親が老人ホームに入居することになったら

2019年8月7日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「親が老人ホームに入居することになったら」についてです。

日本では、老人ホームへの入居者が年々増加しています。
多くの方は、一度老人ホームなどの施設に入所すると、最期まで施設で暮らすことになります。
そこで、自分の親が老人ホームへ入居することになったら、必要になってくるのが、それまで親が暮らしていた家の片付けです。
今回は、親が老人ホームに入居することになった場合の、実家の片付けについて、ご紹介したいと思います。

【実家の片付けって何をすればいいの?】

基本的に、親が老人ホームに入所する場合、必要なものは施設に持って行きますよね?
そのため、部屋に残された荷物は、ほとんどが不用品ということになります。
しかし、中には、施設には持って行かなかったけれど、大切なものなので子どもたちに持っておいてほしいと思っている物もあるかもしれません。
片付けの前には、親に、必要なものや残しておきたいものは無いかということを確認しておくといいでしょう。

【片付けを急いで行った方がいいケースとは?】


親が老人ホームに入居することになり、実家を片付けることになったら、急いで行った方が良いケースがあります。
それは、親が賃貸住宅に暮らしている場合です。
賃貸住宅の場合は、毎月家賃を支払っています。
親が老人ホームなどの施設に入っても、荷物がそのままになっていると解約することもできず、家賃を払い続けなければいけません。
老人ホームなどの施設にも費用を払うことになりますので、二重払いになるのです。
そうなると、とても勿体ないですので、早めに片付けを行い、賃貸契約の解約手続きを行いましょう。

【実家が遠い!片付けに行く時間がない!そんな時は・・・】


親が老人ホームなどの施設に入居することになり、実家の片付けが必要になっても、実家が遠かったり、仕事が忙しかったりと、なかなか片付けに行く時間がない!という方も少なくないでしょう。
実家の片付けを行うには、体力も時間も必要になりますので、意外と大変な作業です。
そこで、オススメなのが、実家の片付けを業者に任せるという方法です。
例えば、不用品回収業者や片付け業者のように、片付けを手伝ってくれる業者があります。
無理に自分たちだけで、片付けようとせず、上記のような業者に依頼して、片付けを行ってもらうというのもオススメですよ。
実家が遠くて、立ち会えないという場合でも、業者によっては立ち会い不要で、不用品などの処分を行ってもらえることもあります。

【まとめ】

今回のテーマは、「親が老人ホームに入居することになったら」についてでした。
今回ご紹介したように、年々老人ホームなどの施設に入所する高齢者は増えています。
もし、自分の親が老人ホームに入居することになったら、実家の片付けを行う必要がでてきますので、その場合は今回の記事をぜひ参考にしてみてくださいね。

Copyright © 2016 クリーン本舗 All Rights Reserved.