テレビが壊れた!粗大ごみで処分できる?

2019年1月15日

「初めての方必見!失敗しない不用品回収」をご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは、「テレビが壊れた!粗大ごみで処分できる?」についてです。

年末年始は、1日中テレビを見て、のんびりと家で過ごしていたという方も少なくないでしょう。
私たちの生活に欠かせない家電となっているテレビですが、テレビが故障してしまった場合は、どのように処分したら良いのでしょうか。
自治体の粗大ごみ回収でテレビを処分することは、できるのでしょうか。
今回は故障したテレビの処分方法について、ご紹介したいと思います。

【テレビは粗大ごみとして処分できない!】


まず、結論から述べると、テレビは自治体の粗大ごみ回収で処分することはできません。
それはテレビが「家電リサイクル法」の対象品目だからです。
家電リサイクル法とは、一部の家電から有用な資源を回収しリサイクルするための法律です。
テレビ以外にも、エアコン・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機が家電リサイクル法の対象品目となっています。
テレビは、ブラウン管・液晶・プラズマが対象ですが、携帯用液晶テレビや車載用液晶テレビ、電池等を電源とするテレビや浴室等に組み込むタイプのテレビは家電リサイクル法の対象外となっています。

【故障したテレビの処分方法】

では、自治体の粗大ごみ回収で処分できないテレビは、どのように処分すれば良いのでしょうか。
次に、故障したテレビの処分方法について、ご紹介したいと思います。

■不用品回収業者に依頼


故障したテレビの処分方法で1番のオススメは不用品回収業者への依頼です。
不用品回収業者へ依頼する場合は、電話一本で自宅内までテレビの回収に来てもらうことができますので全く手間がかかりません。
さらに即日回収を行っている業者もあり、早ければ依頼したその日に処分することも可能です。
また、テレビ以外に不用品がある場合は一緒に回収を依頼することもできますので便利ですね。

■家電量販店に依頼

新しいテレビを家電量販店で購入する場合は、買い換えるお店に古いテレビの回収を依頼することができます。
家電量販店には、家電リサイクル法対象品目の家電を買い換える際に古いものを引き取る義務があるため、依頼されたら断ることはできません。
この場合は、リサイクル料金+運搬費用が必要になります。
買い替えでない場合は、処分したいテレビを購入した家電量販店に依頼することも可能です。
しかし、このような処分だけの依頼の場合は買い替え時に比べ費用が高くなることもあるようです。
費用は、家電量販店によって異なりますので事前に確認しておくと安心ですね。

■指定引取場所に自分で持っていく

手間をかけてでも、とにかく費用を抑えたい!という場合は、指定引取場所に自分で故障したテレビを運搬するという方法もあります。
この場合は、郵便局でリサイクル料を支払っておく必要があります。
指定引取場所までの運搬は自分で行いますので、リサイクル料金のみで処分することが可能です。
ただし、テレビを運搬するための車や時間、テレビの大きさによっては人手が必要になります。

【まとめ】

今回のテーマは、「テレビが壊れた!粗大ごみで処分できる?」についてでした。
テレビが自治体の粗大ごみ回収で処分できないと知っても慌てなくて大丈夫です。
他にもテレビを処分する方法がいくつかありますので、今回の記事を参考にしてみてくださいね。

Copyright © 2016 クリーン本舗 All Rights Reserved.