• ホーム
  • お問い合わせ・お見積り

あなたのタイヤは大丈夫?古タイヤの危険性と処分方法

 2018年12月31日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「あなたのタイヤは大丈夫?古タイヤの危険性と処分方法」についてです。

車で安全に走行するために、タイヤは重要な役割を担っています。
タイヤには寿命があり、古いタイヤのまま走行するのは大変危険なのです。
あなたが車を運転する、もしくは家庭に自家用車があるという方は、タイヤの安全性をきちんと確かめていただきたいと思います。
そして、タイヤが古い場合や、寿命を迎えている場合は処分の必要があります。
そこで今回は、古いタイヤの危険性や処分方法について、ご紹介したいと思います。

【タイヤの寿命とは】


タイヤの寿命は、使用頻度や走行距離などによっても異なりますが、基本的に使用開始から5年以上経過しているタイヤは一度点検を行うべきだといわれています。
さらに、製造から10年が経過しているタイヤに関しては、外観上問題がないとしても交換することが推奨されています。
タイヤの寿命は、使用年数や製造からの年数だけでなく、タイヤの溝の深さやタイヤのひび割れや亀裂などから判断することもできます。
タイヤの溝が1.6mm以下で走行していると道路交通法違反になりますので、それまでに新しいタイヤに交換する必要があります。
溝が浅くなると、タイヤはスリップしやすくなるため、とても危険なのです。
また、タイヤはゴムでできています。
ゴムというのは、使用しなくても直射日光などが原因で劣化していくのです。
そのため、ほとんど使用していないからといって、古いタイヤを使用し続けるのは危険ですので避けた方がいいでしょう。

【古いタイヤの処分方法】

では、寿命を迎えた古いタイヤはどうやって処分すればよいのでしょうか。
ここでは、古いタイヤの処分方法を3つご紹介したいと思います。

■不用品回収業者に依頼


まず、確実に処分できて、手間がかからない方法として、不用品回収業者へ依頼するという方法があります。
不用品回収業者に依頼する場合は、電話一本ですぐに自宅まで回収に来てもらえますので手間がかからず便利です。
使用しなくなったスタッドレスタイヤなどを処分する時のように、買い替えを行わない時でも利用できるので助かります。
さらに、タイヤ以外の不用品も同時に処分できるというのも、不用品回収業者に依頼するメリットですね。

■新しいタイヤに交換するお店に依頼

古いタイヤから新しいタイヤに交換する場合、新しいタイヤを購入するお店に依頼することで、古いタイヤを処分してもらうこともできます。
例えば、ディラーやカー用品店で新しいタイヤを購入し、交換してもらうという場合は、そのお店に依頼してみるといいでしょう。

■ガソリンスタンドやカー用品店に依頼

タイヤの買い替えではない場合でも、街のガソリンスタンドや、オートバックスなどの大型カー用品店に依頼することで古いタイヤの処分を受けてもらえることがあるようです。
ただし、全てのガソリンスタンドやカー用品店で、古いタイヤの処分を受け入れているというわけではありませんので、事前に確認が必要です。

【まとめ】

今回のテーマは、「あなたのタイヤは大丈夫?古タイヤの危険性と処分方法」についてでした。
今回の記事をまとめると・・・
・古いタイヤのままでの車の走行は危険
・5年使用したタイヤは一度点検を
・製造から10年経過したタイヤは交換するのが安心
・タイヤの溝や劣化状況も確認が必要
・古いタイヤの処分を手間をかけず早く行うなら不用品回収業者がオススメ
・新しいタイヤを購入するお店や、ガソリンスタンドなどに処分を依頼することもできる

「タイヤを一度も交換したことがない」
「長い間同じタイヤで走行している」
「不要になったスタッドレスタイヤを処分したい」
上記のような方は、今回の記事を参考にされてみてはいかがでしょうか。

大阪市で扇風機を処分する方法

 2018年12月28日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「大阪市で扇風機を処分する方法」についてです。

すっかり寒くなり、夏に活躍したけれど故障してしまった扇風機を処分しようという方もいるのではないでしょうか。
通常の扇風機は、それなりに場所を取りますので、早めに処分することで新しい収納スペースを確保することができますよ。
扇風機を処分しようと思っても、いまいち処分方法がわからない!粗大ゴミ?普通ごみ?と悩んでしまう方も少なくなうでしょう。
そこで今回は、大阪市で扇風機を処分する方法について、ご紹介したいと思います。

【大阪市では扇風機は基本的に粗大ごみです!】


基本的に、一般的な大きさの扇風機であれば大阪市では粗大ごみ扱いになります。
30cm以内の小型扇風機(卓上扇風機やハンディタイプのもの等)については、燃えないゴミとして処分することができます。

大阪市では、四方が30cm未満のものは普通ごみとして処分できます。
そのため、通常の大きさの扇風機を分解すれば普通ごみとして捨てれるのでは?と考える方もいるでしょう。
結論から言うと、確かに扇風機を分解し、全てのパーツを30cm以内にしてゴミ袋に入れれば普通ごみとして処分することも可能です。
しかし、オススメはできません!
まず、扇風機の羽はプラスチック製であることが多く、細かく裁断する際に怪我をしてしまう可能性があります。
また、裁断した部品がゴミ袋を破いてしまうこともあり、危険です。
そのため、できる限り分解はせずに処分するのがいいでしょう。

【大阪市の粗大ごみとして扇風機を処分する流れ】


大阪市で扇風機を粗大ごみとして処分する場合は、下記の手順が必要です。

1,電話で申し込み
2,シール券を購入して予約番号を記入
3,指定日にシール券を貼った扇風機を、自宅敷地前や指定のクリーンステーションに出しておく

大阪市の扇風機処分の費用は200円/1台です。
申込みから回収までに1〜2週間の期間が必要になります。

【早く手間をかけずに扇風機を処分するなら不用品回収業者に依頼しよう】


ご紹介したように、大阪市の粗大ごみ回収で扇風機の処分を行うことができますが、時間と手間がかかってしまうというデメリットもあります。
急な引っ越し等で、すぐに処分したい!という方や、仕事が忙しいので、とにかく手間はかけたくない!という人もいるでしょう。
そんな人にオススメなのが、不用品回収業者への依頼です。
不用品回収業者に依頼すれば、電話1本ですぐに回収に来てもらうことができます。
業者によっては即日対応も可能です。
また扇風機を何台も処分したい場合や、扇風機以外にも処分したいものがある場合も、一度に処分できる不用品回収業者がオススメです。

【まとめ】

今回のテーマは、「大阪市で扇風機を処分する方法」についてでした。
不要になった扇風機の処分を、ご検討中の方はぜひ参考にされてみてはいかがでしょうか。

不要になった家具の処分方法

 2018年12月27日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「不要になった家具の処分方法」についてです。

引っ越しや模様替え、経年劣化などで、家具が不要になることもありますよね。
家具は大きく、重さもあることが多いため、処分方法がわからないという方も少なくないでしょう。
そこで今回は、不要になった家具の処分方法について、ご紹介したいと思います。

【手間をかけずに家具を処分するなら不用品回収業者を利用しよう】


不要になった家具の処分には、いくつかの方法があります。
中でも、手間をかけずに早く処分できる不用品回収業者はオススメです。
不用品回収業者に、家具の処分を依頼する際は、電話一本で申し込みができ、すぐに自宅内まで引き取りにきてもらうことができます。
即日回収を行っている業者であれば、電話をかけたその日に回収に来てもらうことも可能ですよ。
さらに、運び出しから処分まで全ての作業を業者が行ってくれますので、全く手間がかかりません。
女性や高齢者の方など、重たい家具の運び出しに不安がある方でも、安心して業者に任せることができます。
不用品回収業者の中には、買い取りも行っている業者がありますので、家具の種類や状態によっては買い取ってもらえる可能性もあります。
そんな便利な不用品回収業者ですが、残念なことに悪質な業者も存在しており、トラブルも発生していますので、不用品回収業者に依頼する際は、安心して任せられる業者を選ぶようにしましょう。

【自分で運び出せるなら自治体の粗大ごみ回収が安い場合も】


家具は、自治体の粗大ゴミ回収で処分することも可能です。
自治体の粗大ごみ回収は、不用品回収業者に比べ料金が安いことが多いので費用を抑えたい方にはいいでしょう。
ただし、自治体の粗大ごみ回収の場合は、自宅内まで回収に来てくれるわけではありません。
処分したい家具を、回収日当日の朝に、自宅敷地前や指定のクリーンステーション等まで運び出しておく必要があるのです。
小さな家具なら運び出しも可能ですが、タンスやテーブル等の大きな家具は自分で運び出すのが難しいことも多いでしょう。
さらに、自治体の粗大ごみ回収は、申込みから回収までに1〜2週間の期間が必要になります。
そのため、家具をすぐに処分したいという方にも不向きだといえます。

【状態の良い家具なら売却も可能】


不要になった家具が、比較的新しく状態が良いものであれば、処分せずに売却するという方法もあります。
売却するには、リサイクルショップやインターネットオークション、フリマアプリ等を利用する方法があります。
ただし、必ず売れるとは限りませんし、売れたとしても大きな家具の場合、送料が高額になってしまうことがありますので、その点にも注意した上で、どの方法を選択するか検討されるといいでしょう。
前述したように、買い取りも行っている不用品回収業者であれば、買い取ってもらうこともできますし、無理な場合でも処分を任せることができますので、一石二鳥ですね。
不用品回収業者が買い取りも行うためには「古物商の許可」が必要になりますので、買い取りを検討している場合は、この許可を得ている不用品回収業者を選ぶといいですよ。

【まとめ】

今回のテーマは、「不要になった家具の処分方法」についてでした。
今回ご紹介したように、不要になった家具の処分方法には、様々な種類があります。
今回の記事を参考に、ご自身に合った処分方法を選ばれてみてはいかがでしょうか。

不用品の処分で引っ越しが楽でお得に!

 2018年12月25日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「不用品の処分で引っ越しが楽でお得に!」についてです。

年末年始のお休みを利用して、引っ越しを行うという方も少なくないでしょう。
引っ越しは、新生活への第一歩なので希望や期待に胸がワクワクする一方で、荷解きや荷造りなどの準備や片づけが大変で少し憂鬱になることもありますよね。
さらに引っ越しには、何かと出費がつきものです。
しかし、できるだけ費用を抑えてお得に引っ越ししたいですよね。
そこでオススメなのが引っ越し前の、不用品処分です。
今回は引っ越しを楽でお得にする、不用品処分について、ご紹介したいと思います。

【不用品処分で引っ越しが楽になる理由】


引越し準備を始める前に、不用品処分を行うことで、引っ越しを楽にすることができます。
その理由は、不用品の処分をすることで、無駄なものが無くなり荷造りが楽になるのです。
さらに、新居での荷解きも楽になりますよ。
自分が思っている以上に、家には無駄なものがたくさんあります。
普段は見ないフリをしていた不用品も、引っ越しを機に処分することをオススメします。
引っ越し用の段ボールに物を入れる前に、まず「必要なもの」か「不要なもの」かを考えましょう。
「必要なもの」であれば引っ越し用の段ボールに入れ、「不要なもの」であれば、処分用の段ボールに入れていきます。
そうすることで、引っ越しの準備と、不用品の処分(断捨離)を同時に進めることができますよ。
「必要」か「不要」か悩んだ場合は、一年以内に使用したかどうか、心がときめくかどうかなどを基準に考えるといいでしょう。
それでも悩んでしまう場合は「保留」の段ボールに入れてください。
そして新居で荷解きをする際に、「保留」に入っているものを再度確認し「必要」か「不要」かを検討されるといいですよ。

【不用品処分でお得に引っ越しができる!?】


引っ越し前の不用品処分は、引越し作業を楽にするだけでなく、引っ越しをお得にすることもできます。
なぜなら、引っ越しの費用には運搬する荷物の量も関係しているからです。
荷物が減ることで、引越し業者の作業員を減らしたり、大きなトラックを用意する必要がなくなったりするため引越し費用が安くなる可能性があります。
さらに不用品を減らし、運搬する荷物が少なくなれば自分たちで引っ越しを行う「セルフ引っ越し」も可能になりますので、その場合はさらに費用を抑えることができますよ。
また、前述したように不用品を処分し無駄な荷物が減ることで荷造りや荷解きが楽になります。
そのため、荷造りや荷解きを引越し業者が行ってくれる、有料のオプションサービスを利用する必要がなくなりますので、そういった面でも費用を抑えることができますよ。

【不用品処分は不用品回収業者への依頼がオススメ!】


引っ越しに向けた不用品処分でたくさんの不用品が出た場合は、不用品回収業者へ依頼するのがオススメです。
不用品回収業者に依頼することで、早く手間をかけずに処分することができますよ。
不用品の処分にはいくつかの方法がありますが、引っ越しまで時間が無い場合や、とにかく手間をかけたくない!という場合には不用品回収業者に依頼するのがいいでしょう。

【まとめ】

今回のテーマは、「不用品の処分で引っ越しが楽でお得に!?」についてでした。
引っ越しをご検討中の方は、ぜひ参考にされてみてはいかがでしょうか。

遺品整理を不用品回収業者に依頼するメリットとは

 2018年12月20日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「遺品整理を不用品回収業者に依頼するメリットとは」についてです。

家族や親族が亡くなると、遺された家族は遺品整理を行わなければいけません。
家族が亡くなった悲しみの中、遺品整理を行うのは精神的にも体力的にも大変です。
一昔前までは、遺品整理は家族や親族だけで行うものと考えている方が多かったですが、現在では遺品整理を業者に依頼するという方も増えています。
そこで今回は、遺品整理を不用品回収業者に依頼するメリットについてご紹介したいと思います。

【早くスムーズに遺品整理を行うことができる】


遺品整理を不用品回収業者に依頼する一番のメリットは、とにかく早くスムーズに遺品整理を進めることができるという点です。
遺品整理を家族や親族だけで行うとなると、かなりの時間必要になります。
遺品整理を進める中で、故人の思い出の品を見つけて、ついつい思い出にふけってしまうという事も少なくありません。
また家族内で、処分するか保管しておくかについて意見がまとまらないということもあるようです。
そういったことから遺品整理がなかなか進まず時間がかかってしまうのです。
故人が生前、賃貸住宅で一人暮らしをしていたという場合は、早く遺品を整理して部屋の引き渡しを行わなければいけないということもあるでしょう。
そのように期限があったり、急いでいたりする場合は、業者に任せるのがオススメです。

【思い出の品を誤って処分するようなことが無くなる】

遺品整理を進めていると、誤って故人の思い出の品や価値のあるものを処分してしまうということもあります。
本やノートの間に手紙や現金が挟まれていて気づかずに捨ててしまうということも少なくないのです。
普通の人は遺品整理を人生に何度も経験するということはあまりありませんので、初めての経験という人も多いでしょう。
初めてなので、あまりよくわからないまま進めてしまい結果的に大切なものを処分してしまったということになる可能性があるのです。
不用品回収業者などの遺品整理を行う業者は、豊富な経験と専門的な知識を持っているため、故人の大切なものを誤って処分してしまうということはありません。
タンスの裏に貼り付けられた現金まで見つけだしてくれますよ。

【大きな家電や家具の運び出しも任せられる】


遺品整理では、大きな家電や家具の処分が必要になることも多いです。
それらを自宅から運び出すのは、大変な作業です。
高齢者の方や女性の場合、ケガをしてしまう可能性もあるため注意が必要です。
しかし、不用品回収業者などの業者に遺品整理を依頼することで、そのような大きな家具や家電も全て業者が運び出して処分してくれますので、全く手間がかかりません。
重たい物を持つことに不安があるという方でも安心して依頼することができますよ。

【遠くに住んでいても依頼できる】


故人と離れて暮らしていて、近くに遺品整理をしてくれる人がいないということも少なくありません。
そういった状況でも、業者を利用することで仕事を何日も休んだり、交通費をかけて何度も通ったりする必要がありません。
業者によっては、立ち会いが不要なこともありますよ。

【まとめ】

今回のテーマは、「遺品整理を不用品回収業者に依頼するメリットとは」についてでした。
昔と違い、今は遺品整理は家族だけでやるという時代ではありません。
無理に家族だけで遺品整理を進めようとせず、業者を利用することを検討されてみてはいかがでしょうか。

すぐに処分したい物は不用品回収業者に依頼しよう!

 2018年12月19日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「すぐに処分したい物は不用品回収業者に依頼しよう!」についてです。

急な引越しや家具の買い替えなどで、すぐに粗大ゴミや不用品を処分したい!ということありますよね。
不用品の処分には様々な方法がありますが、すぐに処分したいという場合は、不用品回収業者がオススメです。
今回は、すぐに処分したい不用品は不用品回収業者に依頼するのがオススメな理由について、ご紹介したいと思います。

【自治体の粗大ゴミ回収に必要な期間は?】


粗大ゴミの処分をする際は、自治体の粗大ごみ回収を検討される方も多いでしょう。
しかし、すぐに処分したいという場合は自治体の粗大ゴミ回収は不向きです。
お住まいの自治体によって多少期間は異なりますが、基本的に自治体の粗大ごみ回収の場合は、申し込みから回収まで1~2週間の期間が必要になります。
そのため、すぐに処分したいという場合は自治体の粗大ごみ回収以外の方法を選ばれる方がいいでしょう。

【不用品回収業者ならどこに依頼してもすぐに処分できる?】


すぐに処分したい場合は不用品回収業者がオススメと前述しましたが、どこの不用品回収業者に依頼してもすぐに処分できるというわけではありません。
基本的には、どの不用品回収業者も自治体の粗大ごみ回収に比べると早く処分することができます。
ただし確実に早く処分したいという場合は、即日回収を行っている業者に依頼するのがいいでしょう。
即日回収を行っている業者であれば、午前中に依頼して午後に回収してもらうということも可能です。
とにかく早く処分したいという方は、即日回収を行っている不用品回収業者に依頼されることをオススメします。

【安心して依頼できる不用品回収業者とは】


不用品回収業者は、すぐに不用品の処分ができてら、とても便利なのですが、残念ながら中には悪質な業者も存在しているのです。
そのため悪質な不用品回収業者に依頼してトラブルに巻き込まれると言う事例も発生しています。
そういった事から、不用品回収業者の利用に不安を感じているという方も少なくないでしょう。
不用品回収業者とのトラブルを防ぐためには、安心して依頼できる業者を選ぶことが大切です。
安心して依頼できる不用品回収業者を選ぶポイントは以下を参考にしてください。
・事前に見積もりを行っている
・具体的で適正な見積もり価格を提示している
・会社の所在地やホームページ等がしっかりしている
・スタッフの対応や電話対応が丁寧

上記を全てクリアしているから確実に安全な不用品回収業者であるということではありませんが、悪質な業者である可能性は低くなりますので、参考にされてみてはいかがでしょうか。

【まとめ】

今回のテーマは、「すぐに処分したい物は不用品回収業者に依頼しよう!」についてでした。
すぐに処分したい不用品がある!という方は、今回の記事を参考にしてみてくださいね。

こんな不用品回収は危険!トラブル防止のためのポイント

 2018年12月18日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「こんな不用品回収は危険!トラブル防止のためのポイント」についてです。

不用品回収業者は、手間をかけずすぐに不用品の処分ができ、誰でも簡単に利用できますので大変便利です。
特に、引越しや断捨離、遺品整理や生前整理などでたくさんの不用品が出た時には一度に大量の不用品を回収してもらえる不用品回収を利用するのがオススメです。
しかし、そんな便利な不用品回収業者ですが、最近は悪質な業者が存在しており、トラブルも発生しているようです。
そこで今回は、悪質な業者に依頼してトラブルに巻き込まれないようにするために、危険な不用品回収業者を見抜くポイントについて、ご紹介したいと思います。

【「なんでも無料回収」は危険!】


基本的に、不用品を処分するには費用がかかります。
不用品回収業者の中には。キャンペーンや不用品の種類によっては無料回収を行っている場合もありますが、「なんでも無料回収」というのは基本的にありえません。
しかし、「なんでも無料回収します」と謳っている業者がいます。
「なんでも無料回収」と言っておきながら、不用品をトラックに積み込んだあとに高額な請求をされるといったトラブルがおきているのです。
作業後に「回収は無料ですが処分費用がかかります」などと言いながら、不当な額を請求してくることもあるようです。
そこでキャンセルをしようとすると「キャンセル料が必要です」と、また高額な請求をしてくるため、泣く泣く支払ってしまったという方も多いようです。
悪質な不用品回収業者とのトラブルは、料金に関するものがとても多いですので注意しましょう。

【無許可の業者は違法です】

一般家庭の不用品を回収するためには「一般廃棄物収集運搬業の許可」が必要になります。
悪質な業者は、この許可を得ずに運営していることが多いですので、依頼する不用品回収業者が、きちんと許可を得ているかについて事前に確認しておくのがよいでしょう。
さらに、不用品の買い取りを行う場合は「古物商の許可」が必要になりますので、買い取りを依頼する場合は、そちらの許可も得ているかどうか確認してみてください。

【突然の訪問や軽トラでの巡回には注意】


悪質な不用品回収業者の中には、突然アポもなく自宅に訪問してくる非常識な業者もいます。
突然訪問してきて、半ば強引に不用品を回収したり、頼んでもないものまで回収されるといったトラブルも起きているようです。
また、街中をスピーカーを流しながら巡回している業者も見かけますが、そういった業者に依頼してトラブルがおきていることもあるようですので注意が必要です。
基本的に、きちんと運営している業者がアポもなく突然自宅に訪問してくるというのはありえませんので、突然訪問してきた業者はインターホンで対応し、絶対に家に入れないようにしてください。

【業者の所在地がはっきりしない場合は避けた方が無難】

不用品回収業者に限った話ではないですが、業者や会社の所在地がはっきりしていない場合は注意が必要です。
会社の住所や電話番号がどこにも書かれていない場合や、電話番号が個人の携帯番号になっているといった場合は危険と判断するのが無難でしょう。
所在地がはっきりしていない業者に依頼してしまうと、後から何かトラブルが発生しても連絡が取れないという可能性があります。
そういった事態を避けるためにも、所在地がはっきりしない業者は避けておくべきだと思います。

【まとめ】

今回のテーマは、「こんな不用品回収は危険!トラブル防止のためのポイント」についてでした。
悪質な不用品回収業者に依頼してトラブルに巻き込まれることのないように、今回の記事を参考にしてみてくださいね。

不用品回収でも買い取りをしてもらえるの?

 2018年12月17日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「不用品回収でも買い取りをしてもらえるの?」についてです。

不用品の処分をする時、「まだ使えるのに勿体ないなー」と思ったことはありませんか?
不用品を売却するには、リサイクルショップやインターネットオークション、フリマアプリを利用する必要があると思っている方も多いでしょう。
しかし、不用品回収業者の中にも買い取りを行なっている業者があるのです。

今回は不用品回収業者の買い取りについて、ご紹介したいと思います。

【不用品回収業者が買い取りを行う場合は許可証が必要】

不用品回収業者が、買い取りを行う場合には「古物商の許可」が必要になります。
「古物商の許可」を得ずに買い取りを行なっている場合は違法業者となりますので注意が必要です。
依頼を検討している不用品回収業者が「古物商の許可」を得ているかについてはホームページ等を確認してみるといいでしょう。

【どんな物を買い取ってもらえる?】

依頼する業者によって、買い取ってもらえる物は異なります。
買い取ってもらいやすい物には、貴金属、ブランド品、家電などがあります。
基本的には、故障していないこと、汚れ等が酷くないことが買い取ってもらいやすくなる条件だといえるでしょう。
事前に見積もりを行なっている業者に依頼することで、買い取り価格などを知ることもできますので、見積もりを依頼してみるのもオススメですよ。

【こんな業者には注意】


最近は悪質な不用品回収業者と依頼主との間でトラブルが起きるという事態が発生しています。
特に突然アポもなく自宅に訪問してくるような業者には注意が必要です。
突然訪問してきて、半ば強引に家の物を回収していったり、適正な買い取り価格よりもかなり安い料金で買い取ったりするような業者が存在しているのです。
そのような悪質な業者は、本当は価値のあるものにも関わらず、ほとんど価値がないような事を言って、とても安い料金で買い取るようです。
基本的に、普通の業者がアポもなく自宅に訪問してくるということはありませんので、突然訪問してきた業者はインターホン越しに対応し、絶対に家に入れないようにしてください。
あまりにしつこい場合は、警察に相談されるのもいいでしょう。
悪質な業者に依頼してしまい、トラブルに巻き込まれないようにするためにも突然訪問してくる業者には注意してください。

【まとめ】

今回のテーマは、「不用品回収でも買い取りをしてもらえるの?」についてでした。
今回の記事をまとめると・・・
・不用品回収でも買い取りを行なっている業者はある
・買い取りは「古物商の許可」を得ている業者に依頼する
・買い取ってもらえるものは依頼する業者によって異なる
・比較的、新しく状態の良いものほど買い取ってもらいやすい
・不用品回収業者には悪質な業者も存在する
・突然訪問してくる業者には要注意

「自分にとっては不用品だけど、処分するにはもったいない」
上記のような不用品がある場合は、買い取りも行なっている不用品回収業者に依頼されることをオススメします。
大阪・兵庫で買い取りもできる不用品回収業者をお探しの方は、クリーン本舗にお任せください。
無料でお見積もりさせていただきます。
ぜひ、一度お問い合わせください。

【大阪市】粗大ごみ回収の流れや注意点について

 2018年12月14日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「【大阪市】粗大ごみ回収の流れや注意点について」についてです。

引っ越しや断捨離、遺品整理や生前整理で家具や家電などの粗大ごみを処分する必要がある場合、自治体の粗大ごみ回収を利用されるという方も多いでしょう。
自治体の粗大ごみ回収は、住んでいる自治体によって利用方法や料金が異なります。
そこで今回は、大阪市の粗大ごみ回収の流れや利用の際の注意点について、ご紹介したいと思います。

【大阪市の粗大ごみ回収の流れ】

■電話で申し込み


ます、「粗大ごみ収集受付センター」に電話をかけて申し込みを行います。
聴覚や音声機能、言語機能障がい等がある方は、FAXやはがきで申し込むこともできるようです。
申し込みの受付は、月曜日から土曜日の午前9時から午後5時までです。
祝日の受付も行っていますが、12月29日から1月3日の年末年始は受付していません。

■粗大ごみ処理手数料券を購入

申し込みの際に、処分したい粗大ごみの種類を伝えると、それに応じた手数料を教えてもらえます。
その手数料分の「粗大ごみ処理手数料券(シール券)」を購入する必要があります。
「粗大ごみ処理手数料券(シール券)」は大阪市内のコンビニやスーパー、郵便局で購入することができます。

■指定日の午前9時までに自宅前(または指定された場所)まで出しておく

申込時に決定した回収日の午前9時までに、自宅前(敷地外)もしくは指定された場所(クリーンステーション等)に粗大ごみを出しておきましょう。
その時、「粗大ごみ処理手数料券(シール券)」に受付番号を記入して、粗大ごみに貼っておくのを忘れないようにしましょう。

【粗大ごみ回収利用の際の注意点】

■家電リサイクル法対象品目は回収してもらえません


エアコン・テレビ・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機は、家電リサイクル法の対象品目となり、自治体の粗大ごみでは回収することができませんので注意が必要です。

■危険物や処理が困難なものも回収対象外です

有害な薬品やミニバイク、消化器や自動車のタイヤなど、危険物や処理が困難なものも大阪市では回収してもらえません。
ここで紹介したもの以外にも回収してもらえないものがありますので、自分の処分したいものが回収可能かどうかについては大阪市のホームページを御覧ください。

■回収作業員は自宅敷地内に入れません

基本的に、粗大ごみ回収を行う作業員は、自宅敷地内に入ることができませんので、敷地に入らなくても回収できる位置に粗大ごみを出しておく必要があります。
また、自宅前の道路に車が入れない場合は、車が入れる道まで粗大ごみを出しておく必要があるようです。

■申込みから回収までに1〜2週間の期間が必要です


大阪市の粗大ごみ回収では、申込みから回収までに1〜2週間の期間が必要になります。
即日回収などはやっていませんので、すぐに処分したいという方は別の方法を選びましょう。

【まとめ】

今回のテーマは、「【大阪市】粗大ごみ回収の流れや注意点について」についてでした。
大阪市で粗大ごみの処分をご検討中の方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。
自治体で回収できないものや、すぐに処分したい場合は、不用品回収業者を利用するのもオススメですよ。

生前整理は終活の第一歩!

 2018年12月13日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「生前整理は終活の第一歩!」についてです。

ここ数年、雑誌やテレビ等のメディアでも「終活」という言葉をよく耳にするようになりましたね。
終活とは、自分の死に向き合い、自分らしい最期を迎えるための準備のことです。
残念ですが、人は必ず最期の時を迎えます。
また、自分の最期の時がいつくるのかということは誰にもわからないのです。
だからこそ、自分らしい最期を迎えるための「終活」がブームとなっているのでしょう。
しかし、「終活を始めたいけれど、何から取り組めばいいのかわからない」という声もよく耳にします。
「終活」は最期の時を自分らしく迎えるための様々な準備の総称なので、様々なことが終活に当てはまるのです。
そこで終活を始める第一歩としてオススメなのが「生前整理」です。
今回は、生前整理を行うメリットや進め方についてご紹介したいと思います。

【終活で生前整理を行うメリットとは】


まず「生前整理」とは、元気なうちに自分が亡くなったあとのことを考え、身の回りのものを整理しておくことを指します。
生前整理は終活の中でも比較的取り組みやすいため、終活をこれから始めたいと考えている方には、まず生前整理から取り組まれてみるのはいかがでしょうか。
生前整理を行うメリットは大きく分けて2つあります。

■遺された家族の負担を減らす

あなたが亡くなった後、遺された家族は遺品整理を行うことになります。
遺品整理は想像以上に大変で、家族の負担になる場合が多いです。
しかし、生前整理を行っておくことで、不要な物はほとんど処分済みですし、その他の大切なものがどこにあるのかなども家族がわかりやすく負担をかなり減らすことができるのです。

■自分自身の残りの人生を豊かにする

生前整理を行うことで、自分にとって本当に必要なものだけに囲まれて暮らすことができますので、残りの人生を豊かに過ごすことができます。
つまり、生前整理で無駄な物を処分することで、心や時間に余裕が生まれるのです。
また、これからの人生で自分にとって本当に必要なものは何かを考える機会にもなりますよ。

【生前整理の進め方】


生前整理は決して難しい作業ではありません。
基本的には、身の回りの物を「必要なもの」と「不要なもの」に分けて、「不要なもの」は処分するといった流れになります。
「不要なもの」を分けるポイントとしては、1年以上使用していないものや、心がときめかないものなどは不要なものとするなどルールを決めるということです。
また、それでも悩んでしまうというものは「保留」という形をとるのもいいでしょう。
悩みすぎてしまうと、生前整理時間がかかりすぎてしまいますので、悩んだら「保留」を選び、期間をあけて再度「保留」にしたものを判断する機会をつくるのがオススメです。

【まとめ】

今回のテーマは、「生前整理は終活の第一歩!」についてでした。
終活を始めようと思っている方は、まず生前整理に取り組んでみられることをオススメします。
生前整理で出た不用品は、不用品回収業者に依頼することで簡単に手間をかけず処分することができますよ。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

パソコンの処分で気をつけるべきポイントとは

 2018年12月12日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「パソコンの処分で気をつけるべきポイントとは」についてです。

今は、多くの家庭でパソコンを所有しているでしょう。
調べごとをしたり、動画を楽しんだり、仕事の書類を作成したり、家庭によって様々な用途に使用され、パソコンは私達の暮らしを豊かにしてくれていますよね。
しかし、そんな便利なパソコンも家電製品ですので、故障したり最新機種に買い替えたりすることもあるでしょう。
パソコンは簡単に購入できますが、処分方法がよくわからないという方も少なくありません。
特にパソコンには、個人情報など大切な情報がたくさん入っていますので、処分することに不安を感じるという方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、パソコンの処分で気をつけるポイントについて、ご紹介したいと思います。

【パソコン処分の前に行っておくべきこと】


パソコンの処分で気をつけるポイントとしては、処分前のデータの取扱かいです。
ここでは、パソコン処分の前に行っておくべきことについて、ご紹介したいと思います。

■データの移行やバックアップ

まず、パソコンを処分するということは、パソコンの中に入っているデータも失うということです。
パソコンには様々なデータが保存されていることが多いでしょう。
それらの大切なデータを失ってしまわないように、新しいパソコンにデータを移行したり、外付けハードディスクやクラウドサービスを利用したりして必ずデータのバックアップを取っておくようにしましょう。
失ったデータは二度と戻ってこないと思っておいてくださいね。
データ引っ越しのためのソフトなどを利用すれば、パソコン内のデータを丸ごと移行することもできますので、そういった便利なソフトを利用されるのもオススメです。

■データの消去

先程とは真逆のことを言っていますが、パソコンの処分前にはデータの消去も大切なのです。
もちろんデータの消去は、データの移行やバックアップが確実に取れたことを確認した後に行ってください。
パソコン内にデータを残したままパソコンを処分してしまうと、最悪の場合、個人情報等が流出し悪用されてしまう可能性もあるのです。
パソコンには様々な個人情報が保存されていることも多いですので、それが流出してしまうというのは大変危険です。
そういったことを防ぐためにも、パソコンの処分前には必ずデータの消去を行ってください。
ただし、パソコン内のデータファイルを削除したり、初期化したりするだけでは安心できないこともあります。
特殊なソフトを使用すれば、削除したデータを復元することもできるからです。
パソコン内のデータを復元できないように完全に消去するためには、ハードディスクを物理的に壊すか、復元不可能にするデータ消去用のソフトを利用するのがよいでしょう。

【パソコンの処分方法】

パソコンは、資源有効利用促進法の対象家電ですので、自治体の粗大ごみ回収で処分することはできません。
そこで、今回はパソコンの処分方法を3つご紹介したいと思います。
どの方法で処分するとしても、先述したデータのバックアップや消去は必ず行っておきましょう。

■メーカー回収


PCリサイクルマークが貼られているパソコンであれば、メーカーに無料回収してもらうことができます。
メーカーに回収を依頼する場合は、他社のメーカーのパソコンは対象外になりますし、申込みから回収までに約1〜2週間の期間が必要になります。
また、パソコン1台づつに申し込みが必要なため、一度にたくさんのパソコンを処分したい方には不向きかもしれません。

■家電量販店の下取りを利用

新しいパソコンに買い換える場合は、家電量販店で古いパソコンの下取りを行ってもらえる場合があります。
下取りを行ってもらうことができれば、新しいパソコンをお得に購入することができますよ。
ただし、全ての家電量販店で下取りサービスを行っているわけではありませんので注意が必要です。
また、パソコンが故障している場合などは下取りしてもらえないこともありますので事前に確認しておくことをオススメします。

■不用品回収業者に依頼


どんなパソコンであっても、たくさん処分したい場合でも、不用品回収業者に依頼することで簡単かつ早く処分することができます。
不用品回収業者に依頼する場合は、電話一本で自宅まですぐに引き取りに来てもらえますので手間がかかりません。
さらにパソコン以外の不用品も一緒に処分することができますので便利です。
パソコンと一緒にデスクやプリンター、モニターなども処分したいという方は、不用品回収業者への依頼がオススメです。

【まとめ】

今回のテーマは、「パソコンの処分で気をつけるべきポイントとは」についてでした。
パソコンの処分をお考えの方はぜひ参考にされてみてはいかがでしょうか。

年末の大掃除で不用品を処分しよう!

 2018年12月11日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「年末の大掃除で不用品を処分しよう!」についてです。

今年も、残りわずかとなりましたね。
年末は、自宅の大掃除をされるという方も多いでしょう。
大掃除の際、ただ掃除をするだけで終わっていませんか?
大掃除は、普段掃除しない場所を掃除するのはもちろんのこと、つい後回しになっていた不用品の処分をするタイミングでもあるのです。
最近は「断捨離」という言葉をよく耳にするようになりましたが、年末の大掃除と同時に「断捨離」を行うのもオススメですよ。
今回は、年末の大掃除でやっておきたい「断捨離」について、ご紹介したいと思います。

【大掃除と断捨離を同時に行うのがオススメな理由】


年末の大掃除と断捨離を同時に行うことには、メリットがあります。
ここでは、2つの大きなメリットをご紹介したいと思います。

■手間が省け、結果的に大掃除が楽になる

まず1つめは、断捨離を行うことで大掃除が楽になるということです。
年末は、大掃除だけでも大変なのに、断捨離も同時にやってたら大変すぎるのでは?と感じる方もいるでしょう。
しかし、そんなことはありません。
そもそも部屋に無駄なものが減ることで、大掃除が楽になるのです。
また見えるところの大掃除はしたけれど、押し入れの奥などは「見て見ないふり」をしているという人も少なくないでしょう。
そこで押入れ等に入っている不用品を処分することで、手をつけていなかった場所まできちんと掃除することができるのです。

■スッキリとした気持ちで新年を迎えることができる


大掃除は、1年の汚れを落とし、新年を迎えるための準備ですよね。
断捨離は無駄なものを処分することで、気持ちがスッキリとしますので今年1年の心の汚れを落とすことにつながります。
そして、気持ちがスッキリした状態で新年を迎えることで、新しい年も豊かな年になるでしょう。

【断捨離のすすめ方】

基本的な断捨離のすすめ方は、下記の流れです。

1.場所ごとに、必要なものと不要なものを分ける
2.必要なものは収納し、不要なものは処分する

断捨離は上記のように、いたってシンプルな作業です。
特に難しいことは、何もありません。
しかし、必要なものと不要なものを分けるという作業に時間がかかる方も多いです。
それは、必要なものか不要なものかの判断ができないからです。
そういった時は「今年1年で1度でも使用したか」や「心がときめくか」などを基準に判断するといいでしょう。
それでも判断に悩む場合は、「保留ボックス」を用意しておき、そこに入れるようにします。
そして、また期間をあけてから「保留ボックス」の中身を仕分けするのがオススメです。

【年末の大掃除で出た不用品の処分は不用品回収業者に依頼しよう】


年末の断捨離を行い不用品がたくさん出た時に、困ってしまうのが「不用品の処分方法」ではないでしょうか。

「どの不用品がどんな方法で処分できるのかわからない」
「不用品がたくさんありすぎて分別が大変」
「年末で自治体の粗大ごみ回収が利用できない」

上記のような問題が発生してしまうことがあります。

そこでオススメなのが、不用品回収業者への依頼です。
不用品回収業者に依頼することで、分別していなくても電話1本で自宅まで不用品の回収に来てもらうことができます。
また、年末年始でも営業している業者もありますし、即日回収が可能な業者もあります。
せっかく断捨離したのに、不用品の処分が年内にできず、不用品とともに年を越すというようなことが無くなりますよ!

【まとめ】

今回のテーマは、「年末の大掃除で不用品を処分しよう!」についてでした。
もう年末はすぐそこです!断捨離を行い不用品を処分して、気持ちスッキリと新年を迎えてみてはいかがでしょうか。

不用品回収業者を利用する流れやメリット

 2018年12月10日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「不用品回収業者を利用する流れやメリット」についてです。

引越しや断捨離、遺品整理や生前整理などで粗大ゴミやたくさんの不用品が出た時に便利なのが不用品回収業者ですが、不用品回収業者を1度も利用したことがないという方も少なくないでしょう。
「不用品回収業者を利用する流れがよくわからない」
「不用品回収業者に依頼するメリットってあるの?」
上記のような疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、不用品回収業者を利用する流れやメリットについて、ご紹介したいと思います。

【不用品回収業者を利用するのはとても簡単!】


不用品回収業者は誰でも簡単に利用することができます。
1.電話やホームページから申し込み
2.希望の日時に見積もりに来てもらう
3.見積もり価格で問題なければその日の作業も可能
4.作業終了後、支払い

依頼する業者によって多少、異なることもありますが、基本的には上記のような流れになります。
依頼主が行うのは電話と支払いのみで、他は全て業者が行ってくれますので全く手間がかかりませんよ。

【不用品回収業者を利用するメリット】

不用品の処分には、不用品回収業者以外の方法もあります。
しかし、不用品回収業者を利用すると様々なメリットがありますので、オススメですよ。
ここでは、不用品回収業者を利用するメリットを4つご紹介したいと思います。

■手間がかからない


まず1番のメリットは手間をかけずに処分できるということです。
不用品回収業者への依頼は電話1本でokですし、自宅内まで回収にきてくれて、全ての作業を業者が行ってくれますので、全く手間がかかりません。
一人暮らしの方や高齢者の方でも、気軽に安心して利用することができますよ。

■すぐに処分できる


不用品回収業者は、申し込みから回収までの期間が短いです。
中には即日回収を行っている業者もあるため、依頼したその日に処分することも可能です。
急な引越しなどにも対応できますので便利ですね。
ちなみに自治体の粗大ゴミ回収の場合は、申し込みから回収までに1~2週間の期間が必要になることが一般的です。

■ほとんどの不用品を処分できる

不用品回収業者に依頼した場合は、処分できる不用品の種類が、他の処分方法に比べて多いというメリットもあります。
例えば自治体の粗大ゴミ回収では、家電リサイクル法対象品目である、冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・乾燥機・エアコン・テレビは回収してもらうことができません。
しかし、不用品回収業者であれば、これらの家電の回収も可能です。
基本的に危険物や動物の死骸等を除けば、ほとんどの不用品を処分することができます。
さらに、1度に依頼できる不用品の数にも限りがありませんので、たくさんの不用品でも
1回で処分することが可能です。

■買い取ってもらえる場合も


不用品回収業者の中には、買い取りも行っている業者があります。
そういった業者に依頼した場合、不用品の種類や状態によっては買取ってもらえることもあります。
処分しようと思っていた物に思わぬ価値があることも少なくありませんよ。
ただし買い取りを行う場合は、古物商の許可を得ている必要がありますので、初めに確認しておくようにしましょう。

【まとめ】

今回のテーマは、「不用品回収業者を利用する流れやメリット」についてでした。
不用品回収業者をまだ利用したことがないという方は、今回の記事を参考にされてみてはいかがでしょうか。

洗濯機の寿命と処分方法

 2018年12月7日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「洗濯機の寿命と処分方法」についてです。

洗濯機は私たちの生活には欠かすことのできない家電製品ですよね。
ほとんどの家庭に1台はあるはずです。
そんな洗濯機ですが、家電製品ですので寿命があり、寿命を迎えた洗濯機は処分することになります。
そこで今回は、洗濯機の寿命と処分方法について、ご紹介したいと思います。

【洗濯機の寿命は約7年】

洗濯機の寿命は、約7年といわれています。
これは、洗濯機の使用頻度やメーカー、ドラム式か縦方かなどによっても異なりますので、あくまでも目安です。
洗濯機を発売しているメーカーの多くが、部品の保有期間を6年と定めています。
6年を過ぎ、メーカーに部品がなくなると、故障しても修理ができなくなったり、修理費用が高額になったりするため、洗濯機の寿命は約7年といわれているのです。
実際に現在販売されている洗濯機本体にも、「設計上の標準使用期間 7年」と書かれたシールが貼ってある場合が多いです。
そのため、7年以上使用した洗濯機が故障した場合は寿命と考え、処分を検討するのがいいでしょう。

【洗濯機は粗大ゴミとして処分できない】


寿命を迎えた洗濯機は処分することになりますが、ここで注意してほしいのは、洗濯機は自治体に粗大ゴミとして処分を依頼することができないということです。
洗濯機は「家電リサイクル法(特定家庭用機器再商品化法)」の対象家電なのです。家電リサイクル法とは、特定の家電から有用な部品や材料を取り出してリサイクルを行うことで、廃棄物の減少や資源の有効活用を目的とした家電の処分に関する法律です。

【寿命を迎えた洗濯機の処分法】

洗濯機は粗大ゴミとして処分できないということは前述しましたが、では寿命を迎え故障した洗濯機は、どのように処分するのがよいのでしょうか。
ここでは、寿命を迎えた洗濯機の処分方法をご紹介したいと思います。

■不用品回収業者に依頼


「餅は餅屋」という言葉があるように、何事も専門家に任せると安心ですよね。
不用品や粗大ゴミを処分する専門業者といえば、不用品回収業者です。
不用品回収業者に依頼することで、洗濯機など家電リサイクル法対象の家電でも回収・処分してもらうことができます。
不用品回収業者に依頼する場合は、電話1本で申し込みができ、自宅内まで引き取りに来てもらえますので手間がかからず、すぐに処分することが可能ですよ。

■家電量販店に引き取りを依頼

洗濯機を新しく買い換える場合は、新しい洗濯機を購入する家電量販店に引き取りを依頼しることができます。
その場合、リサイクル料+運搬料が必要になることが一般的です。
また買い替えをしない場合は、処分したい洗濯機を購入したお店に引き取りを依頼することができます。
その場合も、リサイクル料+運搬料が必要になります。

■リサイクル券を購入して自分で運搬

洗濯機をできるだけ費用をかけずに処分したい場合は、リサイクル券を購入して自分で指定引取り場所まで運搬するという方法があります。
郵便局でリサイクル料を支払い、受け取ったリサイクル券を持って、指定引き取り場所まで自分で洗濯機を運搬することで、リサイクル料のみで洗濯機を処分することができるのです。
ただし洗濯機を1人で運搬するのは難しいため、手伝ってもらえる人や洗濯機を運搬できる車が必要になります。

【まとめ】

今回のテーマは、「洗濯機の寿命と処分方法」についてでした。
「最近、洗濯機の調子が悪い」
「洗濯機が寿命を迎えたので処分したい」
上記のような方は今回の記事を参考にされてみてはいかかでしょうか。

こんな業者は要注意!悪質な不用品回収業者の見分け方

 2018年12月6日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「こんな業者は要注意!悪質な不用品回収業者の見分け方」についてです。

家具や家電など粗大ゴミを処分する時には、不用品回収業者に依頼するのが簡単で手間がかからないため便利です。
最近は不用品回収を専門に請け負う業者も増えていますが、残念なことに中には悪質な業者も存在しているのです。
そういった悪質な業者に依頼してしまい様々なトラブルに巻き込まれてしまったという人も少なくありません。
そこで今回は、悪質な不用品回収業者を見分ける方法について、ご紹介したいと思います。

【許可の有無を確認しよう】

一般家庭の不用品を回収するには、「一般廃棄物収集運搬業許可」を得ている必要があります。
また買い取りを行う場合は「古物商の許可」が必要になります。
しかし、これらの必要な許可を得ずに不用品回収業務を行っている業者が存在しているのです。
許可を得ずに業務を行っている業者に依頼するとトラブルになる可能性が高いため、絶対に依頼しないようにしましょう。
許可を得ずに運営している不用品回収業者に依頼したことで、回収した不用品が適切に処理されず、不法投棄されてしまうというトラブルも発生していますので注意が必要です。

【なんでも無料回収は要注意】


悪質な不用品回収業者に依頼したことによって起きるトラブルには、料金に関するものも多いです。
例えば「なんでも無料回収します」と言っておきながら、回収作業終了後に高額な料金を請求されるということもあるようです。
キャンセルを申し出ると、今度は高額なキャンセル料を請求され、仕方なく支払ってしまうというトラブルが発生しているのです。
基本的に不用品を処分するには、費用が必要になってきます。
そのため、なんでも無料回収というのは無理があるのです。
見積もりもなしに「なんでも無料回収します」と言っている業者は悪質な業者である可能性が高いため注意が必要です。
料金に関するトラブルは、事前に見積もりを依頼することで防げる場合もありますので、事前に見積もりを行ってくれる業者の利用がオススメです。

【アポ無し訪問してくる業者は危険】


悪質な不用品回収業者の中には、突然アポも無しに自宅に訪問してくるといった業者もいるようです。
突然自宅に訪問してきて「不用品はないですか?」と半ば強引に自宅に上がり込み、頼んでいないものまで回収したり、価値のあるものをすごく安い価格で買い取ったりするというトラブルが発生しています。
基本的に、通常の不用品回収業者がアポも無く突然訪問してくるということは、まずありません。
そのため、突然訪問してきた業者は危険だと判断してもよいでしょう。
インターホンで対応し、絶対に自宅に入れないようにしましょう。
あまりにも、しつこい場合は警察に相談されることをオススメします。

【まとめ】

今回のテーマは、「こんな業者は要注意!悪質な不用品回収業者の見分け方」についてでした。
不用品回収業者への依頼を検討中の方は、今回の記事を参考に悪質な業者に依頼してトラブルに巻き込まれないように注意してください。

こんな人は要注意!ゴミ屋敷になる前に部屋を片付けよう

 2018年12月5日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「こんな人は要注意!ゴミ屋敷になる前に部屋を片付けよう」についてです。

ゴミ屋敷の増加は、日本の社会問題にもなっています。
ゴミ屋敷をワイドショーが取材していたり、ゴミ屋敷を片付ける企画のバラエティ番組が放送されていたりすることも多いですよね。
そのような番組を他人事のように見ている人の中にも、放っておけば自宅がゴミ屋敷になってしまう可能性の方も少なくありませんよ!
そこで今回は、自宅がゴミ屋敷になる前に行いたい、片付けについてご紹介したいと思います。

【片付けの基本は不用品の処分】


まず、部屋が散らかる原因は不要な物が多すぎるという場合がほとんどです。
ゴミ屋敷と呼ばれる家の片付けをすると、そのほとんどが不用品やゴミなのです。
そのため、片付けの基本は「捨てること」と考えるのがいいでしょう。
必要なものと不要なものを分け、不要なものを捨てることが片付けの第一歩です。
片付けられない人の多くは、この仕分け作業が苦手な場合が多いです。
本来は不要な物も、必要だと感じてしまい捨てることができないのです。
不要なものを判断する際、「1年以上使用してないもの」「ときめかないもの」などを基準として考えるのがオススメです。
いつか使うかもしれないという気持ちは捨てましょう。

【物の定位置を決めましょう】

不要な物を処分して、部屋に無駄なものが無くなると片付けがしやすくなるため、部屋が散らかりにくくなります。
しかし、物が少なくても、出したものを出しっぱなしにしていると部屋は散らかってしまいます。
そこで大切なのが、物の定位置を決めるということです。
物の定位置を決める際には、その物をよく使う場所の近くで定位置わ決めるというのがポイントです。
よく使う場所から定位置が遠いと、どうしても出しっぱなしになりやすくなるので、すぐに片付けやすい場所を定位置にされることをオススメします。

【不用品を簡単に処分する方法】


片付けの基本は、不用品の処分だということを前述しましたが、不用品の処分といってもゴミには様々な種類があり、自治体に処分を依頼するには分別や自治体のルールに沿って処分する必要があります。
また家電リサイクル法の対象品目の場合は、自治体の粗大ゴミ回収では処分できないといったルールもあります。
そこでオススメなのが不用品回収業者です。
不用品回収業者は電話一本で自宅まで不用品の回収に来てもらえますし、即日対応が可能な業者もあります。
「不用品をすぐに処分したい」
「手間をかけずに処分したい」
上記のような方は、不用品回収業者を利用してみてはいかがでしょうか。

【まとめ】

今回のテーマは、「こんな人は要注意!ゴミ屋敷になる前に部屋を片付けよう!」についてでした。
片付けが苦手な方は放置していると、ゴミ屋敷になってしまう可能性があります。
そうなる前に、片付けに取り組んでみてはいかがでしょうか。

片付けられない人急増中!原因や解決法とは

 2018年12月4日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「片付けられない人急増中!原因や解決法とは」についてです。

ここ数年、テレビや雑誌等のメディアでもゴミ屋敷が取り上げられることが多いですよね。
芸能人の自宅が実はゴミ屋敷だったなんてことも少なくありません。

現代人は片付けられない人が急増していると言われています。
その結果ゴミ屋敷の増加にも繋がっているのです。
本記事を読んでいる人の中には、部屋が散らかっている、片付けが苦手とい人も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、なぜ片付けられない人が増えているのか、どうやって片付ければいいのかについて詳しく解説していきたいと思います。

【片付けられない原因】

まず、片付けられない原因については人によって様々ですが、以下のようなものが原因であることが多いです。

■とにかく忙しくて時間がない

育児や家事、仕事なので忙しく、とにかく時間が無いことが原因で部屋が片付けられないということも多いです。
現代では女性も仕事をしていて共働きの家庭が増えたことも理由の一つであると考えられます。
時間がなくて片付けができていないという場合は、まとめて片付けをしようとするのではなく、毎日5分だけは片付けの時間をとるなど習慣化するのがオススメです。
それも難しい場合は、家事代行サービスなどを利用するという方法もありますよ。

■精神的ストレス


精神状態が乱れていると、部屋も散らかりやすくなります。
精神的ストレスが溜まっている状態では、なにもやる気がおきないということもあり、片付けをする気力がもてなくなるのです。
精神的ストレスが悪化すれば、うつ病などを発症する可能性もあります。
そういった精神的疲労によって部屋が片付けられないという場合は、まず片付けを行う前にストレスの原因となっているものを取り除く方がいいかもしれません。
片付けられないことで更にストレスを感じてしまうという人もいるでしょう。
無理に片付けようとせず、専門家に相談されるというのもいいのではないでしょうか。

■病気や発達障害によるもの

例えば認知症などの病気の場合や、ADHDなどの発達障害が原因で、片付けられず部屋が散らかってしまうということもあります。
病気の初期段階や、軽度の発達障害の場合、本人や周りの人が病気や発達障害に気づいていないということもあります。
もちろん片付けができないだけで、病気や障害と断定はできませんが、他にも気になる症状などがある場合は、一度専門家に相談するようにしましょう。

【今日からできる片付け法】


片付けられない原因が、病気や発達障害の場合は、専門家の指導のもと、ご自身の状況にあった片付けへの取り組み方が大切になってきます。
ここでは、病気や発達障害が原因ではないけれど片付けられないという方が、今日からでもできる片付け法をご紹介したいと思います。
片付け法といっても、そんなに難しいことではありません。
ただ必要なものと不要なものを分け、不要なものは処分する!
たったこれだけなのです。
片付けられない人の多くは、部屋にモノが溢れていたり、モノを捨てることができなかったりする人が多いです。
モノが多いと、片付けが余計に大変になるのです。
不要なものを処分することで、部屋に無駄なものがなくなりますので、部屋が散らかりにくくなります。
まずは、必要なものと不要なものを分け、不要なものは処分するということから取り組んでみましょう。

【まとめ】

今回のテーマは、「片付けられない人急増中!原因や解決法とは」についてでした。

今回ご紹介したように、片付けられない原因は人によって様々ですが、不要なものを処分することで、片付けを楽にすることができます。
不要なものは不用品回収業者に依頼することで誰でも簡単に処分することができるのでオススメですよ。

粗大ごみを自治体ではなく不用品回収業者に依頼するメリット

 2018年12月3日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「粗大ごみを自治体ではなく不用品回収業者に依頼するメリット」についてです。

引越しや断捨離、遺品整理や生前整理を行うと、家具や家電などの粗大ゴミがでることもありますよね。
粗大ゴミを処分する時、自治体に依頼するという方も多いですか、不用品回収業者に依頼することもできるということを、ご存知でしょうか?
自治体ではなく不用品回収業者に粗大ゴミの処分を依頼するとメリットもたくさんあるのです。
今回は、粗大ゴミを不用品回収業者に依頼するメリットについて、ご紹介したいと思います。

【急な引っ越しでも大丈夫!即日処分が可能】


急な引っ越しなとで出た粗大ゴミなど、すぐに処分したい!ということもあるでしょう。
自治体の粗大ゴミ回収は基本的に依頼してから回収されるまでに1〜2週間の期間が必要になります。
しかし、不用品回収業者であれば即日対応を行なっている業者もありますので、依頼したその日に粗大ゴミを処分することも可能です。
また自治体の粗大ゴミ回収は、指定日の指定時間までに粗大ゴミを自宅敷地外まで出しておく必要がありますが、不用品回収業者であれば、都合の良い時間に回収にきてもらうこともできます。
お仕事が忙しい方は、夜間の回収をしてくれる業者もあるので便利ですね。

【電話一本で自宅まで回収にきてもらえる】


不用品回収業者に粗大ゴミの処分を依頼する場合、基本的に電話で申し込む以外に依頼者がすることは何もありません。
運び出し作業から処分まで全て業者が行ってくれます。
自治体の粗大ゴミ回収の場合は、申し込んだあと、シール券の購入や、回収日当日に自宅敷地外や指定のクリーンステーションまで粗大ゴミを運び出しておく必要があります。
処分する物にもよりますが、一人暮らしの方や高齢者の方にとっては、この運び出し作業が大変だという方も多いでしょう。
不用品回収業者だと全て任せることができますので安心です。

【処分するものによっては買い取ってもらえることも】

不用品回収業者の中には、買い取りも行なっている業者があります。
そういった業者に依頼した場合、処分したい粗大ゴミの種類や状態によっては買い取ってもらえる場合があります。
自治体に依頼すると費用を払って処分することになるものでも、買い取ってもらうことができれば逆に収入になりますので嬉しいですよね。
買い取りが行えるのは、古物商の許可を得ている業者だけですので、事前に確認しておくといいでしょう。

【まとめ】

今回のテーマは、「粗大ごみを自治体ではなく不用品回収業者に依頼するメリット」についてでした。
今回ご紹介したように、粗大ゴミの処分は自治体だけでなく、不用品回収業者に依頼こともできます。
不用品回収業者に依頼することでメリットもたくさんありますのでオススメです。
粗大ゴミの処分をご検討中の方は、ぜひ参考にされてみてはいかがでしょうか。

         

Copyright © 2019 クリーン本舗 All Rights Reserved.