大阪市西区で家具・家電を回収させていただきました!

 2016年8月26日

住宅02不要品回収のクリーン本舗、ブログ担当の山本です。

このブログでは私どもクリーン本舗に関する情報を、実際にうけたまわりましたお仕事の内容を交えながらお伝えしてまいります。

今回は大阪市西区で家具・家電を回収させていただきました。

京セラドーム大阪の近くでのお仕事でした。京セラドーム大阪、大きいですよね。ドームの屋根が高い分、圧迫感が強いのかもしれません。

以前吹田市にある市立吹田サッカー場の近くを通ったのですが、それよりも大きく感じました。

ですが、収容人員の面ではサッカー場のほうが随分と多いのですね、驚きました。四角形のサッカー場は町割りにすっぽりと収まりやすいですし、屋根もフライなどがない分低くおさえられます。それゆえに小さく感じてしまうのかもしれません。

実際中に入った友人の話では、市立吹田サッカー場はかなり広く感じるとのこと。見た目が狭くても中に入ると開放感がある。なんだかお部屋づくりと親しい物を感じました。私の部屋もそのようであれば……などと考えました。

不要品回収はクリーン本舗に。まずはメール、お電話にてご相談下さい。担当のものが迅速に対応させていただきます。

大阪市西区で家具・家電を回収させていただきました!

 2016年8月22日

da302099f神戸市中央区で家具・家電を回収させていただきました!

不要品回収のクリーン本舗、ブログ担当の山本です。

このブログでは私どもクリーン本舗に関する情報を、実際にうけたまわりましたお仕事の内容を交えながらお伝えしてまいります。

今回は大阪市西区で家具・家電を回収させていただきました。

家を建てられる、リフォームをされる。そういう時に大事にしたいことがもう一つありました。趣味人の方であるならばそれに特化した部屋、というのもありますね。

例えば読書家の方の場合、クローゼットを書庫代わりに使われるでしょう。音の出る趣味、例えば楽器演奏や映画鑑賞などでは防音設備があれば、昼夜問わず好きなだけ楽器をひいたり映画を観たり出来ます。

今回お仕事をいただいたお客様も映画鑑賞が趣味で、よく単館上映系の映画を観に行かれるのだそうです。また、ご自身でもDVDを買い集められ、ご自宅でご覧になられるのだとか。

長く映画についてのお話をうかがいました。何にせよ、好きな人が好きなことについて語られる時の目はキラキラとしていいものですね。

不要品回収はクリーン本舗に。まずはメール、お電話にてご相談下さい。担当のものが迅速に対応させていただきます。

大阪市西区で調理器具を回収させていただきました!

 2016年8月5日

4575269このブログでは私どもクリーン本舗に関する情報を、実際にうけたまわりましたお仕事の内容を交えながらお伝えしてまいります。

今回は大阪市西区で調理器具を回収させていただきました。

私たちおじさん世代には、カフェというものは居心地の悪い空間と捉えがちです。ですが最近は随分変わってきたようです。

今回居抜き物件を改装し、カフエをオープンされるお客様からいろいろとお話をうかがいました。

カフェブームがあった際などはいろいろと新しい店舗が増えましたが、味がおちるお店やサービスの行き届いていないお店は長くは続かなかったそうです。

現在はスペシャリティコーヒーなど、ハッキリとしたお店の「売り」を打ち出しているお店、オーナー様の考えが隅々に行き渡ったこだわりのお店が生き残っているのだとか。

そうしたお店は、どんな方にとっても居心地がよく、くつろげる空間になっています。こうしたカフェが増えるのならば大歓迎ですね。

不要品回収はクリーン本舗に。まずはメール、お電話にてご相談下さい。担当のものが迅速に対応させていただきます。

大阪市西区で家具・家電を回収させていただきました!

 2016年8月3日

住宅01不要品回収のクリーン本舗、ブログ担当の山本です。

このブログでは私どもクリーン本舗に関する情報を、実際にうけたまわりましたお仕事の内容を交えながらお伝えしてまいります。

今回は大阪市西区で家具・家電を回収させていただきました。

大阪市西区には大阪ガスのガスタンクがあります。環状線からも見えるのでご存じの方も多いでしょう。

その奥にひときわ大きな半円形の建物があります、それが京セラドーム大阪です。野球はもちろんのこと、アメフトなど様々なスポーツイベント、そしてアーティストのコンサート会場としても使用されます。

このあたりは埋立地が多く、近隣にお住まいの方などはドームでコンサートが行われる際には観客のジャンプした振動で地震のような揺れを感じることもあったようです。地盤が弱いのではと言われています。

現在ではそうしたジャンプは自粛されていますし、新築のマンションなどは地下の固い地盤まで杭を打ち込み、揺れを防いでいるので、心配されることもないかと思います。イベント毎に賑わいをみせますし、ドームの近くには商業施設も多いので、多くの方に愛される町になっているようですね。

不要品回収はクリーン本舗に。まずはメール、お電話にてご相談下さい。担当のものが迅速に対応させていただきます。

大阪市港区で調理器具を回収させていただきました!

 2016年7月6日

OCT024不要品回収のクリーン本舗、ブログ担当の山本です。

このブログでは私どもクリーン本舗に関する情報を、実際にうけたまわりましたお仕事の内容を交えながらお伝えしてまいります。

今回は大阪市港区で調理器具を回収させていただきました。

大阪市港区は神戸市と同じく、数多くの船が行き来する港町です。今でこそ海遊館など遊べるスポットが整備されていますが、一昔前は海の男、船員さんが往来する街だったそうです。

だからでしょうか、港区の老舗飲食店はどこも大盛りメニューが充実していますね。昔は「ざぶとん」という、それこそ人が座れるほど大きなオムライスを出すお店もあったそうです。

今回お邪魔したお店も、揚げ物を作るフライヤーを交換するとのこと。毎日の手入れが行き届いていましたが、かなり年季の入っていることはひと目でわかりました。

このフライヤーで揚げ物を作り、食欲旺盛な船員さんたちのお腹を満たしていたそうです。今も若いお客さんが引っ切り無しに訪れていましたから、伝統は続いていきそうですね。

不要品回収はクリーン本舗に。まずはメール、お電話にてご相談下さい。担当のものが迅速に対応させていただきます。

大阪市西区で店舗什器を回収させていただきました!

 2016年6月17日

不要品回収のクリーン本舗、ブログ担当の山本です。

このブログでは私どもクリーン本舗に関する情報を、実際に承りましたお仕事の内容を交えながらお伝えしてまいります。

今回は大阪市西区で店舗什器を回収させていただきました

西区というとアメリカ村もほど近く、堀江などおしゃれなスポットもたくさんありますよね。町を歩いているだけでも個性的なファッションの人たちをたくさん見ることができます。若い子だけではなくて、最近は中高年の方々も服装に気を使われ、自分なりの個性を表現しているようですね。

お客様もそうした個性的でおしゃれなアイテムを取り揃えるセレクトショップのオーナー様でした。オーナー様は「衣類は通信販売などでも手に入りますが、実店舗なくなることはないでしょう。」と語っておられました。

什器を処分した後は、新たにアンティークな調度品や什器を揃える予定だそうです。それもこれも実店舗の強みを活かしたいからだとか。

実店舗ではショップがこだわった空間にアイテムが並び、その店のイメージにあった店員さんが経験をもとにオススメなどを紹介します。試着をして「このアイテムを買ったら私はどう変わるのだろう。」と考えることができます。お客様はそうした「体験」も買っていかれるのだという説明をうかがい、なるほどと膝を叩いたしまいました。ファッション、奥深いですね。

不要品回収はクリーン本舗に。まずはメール、お電話にてご相談下さい。担当のものが迅速に対応させていただきます。

Copyright © 2016 クリーン本舗 All Rights Reserved.