• ホーム
  • お問い合わせ・お見積り

大阪市中央区で家具・家電を回収させていただきました!

 2016年6月30日

不要品回収のクリーン本舗、ブログ担当の山本です。

このブログでは私どもクリーン本舗に関する情報を、実際に承りましたお仕事の内容を交えながらお伝えしてまいります。

今回は大阪市中央区で家具・家電を回収させていただきました。

北浜というと、大阪の金融の中心として知名度が高い土地です。証券取引所が置かれ、朝の連続ドラマで有名になった五代友厚の銅像がその前に建てられています。

一見住むには不便なビジネス街に見えますが、巨大なタワーマンションも数多くあり、スーパーや商店なども数多く併設されています。またオフィスが近いことから通勤時間が殆どかからず、こうした観点から都心に住まわれる方もたくさんいらっしゃいます。

今回のお客様も郊外から北浜に移り住まわれたそうです。最近はこうした都心回帰のお客様が多くいらっしゃいます。生き方、働き方によって様々な選択肢があるということでしょうね。

不要品回収はクリーン本舗に。まずはメール、お電話にてご相談下さい。担当のものが迅速に対応させていただきます。

神戸市須磨区で家具・家電を回収させていただきました!

 2016年6月30日

不要品回収のクリーン本舗、ブログ担当の山本です。

このブログでは私どもクリーン本舗に関する情報を、実際に承りましたお仕事の内容を交えながらお伝えしてまいります。

今回は神戸市須磨区で家具・家電を回収させていただきました。

神戸市というと海沿いの港町の印象が強いですが、実は面積の殆どが山野なのです。平清盛がここに都を作った時代は海と山の間はより狭く、都の区割りにとても苦労していたそうです。

須磨区の北部もそうした山野が残っていますが、一部はポートアイランドの埋め立てにあわせて削り取られ、住宅や野球場、陸上競技場などが建ち並んでいます。

自然が残り、都心である三宮にも電車一本と利便性が高いので、若いご家族が多く移り住んでいます。

今回のお客様も奥様、二人のお子様と転居され、新生活をはじめられるとのことです。雄大な自然に囲まれたこの土地は、お子様をのびのびと育てられるには格好の場なのでしょうね。

不要品回収はクリーン本舗に。まずはメール、お電話にてご相談下さい。担当のものが迅速に対応させていただきます。

今回は大阪市淀川区で家具・家電を回収させていただきました!

 2016年6月29日

不要品回収のクリーン本舗、ブログ担当の山本です。

このブログでは私どもクリーン本舗に関する情報を、実際に承りましたお仕事の内容を交えながらお伝えしてまいります。

今回は大阪市淀川区で家具・家電を回収させていただきました。

大阪には難読地名が多いですね、十三もその一つです。関西にお住まいの方でなければ「じゅうさん」と呼んでしまうでしょう、正解は「じゅうそう」です。

古くから歓楽街として親しまれ、飾らないお店が軒を連ねていました。去年あった火災で多くの店舗が消失してしまいましたが、その空気感は未だに変わりません。この飾らない雰囲気に愛着を持たれている方も多いようです。東京でいうと新橋あたりのような感じですね。

この度、家電回収をさせていただいたお客様も、古くからこの十三にお住まいだそうです。馴染みのお店も家事の被害にあわれたようですが、近々再建されるとのこと、その日を心待ちにされていました。

不要品回収はクリーン本舗に。まずはメール、お電話にてご相談下さい。担当のものが迅速に対応させていただきます。

今回は西宮市で家具・家電を回収させていただきました!

 2016年6月29日

不要品回収のクリーン本舗、ブログ担当の山本です。

このブログでは私どもクリーン本舗に関する情報を、実際に承りましたお仕事の内容を交えながらお伝えしてまいります。

今回は西宮市で家具・家電を回収させていただきました。

西宮北口駅界隈は、閑静な住宅地としてとても人気がありますね。かつてここには西宮球場というモダンなスタジアムがありました。往年の野球ファンならば、阪急ブレーブスの本拠地として記憶されている方も多いのではないでしょうか。

その跡地には現在、阪急西宮ガーデンズという巨大なショッピングセンターが建っています。200を超える店舗、映画館などが入っていますから、近隣の方にはなにかと利便がよいでしょうね。

なので、マンションの空きなどが出てもすぐに埋まってしまうのだそうです。今回のお客様も「運がよかった」と、とてもお喜びになられている様子でした。たくさんの家具を入れ替え、よりよいお部屋にしたいと意気込んでおられました。

不要品回収はクリーン本舗に。まずはメール、お電話にてご相談下さい。担当のものが迅速に対応させていただきます。

遺品回収もおまかせください

 2016年6月28日

不要品回収のクリーン本舗、ブログ担当の山本です。

このブログでは私どもクリーン本舗に関する情報を、実際に承りましたお仕事の内容を交えながらお伝えしてまいります。

今回は遺品回収についてお話いたします。

実は日本では遺品回収を専門に扱われている業者様はそう多くありません。また、悪徳業者が横行しているのも、悲しいですが事実のようです。全部任せて下さいと甘言を並べ、法外な請求をされたという実例も多くあります。

かといって、身内だけで遺品整理をしていると、これは処分すべきものか残すべきものかという判断がつきかねて困ってしまうことも多いですよね。昔の写真などが出てきてしまうと、その当時の話に花が咲いてしまい、作業が遅々として進まないということもよくあります。

そのような時は、私どもクリーン本舗にお話をお聞かせください。お客さまにとって本当に大切なのものは大切に残し、不要なものだけをご納得いただける金額で回収させていただきます。お気軽にご連絡いただければ幸いです。

不要品回収はクリーン本舗に。まずはメール、お電話にてご相談下さい。担当のものが迅速に対応させていただきます。

中古住宅について

 2016年6月28日

不要品回収のクリーン本舗、ブログ担当の山本です。

このブログでは私どもクリーン本舗に関する情報を、実際に承りましたお仕事の内容を交えながらお伝えしてまいります。

今回は中古住宅についてお話いたします。

日本は少子高齢化に向かっていると言われます。出生率が低下し、人口増加にも歯止めがかかっています。実際、お仕事をさせていただいている際にはご高齢の方ばかりが住まわれているニュータウンなどを数多くご訪問させていただきました。

それにあわせ、空き家率も今後増加していくことが予想されています。核家族化が進み、たくさんの住宅が建てられましたが、住む人がいなければ空き家になります。こうした物件が今後たくさん出てくるようです。

そうなってくると、新築を建てるよりも、より安価で中古住宅を購入し、自分の好みに合わせリフォームするという方法も生まれてくるのではないでしょうか。建物は予算を抑え、その分内装などに比重を置くという考え方もありだと思います。

これに合せ、不要品の増加も起こってくることでしょう。私どもの出番も増えてくるのではと考えています。

不要品回収はクリーン本舗に。まずはメール、お電話にてご相談下さい。担当のものが迅速に対応させていただきます。

箕面市で家具・家電を回収させていただきました!

 2016年6月27日

不要品回収のクリーン本舗、ブログ担当の山本です。

このブログでは私どもクリーン本舗に関する情報を、実際に承りましたお仕事の内容を交えながらお伝えしてまいります。

今回は箕面市で家具・家電を回収させていただきました。

箕面市というと箕面温泉やお猿さん、というイメージでしょうか。実は関西でも屈指の高級住宅街で、著名な方もたくさんお住まいになられています。SF作家の小松左京さんもお住まいになられていましたね。

今回のお客様はスポーツ選手の方で、家をリフォームされた際に不要となった家具、家電の回収を承りました。

土地柄、坂道も多く、道幅が狭い場所も多いのですが、それだけに空気もよく、大阪平野が一望できる眺望も魅力的ですね。

近年では北大阪急行が延伸されることも発表になりましたし、ますます発展していくのでしょうね。

不要品回収はクリーン本舗に。まずはメール、お電話にてご相談下さい。担当のものが迅速に対応させていただきます。

神戸市東灘区で家具・家電を回収させていただきました!

 2016年6月27日

不要品回収のクリーン本舗、ブログ担当の山本です。

このブログでは私どもクリーン本舗に関する情報を、実際に承りましたお仕事の内容を交えながらお伝えしてまいります。

今回は神戸市東灘区で家具・家電を回収させていただきました。

灘区、東灘区などは古くから酒蔵として有名ですよね、「灘」という名前は日本酒の一大ブランドでもあります。

また、沖合に浮かぶ六甲アイランドも区割りとしては東灘区にあります。ポートアイランドと並び神戸を象徴する巨大な人工島には2万人弱もの方々が暮らされています。今回のお客様もこちらにお住いでした。

「山、海に行く」という神戸市のスローガンによりポートアイランドが作られ、その後の造成により六甲アイランドが作られました。道も広く、緑も豊かとあって、都心に近いとは思えないほど暮らしやすそうな場所でした。

こうした大規模開発のほとんどは不景気になる前に計画されたものですので、今後このような住みよい土地はなかなか生まれないかもしれませんね。

不要品回収はクリーン本舗に。まずはメール、お電話にてご相談下さい。担当のものが迅速に対応させていただきます。

神戸市兵庫区で家具・家電を回収させていただきました!

 2016年6月24日

不要品回収のクリーン本舗、ブログ担当の山本です。

このブログでは私どもクリーン本舗に関する情報を、実際に承りましたお仕事の内容を交えながらお伝えしてまいります。

今回は神戸市兵庫区で家具・家電を回収させていただきました。

兵庫区にはノエビアスタジアム神戸という立派なスタジアムがあります。Jリーグヴィッセル神戸やなでしこリーグのINAC神戸、そして神戸製鋼ラグビー部の本拠地として有名です。またこのスタジアムは2019年のラグビーワールドカップの舞台でもあります。

今回不要な家具を回収させていただいたお客様はラグビー経験者の方で、観るのもプレーするのもお好きなのだそうです。

ご自宅にはプレーヤーとしての思い出の品や、神戸製鋼のグッズなどが数多く並べられていました。この度新しい棚を購入されるとのことで、今までの棚を回収することとなりました。

ワールドカップともなると様々な国の人達がこの街に集うのでしょうね。棚もまた思い出の品でいっぱいになるのではないでしょうか。3年後のワールドカップが楽しみです。

不要品回収はクリーン本舗に。まずはメール、お電話にてご相談下さい。担当のものが迅速に対応させていただきます。

神戸市西区で家具・家電を回収させていただきました!

 2016年6月24日

不要品回収のクリーン本舗、ブログ担当の山本です。

このブログでは私どもクリーン本舗に関する情報を、実際に承りましたお仕事の内容を交えながらお伝えしてまいります。

今回は神戸市西区で家具・家電を回収させていただきました。

神戸市西区は新興住宅街として発展してきた地域です。同時に、数多くの大学が立ち並ぶ文教地区でもあります。今回のお客様は大学で芸術を学ばれている大学生の方でした。

芸術系というとなにかと物入りなようですね。画材もたくさん必要ですし、カンバスというのでしょうか、絵を描くための布地などはかなりのスペースをとってしまいます。

お客様は少しでも部屋を広く使いたいとのことで、不要になった家具、家電をまとめて処分することに決めたとのお話でした。

最近はミニマリスト、最低限のものしか購入しない、使わないという方も増えていますが、お客様もより創作活動に力を入れたいとの理由から、最低限の家具、家電のみを残されておいででした。

少しでもよいものを作りたいという願いがいつか結実しますように、素人ながらお祈りしております。

不要品回収はクリーン本舗に。まずはメール、お電話にてご相談下さい。担当のものが迅速に対応させていただきます。

1 2 3 4 5

Copyright © 2016 クリーン本舗 All Rights Reserved.