとか、
小さな工夫をするだけで部屋を汚すことが少なくなっていきます。
きれいな部屋には愛着がわき、汚したくないという意識が生まれます。

そうして、掃除をしてみたり、片付けをしてみたり、
模様替え今までとは違う生き方が当たり前になっていきます。

部屋が人を変えるとは、つまりはこういうことなのです。

一貫して作業を行ってくれる業者が便利です

いざ片付けるとなっても、ゴミ回収は不用品回収業者、家の清掃は清掃業者にそれぞれ依頼されるとなると、「面倒くささ」が余計に増すのではないでしょうか。

もし、生活を変えようと思い立ちましたら、ぜひ私たちクリーン本舗にご相談ください。
ゴミの処分や回収から、部屋の清掃まで一括して行います。

そして、「ゴミ屋敷」や「汚部屋」にお困りの大切な方がいらっしゃいましたら、
私たちのような業者を利用するという選択肢があることをお伝えいただければと思います。

不用品回収業者は、ここで見分けましょう!その2

 2017年7月26日

数ある不用品回収業者の中で、お客様にとって「どこが一番いいのか」と判断に迷われる場合が多いかと思います。

前回は、地域と得意分野の点から「自分に合った業者」の見つけ方をご参考としてお伝えしました。
今回はその続きとして、最終的にご依頼をされる際のポイントをお伝えしたいと思います。

電話応対、お見積もり担当の営業の応対に注意しましょう

私たち業者とお客様とが最初にコンタクトをとるのはメール、またはお電話となります。
そうした際、万が一応対するスタッフに不信感を持たれた場合は、
あまり深入りしないほうがいいかもしれません。

やはり自宅に回収にきてもらうので、
しっかりと説明してくれ信頼できる業者に依頼する方が安心できるのではないでしょうか。

お見積もりがしっかりしているか確認してみましょう

2つ目は、お見積書の項目がしっかりしているかです。

例えば、「一式いくら」のようなざっくりとしたお見積りでは、
回収が終わった後で「積み込みの費用がかかった」「ここは一式には入っていない」と、
追加料金を請求されたらどうしようと、不安になる事もあるのではないでしょうか。

確かに細かく「いくらいくつ」と書かれているお見積書は、一見取っつきにくいかもしれません。
ですが、どの品目や項目にいくらお値段がかかるかご確認頂き、ご納得して頂くためには
必要な事だと私たちは考えております。

私たちクリーン本舗でも、お客様がご安心し、ご納得頂けるよう丁寧なご説明を心掛けています。
ご不明な事やお悩みがございましたら、ぜひ一度クリーン本補にご連絡ください。

不用品回収業者は、ここで見分けましょう! その1

 2017年7月25日

「不用品回収」と検索すると、どれほどの件数がヒットすると思いますか?この記事を書いている時点でおよそ88万件もありました。
「不用品回収 神戸」と検索してもまだ30万2000件もあります。
業者がよく登録しているまとめサイトでは、兵庫県下だけで148件もの不用品回収業者がヒットします。

ご利用するお客様としては、不用品回収業者が多いことは、業界が切磋琢磨し、サービス内容が向上したり、競争によって価格が低く抑えられたりするので良いことだとおもいます。

一方で、これほど選択肢があると、どの不用品回収業者にすればいいのか迷われる方も多いですよね。

選択肢が多ければ多いほど、人は流されやすい傾向にあります。
例えば某通販サイトなどでは色んな商品を幅広く扱っていますが、1位の商品ばかりが売れてしまい、他は見向きもされないなんてことがあります。

わが家では最近電子レンジを買ったのですが、企業様の食事などをとるスペースに同じレンジがあり、帰りに寄ったスーパーのお弁当温めコーナーでもまた同じレンジを見つけました。

もちろん機能性が高いという理由もあるのでしょうが「ベストセラー」「人気1位」という文字にひかれてしまったのも事実です。他の方も少なからず流されてしまったのではと考えます。

ですが、人気1位だからといって、どのお客様にとってもベストな選択であるとは限りません。
お客様が回収してほしいモノの種類や数、お住いの場所、日頃どのように過ごされているかなど、諸処の事情を絡めて絞り込んでいくと「自分に合った業者」が見つかるかもしれません。

まずは、業者のサービス地域で絞り込みましょう

第一に大事なのは、地域に密着した業者を選ぶことです。理由はふたつあります。

ひとつめは、距離の問題です。
単純に距離が近いと移動のコストが安くなるので、お見積りが安くなりやすいという理由です。

もうひとつは土地勘の問題です。
周辺の道路事情を熟知するのは地図アプリやネットサービスでおよそ見当がつきますが、
細かな段差であったり新しく出来た細い道であったり、高低差であったり、そういうものは現場でじっくり下見をする必要があります。

土地勘のない業者に依頼した場合、トラックの編成が変わり、電話でのざっくりとしたお見積もりよりも高い金額をご提示するところもあるそうです。

神戸や長崎といった「坂の街」ではこの傾向が強いです。山間部も同様ですね。

業者の得意分野・サービスで絞り込みましょう

少しコアなお話になるかもしれませんが、業者によって得意分野に差が出ます。

ホームページに掲載している事例がご家庭の不用品回収に特化していたり、オフィス専門だったり、
24時間受け付けをバナーでアピールしている業者もあれば、電話一本ですぐ簡易お見積もりがとれることを大きな文字でアピールしている業者もあります。

夜遅くまでお努めの方なら夜間にも回収を行うサービスを提供している業者だと助かりますよね。
他にも、お子様の成長に合わせてベビーベッドを回収してほしいとお考えの方なら、
簡易見積りで金額がすぐに分かるのはいいサービスだと思います。

量が多く、いくらになるか不安、という方には、
相談無料、出張見積もり無料という業者がよいかと思います。

クリーン本舗なら相談費用、出張見積もり無料ですので、
お迷いの際は一度ご相談ください。

不用品は、人が生きている限り生まれ続けます

 2017年7月18日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「不用品は、人が生きている限り生まれ続けます」についてです。

【ゴミは生活すればでるやむなきもの】

人は生きている限り、ゴミを出し続けます。料理をすれば生ゴミができますし、食器を洗えば洗剤の混じった水が生まれ、いずれ洗剤のカラ容器ができます。掃除をすれば掃除機の中に塵がたまりますよね、衣類もいつか傷んでゴミになります。

小さなゴミは、まとめてゴミ収集の日に出してしまえます。それほどの手間ではありませんよね。ですが、家具、家電など大きなものを捨てるとなるとかなりの手間です。テレビ、クーラー、冷蔵庫、洗濯機、パソコンといったものは、法律で定められた方法でしか処分できませんから、なおさら面倒です。

不用品を少なくすることはてできますが、ゼロにはなりません。

もちろん、不用品を減らすことは可能です。家具でも家電でも、耐久性の高いものを購入し、正しく使用し、手入れをこまめにすれば長持ちします。例えば冷蔵庫の場合、中に物を詰めここまず、冷気が回るように隙間を作ればよく冷えますし、機械に負担をかけません。それでも、いずれは壊れてしまいます。

【ものの価値が下がり不要品が発生】

また、機器の性能が向上した時などでも不用品が生まれます。10年前、SDカードは1GBが最高で、価格は10万以上しました。また数も少なく、秋葉原や日本橋といった電気街に数枚あるかどうかという程度です。現在ではコンビニエンスストアに足を運べば、数千円で、4GBや16GBのSDカードを買い求めることができます。ビデオデッキやフィルムカメラ、デジタルではないテレビはDVDデッキやデジタルカメラ(あるいはスマートフォン)やデジタルテレビに置き換えられました。

どのような工夫をしても、ゴミをゼロにすることはできないのです。


このように、人が生き続ける限り不用品は出続けるものです。ですが、誤解しないでいただきたいのです。不用品が生まれること自体は、決して悪いことではありません。

人は赤子として産まれ、少しずつ大きくなります。その間にベビーベッドを飛び出し、ランドセルが窮屈になり、学生服を脱ぎ捨てて、リクルートスーツを着るようになります。紋付袴かウエディングドレスなどは……最近はレンタルが八割と聞いていますが、何かしら思い出の品は手元に残りますよね。

人は齢を重ねるにつれて様々なものが必要になるものですが、それらはいつか必ず不要になる時が来るのです。それはお子様が健やかに育たれた過程であり、ご自身が人として成長した証であり、旦那様と連れ添った年月の深さであり、最後の最後まで生き抜いた勲章なのだと、私どもは考えます。

日々の生活の中で生まれる不用品を正しく、丁寧に処理することで、多くの方々の人生をわずかでも豊かで楽しいものにできれば。不用品回収という仕事に取り組む者の願いです。

【リサイクルには不要品回収】

不用品回収業者は、皆様の生活に寄り添います。

ずいぶんと昔、日本は都市部で生まれた不要物を周辺の農村の肥やしとして利用し、そこで生まれた野菜を都市部に売りに出したそうです。その当時から不要なものを有効に利用し、活かしていくサイクルが生まれていたのですね。

ところが工業化が進むとこのサイクルが崩れ、不要物は埋め立てに使ったりジャンクパーツを取り出すためにしか利用されなくなりました。戦後復興が加速度的に進み、河川や海、大気が汚染されました。

今では反省とともに、エコロジカルな生き方が見直されるようになりました。石油が枯渇する懸念や、地中からの希少金属の取り出しコストの高騰などもあいまって、再び不用品を有効に利用する方法が日々開発されています。この技術によって私たちはクリーンな環境で生活できるようになり、安くて高性能な電化製品を買い求めることも可能になりました。

私どもはお客様からご依頼を受け、不用品を回収することで、このサイクルのひとつになっています。その喜びを胸に、これからもお客様の期待に応えてまいります。

新しい生活のスタートは、不要なものを捨てることから

 2017年7月16日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「新しい生活のスタートは、不要なものを捨てることから」についてです。

【断捨離の精神を】

最近になってドラマをまとめて観るようになりました。毎週ドキドキするのも楽しいですが、一気に観るのも楽しいものです。あるマンガ家志望の若者が、何度失敗してもくじけず、熱くチャレンジし続けるドラマシリーズがお気に入りです。ほぼ実話だそうで、チョイ役としてご本人さんが出ているのも楽しいですね。

主人公は出版社にマンガを持ち込むのですが、どの出版社なら通りやすいとか、どの編集部なら自分にあってるとかを試行錯誤するんです。熱血ギャグドラマということで笑えるシーンに仕上がっていますが、考えてみると受験も就職も、こんな感じで進むのですよね。

自分の長所はどこか、短所はどこか、大学や企業にアピールできるポイントと、大学や企業が欲しているスキルがキチンと合っているか。そういうことをうんうん考えながら、この学部を受けよう、この企業にエントリーしようと決めるわけです。

それでもなかなか受かりません。大学では倍率が5倍、10倍、ということも珍しくないですし、企業の場合もっとシビアなこともあります。

受験も就活も、突然終わってしまいます

そうした苦労もいつかは報われることになります。昔は合格発表の場に行ったり、合格通知や採用通知が郵送で来たりしたものですが、最近は受験者専用のサイトに受験番号とパスワードを入れれば確認できるようになったそうですね。隔世の感があります。

しかし、合格の通知が来ても心の底から喜べないことがほとんどです。通知は新しい生活がスタートする、その始まりだからです。高校や大学、企業という集団に馴染めるのか、自分の力が本当に通じるのか、予想などつきませんよね。

【念願のひとり暮らし】

一人暮らしが始まる場合は生活そのものも変わります。今まで親御さんがしていた家事も自分で行わなければいけません。生まれ育った土地を離れるのであれば、新しい街にも慣れなければなりません。喜びの次に来る感情は、不安なのです。

ですが、不安を乗り越える努力はできます。新しい生活が始まることが決まったら、そのための準備を進めていけばいいのです。学習に必要な冊子やPCを購入したり、予習をしたり、就職先の業務内容をもう一度通読したり、一人暮らしのための住居を決めたり。これから住む街を散歩して、好きなお店を見つけるだけでもいいんです。

一人暮らしになるのであれば、始動は早目がオススメです

必要なものを買い揃え、住む場所が決まれば、後は家にある不用品の処分だけです。

【不要品回収ピークは年明けから】

何度もご紹介しておりますが、不用品回収のご依頼は1月から3月ごろにピークをむかえます。新生活をスタートさせるのは4月がピークになります、それに合わせてご連絡いただいていることになりますね。

もし、お早めにご入学、ご就職がお決まりになりましたら、ご依頼、ご予約だけでも済まされることを強くおすすめします。学生の方の多くは1月末から2月上旬ごろに進路が決まります。一方、就活をされている方は少し早くに合格通知をいただけます。また、大学受験のシステムも年々多様化していますから、推薦入試などで秋口には進路が決まっているという方もいます。その時に、まずご予約だけでも済まされたほうが、いろいろなメリットがあります。

最も大きいメリットは、日時調整の融通がつきやすいというところでしょうか。不用品回収業者のスタッフや不用品を運搬する車両には限界があります。ですので都合がいい日時におうかがいできない場合も出てきます。早目にご予約いただければ、ご指定の時間におうかがいできる可能性が高くなるのです。

また、時間に余裕がありましたら、お見積もり、ご相談などでやり取りする機会も多くとれますので、ご納得いただけるプランが作成できるまでお付き合いさせていただけます。

お得に不用品回収をご依頼したいときは……

 2017年7月13日

お得に不用品回収をご依頼したいときは……

生活に必要な最低限のものしか持たないという、ミニマリストという言葉もじわじわと定着してきたのではないかと思います。
しかし、実際に生活をしているとシンプルな暮らしは思っている以上に難しいものです。
部屋の中が家具、家電や衣類などで埋まってしまうことなど当たり前にあります。
片付けが苦手な方の場合はゴミ屋敷になってしまうことも少なくないですよね。

これら不用品をご自身で処分するとなるといろいろと面倒なことがあります。
今回は実例を挙げながら、不用品をお得に、ラクに整理できる方法をご提案します。

自分で処分するするには手間や時間がかかってしまう事も

生活の中に当たり前にある電化製品ですが、不用になったときすべて粗大ごみに出せる訳ではありません。
例えばエアコン、テレビ、冷蔵・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機やパソコンといったものはそのまま捨てる事はできません。
つまり、ご自身で処分しようと思うと、不用なものの家電の処分方法を調べたりと手間暇がかかってしまいます。

次に不用品を部屋から回収してもらう時のリスクの問題です。引っ越しなどでは家屋やマンションにしっかりとした養生を施し、家具、家電や建物に傷がつかないようにしています。
一方、個人で家具などを行政に回収依頼された際には建物の出入口まで回収対象を運ばなくてはなりません。
自宅の場合は「自己責任」と言えるかもしれないですが、マンションの共有部分などを傷つけてしまうとトラブルになりますよね。

最後に日時の問題です。行政が回収してくれると決まっても、日時が平日の日中である場合が多く、一人暮らしのお宅などでは立ち会うことが困難な場合があります。
こうなってしまうと手のつけようがありませんよね。

このように、ご自身で回収依頼や準備を行うとなると手間が多く、リスクがあったり、なかなか都合がつかずそのままになってしまうといったことも……
お勤めの方の場合は有給を取得できない場合は経済的な損失になりますし、主婦、主夫業をなされている方も貴重な体力や時間を浪費してしまうことになります。

回収業者にご依頼ください!

このような際にご依頼いただきたいのが例えばクリーン本舗のような不用品回収業者です。
家具、家電の分類は業者が代わりに行いますし、運搬に関してもプロのスタッフがしてくれるので安心です。
業社によって差がありますが、土日祝日におうかがいすることもできますし、夜間でも引き受ける業社も増えてきました。

同じものを同じ業者が回収しても、金額に差が出る?

同じものを同じ業者が回収すれば、回収費用は同じ金額になるはず。
一見当然のように感じますが、実際には結構な価格差が発生する場合があります。なぜでしょうか?

私ども回収業者は回収の量にかかわらず、回収のたびに、見積書の作成、トラックの手配、スタッフの確保、スケジューリング、建物への養生、
回収品目が見積もりの際ご提示されたものと同じものであるかの確認、搬出、最終処分先への輸送を行います。

お気づきでしょうか。回収の回数が多いほど、これらの作業が発生するためコストも割高になってしまうのです。
人件費、ガソリン代、積み重なれば結構バカにならない差額になります。

逆に言えば、まとめて一括でご依頼される方が、割安な上にお客様を拘束する時間も短いのです。
もちろんご自宅やオフィスの広さなどによって置いておける家具、家電の量は限りがあるでしょう。
それでも出来る限り保管、おまとめいただき、なるべく少ない回数で回収しきれるようにしてしまえば、
回収回数も1度、2度と抑制され、ローコストでの回収が可能になるのです。

不用品でお困りの際はぜひクリーン本舗にご相談ください。
お客様の状況に合わせたご対応をさせていただきます。

『不用品回収業者とのトラブル回避方法と信頼できる業者の見分け方』

 2017年7月12日

『不用品回収業者とのトラブル回避方法と信頼できる業者の見分け方』

片付け方法がわからない、物の捨て方がわからなくて困っているという方は多いのではないでしょうか。
ですが、不用品回収業者に依頼するのは不安だと思う方のために、トラブル回避方法と信頼できる業者の見分け方をご紹介致します。

■不用品回収業者とのありがちなトラブルについて

不用品回収業者とのありがちなトラブルはどのようなものが多く存在するのでしょうか。
あらかじめ知識を深めることでトラブル回避へ繋がります。

○不用品回収業者と料金トラブルが多い

不用品回収業者とのトラブルで最も多いのが料金トラブルです。不用品回収業者HPやチラシ、広告などで無料回収と謳っているにも関わらず作業終了後いろいろと理由を付けられて請求されたということがあります。

家からゴミや家具、家電を運び出した後に料金請求をしてくる悪徳業者も存在します。トラックに積む寸前に道路上で積み上げ代金や運搬代金を高額の料金で請求され、払うことに躊躇い断ると家の中へ戻す作業代金を請求されて泣く泣く代金を支払ってしまった方もいます。

他には、あらかじめ見積書を作っていたが、当日になって訳も分からない高額な事務手数料を請求されたというケースも、同じ業界の私共からすると残念ですが存在します。

○不用品回収業者の不法投棄

不用品回収業者が不法投棄をしてトラブルに繋がるケースも存在します。格安や無料で不用になった家具や家電を引き取ってくれるサービスを提供していると謳っている業者も存在します。

依頼したら、まだ使えるようなものは転売して、故障している物やもう使えそうに無い家具や家電が空地や森などに不法投棄されていたケースがあります。

恐る恐る役所へ事情を説明してみると、持ち主に責任があると言われてしまい、止むを得ず自宅へ戻したといケースもあります。不用品を回収した後の流れを確認していただくことで、トラブルに巻き込まれません。

○不用品回収業者の回収時のトラブル

不用品回収業者へ依頼すれば、不用品を家の中まで取りに来てくれるというメリットがあります。ですが、不用品を運び出す際に家の中を傷付けてしまったというトラブルが発生してしまう可能性があります。

通常は、そのような時のために不用品回収業者側が保険に加入しているものです。
しっかりした保障制度がない不用品回収業者は保険に加入せず弁償してくれないケースもあるそうです。

■信頼できる業者の見分け方

どのようなことをしたら不用品回収業者とのトラブルを回避することができるのでしょうか。
選び方のポイントを抑えてトラブルを回避する方法をご紹介します。

○金額設定が適正であるか確認しましょう

不用品を回収する代金は、不用品回収業者によって異なります。現代社会はゴミ捨てる際にお金がかかる時代です。
しかし、格安すぎるものはしっかりと見極めることが必要です。

無料で回収を行っている場合は、リサイクル価値がある商品を特定して無料回収を行っていることもあります。
高すぎるものも経済的に負担がかかるため適正な代金設定の不用品回収業者を選びましょう。

○きちんとした見積書や領収書を発行してくれる不用品回収業者を利用しましょう

不用品回収業者を利用する際は、丁寧な説明と供に見積書や請求書を発行してもらうようにしましょう。
きちんとわかりやすい説明があれば信頼できます。

また、領収書も発行依頼しましょう。領収証には会社の情報を明記しなければならないため、悪徳業者などはなかなか対応してくれません。快く領収証を発行してくれる不用品回収業者を選びましょう。

搬出の際に部屋の養生(保護)をしっかりしているか確認しましょう

保険のあるといっても不要なトラブルは避けたいものです。
ただ不用品を回収するだけではなく、部屋を傷つけない意識をもっている不用品回収業者か
確認しましょう。

■まとめ

残念ながら、不用品回収業者とのトラブルは多数報告されています。
しかし、自分で行うと大変な片づけやお部屋の整理も
うまく不用品回収業者を活用すると手間暇や片づけの時間を削減できるといったメリットもたくさんあります。

不用品の事でお困りの際は、
今回ご紹介させていただいたトラブルの回避方法のように、
信頼できる業者にぜひ一度相談してみてください。

『不用品回収業者でゴミ屋敷も改善?』

 2017年7月11日

『不用品回収業者でゴミ屋敷も改善?』

ゴミ屋敷は、住人だけでなく近隣も不快な気持ちになりますよね。「ゴミが溜まり過ぎて何から片付けて良いか」「ゴミが溢れかえっていて近隣から苦情がきてしまった」という方は、ご自身ではどうしていいかわかりませんよね。今回は、ゴミ屋敷の解決策を不用品回収業のプロからの目線でご紹介しましょう。

■ゴミ屋敷とは

そもそもゴミ屋敷とはどのようなことをいうのでしょうか。家の中がゴミで溢れかえっていて、それでも収まらず家の外までゴミが山積の状態です。近隣にはとてつもない悪臭を漂わせていて、通りがかった人は目を背けたくなる光景です。

近隣の人は洗濯物への臭い移りを恐れて外に干すことができなかったり、窓を開けることも我慢して生活するほどです。テレビ取材などでも取り上げられるほどの社会問題となっています。

○「もったいない」精神がゴミ屋敷を作る

もったいないからと言って、物を溜めこむのは高齢者に多く見受けられます。そして問題となる住人がゴミを捨てる、掃除をする、片付けることを放棄してしまう状態です。

同じ高齢者でも家族と一緒に生活する人よりも、独り暮らしの方が「どうせ独りだから捨てなくても大丈夫」という考えを持ち始めて、ゴミをどんどん溜めてしまいます。そして月日が経ち、あっという間にゴミ屋敷が出来上がってしまうのです。

○ゴミ屋敷の背景には、さまざまな事情がある

心身ともに健康で普通に生活を送っている方からすると、なぜゴミを溜めこんでしまうのだろうと不思議に思いますよね。その背景には、様々な事情があるものなのです。ゴミ屋敷の住人は、溜めこみ症候群やホールディング等と呼ばれる行動をしています。

このような行動に走ってしまう方は親子関係が絶縁してしまったり、人間関係のトラブルを抱えていたり、身体的機能不全を患っていたりする場合もあります。

その寂しさや不安から自暴自棄になり、溜めこみ症候群やホールディング等の行動をしてしまう訳なのです。「これを捨ててしまったら今後後悔するかもしれない」「いつか必要になるかもしれない」などの心配や不安の強迫観念を抱いてしまうのです。

そうした精神的な面も拭い去らなければ、片付けたからとしてもまたゴミ屋敷となってしまうのです。

■あなたもゴミ屋敷にしてしまう可能性があるかも

整理整頓することが苦手、物を拾い集める、物がなかなか捨てられないと言った方は、ゴミ屋敷にしてしまう可能性があります。

○整理整頓することが苦手

大雑把でめんどくさがり屋のあなた、要注意です。体が自由に動かせる若い時期から大雑把でめんどくさがり屋だとしたら、高齢で体が思うように動かすことができなかったらゴミを溜めこんでしまう予想がつくでしょう。

地域によってはシビアに可燃ごみ、不燃ごみ、資源に分別をしなければいけません。几帳面な性格の方でもなかなか難しい分別です。また、ゴミを捨てる日にちは、決まっています。しっかりと頭の中に入れておかないとゴミを出し忘れてしまいます。

そしてどんどん悪臭がしてきて、触ることさえ嫌になり悪循環が生まれるのです。書類や雑貨、本などがごちゃごちゃに置かれていても何をどこに片付けたらいいかわからないという方も多く存在しています。

また、仕事や予定がぎっしりで知らないうちにゴミ屋敷化してしまっている可能性があります。

○物を拾い集めてしまう

粗大ごみとして棚が捨てられていて、「まだ使えそうなのにもったいない」「何かに活用できそうかも」と持ち帰ってしまう方もいます。それは本当に必要なのでしょうか。

実際、拾っても使わず放置されていることが多いです。その習性もゴミ屋敷を作ってしまうのです。

○物がなかなか捨てられない

家でここ数年使っていないものでも、なかなか捨てられないという方は多いのではないでしょうか。思い切って捨てるなりリセールするなり、手放すことをしなければ、物がどんどんたまっていく一方です。

高齢者の方は、貧しく物が簡単に手に入らない時代で生活していたため、紙1枚、袋1枚でも捨てたらもったいないという考えが根付いてしまっているのです。

ですが、時代は変化し物は簡単に手に入れることができる時代です。そんな時代に伴った考えを持たないと、どんどんゴミ屋敷となってしまうのです。

○実は隠れた障害を持っている場合もあります。

ADHDという注意欠如多動障害の場合は、片付けが苦手なこともあります。他には、約束を忘れる、集中力にかける、落ち着きがないということもあります。

「このままではいけない」と意識をもちいざ片付けを始めるのですが、集中力が持続せずになかなか進まないのです。そして片付けができなくてゴミ屋敷化するのです。

■まとめ

片付けられない方は、迷わずわたくしども不用品回収業者へ依頼してください。一人で悩んでいても精神的にまいってしまって、悪影響を与えてしまいます。また、お金がかかっても100パーセントゴミ屋敷から脱出することができます。

いくらになるか出費が怖いですよね。ですが、見積り後の作業となるため、心配はいりません。料金は破棄するゴミの量によって異なります、小さいトラック1つ分で回収作業を行えば2万前後で済みます。

天井までゴミが溢れていて、外にまでゴミがある状況は数万~数十万円かかります。ご依頼いただければ、見積もりをださせていただきますのでトラブルにならないようにするため、しっかりと見積もり依頼していただくことが大切です。

お金をかけて不用品回収業者へ依頼したのだから、「散らかしてしまってはもったいない」という考えが生まれるかもしません。

汚してしまうことに対してのもったいない精神を身に付けることにも繋がるかもしれません。片付けられなくてお困りの際には、わたくしども不用品回収業者へご相談ください。

『不要になった洗濯機は不用品回収業者がお得!?』

 2017年7月10日

『不要になった洗濯機は不用品回収業者がお得!?』

洗濯機を買い換えたときや、引っ越しで洗濯機を置いていきたいというときは、どのように処分するのがお得なのでしょうか。処分するにあたり出費は抑えたいはずですね。今回は、不要になった洗濯機の処理方法をご紹介します。

■洗濯機を処分する

洗濯機を処分する方法を考えてみましょう。取引してくれる指定の場所へ自分で持ち込む、洗濯機を買い換える際は購入するお店に引き取ってもらう、洗濯機の購入元のお店へ引き取ってもらう、不用品回収業者へ引き取ってもらうなどの方法があります。

○取引してくれる指定の場所へ自分で持ち込む方法

取引してくれる指定の場所へ自分で持ち込む方法は、まずは郵便局へ行けば振込用紙が置いてあるので、それを利用しリサイクル料金を支払います。

そしてリサイクル券を受け取り、後日小売業者や自治体へ洗濯機を引渡すことができるシステムです。地域によって処理方法が違う場合があるためHPなどで確認しましょう。

○洗濯機を買い換える際に購入するお店に引き取ってもらう方法

お店によっては洗濯機を買い換える際、不要になった洗濯機を引き取ってくれます。電気屋のサービスによっては、割引をしてくれたり、運搬料を無料にしてくれたりします。

また、よく相談したり交渉するとさらにお得になることがあります。洗濯機を買い換える際は、購入するお店に引き取ってもらうとスムーズに処分することができます。

○洗濯機の購入元のお店へ引き取ってもらう方法

洗濯機を新しく購入しないが、不要になってしまった洗濯機を処分してほしいという場合は、お店によっては購入元の電気屋で引き取ってもらうことが可能です。

この場合は、先程記載した買い換えのときと比較すると、運搬料金が無料になることはなく高額な料金がかかってきてします。運搬料金は、一概には言えません。電気屋によってさまざまです。

しかし、リサイクル料金は定額で設定しているところが多いですので、変動はありません。

洗濯機を購入したお店を間違えてしまわないように気をつけましょう。そのお店で購入していない洗濯機を処分してくれるケースは、あまり存在しません。

■不用品回収業者へ引き取ってもらう方法

不用品回収業者へ引き取ってもらう際のメリットとデメリットをご紹介します。

○不用品回収業者へ引き取ってもらう際のメリット

不用品回収業者へ引き取ってもらう際のメリットは、業者によりますが、洗濯機がまだ使用することができたり、きれいであったり、型式が最新であれば無料で引き取ってもらえる事が可能な場合があります。

回収が可能であれば、処分するにあたり出費が無く、その分お得になります。
故障していたり、汚れや悪臭を発していたり、型式が古すぎるものでは、回収費用がかかってしまいますが、
洗濯機の購入元のお店へ引き取ってもらう方法よりは安く済む可能性があります。
安く済むには、不用品回収業者が不用品回収専門のための知識や対策が豊富であることが大きく関わっています。

その他のメリットは、引っ越しの時に不要になった家具や家電がいくつか出てくると思いますが、それらも一度に回収してもらえる点です。いくつか不要なものが出てくると処理方法をいちいち調べたり手続きしたりと時間と手間を要します。

しかし、それらの悩みは不用品回収業者を一度呼ぶだけで、あっという間に解決してしまいます。

○不用品回収業者へ引き取ってもらう際のデメリット

今は、ものが溢れかえっている時代です。そのため、不用品回収業者は数千社と存在します。残念なことに、中には悪徳業者も多く存在してしまい被害報告が多数寄せられています。

見積書を発行しないで、訪問してすぐに作業を始める不用品回収業者は危険可能性が高いので注意しましょう。

また、ホームページが存在せず、ポスティングのチラシやトラックで回って回収しているだけの所は、しっかりと安全を確認する必要があります。

ホームページがあるからと言って、携帯電話の番号のみの掲載であったり、見積書の発行を快く受けてくれない場合も注意が必要です。

○不用品回収業者

安全性の高い不用品回収業者の見極め方チェックポイントを紹介します。

・きちんとした説明と供に見積書・領収書を発行してくれる。
・もし、家を傷つけたり、洗濯機の中に残っている水が床にこぼれてしまった際は、保
 険で弁償してくれる。

上記の項目の記載が無くても、しっかりとした不用品回収業者であれば教えてくれます。ぜひ少しでも不安に思う点があれば確認してみて下さい。

■まとめ

洗濯機を処分する方法はたくさん存在します。そのため、利用者がどこへ依頼するかでお得度合が変わってきます。

どのような手段を選んでもお金が絡んできます。トラブルが無いよう、余裕をもって依頼するようにしましょう。いろんなサービスを見比べて、一番お得な方法で処分すると良いでしょう。

1 2

Copyright © 2016 クリーン本舗 All Rights Reserved.