• ホーム
  • お問い合わせ・お見積り

不用品回収は引越し業者に頼むと高くつく?

 2017年6月26日

不用品回収は引越し業者に頼むと高くつく?

引越しをする際にどの引越し業者に依頼をするか何を基準にどのように決めますか?
引っ越し業者が行っている不用品引き取りサービスをご存知でしょうか?
引越し業者のほとんどが不用品回収サービスは、有料のオプションサービスです。

引越しの料金は、荷物量=トラックのサイズで総費用が異なります。

ベッドやソファー、冷蔵庫や食器棚などの大きな物が減り、トラックのサイズを下げる事ができればその分引越し料金も安くなるという事になります。引越しまでに時間に余裕がある人は、事前に不用な物を処分しておくとよいでしょう。

これなら引越しの料金を少しでも安くすることが出来そうですね。
事前に処分しておけば、引っ越し自体もスムーズに進みますね。

まとめ

ただでさえお金のかかる引っ越しですから、
少しでも安く抑えたいですよね。
ご利用になる引っ越し業者の不用品引取りサービスの値段を調べてみて、高くなりそうなら、
一度私たちのような不用品回収業者に相談してみてはいかがでしょうか。
急な予定だから無理だとあきらめていても、意外と柔軟に対応してもらえる業者もたくさんあります。

不用品回収を安く済ませるコツがあります

 2017年6月23日

不用品回収を安く済ませるコツがあります。

不用品を処分する時、不用品回収業者を利用する時も少し手間をかけるだけで料金が違ってきます。不用品を安く処分する方法をご紹介いたします。
不用品回収の3つのポイントを抑えましょう。

1 小さいゴミは自分で出す

行政サービスのゴミ収集に出せるものは、できるだけ自分で出すこと。それほど大量にゴミがないなら、不用品回収業者は部分的に使うと決めるのも費用が安くなります。
このような場合には、不用品回収業者にお任せすることが便利です。
・自力排出できない大型家具などの不用品
・分別できない、分別が難しい不用品

2 できるだけ分別する

見積もりが安くなる例として、分別整理です。業者の手間が省けるので作業時間も短く済むため見積もりが安くなることが多いです。

4 まとめて依頼する

例えば運搬作業費などの人件費は1つの不用品でも、まとめて依頼してもかかってくるものです。
ですので不用品回収業者に依頼するなら、一度にまとめて依頼した方がお得になります。

慣れない作業に何日も費やすのは大変疲労します。自宅からの搬出作業も一任できる不用品回収業者なら、わずか数時間で綺麗になりますよ!

不用品回収業者と行政サービスとの違いとは何?

 2017年6月2日

こんにちは、えんどうです。
今回のテーマは、「不用品回収業者と行政サービスとの違いとは何?」です。

不用品を処分する方法としては、行政に頼む場合と不用品回収業者に回収を依頼する方法がありますが、両者の間には料金やサービス内容に大きな違いがあります。
良く検討し利用状況に合わせてのご依頼をおすすめします。

1.回収可能品目

市や区役所などの自治体に不用品処分を依頼する場合、回収対象物に「家電リサイクル法」に定められた4品目であるエアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機が含まれていません。

また「パソコンリサイクル法」に定められたパソコン本体、ディスプレイ、ノートパソコン、ディスプレイ一体型パソコンなども含まれていないため、自治体では処分することができず、引き取ってもらえません。

不用品回収業者に回収を依頼する場合、危険なもの、有害性のあるもの、引火性のあるもの、著しく悪臭を発するものは回収してもらえませんが、家電やパソコンなど、ほぼ全ての不用品を回収してもらえます。ただ、回収業者によって回収不可能な品目が違うので、依頼する業者に確認する必要があります。

また、家電、パソコンや周辺機器、楽器、家具、バイクや自転車などは買い取ってくれる業者もあるので廃棄する前に業者に確認してみましょう。

2.手間

市や区役所で不用品処分を頼む時には、神戸市であれば事前に「大型ごみシール券」等を購入しなければなりません。また不用品の取り外し、解体、運び出しなどの作業は行ってくれないので、指定された場所まで自分で運ばなくてはなりません。

一方、回収業者は不用品の取り外し、解体、運び出しもしてもらえるので、自分は何もしなくてすみます。一人暮らしをしている方や高齢者の方に特におすすめです。

3.利便性

行政の粗大ゴミ回収サービスは平日に行なわれていることが多く、土日や祝日に対応してもらうことができないことがほとんどです。回収日時の指定もできないので、仕事をもっている人は休みをとらなければなりません。場合によっては日程の調整が出来ず、不用品が回収されなくなってしまうことがあります。
一方、不用品回収業者に依頼を行なっておけば、希望する日時に不用品を撤去し、新しい家具や家電を購入することが可能です。なるべく早めに不用品を処分したい時にも、不用品回収業者は役立ちます。

4.回収費用

市や区役所では行政サービスとして不用品回収を行っているので、比較的安い費用で回収作業を行ってくれます。もし指定収集日に自分で指定回収場所に不用品を運び出すことができるのであれば、役所に依頼をした方が安く回収してもらうことができて経済的です。

不用品回収業者の場合、業者によって金額は違いますが、「回収品単価」、「出張費用などの基本料金」、「オプション」などの料金が必要なので、役所にお願いするより料金は比較的高めになります。

しかし、重くて運び出しができないものや解体しなければ廃棄できないものなどを回収してもらう場合や、時間に都合がつかず日時の指定が必要な場合などは不用品回収業者に依頼した方が手間を省くことができます。
また、回収を依頼した不用品の中に、リサイクルできる家具や家電があるとその場で査定をし、買い取ってくれる場合もあるので、回収費用を安くすることもできます。

引越しの際に家具の買い替えを行う予定の方や、掃除の際に不用な家電や家具を撤去したい方は、お気軽に不用品回収についてご相談ください。

1 9 10 11 12 13
         

Copyright © 2019 クリーン本舗 All Rights Reserved.