電子レンジを買い替えるタイミングや処分方法

2019年8月8日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「電子レンジを買い替えるタイミングや処分方法」についてです。

電子レンジは、食材を温めるのに、とても便利な家電ですよね。
猛暑が続く中、火を使った料理はしたくないという主婦も多く、最近では、電子レンジだけで作ることができる料理も注目を集めています。
そんな便利な電子レンジですが、家電製品であるため、寿命があります。
そこで今回は、電子レンジの寿命や買い替えのタイミング、処分方法などについて、ご紹介したいと思います。

【電子レンジの寿命や買い替えのタイミングとは】

一般的に、電子レンジの寿命は、約10年だと言われています。
しかし、年数はあくまでも目安で、使用回数などによっても異なります。
使用時間は、約2000時間が寿命の目安だと言われています。
また、最近の電子レンジは、コンピューター機能が搭載されているものも多く、コンピューター機能の故障により、電子レンジが使えなくなるということも増えているのです。
電子レンジを買い換えるタイミングは、電子レンジに不調が出始めた時です。
例えば、下記のような症状が出るようになると、電子レンジを買い換えるタイミングだと言えるでしょう。

・電源が入らない
・温められない
・温めのムラがある
・スイッチが反応しない
・突然、温めが終了する
・ターンテーブルが回らない

上記のような症状が出たら、電子レンジの寿命が近づいていると考えるのがよいでしょう。

【電子レンジの処分方法】


では、寿命を迎えた電子レンジは、どのようにして処分を行うのがよいのでしょうか。
ここでは、代表的な3つの方法について、ご紹介したいと思います。

■自治体の粗大ごみ回収を利用する

まず1つ目は、自治体の粗大ごみ回収を利用するという方法です。
電子レンジは、家電リサイクル法の対象にはなっていないため、自治体の粗大ごみ回収で処分することができます。
ただし、自治体によっては、小型家電リサイクル法が適用されますので、処分方法が異なります。
例えば、神戸市や大阪市の場合は、自治体の粗大ごみ回収を利用して、電子レンジを処分することができます。
神戸市の場合は、1台につき600円、大阪市の場合は1台につき400円で処分することができますよ。

■不用品回収業者に依頼する


2つ目は、不用品回収業者に依頼して電子レンジを処分するという方法です。
不用品回収業者に依頼する場合は、電話一本で自宅まで回収に来てもらうことができるというメリットがあります。
さらに、電子レンジ以外の不用品がある場合でも、一緒に処分することができます。
夜間の回収や、土日祝日なども対応している業者が多いというのも、嬉しいですね。

■家電量販店に依頼する

家電量販店で、新しい電子レンジを購入する場合、古い電子レンジを引き取ってもらえる場合もあります。
ただし、これはお店によって異なりますので、事前に確認しておくことをオススメします。

【まとめ】

今回のテーマは、「電子レンジを買い替えるタイミングや処分方法」についてでした。
今回ご紹介したように、電子レンジには寿命があります。
寿命が近づいてくると、電子レンジに不調が現れることが多いですので、不調が出始めた電子レンジは買い替えを検討されることをオススメします。
電子レンジは、普通ゴミとして処分することはできませんので、今回ご紹介した方法で、適切に処分するようにしましょう。

Copyright © 2016 クリーン本舗 All Rights Reserved.