• ホーム
  • お問い合わせ・お見積り

自治体の粗大ゴミ回収と不用品回収業者の違いとは

 2019年1月31日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「自治体の粗大ゴミ回収と不用品回収業者の違いとは」についてです。

引っ越しや断捨離、遺品整理や生前整理などで出た不用品を処分したい時、あなたなら、どのような方法を選びますか?
普通ごみとして処分できない家具や家電など、大きなものであれば、自治体の粗大ごみ回収を検討される方も多いでしょう。
その他にも、チラシやネットで見つけた不用品回収業者に依頼しようかな?と考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。
さらに、自治体か不用品回収のどちらに依頼するのがよいか悩んでいるという方も少なくないかもしれませんね。
そこで今回は、自治体の粗大ごみ回収と不用品回収業者の違いについて、ご紹介したいと思います。

【自治体の粗大ごみ回収と不用品回収業者の違い】

どちらも不用品を処分する方法ですが、自治体の粗大ごみ回収と不用品回収業者には、様々な点で違いがあります。
ここでは、それぞれの違いについて詳しくご紹介したいと思います。

■料金


まず1つ目は、自治体の粗大ごみ回収と不用品回収業者では、不用品処分にかかる費用が異なります。
お住まいの自治体や、依頼する不用品回収業者によっても費用は異なりますので、一概には言えませんが、一般的には不用品回収業者よりも、自治体の方が安い場合が多いです。
ただし、不用品回収業者の中には買い取りを行っている業者もありますので、買い取ってもらえるものがあれば、その分費用は安くなりますよ。

■申込みから回収までの期間


2つ目は、申込みから回収までの期間が大きく異なります。
一般的に、自治体の粗大ごみ回収では申込みから回収までに1〜2週間の期間が必要になります。
混んでいる時期であれば、もう少し長くかかることもあるようです。
不用品回収業者の場合は、即日回収を行っている業者もあり、早ければ依頼した日に回収に来てもらうことも可能です。
また、不用品回収の場合は土日祝日や早朝、夜間の回収を行っている業者もありますので、忙しい方でも利用しやすいでしょう。

■処分の方法


処分の方法も、自治体と不用品回収業者では異なります。
自治体の場合は、電話で申し込みを行い、費用分のシール券をコンビニやスーパー等で購入します。
そのシール券を処分する品に貼り付けて、回収日の朝に自宅敷地前や指定のクリーンステーションまで運び出しておく必要があります。
不用品回収業者の場合は電話で申し込みをすれば、あとは業者が来るのを待つだけです。
業者が自宅内まで来て、不用品の運び出しも全て行ってくれます。
業者によっては、支払いにクレジットカードを使用できる場合もあります。

■一度に処分できる不用品の数

一度に処分できる不用品の数も、自治体と不用品回収業者では違います。
自治体の場合は一般的に、5個程度となっている場合が多いです。
不用品回収業者の場合は、特に制限はありませんので、ゴミ屋敷のようにたくさん不用品がある場合でも一度に全て処分することができます。

■処分できる不用品の種類


自治体と不用品回収業者では、処分できる不用品の種類も異なります。
自治体の粗大ごみ回収の場合は、家電リサイクル法対象品目である、冷蔵庫や冷凍庫、洗濯機や衣類乾燥機、エアコンやテレビ等は処分することができません。
一方、不用品回収業者の場合は家電リサイクル法対象品目であっても回収してもらうことが可能です。
ただし、危険物や動物の死骸などは、自治体でも不用品回収業者でも回収してもらうことはできませんので注意しましょう。

【まとめ】

今回のテーマは、「自治体の粗大ゴミ回収と不用品回収業者の違いとは」についてでした。
自治体の粗大ごみ回収と不用品回収業者では、様々な点で違いがあります。
今回の記事を参考に、処分したい不用品の種類や、あなたの環境に合った方法を選んでみられてはいかがでしょうか。

引っ越し前に不用品処分を行うメリットとは

 2019年1月30日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「引っ越し前に不用品処分を行うメリットとは」についてです。

引っ越しは、時間も体力も必要で、想像以上に大変な作業ですよね。
これから引っ越しの予定があるという方は、引っ越し前に不用品処分を行うことをオススメします。
引っ越し前に、不用品処分を行うと様々なメリットがあるのです。
今回は、引っ越し前に不用品処分を行うメリットについて、ご紹介したいと思います。

【引越し費用の節約になる!】


引っ越し前に不用品処分を行うメリットは、いくつかありますが、まず引越し費用の節約になるという大きなメリットがあります。
引っ越しの費用は、運搬する荷物の量も関係しています。
運搬する荷物の量が多ければ多いほど、人員や大きなトラック、たくさんのダンボールなどが必要になり、その分、費用が高くなってしまうのです。
引っ越し前に不用品の処分をしないと、無駄な荷物まで新居に運ぶことになり、無駄な費用がかかってしまいます。
引っ越し前に不用品を処分することで、運搬する荷物が減り、引越し費用を安く抑えることができるのです。

【荷造り・荷解きが楽になる!】

引っ越し作業で大変なのが、荷造りや荷解きですよね。
たくさんの荷物を、種類ごとにダンボールの中に入れていき、新居ではそれを収納していく作業は想像以上に大変で時間がかかります。
不要なものが多いと、その分、荷造りや荷解きに手間と時間がかかってしまいますよね。
引っ越し前に、不用品の処分を行うことで、荷物の量が全体的に減り、荷造りや荷解きが楽になりますよ。
引っ越し業者によっては、荷造りや荷解きを行ってくれるサービスもありますが、ほとんどの場合オプションとなり別途費用が必要になります。
引っ越し前に、不用品を処分しておけば、そのようなオプションサービスを利用する必要がなくなりますので、引っ越し費用の節約にも繋がりますね。

【引っ越しで出た不用品は不用品回収業者への依頼がオススメ】


引っ越しの前に不用品の処分を行う場合、不用品回収業者に回収を依頼するのがオススメです。
不用品回収業者の場合、電話一本ですぐに回収に来てもらえますので、引っ越しまで日数が無い場合でも利用することができます。
さらに、細かい分別などを行う必要がなく、ほとんどの物を一度に回収してもらえますので、手間がかからないというメリットもありますよ。
ただし最近は悪質な業者も存在していますので、不用品回収業者を利用する場合は、信頼できる業者を選ぶようにしてください。

【まとめ】

今回のテーマは、「引っ越し前に不用品処分を行うメリットとは」についてでした。
近々、引っ越しの予定があるという方は、今回の記事をぜひ参考にしてみてくださいね。
大阪・兵庫で不用品回収業者をお探しの方は、クリーン本舗にお任せください。
お見積りは無料です。まずは、お気軽にご相談ください。

ワインセラーが粗大ゴミとして処分できない理由とは

 2019年1月29日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「ワインセラーが粗大ゴミとして処分できない理由とは」についてです。

近年はワインブームということもあり、ワインを好んで飲むという方も多いですよね。
特に女性の中にはワインが好きという方も多く、自宅で女子会やホームパーティのお供に美味しいワインを楽しむという方も増えています。
ワインは温度がとても大切だと言われていますので、自宅に設置できる小型のワインセラーも販売されています。
ワイン好きの方の中には、そのような小型のワインセラーを使用しているという方も少なくないでしょう。
しかし、そのワインセラー、普通ごみとしてはもちろん、粗大ごみとしても処分できないということを、ご存知でしょうか?
今回は、ワインセラーが粗大ごみとして処分できない理由や、処分の方法についてご紹介したいと思います。

【ワインセラーが粗大ごみとして処分できない理由とは】


ワインセラーが、自治体の粗大ごみ回収で処分できない理由は、家電リサイクル法対象品目だからです。
家電リサイクル法とは、一般家庭や事務所から排出された特定の家電製品から有用な部品などをリサイクルすることで、廃棄物を減らしたり資源の有効活用をしたりするための法律で、家電リサイクル法対象の家電は自治体の粗大ごみ回収で処分することはできません。
家電リサイクル法では、冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機・テレビ・エアコンが対象となっています。
「え?ワインセラーは入ってないよ」と思った方も多いでしょう。
確かに、家電リサイクル法の紹介ページ等を見てもワインセラーと書かれていないことが多いです。
しかし、ワインセラーは冷蔵庫に含まれており、家電リサイクル法の対象品目となるのです。

【不要になったワインセラーを処分する方法】

では、不要になったワインセラーは、どのように処分すればよいのでしょうか。
ここでは4つの処分方法をご紹介したいと思います。

■不用品回収業者に依頼


「餅は餅屋」という言葉があるように、何事もプロに依頼するというのはオススメです。
不用品回収のプロといえば、不用品回収業者ですよね。
不用品回収業者に依頼することで、手間をかけず、早くワインセラーを処分することができます。
夜間や土日の回収も行っている業者も多いですし、支払いにクレジットカードを使用できる業者もありますので便利です。
ワインセラーだけで依頼することはもちろん、他に処分したい不用品があれば、一緒に回収を依頼することもできますよ。

■販売店やメーカーに引き取りを依頼

家電リサイクル法では、ワインセラーを販売した業者や、メーカーに回収が義務付けられています。
そのため、ワインセラーを購入した家電量販店や、買い替えを行うお店、ワインセラーのメーカーに引取を依頼することで処分が可能です。
その場合は、リサイクル料+運搬費用が必要になることが一般的です。

■指定引取場所に自分で持ち込む

処分費用を節約したい場合は、指定引取場所に自分で持ち込むという方法もあります。
その場合は郵便局で、リサイクル料を支払い、指定引取場所まで自分で運搬をします。
そうすることで、リサイクル料のみでワインセラーを処分することが可能になるのです。

■リサイクルショップやフリマアプリで売却

まだ比較的新しいワインセラーで、故障などしていない場合は、売却するという方法もあります。
売却には、リサイクルショップやフリマアプリ、ネットオークション等の方法がありますよ。

【まとめ】

今回のテーマは、「ワインセラーが粗大ゴミとして処分できない理由とは」についてでした。
ワインセラーは粗大ごみとして処分することができませんので、処分の際は今回の記事を参考にしてみてくださいね。

ベッドを処分する方法について3つ紹介します!

 2019年1月28日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「ベッドを処分する方法について3つ紹介します!」についてです。

引っ越しや断捨離、買い替えや模様替えなどで、ベッドを処分する場合、どのように処分するのか知っていますか?
ベッドは大きく重量もありますので、処分するには手間がかかりそうですよね。
今回は、不要になったベッドの処分方法について、ご紹介したいと思います。

【不要になったベッドは普通ごみとして処分できる?】


日常生活で出たゴミは、普通ごみとして処分することが多いと思いますが、不要になったベッドは普通ごみとして処分することができるのでしょうか。
結論としては、「ゴミ袋に入るサイズまで細かく裁断し、釘や金具等と分別すれば普通ごみとして処分することも可能」です。
ベッドの多くは、木で作られていますので、ゴミ袋に入るサイズまで裁断することで、燃えるゴミとして処分することができます。
その場合は、ベッドに使用されている金具や釘、ネジなどは全て外して分別しなければいけません。
もちろん普通ごみとして処分できれば、費用はかかりませんが、かなりの時間と手間がかかりますし、場合によっては危険も伴います。
普段からDIYや日曜大工などを趣味としている方以外には、オススメできない方法だと言えますね。

【不要になったベッドを処分する3つの方法】

では、不要になったベッドは、どのように処分すればよいのでしょうか。
ここでは、3つの方法をご紹介したいと思います。

■不用品回収業者に依頼


とにかく手間をかけず、早くベッドを処分したいという場合は、不用品回収業者がオススメです。
不用品回収業者の場合、電話一本で自宅内までベッドを取りにきてもらえますので手間がかかりません。
また、即日回収や、土日や夜間の回収をしている業者もありますので、忙しい方でも利用しやすいというメリットもあります。

■自治体の粗大ごみ回収を依頼

自治体の粗大ごみ回収で、不要になったベッドを処分するという方法もあります。
自治体の粗大ごみ回収の場合は、費用が安いというメリットがあります。
費用は自治体によって異なりますが、大阪市の場合はベッド本体が1000円、マットレスが200円で回収してもらうことが可能です。
ただし、自治体の粗大ごみ回収の場合、処分するベッドを自宅敷地前や、指定のクリーンステーションまで運び出しておく必要があります。
ベッドは大きく重いものですので、高齢者の方や女性の方、一人暮らしの方などの場合は運び出すのが難しいこともあるでしょう。

■リサイクルショップ等で売却

まだ綺麗で使用できる状態のベッドの場合は、リサイクルショップで売却するという方法もあります。
売却できれば、少しの収入になりますので、お得ですよね。
売却する場合は、リサイクルショップだけでなく、フリマアプリやネットオークション等を利用するという方法もありますね。
また、買い取りを行っている不用品回収業者に依頼することで、買い取ってもらえる可能性もありますよ。

【まとめ】

今回のテーマは、「ベッドを処分する方法について3つ紹介します!」についてでした。
不要になったベッドの処分にお困りの方は、今回の記事をぜひ参考にしてみてくださいね。

最近なんだかスッキリしない!そんな時は断捨離をしてみませんか?

 2019年1月25日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「最近なんだかスッキリしない!そんな時は断捨離をしてみませんか?」についてです。

「最近、仕事がうまくいかない」
「人間関係で悩んでいる」
「家事や育児、介護に疲れた」

上記のような、なんだかスッキリしない気持ちはありませんか?
最近なんだかスッキリしないなーと感じている方には、ぜひ断捨離に取り組んでいただきたいと思います。
今回は、断捨離を行うことで得られるメリットについて、ご紹介したいと思います。

【断捨離とは】

断捨離は、ヨガの考えを応用したものだと言われています。
ヨガの考えである「断行」「捨行」「離行」からきているのです。
断行=入ってくる要らないものを断つ
捨行=必要のないものを捨てる
離行=物への執着から離れる
それぞれには上記のような意味があり、それぞれの頭文字を合わせたものが「断捨離」と呼ばれる整頓法の1つとなっています。

【断捨離で得られるメリット】

断捨離には、たくさんのメリットがあると言われています。
ここでは断捨離で得られるメリットを3つご紹介したいと思います。

■気持ちが前向きになりスッキリする


まず、断捨離の大きなメリットとも言えるのが、気持ちが前向きになりスッキリするということです。
断捨離を行うことで部屋が綺麗になると、それだけで気持ちはスッキリしますよね。
さらに、不要な物を処分することで必要なものだけに囲まれて生活することができることも気持ちが前向きになる理由の1つです。
物だけでなく不要な人間関係なども断捨離することで、無駄なストレスがなくなります。

■お金が貯まる


断捨離は、不要な物を処分する(捨てる)だけでなく、無駄な物を購入することもなくなります。
そのため、自然に無駄遣いが減って、お金が貯まるのです。
物だけでなく、無駄な電気や水なども使わないようになり、光熱費の節約にもなりますよ。

■時間が有効的に使える


断捨離によって物が減ることによって、毎日の掃除や片づけにかかる時間が短くなります。
さらに、部屋が片付いていることで捜し物をすることもなくなり、時間を有効的に使えるようになるのです。
今まで片付けや掃除、捜し物に使っていた時間を自分の趣味の時間やリラックスする時間に使えるようになると、さらに気持ちがスッキリするのではないでしょうか。

【まとめ】

今回のテーマは、「最近なんだかスッキリしない!そんな時は断捨離をしてみませんか?」についてでした。
最近なんだかスッキリしないと感じている方は、今回の記事を参考に、ぜひ断捨離に取り組んでみられてはいかがでしょうか。
断捨離で出た不用品は、不用品回収業者に依頼することで、手間をかけず早く処分することができますよ。
大阪・兵庫で断捨離で出た不用品の処分にお困りの方は、クリーン本舗にお任せください。
お見積りは無料です。まずは、お気軽にお問い合わせください。

遺品整理は業者に依頼するのがオススメです

 2019年1月24日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「遺品整理は業者に依頼するのがオススメです」についてです。

家族や親族が亡くなると、遺された家族は葬儀の準備や様々な手続きなどで悲しむ時間もないほど忙しいものです。
そんな中で、さらに遺品整理も行わなければならないので、心身ともに疲労が重なってしまいます。
昔は「遺品整理は、家族や親族が行うもの」と考える方が多かったのですが、現在では遺品整理を専門に扱う業者や、遺品整理士という資格もあり、遺品整理を業者に依頼するという方も増えています。
そこで今回は、遺品整理を業者に依頼するメリットについて、ご紹介したいと思います。

【遺品整理とは】


亡くなった人が残したものを「遺品」と呼びますが、遺品整理は、その遺品を整理することです。
遺品には、故人が生前に使用していた日用品など様々なものが含まれますので、それを一つ一つ整理していくのは、とても大変な作業ですし、時間もかかる場合が多いです。

【遺品整理に期限はある?】


遺品整理には、決められた期限やタイミングはありません。
ただし、故人が生前に賃貸住宅で暮らしていた場合などは、早めに部屋を明け渡す必要があるため、できるだけ早く遺品整理を行う必要があるでしょう。
また、遺品から多くの貴重品が出てくる可能性もあり、相続税などの法的な手続きが必要な場合も早めに遺品整理に取り組んでおく必要があります。

【遺品整理を業者に依頼するメリット】


遺品整理は、家族や親族だけで行うことも不可能ではありませんが、前述したように時間と手間がかかったり、精神的に辛く感じてしまったりする可能性があります。
そこでオススメなのが、遺品整理を業者に依頼することです。
遺品整理業者に依頼するメリットは、遺品整理士という資格を持っていたり経験豊富であったりするプロに安心して任せることができるという点や、早く遺品整理を進めることができるという点があげられます。
また、遺族が高齢の場合や身体が不自由な場合など、自分たちでは難しい作業も任せることができますので頼りになりますね。

【遺品整理を業者に依頼する場合の注意点】


前述したように、遺品整理を業者に依頼するのはとてもオススメですが、注意していただきたいこともあります。
遺品整理業者に依頼したことで、大切な遺品を雑に扱われたり、大切なものまで処分されてしまったというトラブルも起きています。
遺品整理業者の中には、そのような悪質な業者も存在していますので、依頼する場合は信頼できる業者を選ぶようにしてください。

【まとめ】

今回のテーマは、「遺品整理は業者に依頼するのがオススメです」についてでした。
最近、大切な家族を亡くされた方や遺品整理でお困りの方は、ぜひ今回の記事を参考にしてください。
大阪・兵庫で遺品整理でお困りの方は、私たちクリーン本舗にお任せください。
お見積りは無料です。まずは、お気軽にご相談ください。

エアコンの処分は業者に任せるのが安全です

 2019年1月23日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「エアコンの処分は業者に任せるのが安全です」についてです。
不要になったエアコンの処分に困った経験はありませんか?
エアコンを買い替える場合は、新しいエアコンを取り付ける際に外して回収してもらうという方法が一般的ですが、買い替えではない場合はどのように処分していいかわからないという方も多いでしょう。
そこで今回は、買い替えではない場合のエアコンの処分方法について、ご紹介したいと思います。

【エアコンの取り外しを自分で行うことはできる?】


結論から述べると、エアコンの取り外しは自分で行うことも可能ですが、オススメはできません。
その理由は、危険を伴ったり、失敗したりする可能性が高いからです。
エアコンは、メーカーや機種によって適切な取り外し方が異なる場合があります。
知識の無い方が取り外しを行うことでケガをしたり、エアコンの再取り付けの際に修理や追加部材が必要になったりすることがあるのです。
また、それなりに道具も必要ですし、失敗すれば部屋の壁や床に傷がついてしまう可能性もありますので、できるだけ専門業者に依頼することをオススメします。

【エアコンは家電リサイクル法対象品目】


もし仮にエアコンを自分で取り外せたとしても、エアコンは家電リサイクル法対象品目のため、自治体の粗大ごみでは処分できないことをご存知でしょうか?
家電リサイクル法とは、一般家庭や事務所から排出された特定の家電製品から有用な部品などをリサイクルすることで、廃棄物を減らしたり資源の有効活用をしたりするための法律です。
家電リサイクル法ではエアコン以外にも、冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機・テレビも対象となっています。
エアコンを処分する場合は、購入した家電量販店に回収を依頼するか、自分でリサイクル券を購入して指定引取場所まで運搬するか、不用品回収業者に依頼して処分しなければいけません。

【エアコンの処分は不用品回収業者に任せよう!】


前述したように、エアコンの取り外しは専門の業者に任せた方が安心ですし、処分に関しても簡単には処分できないため手間がかかります。
そこでオススメなのが、不用品回収業者への依頼です。
不用品回収業者に依頼することで、エアコンも安全に取り外すことができますし、そのまま回収や処分も行ってもらえますので大変便利です。
電話一本ですぐに回収に来てもらえますし、土日や夜間でも対応している業者もありますので、忙しい方でも利用しやすいでしょう。
不用品回収業者に依頼する場合は、事前に見積もりをとってもらえて安心して任せられる業者を選ぶようにしましょう。

【まとめ】

今回のテーマは、「エアコンの処分は業者に任せるのが安全です」についてでした。
エアコンの処分についてお悩みの方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。

断捨離で出た不用品は捨てる以外に方法はある?

 2019年1月22日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「断捨離で出た不用品は捨てる以外に方法はある?」についてです。

最近よく耳にする「断捨離」ですが、あなたは断捨離に取り組んだことがありますか?
断捨離を行うことはメリットもたくさんありますので、ぜひたくさんの方に取り組んでみていただきたいと思いますが、断捨離で出た不用品を捨てるのが勿体無いという声もよく聞かれます。
そこで今回は、断捨離で出た不用品を捨てる以外の方法について、ご紹介したいと思います。

【断捨離で出た不用品を捨てる以外の方法】

断捨離を行っていると、「まだ使えるから捨てるのはもったいない」という気持ちが出てくることも多いです。
しかし、断捨離で出た不用品は捨てる以外にも処分する方法があるのです。
いくつか方法はありますが、ここでは5つの方法をご紹介したいと思います。

■リサイクルショップに買取依頼

まず1つ目は、リサイクルショップに持ち込んで買取依頼を行うという方法です。
リサイクルショップでは、衣料品や家具、家電、ブランド物などを取り扱っているお店が多いです。
しかしお店によっては、買い取りしていないものもありますし、状態によって買い取りしてもらえない場合もありますので注意が必要です。
事前に、買い取りを依頼する予定のリサイクルショップに確認しておくのがいいでしょう。
また、基本的にリサイクルショップの場合、店舗まで売却したい不用品を持ち込む必要がありますが、どうしても自分で持ち込むことが難しい場合は、出張買取を行っている業者が近くにないか調べてみるのもいいのではないでしょうか。

■フリマアプリやネットオークション等で売却


最近は多くの人が、スマートフォンやパソコンを使用して、フリマアプリやネットオークション等を利用して売買を行っています。
断捨離で出た不用品も、フリマアプリやネットオークション等で売却することが可能です。
利用方法は難しいものではありませんが、普段フリマアプリやネットオークション等を利用したことがなかったり、スマートフォンやパソコンを持っていなかったりする場合には難しい方法かもしれません。
フリマアプリやネットオークションを利用する場合は、手数料や送料のことも考えたうえで値段設定をするようにしましょうね。

■友人や知人に譲る

自分にとっては不用品でも、誰か身近な人にとっては、ちょうど欲しいと思っていたものかもしれませんよね。
友人や知人に譲っても、収入にはなりませんが、あなたは不用品を処分できて、友人や知人には喜んでもらえるのであれば嬉しいですよね。
一度、身近に欲しい人がいないか聞いてみるといいですよ。
SNSに不用品の写真をアップすることで、一度にたくさんの人に問いかけられるので便利ですね。

■寄付をする

例えば、衣料品を発展途上国に寄付したり、子ども用品や玩具を保育園や幼稚園に寄付したりするという方法もあります。
あなたの不用品が誰かの役にたつことを想像すると嬉しくなりますよね。
自分が大切にしていたものを、また誰かが大切に使ってくれることになりますし環境にも優しい方法と言えるのではないでしょうか。

■買い取りも行っている不用品回収業者に依頼する


不用品回収業者と言えば、捨ててしまうというイメージが強いと思いますが、不用品回収業者の中には買い取りを行っている業者もあります。
買い取りも行っている業者に依頼することで、不用品の種類や状態によっては買い取ってもらえ、収入になるのです。
また、値段がつかないようなものは処分してもらうこともできますので一度に不用品の処分ができて便利ですよ。

【まとめ】

今回のテーマは、「断捨離で出た不用品は捨てる以外に方法はある?」についてでした。
断捨離で出た不用品の処分にお困りの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

不要になったソファーを処分する方法

 2019年1月21日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「不要になったソファーを処分する方法」についてです。

リビングでくつろぐのに最適なソファーですが、模様替えや引っ越し、断捨離などで不要になった場合、処分の方法がわからず困るという方も少なくありません。
ソファーの種類にもよりますが、基本的には大きく重いものが多いため、処分の方法に悩んでしまうという方が多いのでしょう。
そこで今回は、不要になったソファーの処分方法について、ご紹介したいと思います。

【不要になったソファーを処分する3つの方法】

不要になったソファーを処分するには、いくつかの方法があります。
ここでは3つの方法をご紹介したいと思います。

■不用品回収業者に依頼する


まず、1つ目の方法は、不用品回収業者へ依頼してソファーを処分する方法です。
一番手間がかからず、誰でも簡単に利用することができます。
また、不用品回収業者の中には即日回収を行っている業者もいますので、すぐに処分することも可能です。
電話一本で自宅内までソファーの回収に来てもらえますし、支払いもクレジットカードを使用できる業者もあり便利です。
更に、夜間や土日祝日も対応している業者もありますので、忙しい方でも利用しやすいのではないでしょうか。

■自治体の粗大ごみ回収を利用する


不要になったソファーは、自治体の粗大ごみ回収を利用して処分することも可能です。
処分に必要な費用は、自治体によって異なりますが、比較的安い費用で処分することができます。
ただし、自治体の粗大ごみ回収の場合は、申込みから回収までに約1〜2週間の期間が必要になりますので、すぐに処分したい方にとっては不便かもしれません。
また、基本的に自治体の粗大ごみ回収の場合は作業員が自宅内まで入ってくることはできませんので、玄関先や指定のクリーンステーションまでソファーを出しておく必要があります。
大きめのソファーの場合、女性や高齢者の方だけでは運び出しが難しいこともあるでしょう。

■リサイクルショップやフリマアプリで売却


まだ綺麗で使用できるソファーであれば、リサイクルショップやフリマアプリ、ネットオークション等で売却するといった方法もあります。
フリマアプリやネットオークション等を利用する場合は、送料が高額になりやすいので注意が必要です。
結果的に送料の方が高くなってしまっては、売却する意味がありませんので、送料も考えたうえでの値段設定をしましょう。
リサイクルショップに売却する場合はお店によって、ソファーの買い取りが可能かどうか異なりますので事前に確認しておくことをオススメします。

【まとめ】

今回のテーマは、「不要になったソファーを処分する方法」についてでした。
不要になったソファーの処分でお困りの方は、今回の記事をぜひ参考にしてみてくださいね。
大阪・兵庫でソファーの処分にお困りの方は、クリーン本舗にお任せください!
お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。

終活を始めるなら生前整理がオススメです!

 2019年1月18日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「終活を始めるなら生前整理がオススメです!」についてです。

ここ数年で「終活」という言葉をよく耳にするようになりましたよね。
「終活を初めたいけれど何をしていいかわからない」
「そもそも自分に終活はまだ必要ない」
上記のような方も少なくないのではないでしょうか。

そこで今回は終活について、ご紹介したいと思います。

【そもそも終活とは】


終活という言葉は知っているけれど、中身についてはよくわからないという方も多いでしょう。
終活とは、自分の死と向き合い、最期まで自分らしく過ごせるために様々な準備をしておくことを言います。
終活を始める時期や年齢に決まりはありませんが、少しでも体力がある時から取り組んでおくといいですよ。
人の死はいつ訪れるか誰にもわかりませんので、最近では30代や40代で終活に取り組まれる方も増えています。
60代でも70代でも遅いということは、ありません。
ご自身が終活を使用!と思ったタイミングが始めるタイミングではないでしょうか。
終活は自分の老後のためだけでなく、遺された家族の負担を減らすことにも繋がりますので、まだ終活に取り組んでいないという方は、ぜひこの機会に終活に取り組まれることをオススメします。

【まずは生前整理から始めよう】


終活と一言で言っても様々なことがあるのですが、まずは気軽に取り組める生前整理から始められるのがよいでしょう。
生前整理とは、元気なうちに自分の身の回りの荷物や、資産などを整理しておくことを言います。
あなたが亡くなった際、遺された家族は遺品整理を行うことになりますが、生前整理を行っておくことで、遺品整理の際の家族の負担を減らすことができますよ。
また自分自身も、不要なものを処分し身の回りがスッキリすることで、残りの人生を豊かに過ごすことができます。

【生前整理の進め方】

生前整理は、決して難しい作業ではありません。
自分の身の回りのものを、必要なものと不要なものに分け、不要なものは処分するといった単純作業になります。
また、銀行口座や所有している土地など資産になるものをきちんと整理しておくことも、生前整理の重要なポイントです。
必要なものと不要なものを分ける際は「ここ1年で1度でも使用したかどうか」や「心がときめくか」などを基準に分けていくといいですよ。
生前整理を行い、必要なものだけに囲まれて生活をすることで、毎日の暮らしがより良いものになります。

【生前整理で出た不用品の処分方法】


生前整理で出た不用品の処分には、いくつかの方法がありますが、中でも不用品回収業者はオススメです。
その理由は、とにかく早く処分でき手間がかからないということです。
細かく分別する必要もありませんし、重たい物や大きな物でも全て業者が運んでくれますので安心です。
また買い取りも同時に行っている業者であれば、場合によっては買い取ってもらえる可能性もありますので思わぬ収入になりますよ。

【まとめ】

今回のテーマは、「終活を始めるなら生前整理がオススメです!」についてでした。
終活を始めようとお考えの方は、今回の記事をぜひ参考にしてみてくださいね。

1 2 3

Copyright © 2016 クリーン本舗 All Rights Reserved.