• ホーム
  • お問い合わせ・お見積り

引越し費用を節約したい方必見!安く引っ越しできる3つのコツ

 2019年11月29日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「引越し費用を節約したい方必見!安く引っ越しできる3つのコツ」についてです。

引っ越しは、何かとお金がかかりますよね。
この記事を読んでいる方の中にも、できるだけ費用を抑えて引っ越しをしたいという方は多いのではないでしょうか。
実は、引越し費用は、少しの工夫で安く抑えることができます。
そこで今回は、引越し費用を節約するコツを3つ、ご紹介したいと思います。

【コツ1:引っ越しの日程を調整する】

まず1つ目のコツは、引っ越しの日程を調整するということです。
3月や4月は、たくさんの人が引っ越しを行なうため、引っ越し業者の繁忙期です。
そのため、通常よりも引越し費用を高く設定している業者が多いのです。
一方で、6月や7月などは、引越し費用が安くなっている業者も多いため、可能であれば、そういった時期を狙うというのがオススメです。
その他にも、土日祝前日は、平日に比べ、引越し費用が高くなる業者が多いですので、平日を選ぶというのも、引越し費用を節約するコツと言えます。
また、月末よりも月初めの方が安い場合もありますので、日程を調整するというのは、引っ越し費用を抑えるためには大切なのです。

【コツ2:自分で荷造り・荷解きを行なう】


引っ越し作業の中でも、荷造りや荷解きは時間と手間がかかり、大変な作業ですよね。
面倒な荷造りや荷解きは、引っ越し業者に依頼することもできます。
しかし、基本的に荷造りや荷解きは、有料オプションとなっているため、費用がかかります。
できるだけ引っ越し費用を節約したいのであれば、荷造りや荷解きは業者に依頼せずに自分で行なう方が良いでしょう。
引っ越し業者によっては、追加のダンボールは、別料金になる可能性もありますので、自分でダンボールを調達するというのも、引っ越し費用の節約に繋がりますよ。

【コツ3:引っ越し前に不用品の処分を行なう】


引っ越し費用は、運搬する荷物の量も大きく関係しています。
荷物の量が多ければ、その分、大きなトラックや、多くのスタッフが必要になるため、料金が高くなるのです。
つまり、荷物の量を減らすことは、引越し費用の節約に繋がるのです。
荷物の量を減らすためには、不用品の処分がオススメです。
引越し前に不用品の処分を行なうことは、引越し費用を安くできるだけでなく、荷造りや荷解きも楽になるというメリットがあります。
引っ越し準備で出た不用品を、一度に手間をかけずに処分したい場合は、不用品回収業者を利用するというのもオススメですよ。

【まとめ】

今回のテーマは、「引越し費用を節約したい方必見!安く引っ越しできる3つのコツ」についてでした。
今回ご紹介したように、引っ越しは、日程や、荷造り、不用品の処分など、少しの工夫をするだけで、費用を抑えることができます。
引っ越しをご検討中の方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。

不用品回収業者とのトラブル事例を紹介!信頼できる業者の見分け方は?

 2019年11月28日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「不用品回収業者とのトラブル事例を紹介!信頼できる業者の見分け方は?」についてです。

「不用品の処分を業者に依頼したらトラブルに巻き込まれた」
このような声を聞いたことがある方も、いらっしゃるのではないでしょうか。
手間をかけず早く不用品を処分することができる、不用品回収業者ですが、中には悪質な業者も存在していて、トラブルに巻き込まれる事例も発生しているのです。
そこで今回は、不用品回収業者とのトラブル事例や、信頼できる業者の見分け方について、ご紹介したいと思います。

【不用品回収業者とのよくあるトラブル】

まず初めに、不用品回収業者とのよくあるトラブルについて2つ、ご紹介します。

■料金トラブル


不用品回収業者とのトラブルで、最も多いのが、料金に関するトラブルです。
不用品回収の費用は、依頼する業者によって異なります。
依頼する側の気持ちとしては、できるだけ安く処分したいものですが「安すぎる」「無料」という業者には注意が必要です。
初めは、無料と言っておきながら、作業後に高額な料金を請求してくる業者も存在しています。

■不法投棄トラブル


不用品回収業者とのトラブル事例の中には、不法投棄に関するトラブルもあります。
不用品回収業者は、回収した不用品を適切な方法で処分しなければいけません。
しかし、悪質な業者の場合、きちんと処分せずに、空き地や山奥などに不法投棄していることがあるのです。
不法投棄は犯罪で、罰則もあります。
もちろん、罰せられるのは不法投棄を行った業者ですが、自分の依頼した不用品が犯罪に巻き込まれてしまうのは嫌ですよね。

【信頼できる不用品回収業者の見分け方】

次は、信頼できる不用品不用品業者の見分け方について、ご紹介したいと思います。

■料金設定が適正かどうか

料金設定が適正かどうかは、業者選びの際に大切なポイントとなります。
「高すぎる」「安すぎる」「なんでも無料」
このような業者には、注意が必要です。
複数の業者に見積もりを依頼することで、適正価格を知ることもできます。
また、見積書や領収書などの書類をきちんと発行してくれるかどうかも、重要です。
見積もりには、料金の明細について、分かりやすく明記されているかも確認しておきましょう。

■スタッフの対応は丁寧か

申込時の電話や、見積もり時など、スタッフの対応が丁寧であるかどうかについてもチェックすべきです。
スタッフの対応が悪い業者に依頼するのは、不安ですよね。
初めから、スタッフの対応が悪い業者が、万が一のトラブルの際に、丁寧な対応をしてくれるとは思えません。
スタッフの対応が悪いと感じたら、その業者への依頼は避けておくのが無難でしょう。

【まとめ】

今回のテーマは、「不用品回収業者とのトラブル事例を紹介!信頼できる業者の見分け方は?」についてでした。
今回ご紹介したように、不用品回収業者は、とても便利ですが、中には悪質な業者も存在します。
不用品の処分を業者に依頼する際は、悪質な業者とのトラブルに巻き込まれないように、信頼できる不用品回収業者を選ぶようにしてくださいね。

効率的に引っ越し準備をするためのポイントとは?

 2019年11月27日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「効率的に引っ越し準備をするためのポイントとは?」についてです。

引っ越しは、新生活の始まりなので、わくわくする気持ちもある一方で、引っ越し作業の大変さもありますよね。
なにかと手間や時間がかかる引っ越しですが、実は効率よく引っ越し準備をするためのポイントがあるのです。
そこで今回は、効率的に引っ越し準備をするためのポイントについて、ご紹介したいと思います。

【引っ越しは、たくさんの不用品が出る】

引っ越しを行なうということは、生活環境が変わるということです。
生活環境が変わることで、たくさんの不用品が出ます。
例えば、家族で暮らしているのと、1人で暮らすのでは必要なものやサイズが異なりますし、住宅の間取りが変わることで不要になるものもありますよね。
また、長年使っていなかったものを、引っ越しを機に処分するという方も多いはずです。
そういったことからも、引っ越し準備では、たくさんの不用品が出るということになります。

【特に面倒な不用品は「家電」】


引っ越しで出る不用品の中でも、特に処分が面倒なのは「家電」です。
家電は、大きく重いものも多く、運び出すのも難しい場合があります。
さらに、エアコンや洗濯機、冷蔵庫やテレビは「家電リサイクル法」の対象となり、自治体の粗大ごみ回収では処分することができません。
なにかと面倒な家電の処分ですが、引っ越しでは家電が不要になることも多いのです。
また、不要な家電を処分することで、引っ越しで運搬する荷物をへらすことができ、引越し費用の節約にも繋がります。

【効率的に引っ越し準備をするなら不用品回収業者の利用がオススメ】


「引っ越しで出た不用品を、まとめて処分したい」
「自治体では処分できない家電の処分をしたい」
「急な引っ越しで、とにかく手間をかけずに早く処分したい」

上記のような方にオススメなのが、不用品回収業者の利用です。
不用品回収業者とは、その名の通り、不用品の回収や処分、買取等を行なう業者のことです。
不用品回収業者は、電話一本で、すぐに自宅まで不用品の回収に来てもらうことができます。
運び出しから処分まで、全ての作業を業者が行ってくれますので、とにかく手間がかかりません。
また、自治体では処分できない家電も、不用品回収業者であれば回収してもらうことができるのです。
即日回収を行っている業者もあり、急な引っ越しにも対応できますので、効率的に引っ越し準備を行なうには、とてもオススメです。

【まとめ】

今回のテーマは、「効率的に引っ越し準備をするためのポイントとは?」についてでした。
今回ご紹介したように、引っ越しではたくさんの不用品が出ます。
特に、家電の処分は面倒で、自治体の粗大ごみでは処分することができません。
効率的に引っ越し準備をするなら、不用品回収業者の利用がオススメです。
ぜひ、参考にしてみてくださいね。

大掃除はいつするの?スムーズに進めるコツとは

 2019年11月26日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「大掃除はいつするの?スムーズに進めるコツとは」についてです。

年末が近づいてくると、気になるのは「大掃除」ではないでしょうか。
12月は何かと忙しい月ですが、大掃除をして、綺麗な部屋で新しい年を迎えたいものですよね。
そこで今回は、大掃除を行なうタイミングや、大掃除をスムーズに進めるコツについて、ご紹介したいと思います。

【大掃除を行なうのが最も多い日は12月29日】

実は、大掃除を行なう日として、最も多いのは12月29日だそうです。(2013年ダスキン調べ)
約40%の人が、12月29日に年末の大掃除を行なうということです。
そして次に多い日が、12月28日で、約30%の人が行なうとの結果でした。
つまり、約7割の方が、年末の2日間で大掃除を行っているのです。

【大掃除をスムーズに進めるコツ】


多くの方が、年末の忙しい時期に大掃除をするということですが、できるだけ早くスムーズに終わらせたいものですよね。
そこで、ここでは、大掃除をスムーズに進めるコツについて、ご紹介したいと思います。
大掃除をスムーズに進める最大のコツは、「不要なものは処分する」ということです。
不要なモノが多いと、その分部屋が散らかりやすいですし、掃除も大変です。
まず、不要なものや、使用していないものを、思いきって処分することで、大掃除をスムーズに進めることができます。
「もったいない」や「いつか使うかのしれない」という気持ちを捨てて、不用品を処分しましょう。

【大掃除で出た粗大ごみは不用品回収業者に任せるのがオススメ】


大掃除は、不要なものを処分することでスムーズに進めることができるのですが、不用品の処分をするのも実は大変な作業なのです。
特に、家電や家具など、普通ゴミとして処分することのできない、粗大ごみの処分は手間も時間もかかります。
そこでオススメなのが、不用品回収業者への依頼です。
不用品回収業者は、電話一本で自宅内まで粗大ごみの回収に来てくれますので、手間も時間もかかりません。
また、一度にたくさんの不用品を回収してもらうことができますので、大掃除で大量に不用品が出ても問題ないのです。
不用品回収業者は、不用品処分のプロですので、短時間で片付けを進めることができますよ。

【まとめ】

今回のテーマは、「大掃除はいつするの?スムーズに進めるコツとは」についてでした。
今回ご紹介したように、ほとんどの方は、大掃除を年末の2日間で行なうようです。
大掃除をスムーズに進めるには、不用品の処分を行なうことがポイントです。
大掃除で出た不用品の処分は、不用品回収業者に依頼することで、手間や時間をかけずに処分することができますよ。
ぜひ、今年の大掃除では不用品の処分に取り組んでみられてはいかがでしょうか。

不用品の処分は自分で行わなくてもいい!?

 2019年11月25日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「不用品の処分は自分で行わなくてもいい!?」についてです。

不用品の処分は、重いものを持つため、大変だと感じる方も多いでしょう。
特に、一人暮らしの方や女性、高齢者の方にとっては、辛い作業とも言えます。
しかし、不用品の処分は、必ずしも自分で行なわないといけないというわけではありません。
不用品回収業者に依頼することで、自分で手間や時間をかけなくても、不用品の処分を行なうことができます。
そこで今回は、自分で行わなくてもいい、不用品処分について、ご紹介したいと思います。

【部屋に大量のモノが溢れている!どうにかしたい・・・】


自宅や部屋が、大量のモノで溢れていて、なかなか片付けられないという方も多いはずです。
モノが多いことで、収納する場所がなく、部屋が散らかってしまうのです。
片付けができなく、部屋が散らかっている状態は、ゴミ屋敷になる前段階とも言えます。
そのまま放おっておくと、汚部屋やゴミ屋敷になってしまう可能性が高いのです。
散らかった部屋を片付けたいのであれば、まずは不要なモノを処分して、モノを減らすことから始めましょう。

【不用品回収業者に依頼すれば自分で行わなくてもいい】

いざ、部屋を片付けようと、不用品の処分をするとなっても、下記のような理由で、なかなか処分を進められないこともあります。

・仕事が忙しい
・分別方法がわからない
・処分方法がわからない
・家具や家電など重くて持ち運べない

このような理由で、不用品の処分が進まないことで、なかなか汚部屋から脱出できない人も多いのです。
こういった場合は、無理に自分1人で不用品処分をする必要はありません。
不用品回収業者に依頼することで、全て業者に任せることができるのです。

【電話一本で自宅内まで取りに来てくれる手軽さ】


不用品回収業者は、上記のような理由で部屋の片付けができない方に、ピッタリです。
不用品回収業者の利用方法は、とても簡単で、申し込みは電話1本でOKです。
電話一本かけるだけで、自宅内まで不用品の回収に来てもらうことができます。
即日回収を行っている業者もあり、早ければ、その日のうちに不用品の処分をすることが可能です。
また、一度にたくさんの不用品であっても回収してもらうことができますので、手間をかけずにすぐに処分することができ、あっという間に部屋が片付きます。

【まとめ】

今回のテーマは、「不用品の処分は自分で行わなくてもいい!?」についてでした。
今回ご紹介したように、不用品の処分は、自分で行わなくても不用品回収業者などのプロに依頼することができます。
不用品回収業者に依頼することで、早く手間をかけずに処分することが可能です。
不用品の処分にお困りの方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。

1人で出来ない片付けはクリーン本舗にお任せください!

 2019年11月22日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「1人で出来ない片付けはクリーン本舗にお任せください!」についてです。

断捨離や引っ越し、遺品整理や生前整理など、部屋や持ち物の片付けを行なうのは、何かと大変ですよね。
一人暮らしの方や、近くに頼れる家族や友人がいない場合は、特に辛く感じるでしょう。
そんな時は、無理に1人で片付けを行なうのではなく、誰かに助けてもらうことも大切です。
そこで今回は、一人暮らしの方に向けて、片付けの方法について、ご紹介したいと思います。

【1人で片付けや断捨離は大変です】


「本当に必要なモノしか家に置いていない」
このような方は、少ないでしょう。
多くの方は、自宅にたくさんのモノがあり、中には不要なモノもたくさんあるはずです。
断捨離や引っ越し、遺品整理や生前整理のタイミングで、それらのモノを処分したり、片付けたりすることもありますが、全て1人で行なうのは、想像以上に大変です。
分別や運び出しなど、とにかく手間がかかりますし、体力も時間も必要になります。
家電や家具など大きな不用品(粗大ごみ)などは、1人では持つことさえ難しいでしょう。
本や紙類も、量が多くなれば、持ち上げるのも大変です。

【誰かに助けてもらう選択も大切】

近年、日本は少子高齢化や核家族の増加、晩婚化などの影響もあり、一人暮らしの方が増えています。
一人暮らしの方にとって、片付けや不用品の処分は、とても大変な作業ですので、つい後回しになりがちです。
しかし、不要なモノを処分しないことで、使用できるスペースが少なくなったり、場合によってはゴミ屋敷に繋がる可能性もあります。
では、1人暮らしの方が、不用品の処分をしたり、部屋を片付けたりするには、どのような方法があるのでしょうか。
やはり、1人で無理をするのではなく、誰かに助けてもらうということも大切です。
友人や家族、親戚など、協力してもらえる人がいるのであれば、相談してみるのもいいでしょう。
1人で無理をすることで、怪我などに繋がるリスクもありますので、絶対に無理は辞めてくださいね。

【不用品回収業者は片付けのプロ】


一人暮らしの方の中には、友人や家族、親族など、近くに頼れる人がいないという方も少なくありません。
また、できるだけ周りに迷惑をかけたくないという気持ちもあるでしょう。
そういった場合には、プロに依頼するという方法がオススメです。
餅は餅屋という言葉があるように、何事もその道のプロに任せるというのは間違いありません。
不用品回収業者は片付けのプロです。
1人では難しい片付けは、ぜひ不用品回収業者に頼ってください。

【まとめ】

今回のテーマは、「1人で出来ない片付けはクリーン本舗にお任せください!」についてでした。
今回ご紹介したように、1人で出来ない片付けは、不用品回収業者に任せていただきたいと思います。
不用品回収業者は全国にたくさんありますが、大阪・兵庫・神戸で不用品回収業者をお探しなら、クリーン本舗をご利用ください。
お見積りは無料です。
まずは、お気軽にご相談ください。

片付けのやる気を上げる【意識】と【行動】

 2019年11月21日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「片付けのやる気を上げる【意識】と【行動】」についてです。

「片付けが苦手」
「片付けようと思ってもやる気が出ない」
このような人は、多いのではないでしょうか。
特に、片付けを始めるまでに時間がかかるという方も少なくありません。
つまり、片付けへのやる気が湧いてこないのです。
しかし、意識と行動を変えることで、片付けのやる気を引き出すことができるのです。
そこで今回は、片付けのやる気を上げるための【意識】と【行動】について、ご紹介したいと思います。

【片付けのやる気を上げるための意識】

まずは、片付けのやる気を上げるための【意識】について、2つご紹介します。

■片付けの目標を決める

1つ目は、片付けの目標を決めることです。
例えば「部屋を綺麗にして友達を招いて、ホームパーティーを開く」や「キレイな部屋でリラックスしながら好きな音楽を楽しむ」などです。
人は目標を決めると、行動に移しやすくなります。
逆に、何も目標がないと行動に繋がらないことが多いのです。
そのため、まずは、部屋を片付けた後の目標を決めることで、やる気を引き出すことができますよ。

■片付けの方法を知る


2つ目は、片付けの方法を知ることです。
どれだけ片付けのやる気が出てきても、効率よく上手に片付けることができなければ、すぐに嫌になってしまうでしょう。
片付けの方法やコツを知ることで、スムーズに片付けができるようになれば、片付けのやる気も自然と湧いてくる可能性が高いです。
最近は、断捨離もブームになっていますし、片付けに関する方法や知識を、本やインターネットなどで簡単に学ぶことができます。
片付けの目標を決めたら、次は、片付けの方法について学んでみましょう。

【片付けのやる気を上げるための行動】

次に、片付けのやる気を上げるための【行動】について、2つご紹介します。

■少しづつ片付けを進める

まず1つ目は、片付けを一度に行おうとせず、小さなところから少しづつ始めてみるということです。
例えば「机の引き出しだけ」「クローゼットの中だけ」などのように、場所を決めて片付けを進めます。
それを、毎日コツコツと続ければ、部屋全体を片付けることに繋がるのです。
だんだんと部屋が綺麗になることに喜びを感じるようになり、自ら片付けをしたいという想いが生まれますよ。

■不要なものは処分する


2つ目は、不要なものは処分するということです。
部屋の片付けが苦手だという人の多くは、モノを持ち過ぎている傾向にあります。
不要なモノが多すぎることが原因で、片付けられなくなっているのです。
そのため、不要なものを処分することで、部屋を片付けやすくなります。
「もったいない」「いつか使うかも」という気持ちを捨てて、不要なモノは処分するようにしましょう。

【まとめ】

今回のテーマは、「片付けのやる気を上げる【意識】と【行動】」についてでした。
今回ご紹介したように、片付けのやる気を上げるためには、意識と行動を変える事が大切です。
意識と行動を少し変えるだけで、片付けのやる気を引き出すことができますよ。
片付けが苦手だという方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。

不用品回収業者は便利?メリットとデメリット

 2019年11月20日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「不用品回収業者は便利?メリットとデメリット」についてです。

不用品の回収や買い取り、処分を行なう業者を、不用品回収業者と呼びます。
不用品回収業者は、全国にたくさんあり、様々な方が利用しています。
しかし、まだまだ、不用品回収業者を利用したことがないという方もいるようです。
そこで今回は、不用品回収業者は本当に便利なのか、不用品回収業者を利用するメリットやデメリットについても、ご紹介したいと思います。
引っ越しや断捨離、遺品整理や生前整理など、不用品の処分でお困りの方は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

【不用品回収業者を利用するメリット】

まずは、不用品回収業者を利用するメリットからご紹介したいと思います。

■電話一本で利用でき、日程も調整可能


まず、不用品回収業者を利用するメリットとして、とにかく手間がかからないということが挙げられます。
申し込みは電話をかけるだけでOKですし、日程の調整も可能です。
土日や祝日、早朝や夜間などの対応をしている業者も多いですので、仕事などで忙しい方でも利用しやすいというメリットがあります。

■ほとんどのものを処分できる

不用品回収業者は、処分できる不用品の種類が多いということもメリットです。
例えば、自治体の粗大ごみ回収では処分できない、家電リサイクル法対象の家電や、パソコンなども、不用品回収であれば処分することができます。
基本的には、危険物や薬品、動物などを除くほとんどのモノの処分が可能なのです。

■たくさんの不用品も一度に処分できる


不用品回収業者は、一度にたくさんの不用品を処分できるというメリットもあります。
そのため、ゴミ屋敷の片付けや、引っ越し、遺品整理などでも利用できるのです。
自治体の粗大ごみ回収の場合は、一回の申し込みで回収してもらえる不用品の数に制限がありますので、たくさんの不用品を一度に処分したい時は、不用品回収業者の利用がオススメです。

【不用品回収業者を利用するデメリット】

次に、不用品回収業者を利用するデメリットについて、ご紹介したいと思います。
と言っても、実は、不用品回収業者を利用するデメリットというのは、ほとんどありません。
あえて挙げるとするなら、費用がかかるということでしょうか。
ただ、基本的には、不用品(粗大ごみ)の処分には費用がかかるものです。
自治体の粗大ごみ回収でも費用はかかります。
ただ、不用品回収業者の場合は、便利ですが、自治体の粗大ごみ回収に比べると費用が高くなる傾向にあるためデメリットだとも言えますね。
また、不用品回収業者の中には、悪質な業者も存在しているため、そのような業者に依頼しないようにすることも大切です。

【まとめ】

今回のテーマは、「不用品回収業者は便利?メリットとデメリット」についてでした。
今回ご紹介したように、不用品回収業者はとても便利でメリットも多いです。
ただし、少なからずデメリットもあることを理解しておきましょう。

大阪・神戸・兵庫で、不用品回収業者をお探しの方は、クリーン本舗にお任せください。
お見積りは無料です。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

不用品回収業者と行政サービスについて比べてみました

 2019年11月19日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「不用品回収業者と行政サービスについて比べてみました」についてです。

不用品の処分を行なう場合、大きく分けて2種類の方法があります。
1つ目は、不用品回収業者に依頼する方法。
2つ目は、自治体など行政サービスを利用する方法です。
この2つには、どのような違いがあるのでしょうか。
そこで今回は、不用品回収業者と行政サービスについて、様々な視点で比べてみたいと思います。

【1.不用品処分にかかる費用】


まずは、多くの方が気になるであろう、不用品処分にかかる費用について、比べてみたいと思います。
不用品(粗大ごみ)の処分には、基本的にお金がかかります。
処分する不用品の種類や大きさなどによって、必要な費用は異なります。
また、不用品回収業者と行政サービスでも処分費用は異なってくるのです。
一般的には、不用品回収業者に比べ、行政サービスの方が費用が安くなる傾向があります。
ただし、買い取りを行っている不用品回収業者に依頼して、買い取ってもらえるものがある場合には、不用品回収業者の方が安くなる可能性もありますよ。

【2.回収できるものとできないもの】


不用品回収業者と自治体などの行政サービスでは、回収可能品目にも違いがあります。
例えば、家電リサイクル法対象品目の、テレビ・エアコン・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機などは、自治体の行政サービスでは回収してもらうことができません。
さらに、パソコンリサイクル法に定められたパソコンも、自治体などの行政サービスでは回収してもらうことができないのです。
一方で、不用品回収業者の場合は、危険性のあるものや薬品、生き物などを除き、基本的にはほとんどのものを回収してもらうことができます。
自治体などの行政サービスでは回収してもらえない、家電リサイクル法対象品目やパソコンなどの回収も可能です。

【3.不用品回収における利便性】

不用品の処分が面倒だと感じている方も多いでしょう。
そのため、不用品回収における利便性は、とても重要です。
例えば、自治体の粗大ごみ回収の場合は、電話で申し込み後、リサイクル券を購入したり、処分したい不用品を、自分で自宅敷地前や指定のクリーンステーションまで運び出したりしておく必要があります。
一方で、不用品回収業者の場合は、電話一本で自宅内まで、不用品の回収に来てもらうことができますので、手間がかかりません。
さらに、自治体の粗大ごみ回収は、平日のみの受付がほとんどですが、不用品回収業者の場合は、土日や祝日、早朝や夜間にも対応している業者があり、忙しい方でも利用しやすいという特徴もあります。

【まとめ】

今回のテーマは、「不用品回収業者と行政サービスについて比べてみました」についてでした。
今回ご紹介したように、不用品回収業者と自治体などの行政サービスでは、様々な異なる点があります。
不用品の回収を依頼する際には、それぞれの違いを知ったうえで、あなたに合った方法を選ぶようにしましょう。

断捨離の方法と断捨離リバウンドを防ぐための方法

 2019年11月18日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「断捨離の方法と断捨離リバウンドを防ぐための方法」についてです。

断捨離は、片付け法の一種で「不要なモノを減らし、その結果、生活の調和を取り戻す」というものです。
断捨離の漢字には、それぞれの意味があります。
断→家や自分に入って来るものを断つ
捨→使っていない不要なモノを捨てる
離→モノへの執着から離れる

今回は、上記のような意味を持つ「断捨離」の方法と、断捨離リバウンドを防ぐための方法について、ご紹介したいと思います。

【断捨離の方法】

まずは、断捨離の方法について、ご紹介したいと思います。

■持ち物を分類する

まずは、持ち物を分類するところから始めましょう。
持ち物を種類ごとに分けることで、断捨離を進めやすくなります。
例えば「衣服」「食器」「子ども用品」「文具」など、カテゴリーごとに分けていくのです。
カテゴリーごとに分類することで、似たようなものを持っていたり、代用できるものがあったりすることに気づきやすくなりますよ。

■「使っているもの」「使っていないもの」に分ける


次に、現在、使っているものと、使っていないものに分けましょう。
「いつか使うかもしれない」「前はよく使っていた」
これらの気持ちは、ここでは関係ありません。
あくまでも「今、使っているかどうか」です。

■「使っていないもの」は処分する

今、使っているものと使っていないものに分類できたら、後は「使っていないもの」を処分するだけです。
ただし、使っていないものに分類したものの中にも、処分するかどうか悩むものがあるかもしれません。
どうしても、処分するか悩んでしまうものに関しては、一旦保留という形にしておきましょう。
そして再度、期間をあけてから検討してみるというのもいいですよ。
また、使っていないものを処分する場合は、不用品回収業者などに依頼して、一度に処分するのがオススメです。
処分に時間がかかると大変ですし、また気持ちが揺らいでしまう可能性もあります。

【断捨離リバウンドを防ぐためには】


ダイエットにリバウンドがあるように、断捨離ににもリバウンドの可能性があります。
断捨離リバウンドとは、一度不要なものを処分したのに、月日と共に、また不要なものが増えていくということです。
このような、断捨離リバウンドを防ぐためには、下記の点に注意しましょう。

・「SALE」「限定品」などの言葉につられてモノを買わない
・いつ使うか決まっていないものは買わない
・本当に必要なモノか、他に代わりになるモノはないか考えてから買う

上記のような点に注意しながら、不要なモノを買わないようにすることで、断捨離リバウンドを防ぐことができますよ。

【まとめ】

今回のテーマは、「断捨離の方法と断捨離リバウンドを防ぐための方法」についてでした。
今回ご紹介したように、断捨離は決して難しいものではありません。
ただし、いくら断捨離をしても、また不要なモノを買っていては、断捨離リバウンドになってしまいます。
まずは、断捨離に取り組み、断捨離リバウンドしないように、注意しましょう。

【終活】モノを処分するコツとは

 2019年11月15日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「【終活】モノを処分するコツとは」についてです。

最近では、よく耳にするようになった【終活】という言葉。
あなたは、終活を行っていますか?
現在、終活を行っている人、これから終活を始めたい人。
本記事は、そんな人に読んでいただきたいと思います。
今回は、終活に役立つ「モノを処分するコツ」について、ご紹介したいと思います。

【終活とは?〜終活の考え方〜】


終活とは、元気なうちに、葬儀やお墓の手配、遺産相続の計画、生前整理などを行なうことです。
終活を行なうことで、もしもの時、遺された家族に負担をかけないようにすることができます。
終活の基本的な考え方には、下記のようなものが挙げられます。
・自身の葬儀やお墓の準備
・遺産相続についての計画や財産分与にうちて、家族に伝えておく
・寝たきりや認知症になった場合のケアや、延命治療の希望について家族に伝えておく
・生前整理を行い、身の回りのモノをまとめておく

上記の考え方を元に、エンディングノートなどを記載しておくのも大切です。

【終活は家族と話し合うことも大切】

終活を行なう上で大切なのは、1人で進めるのではなく、家族と話し合う機会を設けるということです。
例えば、葬儀やお墓について、遺産相続について、延命治療について、など、あなたの希望を家族に伝えたうえで、家族の意見も聞いてみましょう。
また、生前整理でモノを処分する場合にも、何を残して、何を処分するのか、家族と話し合ってみることも大切です。
あなたにとっては、処分していいものでも、家族にとっては、思い入れのあるモノの場合もあります。
処分してしまうと、二度と取り戻すことはできないため、一度家族に相談してみてくださいね。

【終活でモノを処分するコツ】


最後に、終活でモノを処分する時のコツについて、ご紹介します。

・必要なモノと不要なモノに分ける
・悩んだモノは、一旦保留にして、1ヶ月程期間をあけて再度仕分けを行なう
・1年以上使用していないモノは、不要である可能性が高いので処分する
・自分で判断出来ないモノは家族に相談して決める

上記のポイントを意識しておくと、スムーズに不用品の処分(生前整理)をすることができますよ。

【まとめ】

今回のテーマは、「【終活】モノを処分するコツとは」についてでした。
今回ご紹介したように、終活を行っておくことで、万が一の場合に、家族に迷惑や負担をかけないようにすることができます。
また、終活を行なうことで、後悔のない老後を過ごすことができるというメリットもあります。
現在、終活中の方や、これから終活を始めるという方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。

大阪・兵庫・神戸で、終活で出た不用品の処分にお困りの方は、クリーン本舗にお任せください。
お見積りは無料です。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

近年話題のミニマリストとは?どんな効果があるの?

 2019年11月14日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「近年話題のミニマリストとは?どんな効果があるの?」についてです。

近年、何かと「ミニマリスト」が話題になっています。
テレビ番組で、ミニマリストの暮らしが紹介されていたり、ミニマリストに関する本なども多数発売されています。
そこで今回は、ミニマリストとは、いったいどういった人のことなのか、どんな効果があるのかなどについて、ご紹介したいと思います。

【ミニマリストとは?】

ミニマリストとは「生きていく上で、必要最小限のモノしか持たない暮らし」をしている人のことです。
ミニマリストは、生活から、無駄なものを省いて生活をしています。
そのため、ミニマリストの中には、机・パソコン・椅子・布団しか持っていないというよな人もいるようです。
ミニマリストという言葉は「最小限主義」という意味をもつ「ミニマリズム」から、できています。

【ミニマリストになると、どのような効果があるの?】


ミニマリストになることで、どのような効果があるのか気になるという方も多いでしょう。
ここでは、ミニマリストになることで期待できる効果について、ご紹介します。
まず1つ目に「集中力」が生まれます。
無駄なモノを減らし、持ち物を最小限にすることで、気が散るという障害を防ぐことができるのです。
2つ目は「無駄なお金を使わなくなる」ということです。
ミニマリストは、必要最小限のモノしか持ちませんので、無駄なモノを買うことがありません。
つまり、無駄なお金を使わなくなるのです。
その結果、貯金が出来たり、趣味や旅行などにお金を使ったりすることができるようになります。
様々なモノが簡単に安く手に入る時代だからこそ、モノにコントロールされるのではなく、自分がモノをコントロールするといった環境を作るといった、ミニマリストの考え方が大切になってくるのかもしれませんね。

【まずは不用品の処分をすることがミニマリストへの第一歩!】


ミニマリストについて、ご紹介してきましたが、実際に急にミニマリストになるというのは難しいです。
これまで、たくさんのモノに囲まれて生活をした人が、いきなり「机・パソコン・椅子・布団」だけの生活をすることはできないでしょう。
そこで、まずは不用品の処分から始めるのがオススメです。
今あなたは必要最低限どころか、全く使っていないモノまで所持していませんか?
もう何年も着ていない服や、一度も使ったことがない食器など、それらは不要なモノだと言えるでしょう。
まずは、そういったものから少しづつ処分していくことが、ミニマリストへの第一歩になります。
ミニマリストにまではなれなくても、不用品を処分して部屋が片付くと、心もスッキリして前向きな気持ちになりますよ。

【まとめ】

今回のテーマは、「近年話題のミニマリストとは?どんな効果があるの?」についてでした。
今回ご紹介したように、ミニマリストとは、必要最小限のモノで生活をしている人のことです。
ミニマリストになることで、集中力が生まれたり、無駄なお金を使わなくなったりするといったメリットがあります。
いきなりミニマリストのようになることは難しくても、不用品の処分を行なうだけでも、心がスッキリするのでオススメですよ。
ぜひ、参考にしてみてくださいね。

不用品をフリマアプリで売る方

 2019年11月13日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「不用品をフリマアプリで売る方法」についてです。

引っ越しや断捨離、遺品整理や生前整理を行なうと、不用品がたくさん出ますよね。
それらの不用品を、全て捨ててしまうのは勿体ないと感じる方も多いでしょう。
例えば、比較的新しいものや、価値のあるものなどは、フリマアプリ等で売却することもできます。
そこで今回は、フリマアプリで不用品を売る方法について、ご紹介したいと思います。

【フリマアプリとは?】

まずは、フリマアプリとは、どういったものなのかについて、ご紹介します。
フリマアプリとは、不用品などを含む様々な商品を売買できるスマートフォンのアプリです。
有名なものでは「メルカリ」や「ラクマ」などがあります。
スマホを持っていれば、誰でも簡単に無料で利用できますので、人気を集めています。

【フリマアプリで不用品を売る方法】

次は、フリマアプリで不用品を売る方法について、ご紹介します。
利用するフリマアプリによって、細かい設定方法や操作方法などは異なりますが、基本的な流れは同じです。

1.フリマアプリをダウンロード
2.会員登録
3.売却したい不用品の写真を撮影
4.出品画面で、写真・商品の説明・送料の負担方法・販売価格・配送方法などを入力

基本的には、上記の流れで、フリマアプリに不用品を出品することができます。

出品した商品に問い合せなどがあった場合は、コメント欄で、購入希望者(検討者)とやり取りをします。
商品が購入されたら、梱包を行い、最初に設定した配送方法で、発送します。
商品が購入者に届いたことが確認されたら、販売価格から販売手数料が引かれたものが売上となります。

【フリマアプリが面倒くさいと感じたら不用品回収業者への依頼もオススメ】


フリマアプリは、誰でも不用品をスマートフォン一つで売却することができ、とても便利ですが、個人間での売買になりますので、トラブルが発生することもあります。
また、送料を計算したうえで販売価格を設定したり、購入者にわかりやすいような説明文を考えたり、綺麗に写真を撮ったりしなければいけません。
そのため、面倒くさいと感じる方も多いようです。
特に、普段、仕事などで忙しい人や、処分したい不用品がたくさんある場合には、フリマアプリでの売却は大変かもしれません。
フリマアプリでの売却が難しい場合には、不用品回収業者への依頼もオススメです。
不用品回収業者であれば、手間をかけずにすぐに不用品を処分することができますよ。
また、買い取りを行っている業者に依頼することで、不用品を買い取ってもらえることもあります。

【まとめ】

今回のテーマは、「不用品をフリマアプリで売る方法」についてでした。
今回ご紹介したように、不用品は状態によって、フリマアプリで売却することもできます。
ただじ、少し手間がかかるため、面倒だと感じることも少なくありません。
フリマアプリでの売却が面倒だと感じた場合は、不用品回収業者を利用してみるのもオススメですよ。
ぜひ、参考にしてみてくださいね。

冷蔵庫の処分は不用品回収業者にお任せ!

 2019年11月12日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「冷蔵庫の処分は不用品回収業者にお任せ!」についてです。

引っ越しや買い替え、遺品整理などで冷蔵庫が不要になった場合は、不用品回収業者に依頼して処分してもらうのがオススメです。
今回は、冷蔵庫の処分で不用品回収業者を利用するメリットについて、ご紹介したいと思います。

【冷蔵庫は自治体の粗大ごみ回収では処分できない】

冷蔵庫は、家電リサイクル法の対象品目となっているため、自治体の粗大ごみ回収で処分することはできません。
家電リサイクル法とは、資源の有効活用や廃棄物の減量を目的として、2001年4月1日より施行された家電の処分に関する法律で、冷蔵庫以外にも、冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機・テレビ・エアコンが、対象となっています。
冷蔵庫のリサイクルは有料で、1台につき、数千円のリサイクル料がかかります。
冷蔵庫のメーカーや大きさによっても異なりますが、約4,000円〜5,000円前後のリサイクル料+1,000円〜1,500円程度の運送料が必要です。

【冷蔵庫の処分を不用品回収業者に依頼するメリット】


前述の通り、自治体の粗大ごみ回収では処分することができない、冷蔵庫ですが、不用品回収業者に依頼すれば処分することができます。
ここでは、冷蔵庫の処分を不用品回収業者に依頼するメリットを3つ、ご紹介したいと思います。

■すぐに冷蔵庫を処分できる

まず、1つ目のメリットは、冷蔵庫の処分をすぐにできるということです。
不用品回収業者の中には、即日対応を行っている業者もあり、早ければ、その日のうちに処分することもできます。
また、早朝や夜間、日曜日などの回収も対応している業者が多いですので、忙しい方でも利用しやすいでしょう。

■手間をかけずに冷蔵庫を処分できる

2つ目のメリットは、冷蔵庫の処分に手間がかからないということです。
不用品回収業者は、電話一本で自宅まで、冷蔵庫の回収にきてもらうことができます。
運び出し作業から処分まで、全て業者が行ってくれますので、全く手間がかかりません。

■冷蔵庫が壊れていても処分できる

3つ目のメリットは、冷蔵庫が故障していても、古くても問題ないということです。
例えば、冷蔵庫をリサイクルショップなどで買い取ってもらう場合は、冷蔵庫が故障していたり、古すぎたりすると買い取ってもらえません。
しかし、不用品回収業者であれば、冷蔵庫の状態に関わらず、処分してもらうことができますよ。

【まとめ】

今回のテーマは、「冷蔵庫の処分は不用品回収業者にお任せ!」についてでした。
今回ご紹介したように、冷蔵庫の処分は、不用品回収業者に任せることで、たくさんのメリットがあります。
冷蔵庫の処分でお困りの方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。

不要になった洗濯機を不用品回収業者に回収してもらうメリット・デメリット

 2019年11月11日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「不要になった洗濯機を不用品回収業者に回収してもらうメリット・デメリット」についてです。

買い替えや、引っ越し、遺品整理などで、洗濯機の処分が必要になった場合、不用品回収業者に回収してもらうことも可能です。
そこで、今回は、不要になった洗濯機を不用品回収業者に回収してもらう場合の、メリットやデメリットについて、ご紹介したいと思います。

【洗濯機は自治体の粗大ごみ回収で処分できない】


実は、洗濯機は、自治体の粗大ごみ回収を使って処分することはできません。
その理由は、洗濯機が「家電リサイクル法」の対象品目だからなのです。
家電リサイクル法とは、資源の有効活用や廃棄物の減量を目的として、2001年4月1日より施行された家電の処分に関する法律です。
洗濯機以外にも、冷蔵庫・冷凍庫・衣類乾燥機・テレビ・エアコンが、対象となっています。
家電リサイクル法対象の家電は、リサイクルが義務付けられていることから、自治体の粗大ごみ回収では処分ができないのです。
一方で、不用品回収業者であれば、洗濯機をはじめ、家電リサイクル法対象の家電であっても回収してもらうことができます。
そのため、不要になった洗濯機の処分が必要な場合には、不用品回収業者の利用がオススメなのです。

【洗濯機を不用品回収業者に回収してもらうメリット】

不要になった洗濯機を不用品回収業者に回収してもらうメリットには、下記のようなものが挙げられます。

・洗濯機の状態によっては「無料」で回収してもらえる可能性もある(買い取ってもらえる場合も)
・電話一本で自宅まで回収にきてもらえる
・手間がかからない
・即日回収など、早く回収してもらうことができる
・洗濯機以外の不用品も一緒に回収してもらうことができる

不用品回収業者に、洗濯機の回収を依頼することで、上記のようなメリットがありますよ。

【洗濯機を不用品回収業者に回収してもらうデメリット】

不用品回収業者に洗濯機の回収を依頼するうえで、メリットもありますが、少なからずデメリットもあります。
それは、不用品回収業者の中に、悪質な業者が存在しているということです。
たくさんある不用品回収業者の中には、高額な料金を請求したり、回収した不用品を不法投棄したりするような、悪質な業者があるのです。
万が一、そういった悪質な業者に依頼してしまうと、トラブルに巻き込まれてしまう可能性があるため注意が必要です。
そのため、不用品回収業者を利用する際には、信頼できる業種を選ぶことが大切になってきます。

【まとめ】

今回のテーマは、「不要になった洗濯機を不用品回収業者に回収してもらうメリット・デメリット」についてでした。
今回ご紹介したように、不要になった洗濯機は、自治体の粗大ごみ回収では処分することができず、不用品回収業者に依頼するのがオススメです。
不用品回収業者に、洗濯機の回収を依頼するメリットはたくさんあります。
ただし、悪質な業者に依頼しないように、業者選びは慎重に行いましょう。

大阪・兵庫・神戸で、不用品回収業者をお探しの方は、クリーン本舗にお任せください。
お見積りは無料です。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

あなたに合った不用品回収業者の見分け方

 2019年11月8日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「あなたに合った不用品回収業者の見分け方」についてです。

数ある不用品回収業者の中から、どの業者に依頼すれば良いかわからず、悩んでしまうという方も多いようです。
実際に「不用品回収」や「不用品回収 神戸」などと、インターネットで検索してみても、たくさんの記事がヒットします。
そんな、たくさんの不用品回収業者の中から、どうやって選べばよいのでしょうか。
例えば、まとめサイトのランキング等で1位の業者だからといって、全てのお客様に合う業者であるとは限りません。
つまり、不用品回収業者選びでは「自分に合った業者」を見つけることが大切です。
そこで今回は、自分に合った業者を見分ける方法について、ご紹介したいと思います。

【不用品回収業者を地域から探す】


まずは、不用品回収業者を地域で絞り込むことが大切です。
回収場所から遠い地域の不用品回収業者に依頼すると、その分移動距離が長くなるため、費用が高くなる可能性があります。
また、地域密着の業者でない場合は、土地勘がないことも多く、道などの影響によって用意するトラック等が変わり、当初の見積もりと金額が異なる可能性もあるのです。
そのため、まずは、地域で不用品回収業者を絞り込み、地域に密着した業者を選ぶようにしましょう。

【不用品回収業者の得意分野をチェックする】

次に、不用品回収業者の得意分野をチェックしましょう。
不用品回収業者と一言で言っても、それぞれの業者によって、得意分野が異なります。
例えば、一般家庭からの不用品回収がメインなのか、オフィスからの不用品回収がメインなのかによっても得意な分野は異なりますよね。
さらに、見積もり方法も、電話で即時可能なのか、出張見積もりを無料で行っているのかなど様々です。
その他にも24時間受付や、夜間や早朝の回収対応など、それぞれの業者によって特徴があります。
業者の得意分野をチェックすることで、自分にとって、どの業者が合っているのかを絞り込むことができますよ。

【不用品回収業者の見積もり内容やスタッフの対応を確認する】


最後に、不用品回収業者がきちんと見積もりを行っているか、確認しておくことも大切です。
中には、見積もりをせずに当日、高額な請求をしてくるような業者もあります。
さらに、事前に見積もりをとっておくことで、適正金額であるかを知ることもできます。
また、電話や見積もり時のスタッフの対応にも注意が必要です。
安心して依頼できる業者かどうか、見分けるポイントになりますよ。

【まとめ】

今回のテーマは、「あなたに合った不用品回収業者の見分け方」についてでした。
今回ご紹介したように、不用品回収業者選びの際には「自分に合った不用品回収業者」を見つけることが大切です。
不用品回収業者の利用をご検討中の方は、ぜひ今回の記事を参考にしながら、あなたに合った不用品回収業者を見つけてみてくださいね。

大阪・兵庫・神戸で、不用品回収業者をお探しの方は、クリーン本舗にお任せください。
お見積りは無料です。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

汚部屋を作る【外的要因】と【内的要因】とは

 2019年11月7日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「汚部屋を作る【外的要因】と【内的要因】とは」についてです。

「ゴミ屋敷の増加」は、近年、社会問題にもなっています。
ゴミ屋敷の初期段階とも呼べるのが「汚部屋」です。
汚部屋とは、散らかっている部屋のことを言います。
実は、汚部屋になる原因には【外的要因】と【内的要因】があると言われています。
そこで今回は、汚部屋になる原因について、ご紹介したいと思います。

【汚部屋を作る外的要因とは?】

まずは、汚部屋を作る【外的要因】から、ご紹介します。

・夜型生活をしている(ゴミを出す時間と生活リズムがズレている)
・仕事が忙しく、自由な時間がほとんどなく、独身である

上記のような理由で、部屋を片付けることができず、汚部屋になってしまう場合は【外的要因】が原因だと言えます。
特に、上記の理由を、見てみると、生活環境が【外的要因】に大きく関係しているということがわかるでしょう。
つまり、生活環境が原因で、汚部屋になる可能性も大きいのです。

【汚部屋を作る内的要因とは?】


次に、汚部屋を作る【内的要因】について、ご紹介します。

・孤独感を感じている
・たくさんのものに囲まれていると安心する
・決断力がない
・もったいない精神が強い

上記のような理由で、部屋を片付けることができないのは【内的要因】が原因だと言えます。
内的要因は、精神的なものや性格が大きく関係しているため、外的要因に比べ、改善が難しいこともあります。

【汚部屋の片付けは一歩踏み出すことが大切】


ゴミ屋敷になってしまう前に、汚部屋を片付けたい!と考えている方も多いでしょう。
汚部屋の原因が【外的要因】であっても【内的要因】であっても、片付けを行なうには一歩踏み出すことが大切です。
外的要因が大きい場合は、業者などを利用したり、可能であれば環境自体を変えてしまったりすることで、片付けることが可能になるでしょう。
また、内的要因が大きい場合でも、家族や知人に相談したり、業者に相談したりしながら、まずは片付けを進めてみることで、これまでとは考え方や性格が変わることもあります。
まずは「片付けたい」という気持ちを持ったなら、一歩踏み出すことをオススメします。

【まとめ】

今回のテーマは、「汚部屋を作る【外的要因】と【内的要因】とは」についてでした。
今回ご紹介したように、汚部屋を作る原因には、外的要因と内的要因があると考えられます。
片付けられない原因を知ることは、片付けへの一歩を踏み出すことにもなります。
片付けたい!という気持ちがあるのであれば、不用品回収業者などに相談されるといいですよ。

大阪・兵庫・神戸で、不用品回収業者をお探しの方は、クリーン本舗にお任せください。
お見積りは無料です。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

どんな物でも回収してもらえるの?不用品回収業者が回収できるもの・できないもの

 2019年11月6日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「どんな物でも回収してもらえるの?不用品回収業者が回収できるもの・できないもの」についてです。

引っ越しや断捨離、遺品整理や生前整理などで、たくさんの不要品が出た場合、不用品回収業者を利用すると、とても簡単に粗大ごみなどの不要品を処分することができます。
不用品回収業者は、電話一本で自宅まですぐに回収に来てくれるので、誰でも楽に利用できるというメリットがあるのです。
しかし「こんなものでも不用品回収業者に処分してもらえるの?」という疑問をお持ちの方も多いようです。
そこで今回は、不用品回収業者が回収できるもの・できないものについて、ご紹介したいと思います。

【不用品回収業者は自治体の粗大ごみ回収に比べ、処分できるものが多い】

実は、不用品回収業者は、自治体の粗大ごみ回収と比べても、処分できるものが多いといった特徴があります。
例えば、自治体の粗大ごみ回収では、家電リサイクル法対象の家電製品を処分することができません。
家電リサイクル法とは、資源の有効活用や廃棄物の減量を目的として、2001年4月1日より施行された家電の処分に関する法律で、冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機・テレビ・エアコンが、対象となっています。
自治体の粗大ごみ回収では処分することが出来ない、家電リサイクル法対象の家電であっても、不用品回収業者は電話一本で処分してもらうことができますので、とても便利ですね。
その他にも、ピアノなどの大型楽器なども、自治体の粗大ごみ回収では処分できないことが多いですが、不用品回収業者であれば処分することが可能です。

【不用品回収業者が回収できるもの】


不用品回収業者では、ほとんどの不用品を回収・処分することが可能です。
ここでは、不用品回収業種が回収出来るものの、一例をご紹介したいと思います。

■家具・家財

タンス、衣装タンス、食器棚、本棚、ベッド、マット、ソファー、テーブル、机、椅子、学習机、テレビ台、鏡台、トレーニング機器など

■家電製品

テレビ、洗濯機、パソコン、コンポ、ビデオデッキ、扇風機、室外機、電子レンジ、こたつ、オーブン、照明器具、暖房機器、時計、エアコン、冷蔵庫など

■日用品

布団、衣類、食器、雑誌、水槽、自転車 、調理器具、ベビーカー、ベビーベッド、チャイルドシートなど
上記のように、家庭で不要になった物のほとんどは、不用品回収業者に回収してもらうことができます。
また、細かい分別などの必要もありませんので、とにかく楽に不用品の処分ができますよ。

【不用品回収業者が回収できないもの】


ほとんどの不用品を回収することができる不用品回収業種ですが、下記のものは回収することができません。

■中身が入っている缶詰、ガスボンベ、スプレー缶

中身が入っている缶詰や、ガスボンベ、スプレー缶は、危険物となり回収することができません。
不用品回収業者に、これらの処分を依頼する場合は、中身を使い切ってからにしましょう。

■他人の権利が侵害するモノ、盗難品

他人の物(許可を得ていないもの)や盗難品の回収はできません。

■動物

生き物は不用品として扱うことはできません。
死骸でもあっても同じです。

■医療器具、薬品

医療器具や薬品は、決められた方法で処分する必要があります。
そのため、不用品回収業者では処分することができません。

【まとめ】

今回のテーマは、「どんな物でも回収してもらえるの?不用品回収業者が回収できるもの・できないもの」についてでした。
今回ご紹介したように、不用品回収業者は自治体の粗大ごみ回収に比べ、多くのものを処分することができます。
ほとんどのものを処分できる不用品回収業者ですが、中には回収できないものもありますので、今回の記事を参考にしてください。
処分に悩まれた場合には、一度、不用品回収業者に問い合わせてみることをオススメします。
大阪・神戸・兵庫の不用品回収に関するご相談は、クリーン本舗にお気軽にお問い合わせください。

【自転車処分】防犯登録の抹消は必須?処分方法についても紹介します

 2019年11月5日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「【自転車処分】防犯登録の抹消は必須?処分方法についても紹介します」についてです。

突然ですが、あなたは自転車が不要になった場合、どのような方法で処分を行いますか?
実は、自転車の処分方法がわからず困っているという方も多いのです。
さらに、自転車には防犯登録というものがありますが、処分の際、この防犯登録はそのままでも大丈夫なのでしょうか。
そこで今回は、自転車処分の際の防犯登録抹消についてや、処分方法についても、ご紹介したいと思います。

【自転車の処分前には防犯登録の抹消手続きが必須!】

現在、自転車の防犯登録は義務となっていますので、どの自転車も基本的には購入時に、防犯登録されているはずです。
この防犯登録は、自転車を処分する前に、抹消手続きを行なう必要があります。
防犯登録の抹消手続きを行わないまま、自転車を処分してしまうと、トラブルに巻き込まれてしまう可能性もあるのです。
例えば、防犯登録を抹消せずに処分した自転車が、犯罪に使用された場合、あなたが疑われてしまう可能性もあります。
自転車の防犯登録を抹消するということは「もうこの自転車は私(僕)のものではありません」と証明することと同じなのです。
そのため、自転車の処分前には、必ず防犯登録の抹消手続きを行いましょう。
抹消手続きの方法は、登録している都道府県によっても多少異なりますが、基本的には簡単に行なえますので、自転車の処分を決めた場合には、防犯登録の抹消手続きを早めに行っておくことをオススメします。

【不要になった自転車の処分方法】

次に、不要になった自転車の処分方法を3つ、ご紹介したいと思います。

■自治体の粗大ごみ回収を利用する

まず1つ目は、自治体の粗大ごみ回収を利用するという方法です。
自治体の粗大ごみを利用するメリットは、料金の安さや安心感でしょう。
自転車の処分に必要な費用は、お住いの自治体によっても異なります。
ちなみに神戸市の場合は、14インチ以下の自転車は1台につき300円、14インチを超える自転車は1台につき600円で処分することができます。

■リサイクルショップやフリマアプリで売却する


2つ目は、リサイクルショップやフリマアプリで売却するという方法です。
この場合は、自転車がまだ使える状態であること(できるだけ綺麗な状態)が条件となります。
特に、比較的新しい電動自転車などであれば、高額で買い取ってもらいやすいでしょう。
ただし、フリマアプリ等で自転車を売却する場合、送料が高額になってしまうため、その点も考慮した上で料金設定を行なう必要があります。

■不用品回収業者に依頼する


3つ目は、不用品回収業者に依頼して、不要になった自転車を処分してもらうという方法です。
今回ご紹介した3つの方法の中で、最も早く手間をかけずに処分できる方法が不用品回収業者です。
不用品回収業者に依頼する場合は、電話1本で、自宅まで自転車の回収に来てもらうことができますし、自転車以外の不要品がある場合にも、一緒に処分してもらうことができます。

【まとめ】

今回のテーマは、「【自転車処分】防犯登録の抹消は必須?処分方法についても紹介します」についてでした。
今回ご紹介したように、自転車の処分を行なう前には、必ず防犯登録の抹消手続きを行なう必要があります。
また、自転車の処分には、いくつかの方法がありますので、あなたに合った方法で適切に処分するようにしましょう。

【初めての方必見】プロが教える遺品整理を進めるコツとは

 2019年11月1日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「【初めての方必見】プロが教える遺品整理を進めるコツとは」についてです。

遺品整理は、人生のうちで、そう何度も行なうものではありません。
そのため、「遺品整理をしたことがない」「初めて遺品整理を行う」という方も多いはずです。
どんなことでもそうですが、初めてのことをするのは、時間がかかりますし大変ですよね。
そこで今回は、遺品整理を初めて行なうという方に向けて、遺品整理を進めるコツについて、ご紹介したいと思います。

【そもそも遺品整理とは?】


遺品整理のコツを紹介する前に、まずは遺品整理について、基本的なことを紹介します。
遺品整理とは、家族や親族が亡くなった後に、遺された遺族が、故人の身の回りのもの(遺品)を整理することを言います。
遺品整理の基本的な流れは、遺品を必要なものと不要なものに分けて、不要なものは処分したり、必要なものは形見分けしたりしていきます。
遺品整理は想像以上に大変な作業で、遺族にとっては精神的にも体力的にも負担が大きくなることが多いです。

【初めてでもスムーズに遺品整理を進める3つのコツ】

次に、スムーズに遺品整理を進めるコツについて3つ、ご紹介したいと思います。

■1人で遺品整理をしない

まず、大切なのは、1人で遺品整理をしようとしないことです。
前述の通り、遺品整理は想像以上に大変な作業ですし、精神的にも体力的にも負担が大きいです。
1人で遺品整理を行なうということは、その負担を全て1人で背負うということになります。
「子どもたちに迷惑をかけたくない」
「子どもは自分1人だけだから」
上記のように、様々な理由があると思いますが、できるだけ1人で遺品整理を行わず、家族や親戚、知人などに手伝ってもらうようにしましょう。
どうしても頼れる人がいないという場合や、迷惑をかけたくないと思うのであれば、業者に依頼するというのもオススメです。

■故人の意向を大切にしながら遺品整理を進める


遺品整理を行なうにあたって、故人の気持ちを大切にするということは、とても大切です。
故人が生前に、エンディングノートなどを記入していた場合は、そこに書かれている意向にそって、遺品整理を進めましょう。
また、エンディングノートなどを書いていなくても、故人が生前とても大切にしていたものなどは、処分せずに保管したり、仲の良かった友人に形見分けしたりするというのもいいですね。

■迷った時は、一旦保留にするのもOK

遺品整理がスムーズに進まない理由の1つが「必要か不要かの判断に悩んでしまう」ということです。
1つ1つの判断に時間をかけていると、なかなか作業が進まなくなってしまいます。
そのため、必要か不要かの判断に悩んだ場合は、一旦保留にしておくというのも遺品整理のコツです。
保留BOXのようなものを作っておき、悩んだ場合は、そこに入れるようにします。
そして数ヶ月、時間をあけて再度、保留BOXの中身を整理するようにするといいでしょう。

【まとめ】

今回のテーマは、「【初めての方必見】プロが教える遺品整理を進めるコツとは」についてでした。
今回ご紹介したように、遺品整理は想像以上に手間と時間がかかります。
少しコツを知っているだけで、スムーズに遺品整理を進めることができますので、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。
また、遺品整理は業者に依頼することもできます。
業者に依頼することで、早く手間をかけずに遺品整理を行なうこともできますので、遺品整理でお困りの方は、ぜひ利用されてみてはいかがでしょうか。

         

Copyright © 2019 クリーン本舗 All Rights Reserved.