神戸市 西区学園西町で冷蔵庫を回収しました。

 2018年1月4日

冷蔵庫

不要品回収のクリーン本舗、ブログ担当の山本です。

神戸市西区学園西町で冷蔵庫を回収しました。
お客様は冷凍室付きの冷蔵庫を使われていたのですが、
冷凍室の部分が故障し、まったく冷えなくなってしまったそうです。

修理の見積りをしたところ、以外とお金がかかる事がわかり、
それならもう少し払い新しいものを買われる事にしたそうで、回収のご連絡を頂きました。

不要品回収はクリーン本舗に。まずはメール、お電話にてご相談下さい。担当のものが迅速に対応させていただきます。

神戸市 住吉駅でジェットオーブンを買い取りしました。

 2017年9月20日

不要品回収のクリーン本舗、ブログ担当の山本です。

神戸市の住吉駅でジェットオーブンを買い取りしました。

お客さまは居抜きで店舗を借りられたそうなのですが、以前の店舗の厨房機器がそのままになっていたということで、不要な厨房機器の買い取りに伺わせていただきました。お客さまは新たに和食を中心とした居酒屋をオープンさせるということで、以前の店舗で使われていたと思われるジェットオーブンは不要であるということで、買い取りさせて頂きました。

不要品回収はクリーン本舗に。まずはメール、お電話にてご相談下さい。担当のものが迅速に対応させていただきます。

神戸市中央区でエアコンなど回収しました。

 2017年8月31日

aicon2

不要品回収のクリーン本舗、ブログ担当の山本です。

神戸市中央区でエアコンなどまとめて回収しました。

お客様のエアコンは夏前からあまり調子がよくなかったそうなのですが、
なんとか今まで持ちこたえたそうです。

夏の終わりのセールで新しいものに変えかえるそうで、
お使いだったエアコンと、これからの秋冬で買い替える予定で使わなくなった暖房機器など、
まとめて回収いたしました。

不要品回収はクリーン本舗に。まずはメール、お電話にてご相談下さい。担当のものが迅速に対応させていただきます。

神戸市の長田駅で業務用シンク、冷蔵庫など厨房機器一式回収しました。

 2017年6月29日

a1180_001176

不要品回収のクリーン本舗、ブログ担当の山本です。

神戸市の長田駅で業務用シンク、冷蔵庫一式回収しました。

先日お店を閉店されたというお客さま。ご親戚に飲食店をオープンする予定の方がいらっしゃったそうで、不要になった厨房機器の大半はお譲りになられたそうです。しかし、厨房の配置的に合わないシンクなどの厨房機器も多くあり、回収のご依頼を頂きました。
厨房機器など大型の家電は処分するにも一苦労ですので、
人手が足りない、はやく処分したいなどご要望がございましたらご気軽にご連絡ください。

不要品回収はクリーン本舗に。まずはメール、お電話にてご相談下さい。担当のものが迅速に対応させていただきます。

尼崎市で調理器具、厨房機器の回収させていただきました!

 2016年10月28日

OCT011

不要品回収のクリーン本舗、ブログ担当の山本です。

今回は尼崎市で調理器具を回収させていただきました。

店舗の改装に合わせて、調理器具や厨房機器など買い替えをされるそうで、
これまで使われていた機器など一式回収いたしました。

B級グルメやご当地ラーメンなど、名物料理をアピールする地域が増えてきました。

尼崎では串カツが有名なのだそうです。串カツというと大阪をイメージされる方も多いですよね。尼崎の串カツは大阪のそれとは少し違うようです。

大阪の串カツではパン粉は細かいものが使われます。またソースは専用の容器にたっぷりと入れられており「二度漬け禁止」がルールです。

一方、尼崎の串カツは粗目のパン粉でサックリと揚げるのが基本。またソースもお客様ごとに別途用意されます。

こうしたスタイルは大阪でも一部の高級店で見られるものですが、尼崎では庶民派のお店でもこのスタイルを貫いているそうです。お隣同士の街ですが、それぞれに違いがあるのですね。

不要品回収はクリーン本舗に。まずはメール、お電話にてご相談下さい。担当のものが迅速に対応させていただきます。

西宮市で調理器具を回収させていただきました!

 2016年9月6日

OCT052不要品回収のクリーン本舗、ブログ担当の山本です。

このブログでは私どもクリーン本舗に関する情報を、実際にうけたまわりましたお仕事の内容を交えながらお伝えしてまいります。

今回は西宮市で調理器具を回収させていただきました。

西宮市には文化人、著名人、スポーツ選手など有名人がたくさんお住まいです。それぞれの方がご贔屓にされているお店も、それは数多くあります。

和食、洋食といったジャンルもバラバラですし、食事を摂ることも仕事のひとつであるスポーツ選手の方もいらっしゃいますので、ボリュームも多種多様です。こうした土地柄を愛し、食通の方もたくさんいらっしゃるのだとか。

お客様が多いことはいいことではありますが、ライバル店も数多く、生き残っていくのはなかなか大変なようです。

今回ご訪問させていただいたお客様も、新メニューの開発にとりかかっていらっしゃいました。こういうチャレンジ精神、探究心のようなものが、この西宮という街の価値を一層高めていくのでしょうね。

不要品回収はクリーン本舗に。まずはメール、お電話にてご相談下さい。担当のものが迅速に対応させていただきます。

大阪市浪速区で調理什器を回収させていただきました!

 2016年7月13日

OCT038不要品回収のクリーン本舗、ブログ担当の山本です。

このブログでは私どもクリーン本舗に関する情報を、実際にうけたまわりましたお仕事の内容を交えながらお伝えしてまいります。

今回は大阪市浪速区で調理什器を回収させていただきました。

大抵の方は、通天閣やその周りの風景をテレビや雑誌等でご覧になられた事がおありかと思います。通天閣を中心にした一帯は「新世界」と呼ばれ、大阪の中でもひと際オリジナリティのある街になっています。

新世界はもともと、明治36年に開催された内国勧業博覧会の会場として造成された街で、パリを模して建設されたといいます。通天閣を中心に放射線上に道路を伸ばしているのもそのためだとか。

最近まではは気軽な飲食店が軒を連ね、庶民の町として地元民に愛される存在でしたが、近年になって観光地化が進みました。串カツ屋にしても老舗と新規の店舗が軒を連ね、激しい競争をしていますね。

今回のお客様も、あえて激戦区である新世界の居抜き物件を改装、串カツ屋さんをオープンさせ、ご自身の商才を確かめたいとお考えのようでした。味はもちろん、価格やサービスにも徹底的にこだわりたいと熱く語られている姿を拝見していると、私も頑張らなければいけないなと強く感じました。初心忘れるべからず、ですね。

不要品回収はクリーン本舗に。まずはメール、お電話にてご相談下さい。担当のものが迅速に対応させていただきます。

大阪市港区で調理器具を回収させていただきました!

 2016年7月6日

OCT024不要品回収のクリーン本舗、ブログ担当の山本です。

このブログでは私どもクリーン本舗に関する情報を、実際にうけたまわりましたお仕事の内容を交えながらお伝えしてまいります。

今回は大阪市港区で調理器具を回収させていただきました。

大阪市港区は神戸市と同じく、数多くの船が行き来する港町です。今でこそ海遊館など遊べるスポットが整備されていますが、一昔前は海の男、船員さんが往来する街だったそうです。

だからでしょうか、港区の老舗飲食店はどこも大盛りメニューが充実していますね。昔は「ざぶとん」という、それこそ人が座れるほど大きなオムライスを出すお店もあったそうです。

今回お邪魔したお店も、揚げ物を作るフライヤーを交換するとのこと。毎日の手入れが行き届いていましたが、かなり年季の入っていることはひと目でわかりました。

このフライヤーで揚げ物を作り、食欲旺盛な船員さんたちのお腹を満たしていたそうです。今も若いお客さんが引っ切り無しに訪れていましたから、伝統は続いていきそうですね。

不要品回収はクリーン本舗に。まずはメール、お電話にてご相談下さい。担当のものが迅速に対応させていただきます。

東大阪市で調理器具を回収させていただきました!

 2016年6月16日

不要品回収のクリーン本舗、ブログ担当の山本です。

このブログでは私どもクリーン本舗に関する情報を、実際に承りましたお仕事の内容を交えながらお伝えしてまいります。

今回は東大阪市でのお仕事紹介になります。

東大阪市は工場の他に、数多くの高校、大学が立ち並ぶことでも知られています。学生街が多いことも有名ですよね。育ち盛りの学生たちの食欲は旺盛です、繁盛店だと昼夜問わず多くの学生がつめかけ、賑やかにしているのだそうです。

お客様が営まれている飲食店も「大盛りの店」として有名で、体育会系の男子御用達なのだそうです。お見積りさせていただいた際にもたくさんの学生さんがいました。

学生たちの活力になりたい、その思いから飲食店を続けられているのですが、お年を召されるごとに体力的な限界を感じられるようになったのだとか。

そんな時、かつてこのお店で食事をしていた卒業生が、新しい調理器具を紹介してくれたのだとか。これなら飲食店を続けられると、調理器具の入れ替えを決意されたそうです。かつて交流があった卒業生から助けてもらえるとはと、お客様も感無量といった様子でした。

不要品回収はクリーン本舗に。まずはメール、お電話にてご相談下さい。担当のものが迅速に対応させていただきます。

大阪市中央区で調理器具を回収させていただきました!

 2016年6月16日

不要品回収のクリーン本舗、ブログ担当の山本です。

このブログでは私どもクリーン本舗に関する情報を、実際に承りましたお仕事の内容を交えながらお伝えしてまいります。

中央区での調理器具回収は前回もご紹介しましたね。今回は京橋の飲食店での不要品回収です。

京橋は大阪ビジネスパークのような最先端のビジネス街が広がる一方、少し路地に分け入ると古くからの飲み屋さんが立ち並ぶ庶民派の一面もあります。

今回不要品回収をさせていただいたお店もそうした中の一件でした。ご主人は長く京橋で飲み屋さんを営んでおられましたが、跡取りもおらず、ご自身も高齢化したとのことで、店じまいを決意されたとのことです。

どの調理器具も長く使われていた様子でした。ですが毎日の手入れがよかったのでしょう、どれもピカピカに磨き上げられていました。ご主人の真摯な人柄を垣間見たように感じ、私どもも身の引きしまる思いがしました。どんな商いであっても、キチンとていねいに仕事をすることが長く続けていく秘訣なのでしょう。

不要品回収はクリーン本舗に。まずはメール、お電話にてご相談下さい。担当のものが迅速に対応させていただきます。

1 2

Copyright © 2016 クリーン本舗 All Rights Reserved.