尼崎市のお客様のもとで遺品の整理をさせて頂きました。

 2018年5月30日


尼崎市のお客様のもとで遺品の整理をさせて頂きました。

お客さまのお父さまがお亡くなりになったということで、遺品整理のご依頼を頂きました。
お客さまのご両親は小さい頃に離婚されて、お父さまについてはほとんど何も知らないということで、遺品整理といっても何が大事なのかも判断が難しいということで、当社に依頼されることになさったそうです。
買い取りできるものは買い取りさせて頂き、お値段のつけられないものは回収させて頂きました。

不要品回収はクリーン本舗に。まずはメール、お電話にてご相談下さい。担当のものが迅速に対応させていただきます。

神戸市長田区にあるお宅にお住まいのお客様より釣り具などの不用品をまとめて引き取りました。

 2018年5月22日

神戸市長田区にあるお宅にお住まいのお客様より釣り具などの不用品をまとめて引き取りました。
お客さまが先日までお付き合いしていらした方は海釣りが趣味だったそうで、お休みになると一緒に釣りに出かけられていたそうです。しかし、性格の不一致からお別れすることになったそうで、お一人では海釣りに行くこともないということで、一緒に揃えられた釣り道具の買い取りのご連絡を頂きました。
一緒に壊れた家電製品の回収や家具の買取なども行わせていただきました。

不要品回収はクリーン本舗に。まずはメール、お電話にてご相談下さい。担当のものが迅速に対応させていただきます。

西宮市で食器棚含め家具一式を回収しました。

 2017年6月27日

a1180_001176

不要品回収のクリーン本舗、ブログ担当の山本です。

西宮市で食器棚含め家具一式を回収しました。

お客さまは念願のお家を新築されたそうです。
新しい家では大半の家具を新調されるため、
これまでお使いになられていた家具を一式回収させて頂きました。

新しい家は作り付けの台所収納だそうで、人気の家具ブランドの食器棚など
家具の回収に合わせて一部買取いたしました。

一軒丸ごとの家具の整理なので人手が足りず困っておられたようです。
引っ越しの前にすっきりしたとお喜びの声を頂きました。

不要品回収はクリーン本舗に。まずはメール、お電話にてご相談下さい。担当のものが迅速に対応させていただきます。

神戸市三宮でベッドなど寝室の家具を回収しました。

 2017年6月15日

a1180_001176

不要品回収のクリーン本舗、ブログ担当の山本です。

神戸市三宮でベッドなど寝室家具を回収しました。

お客さまは長くご夫婦2人暮らしだったそうなのですが、先日妊娠されたそうです。そのため、これまではお二人でセミダブルのベッドに寝られていたそうなのですが、子どもと川の字で寝ることを想定して、思い切ってキングサイズに買い替えることになられたそうです。
そのためこれまで使ってこられたセミダブルサイズのベッドが不用になり、
回収に伺わせて頂きました。

また、キングサイズのベットを入れると寝室のスペースが狭くなってしまうということで、
合わせて寝室の家具の回収もさせて頂きました。

不要品回収はクリーン本舗に。まずはメール、お電話にてご相談下さい。担当のものが迅速に対応させていただきます。

尼崎市で家具・家電を回収させていただきました!

 2016年9月16日

住宅02不要品回収のクリーン本舗、ブログ担当の山本です。

このブログでは私どもクリーン本舗に関する情報を、実際にうけたまわりましたお仕事の内容を交えながらお伝えしてまいります。

今回は尼崎市で家具・家電を回収させていただきました。

仕事の合間、昼食はショッピングセンターで済ませていました。休日ということもありご家族連れが多く見られました。

笑顔の奥様、お子様、それから少しくたびれ気味のお父さん。ご家族みんなでお買い物をして、ご家族みんなで食事をして、休日のあたたかい時間を過ごされていましたね。

都市工学とか難しい学問の話をする方の見立てでは、均質的な町、「小さな東京」を量産するような町づくりは褒められたものではないのだそうですが、その均質的な町の中に人々の生活があり、笑顔があります。

サバービアも、そんなに悪いものではないのではと感じていました。

不要品回収はクリーン本舗に。まずはメール、お電話にてご相談下さい。担当のものが迅速に対応させていただきます。

大阪市城東区で家具・家電を回収させていただきました!

 2016年9月16日

JQ196_72A不要品回収のクリーン本舗、ブログ担当の山本です。

このブログでは私どもクリーン本舗に関する情報を、実際にうけたまわりましたお仕事の内容を交えながらお伝えしてまいります。

今回は大阪市城東区で家具・家電を回収させていただきました。

お客様のお住まいになっている城東区には、戦前には国技館があったのだと話をうかがいました。

調べてみますとたいへん豪奢な作りの建築物であったようです。4階建てのドーム建築、25000人を収容する観客席というのは大阪城ホールの3倍にあたります。

さらに周辺には力士たちが寝泊まり、稽古をする相撲茶屋が建ち並んでいたそうです。ですがわずか7場所を開催しただけで戦争による自粛が始まり、戦後はGHQに接収されたのだそうです。

かつて存在した建築物の資料を見ていますと、もったいないというか、物悲しい気分になりますね。どれほど素晴らしい建築物でも必要でなくなれば取り壊されてしまうというのは、やはり戸惑いがあります。

よいものを、少しずつ形を変えながらでも残していくというのは意義があることです。私どもも仕事をさせていただきながら、こうした気持ちを大切にしていきたいと考えています。

不要品回収はクリーン本舗に。まずはメール、お電話にてご相談下さい。担当のものが迅速に対応させていただきます。

神戸市東灘区で家具・家電を回収させていただきました!

 2016年9月15日

da302099f不要品回収のクリーン本舗、ブログ担当の山本です。

このブログでは私どもクリーン本舗に関する情報を、実際にうけたまわりましたお仕事の内容を交えながらお伝えしてまいります。

今回は神戸市東灘区で家具・家電を回収させていただきました。

以前にもご紹介しましたが、東灘区には学校が数多くあり、またその数だけ学生街があります。若い人たちの元気な声が響く町というのは、こっちまで元気をもらえる気がしていいですよね。

今回のお客様はたまたま進学された学校のほど近くにお住いということで、大学時代からかれこれ20年以上も同じ土地にお住いなのだそうです。

閑静……とは言いがたいですよと苦笑いされていましたが、学生価格のレストランや飾らないお店があり、いつも活気にあふれたこの町をとても気に入っているというお話でした。

古くなった家具、家電を入れ替えながら、これからも長くこの町とともに歩みたいですとお話をいただきました。

不要品回収はクリーン本舗に。まずはメール、お電話にてご相談下さい。担当のものが迅速に対応させていただきます。

大阪市生野区で家具・家電を回収させていただきました!

 2016年9月15日

OCT038不要品回収のクリーン本舗、ブログ担当の山本です。

このブログでは私どもクリーン本舗に関する情報を、実際にうけたまわりましたお仕事の内容を交えながらお伝えしてまいります。

今回は大阪市生野区で家具・家電を回収させていただきました。

生野区の北部、東成区との間には焼肉の有名店、韓国料理店などが軒を連ねています。もちろんそこでお食事をされてもいいのですが、お客さまに「自宅での焼肉もなかなかいいですよ」と勧められました。

そうして商店街を練り歩くと、確かにお肉屋さんに並べられたお肉バリエーションと肉質のよさ、その安さに驚きます。

お肉をゲットしてご自宅で食べればリーズナブルですし、好きなものを好きな量だけいただけますものね。

代償といいますか、やはりダクト周りは汚れが激しくなってしまうそうです。またテーブルなどもご自宅で焼肉をすると少し早目に傷んでしまうのだとか。

それでもご家族で気取らずおいしく食べられる焼肉はいいものですよと教えていただきました。土地土地ならではの食卓があるのですね。

不要品回収はクリーン本舗に。まずはメール、お電話にてご相談下さい。担当のものが迅速に対応させていただきます。

神戸市東灘区で家具・家電を回収させていただきました!

 2016年9月14日

JQ161_72A不要品回収のクリーン本舗、ブログ担当の山本です。

このブログでは私どもクリーン本舗に関する情報を、実際にうけたまわりましたお仕事の内容を交えながらお伝えしてまいります。

今回は神戸市東灘区で家具・家電を回収させていただきました。

リフォームや部屋の模様替え。奥様の気分やご自身の趣味のため、という方もいらっしゃいますが、「お子様の成長にあわせて」というお客様も多いですね。

特にご入園やご入学となると、お子さんも親御さんも期待と不安で一杯ということが多いようです。

今回ご依頼いただきましたお客様は来年ご卒業、中学校にご入学されるということで新たに本棚や机などを入れ替えられる予定だそうです。

新しい家具に囲まれ、新しい世界に飛び込む期待もあります。一方で、これまで慣れ親しみ、愛着を持っていた家具とのお別れは寂しいものです。

こうした生活の節目節目でご用命いただけること、大変ありがたく感じています。

不要品回収はクリーン本舗に。まずはメール、お電話にてご相談下さい。担当のものが迅速に対応させていただきます。

宝塚市で家具・家電を回収させていただきました!

 2016年9月13日

JQ130_72A不要品回収のクリーン本舗、ブログ担当の山本です。

このブログでは私どもクリーン本舗に関する情報を、実際にうけたまわりましたお仕事の内容を交えながらお伝えしてまいります。

今回は宝塚市で家具・家電を回収させていただきました。

先日は「お客様のニーズに合わせたサービスを」と書かせていただきましたが、それを実践している施設が宝塚市にあります。宝塚歌劇の聖地、宝塚大劇場です。

デパートやショッピングモールのお手洗いは面積が男女半々くらいのところが多いですよね。女性向けがやや広いかな、という施設も数えるほどです。

ですが、宝塚大劇場のお手洗いは約9割ほどが女性用に充てられています。お客様の数という明確な理由理屈はありますが、ここまでハッキリと設備を整えるのは勇気がいることだったと思います。

お仕事の帰り、凛と立つ大劇場を目にして、サービスの本質とは何かを考えさせられました。

不要品回収はクリーン本舗に。まずはメール、お電話にてご相談下さい。担当のものが迅速に対応させていただきます。

1 2

Copyright © 2016 クリーン本舗 All Rights Reserved.